« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

気が付かなくて悪うございました

私用で、数時間家を留守にしましたが、先日のように、夫が家の中をいじったふうが感じられません。部屋の隅の埃はまだたまってないもんね。。。delicious

夕飯時になって夫が〔洗面所に行ったかい?〕〔帰って手を洗ったけど?〕〔で、何も気が付かない?〕〔何も変わっていないけど?〕というと明らかに批難の目つきで〔そう、変わってない・・・か〕

仕方がないので、なにが変わったかを確かめるべくサニタリーに行ってみると〔あ!床が綺麗になってる・・・note〕 

昨年サニタリーの床を張り替えたのですが、清潔感にこだわったため少々汚れが目立つ色〔淡いブルー〕にしてしまいました。そのため、ところどころが何となく薄汚れた感じになって、気にはなっていたのですが、手首と親指が老朽化?のためそれを掃除するだけの力がない。。。bearing

そういえば先日食事中に〔あの色にしたのが間違いだったかも。。。汚れが気になるわね。〕と云ったような気がする。

〔電気をつけなかったので、気が付かなかった。すっかり綺麗になったわね。よかったわぁ~。こういうのはやっぱり男の力でないとね。〕と大げさに喜んで見せました。

本音・・・いい年して子供みたいにいちいち褒められたがるんじゃない!第一この汚れのほとんどは貴男のものでしょうが!impact

P1210118_480x321

旧いスケッチブックから

たどたどしいスケッチですが、丁寧なので絵にするには都合がいいのです。

P1210122_480x321

枯れ切ったヒマワリも馬鹿丁寧に描いていますねdelicious

| | コメント (6)

めんこい子供

寒いとレジャー銭湯行きが今まで以上に頻繁になります。なんたって、家の小さな浴槽より、大きな湯船でゆったりと温まるほうがいいですからね。。。

更衣場でベンチに腰掛け服を着ていると、小さな子供がすぐそばでじっと見ているので〔イクチュデスカ?delicious〕と幼児語で話しかけるとちっちゃいお手手の指を何とか折り曲げてみせるのですが、これが1本だか2本だか定かではありません。

そして〔○▽:⁂◆#$○イッテキタ。。。〕〔え?〕と聞き返すとさらに同じことを繰り返すのですが残念ながらさっぱりわからない。。。と4歳ぐらいの女の子が寄ってきて〔あのね、私の幼稚園に行ったの。。。〕〔そう、幼稚園に行ったの。よかったね〕やれやれおねぇちゃんの通訳でやっと解決しました。

この幼いご姉妹、なんて子供子供した容貌なんでしょう。と言っても判りにくいでしょうが、私が可愛いと思ったのは、昭和の子供という雰囲気の、つまり洟を垂らしていて似合いそうな子供の顔ということです。今風のコマっしゃくれた顔ではなく、円いほっぺが真っ赤かの小さなお口が突き出していて。。。こういう容貌の子供に出会うと私、思わず〔めんこいなぁ~・・・〕と言いたくなる。東北弁で〔可愛い〕という意味です。

Img_1017138_41165724_6_thumb

ジャン・ルノアール   ルノアール作

| | コメント (0)

寒さ痛みはみな平等

○ 皇后さまも不調に耐えておわします 寒の朝我が五指もみほぐす

                                   高岡市 嵯峨 姫子

今日の読売歌壇から、優秀作品ではなかったものの、共感を覚えた作品です。

ここのところの寒さは異常ですね。作者も皇后さまと年の周りは同じぐらいでしょうか。二つ三つは下ですが私も同じようなもの。。。高貴なお方も庶民の我々も寒さと痛みは代りなく平等です。

私もこの寒さで持病の右股関節が疼き外出が億劫になっています。加えて右の親指の関節が動かすと痛いbearing 以前にも書きましたが、老化現象で痛みが居座ってしまいました。

この際だからついでに書きますが、肩こりや、涙目 脚の痛みが腰部の負担になり、いよいよ典型的なおばあさんスタイルで立ち上がる際に〔よっこらしょ!〕と掛け声が入ります。。。 これを云い始めるときりなく病気自慢が始まりそうなので、なるべく書かないようにしてはいますが、たまには意地を張らずに書きましょうか、年寄りなんですから・・・。

それなら早く寝ろ!ですよね。。。はい、わかってますとも。。。。coldsweats01

P1210116_480x321


F6号  妙義 

旧い絵を手直し中です。

| | コメント (4)

目を見張る描写力 竹内栖鳳

今日〔24日〕の日曜美術館は日本画家竹内栖鳳でした。私は栖鳳の作品は〔班猫〕や〔蹴合〕は画集かなにかで観て知ってはいましたが、今日紹介されたライオンの絵を観て、西洋画の技法を取り入れたその並はずれた描写力に驚かされました。栖鳳は明治生まれ〔1864年〕の画家ですから従来の日本画に新風を吹き込むには画壇の中ではかなり難しく、勇気のいることではなかったでしょうか。

動物を描けばその匂いまでも描き表わせるという描写力。

竹内栖鳳はライオンばかりではなく、虎や象など、当時の人々が見たこともない動物を多くかいているのは、ヨーロッパ旅行の際、アントワープの動物園で写生をしてきたスケッチをを元に描いたということです。。。

私は日本画家の絵にはさほど詳しくはなく、竹内栖鳳がこれほど優れた力量の画家だとは日曜美術館を観るまで知りませんでした。今までの殻を打ち破ることを試みた栖鳳。確固たる自信がないとできる所業ではありませんね。近代日本画の先駆者と言われる所以が判ります。

Photo

ライオン図 竹内栖鳳

| | コメント (0)

みたび〔マジソン郡の橋〕を観る

1995年に世界的大ヒットした〔マジソン郡の橋〕今回で3度観たことになります。最初は映画のヒロインと割と近い年代で観たわけですから、この大人のラブストーリーにたやすく感情移入が出来て、ラストシーンなど胸がつまり涙を禁じ得なかったことを覚えています。

これはどんなにロマンチックであっても不倫物語。一人で観たいと思ったところ新聞のテレビ版を見ていたお爺が〔洋画があるねぇ。観ようかな。。。〕あちゃー。。。もうロマンチックな気分どころではないワイbearing  いやだとも言えずに仕方なく一緒に観ました。

3度目ともなるとだいぶ冷静な目で映画を観ることが出来ますね。

まず、あんな寂しい場所に女が一人いて、見知らぬ男を出会ったその日のうちに家に招き入れるかという疑問。たった4日間で、確かに不倫を冒し、男が、夫や子供の留守に風呂やベットも使うことは美しくなく、どう考えても分別ある大人の行為ではない。 女性は単に今の生活に飽いて日常の空しさをうめるだけのことだったのでは。。。などを考えるとその後の20数年間お互いが思い続けるというのは絵空事じゃないの?

あんなに好きだった映画がお爺と観たことで現実的になってしまい、せっかくのラブストーリーも台無しになってしまいました。また私自身もう身もふたもなく完璧なお婆になっちゃったものだから縁もゆかりもなくなったラブストーリー、斜め視するのは腹いせダヨ。。。smile

Photo

メリル・ストリープとクリントイーストウッド

| | コメント (11)

〔心〕に支配される

人間は長いこと、自分の内なる世界と自分を同一視して、自分の心を自由に支配できるものと思ってきたが、これが心ほど自由にならないものがないとわかり始めた。心理学ユングやフロイトの見解で、人間ははっきり意識している心の部分はほんのわずかで、じつは心は無限に続く内なる世界、だというのです。またこれに支えられて人間は存在している、というんですね。。。

人間の心の内なる世界を宇宙に例えるなら、自己は地球で、その太陽系宇宙の一つに過ぎない、というのです。。。

う~む、難しいながら何となくわかりますね。。。

私などその日の風向きで気分も変わるという人間ですから、傍に暮らすものもたまったものじゃない。。。いえいえ、傍に暮らす人間もまた気まぐれな私に輪をかけたような、やることなすこと理解に苦しむような奇態な人間でして、この〔無限なる世界×二乗〕という形を50年間。考えるとよくひとつ屋根の暮らしが出来たものだと。。。

ユングやフロイトはそういう話をしているんじゃない?あぁそうですかcoldsweats01

Miyazakishin1

宮崎進 トルソ

| | コメント (0)

上州焼きまんじゅう

お向かいのIさんから上州名物の焼きまんじゅうを頂きました。↓

P1210112_480x321

P1210113_480x321

おばちゃん〔Iさん〕の言うには、忠治茶屋本舗が一番美味しいので焼きまんじゅうが食べたくなるとわざわざ遠方のこの店まで買いに出かけるとか。。。

Mise_1

忠治茶屋本舗のこの建物は、上州の侠客 国定忠治の最後の隠れ家だそうで、かくまった庄屋も同時に打ち首となったので、建物を解体する際に資材を譲り受け建て直したものだそうです。

私がこの地方に来たばかりの頃は、この上州名物の味が判らず、美味しいとも思わなかったのですが、年をとってから、江戸時代から延々この土地の人々の愛されている焼きまんじゅうの味が解るようになりました。焼いたたれが何とも香ばしくて美味しいですね。note

| | コメント (7)

だめですか?

数日前に、川端康成の未発表の小説〔美しい!〕という作品が発掘されニュースになった件で、Y新聞〔編集手帳〕に川端康成についてのエピソードを紹介していました。これが面白い!

川端康成の自宅に忍び込んだ泥棒が、川端のあの特異な目に射すくめられ思わず出た言葉が〔駄目ですか?〕だそうでした。。。

思わず爆笑した後、この泥棒を憎めない気になりました。いつ頃の話でしょうね。おそらく日本がまだ今ほど人間の心が殺伐としていなかった時代の話ではないでしょうか。泥棒はよほどの事情で他人の家に忍び込んだものの、入った家が悪かった・・・いや、そうとも言えないhappy01

その後の泥棒氏の成り行きを知りたいのですが、彼はどうなったんでしょうね。当然警察に突き出されたのでしょうが、改心してもう2度と他人の家に入る気が起きないのではないでしょうか。

川端家に入った泥棒氏のその後が知りたい。。。delicious

Kawabata

川端康成

| | コメント (6)

堂本剛と高橋貞二は瓜二つ

堂本剛

Images

高橋貞二

Photo

この二人髪型にごまかされずに観るとよく似ていますね。

堂本剛のほうは私はよく知りませんが、先ほどBSプレミアムをぼんやり見ていたら、彼の顔が昭和30年代の2枚目スター高橋貞二によく似ていることに気が付きました。って誰も高橋貞二を知らないか。。。coldsweats01

私が若い頃、唯一好きだった日本人俳優。自ら運転する高級車で事故を起こし、33歳という若さで亡くなりました。

この二人をぐ~~っとローカルにすると幼馴染の床屋のイクちゃんにも似ている、ということになりますhappy01

| | コメント (4)

風呂やのコーヒー牛乳

銭湯でコーヒー牛乳を飲んだのは50数年ぶりかも知れません。頻繁に銭湯を利用する割には私はあまり自販機の甘い飲み物は好まないので、普段備え付けの水を飲んでいますが、今日は気紛れに、昔田舎の銭湯で母や姉妹とコーヒー牛乳を飲んだことを思い出し、ふとその気になったのです。

現在はコーヒー牛乳という名称はないそうですね。でも私の年代は、銭湯にある牛乳瓶に入った茶色い飲み物はコーヒー牛乳という以外には呼びようがない。

銭湯で見かけるせいか、あの甘ったるい飲み物は日本人の発案したのものと思ったら、アメリカが元祖で、結構歴史が古いようです。

コーヒーと牛乳なのだから、カフェオレ?でもやたらに甘ったるい。コンビニにあるカフェラテともちょっと違う 。。。

コーヒー牛乳を真似て家で、コーヒー+牛乳+砂糖で作ったところであの味にはならないのでは?あれはあの牛乳瓶に入っているから、そして風呂上がりに飲むから美味しいんでしょうね。私の場合は+郷愁。。。delicious

P1210111_480x321

蓼科山 F3号 アクリルキャンバスボード

| | コメント (4)

成果良好♪

今日はOさん、Sさん Uさんのお三人、2回目の石膏デッサンをやりました。

成果を御覧じろ。。。delicious

P1210107_480x321


Uさんの作品

P1210108_480x321

Oさんの作品

お三人頑張りました!

高校の美術部の生徒から見ると、下手に見えるに違いありませんが、高齢のお三人が生まれて初めて石膏デッサンに取り組み、ここまで描くのに3時間×2回ですからこれで良しとするべきでしょう。。。(拍手)

彼女たちはことのほか石膏デッサンが面白く感じたようで、時を忘れて夢中になってしまいました。

来週は角度を変えて鉛筆デッサンをするつもりでしたが、これをもう少し続けたいとのこと。。。ノリノリですねnotes

ただ、1時~4時までの時間が相変わらず守られていない。イーゼルを立てるのにも時間がかかるし、正味2時間ぐらいかも。。。終わり時間に食い込むのはこちらとしても許したくない!pout

| | コメント (0)

ひねくれ者の独り言

ドライブをしていて山道に差し掛かるとよく結構なお年の方が上り坂をジョギングされているのを見かけますが、あれって本当に健康にいいの?膝を痛めるかもしれないし、心臓にもよく無いような気がする。。。

私は10年ほどスイミングをしていたのですが、良かれと思って泳いでいたのに肩を痛めちゃった。。。どうやら運動が不向きな体のような気がして、それ以来運動めいたことは一切していません。私の家系はどうも体育系とは正反対のようで、兄妹誰も健康のための運動をしている様子はありません。特に女どもはみなだら~りとして日常を過ごしていますが、聞くと皆健康に問題はなさそう。

私は運動もせず、健康に良いという食べ物〔特に野菜〕を一切無視し、コーヒーを好きなだけ飲んで、目が悪くなるのも構わず年中深夜2時、3時までPCにむかい、本を読み、睡眠時間などとんと気にせずに生きていますが、この調子でもうあと3日経てばめでたく〔でもないゕthink〕74才にになるのですからたいしたもの。。。

えぇ、えぇ、身も心もひねくれたまま長生きしようじゃないの!good

P1020508

| | コメント (12)

餌が悪いと・・・('_')

先日スーパーでちくわを買う際にパッケージの説明書を読むと〔このちくわは○○という魚で作られており、○○は 海老、蟹 いかなど美味しいものを餌にしているので・・・〕と書いてあり、○○という魚を使用した当製品は美味しいという説明です。そういえばかまぼこにもそういうことを聞いたような。。。

今日朝のワイドショーを観ていたら本マグロが特に美味しいのはやはり人が食べて美味しいものを餌にしているからだとか。。。

なにかとっても説得力がありますね。得体のしれないものをえさにしている魚などで作られたちくわやかまぼこなどちょっと嫌ですもの。。。

人間も常に美味しいもの、上質なものを食していると味のある人間が出来そうな気がしてきた。。。

私が不出来な人間なのは、案外激しい偏食が原因なのではないか?美食家が好む、牛肉 マグロ  うなぎ 寿司〔生もの一般〕は私嫌いでたべませんものね。。。その他野菜の葉物が好きではない。

私が身もふたもないお婆になっちまったのはが悪いせい?

P1010638

こういうのは好きで作りますけどね。

| | コメント (2)

墓穴を掘る(-_-;)

以前からいろんなデッサン会でご一緒するMさん、とても熱心に勉強する割には、ご自分で納得出来る様な進み方ではないようで、今年に入ってから我が家を訪れるようになりました。

Mさんの今までのその作品を見ても、まず最初に目につく顔が〔丸に目鼻〕をただ描きいれただけ、という感じなので、〔基本を勉強してないからでしょうね。。。〕といいました。と、〔基本ってデッサン会で描く以外にあるのですか?〕というので、〔石膏デッサンというのがあります。〕〔ではそれを教えてください。〕

し、しまった!私自身石膏像を最後に描いたのは30数年前年 。  云ってしまった以上仕方がないので、アトリエの隅に放置状態の石膏像を引っ張り出して描く羽目に。。。coldsweats02

P1210098_480x321

所要時間30分ぐらい・・・かな?  ちょっと形に難ありcoldsweats01 まだまだ修正の必要がありますね。仕上がるまでに何時間を要するでしょうか?勘が戻りません。。。despair

当然ながらMさんは形になりませんでした。ただし石膏像を描くということは、用紙の上で上手く形に成らなかった場合でも、〔対象をよく見る〕勉強していることになります。Mさんが何年たってもうまく描けないのは対象を見る目が養われていないということなのです。

 

| | コメント (6)

彼女は今不幸ではない。

入院中のMさんが今年に入って、病院から老人ホームに移られたと知り先日お見舞いに行ってきました。この田舎町にしては近代的な建物の4階が、長年の良き隣人だったMさんの終の棲家となったのです。

パーキンソン病という難病に侵され、病院を転々としていた当時、私が見舞いに行くたびに〔私どうなっちゃうんだろう〕と嘆き悲しんでいた彼女も、ここへきてようよう小康状態を保ち、病院から介護付きのこの施設に入り、個室を得てやっと落ち着いたようで、以前よりずっと表情が安定していました。

〔あれ私が作ったの〕と棚の上を指さすので、見ると毛糸で編んだ犬の人形が飾ってあります。私の知る限り、働きずくめだった彼女はこうした手芸などを楽しんだと聞いたことがありません。

〔このテラスから赤城山が見えるのよ〕〔こちらの窓からは浅間山が見えるの。毎朝楽しみにみているのよ。。。〕Mさん、何か吹っ切れたように明るい笑顔なのでホッとしました。彼女は車いすでしたが、この小さな自分の城を楽しむ余裕ができています。

他人様のことをあまり詳しく書くのは憚られますが、Mさんの半生を少なからず知っている私は、現在彼女はささやではあるが、幸せの中にいるのではないかと思ったのでした。

次回訪問するときは、彼女の心の糧となる本を探してきましょう。。。

P1160138_480x319


友人の個展から

| | コメント (0)

更新記事またもや消滅(-_-メ)

どういう理由なのか誰か説明してくださ~~い!!crying

Googleで検索してみてらそれらしき理由の説明があるにはあるのですが、私の頭ではよく理解できない。

とにかく書いた記事が消えてしまうのはもう我慢ならないbomb 記事が消えないようにする方法どなたかご存知でしたら私に解るようご説明願いませんか~~!paper

Photo

| | コメント (4)

今思うと笑える話・・・(~_~;)

Y新聞文芸欄に、時代が決める女の髪型というタイトルの興味深い話がありました。〔黒髪と美女の日本史〕という著書の紹介です。

現代の〔盛り髪〕と江戸期の日本髪の相似性、平安期の垂髪は働かずに優雅に暮らす地位の象徴だったということや、頭頂にボリュームを出す髪型は顔を小さく可愛らしく見せて男の保護的感情を導く無意識の策略、だという心理学的にみた髪型の話など。。。この短い紹介文を読んだだけでも何か面白そう。。。delicious

これを読んでふと我が若かりし頃の一時期の髪型を思いだしました。今の時代の〔盛り髪〕ほどの派手さはなかったにしろ結構なボリュームの髪型の時代があったのですよ。 今の若い女性達は長身で足も長いのでボリュームのある盛り髪だってそうはおかしくないでしょう。。。

が、我々の時代の体型はどう贔屓目に見ても、髪にボリュームを出せる体型ではなかったのに、流行とは怖ろしいもの、体型など一切かまわずに猫も杓子も髪を大きくふくらますスタイルが大流行しました。おまけに短い脚をさらに強調するミニスカートですよ。最悪のバランス。。。今思うと赤面の至りですね。。。happy02

Images_2


黛ジュン 

彼女はキュートでしたけど・・・頭部が大きかったことに変わりはない。eye

| | コメント (2)

下手なデッサンに感動

今日は誤解されることを覚悟で、デッサン仲間のNさんの話を。。。Nさんは私と同じくらい長いデッサン歴を持つ女性ですが、この方の人物デッサンは驚くほど下手で、何年経っても少しも上手くなりません。長年の経験である域に達し、個性的なデフォルメで描く?いいえそれはないですね。どんなに大真面目で描いてもまともな線にならない、というのが正解です。

私を始め他の連中は年数が経てばそこそこの線を引けるように誰でもなれるものですが、Nさんは未だに上手く対象の形をつかめない。音楽で音を外す、いわゆる〔音痴〕がデッサン力にもあるということです。

Nさんの〔見事なくらい下手な描き方〕私は本心から感動しますね。決して〔残念!〕などとは思いません。

他の人の〔可もなく不可もない〕ありきたりのデッサンより、Nさんの感動的な下手さ加減の絵が、いつか素晴らしい力を発揮できるのではと私は密かに思っているのです。

がんばれ!Nさん。。。lovely

P1210087_480x321

今日のクロッキー 15分ポーズ

| | コメント (6)

冬妙義のスケッチ

秋の妙義山をアクリルと油彩で0号~20号まで数点描いていますが、6号に描いている油彩が今一つスケッチが不確か。。。

なぜかというと、ここのところ妙義に寄るのは決まって長野方面に出かけた帰り。。。つまり陽の陰る夕方にしか寄りません。そのため特徴的な岩を見落としたり、急ぐため描き切れていなかったりでいざ絵にするとなると実に曖昧です。初めから形に自信の持てない絵などスムーズにいくわけはなく、途中ほったらかしになっているのがあります。

で、今日は妙義だけということで午前中に出かけて見ました。冬は裸木のため山が露わになるので、他の季節にはわかりにくい山の形態がはっきりします。特に今回は雪があったので傾斜やくぼみなどよく解りました。↓

P1210081_480x321

なに、この子供の落書きw(゚o゚)w・・・ってですか? いいんです。私が判れば。。。coldsweats01

P1210056_480x321

奥の手として望遠で撮った写真を使いますが、どんな下手なスケッチでも絵にするときはスケッチが主役です。

P1210067_480x321

現在描いているのはこの場所からの紅葉時のもの。

上手くいくかなhappy01

| | コメント (2)

値打ちものかも。。。(^_-)

J・ホンダで買い物がある日は遠回りで大型銭湯に行くのですが、道筋に大きな構えの美術骨董店があります。

久しぶりに冷やかしで店内に入ったところ、目をひくものが2点ありました。

15号立て構図の裸婦の絵と、同じく15号の静物画です。どちらも大正~昭和初期のものは私の目でも歴然。

裸婦は外国婦人を描いたもので、画家はおそらく海外で絵の勉強をしたものと思われます。前田寛治の裸婦を彷彿とさせるもので、店主に〔お幾らですか?〕聞いたところ、〔8万円です。ご覧のようにいいものは明らかなのですが、署名がありませんので、この値段にするしかないのです。〕とのこと。。。

先日、ルノアールの絵がアメリカのフリーマーケットで2足3文で売られて、それが相当の価値のあるものだったニュースがありましたが、この絵だって前田寛治の無名時代のものだったとしたら!?う~む!。。。eye

貧乏人の考えることはいちいち品が無い。。。happy02

Photo

前田寛治  横臥裸婦

| | コメント (2)

純喫茶復活の兆し?

セルフ式カフェに押されて喫茶店がほとんど全滅したとあきらめていたのですが、なに?喫茶店が近年見直されているですって。。。これは我々年代にとっては朗報です。私の年代は純喫茶最盛期に若い時期を過ごしたので、若い方が思う以上にコーヒー党が多いのです。それが外出先でセルフ式カフェだとなんだか落ち着かない。

画材屋のついでにいつも寄る、J・ホンダの喫茶室は昼夕はレストランですが、私の出かける3時台は昔の喫茶店の雰囲気でそのせいか年配者も多く、落ち着きますね。

家では向き合ってコーヒーを楽しむなんてことなどありませんので〔向き合うのはテレビeye〕せめて買い物に出たときぐらい飽き飽きした お互いの顔をみながら話し合います。。。

それが話題といってもねぇ・・・夫のプール仲間の私にとってはどうでもいい話をさも興味深そうな顔で聞く。私はネットから拾ったニュースやブログのお仲間の話など、やはり興味深そうに夫は聴いてくれます。

夫が〔アンタもボログ〔ブログのことsmile〕よく続くねぇ。10年も?〕という話題になり 〔なぁに、いろいろあった我々の50年間に比べりゃ、ブログの10年なんてたいしたことありませんてangry〕〔。。。。sleepy

というような話題ですけどね。。。

P1210028_480x321

梅が咲き始めましたnotes

P1210026_480x321


コブシもだいぶ膨らんで・・・

P1210025_480x321

春まじか。。。

| | コメント (7)

民話の世界 小白倉

昔話です。

私がまだ30代の頃、夫の会社に季節雇用者として、新潟の豪雪地帯から仕事に来ている方々がいました。その中のお一人に、今は十日町に合併された小白倉集落から見えていたTさんという方と親しくなり、絵を描くなら私の部落へおいでなさいと誘っていただき、出かけたとこがありました。

当時の小白倉集落まで行くには道路が整備されておらず、細い田舎道を何処まで行くのやらと不安を抱くくらい山奥へ向かいました。

小千谷市から2時間ぐらいかかったでしょうか、眼下に数個の藁屋根の集落が。。。Tさんのお宅は数十軒ほどある家並の奥まったところにありました。その広い家にはTさんご夫婦二人暮らしで、成人されたお子さんたちは他の地方にお住まいということでした。

5月という季節のことで、草花も香る集落は民話の世界そのもので、私は気に入った一軒一軒を夢中になってスケッチをしたものです。

その後Tさんとは自然と疎遠になってしまいましたが、新潟大地震の時にお見舞いの手紙を差し上げたところ、Tさんご夫妻は他界され、息子さん夫婦があの家に住んでいらっしゃるということでした。

夫が一度豪雪地帯の雪かきを体験したく、ご迷惑も考えずにTさん宅に泊りがけで出かけたことがありましたが、今頃はあの集落も雪の中にうずもれているかもしれないなと、今日のわずか1センチほどの雪でかの思い出深い豪雪地帯を想ってみたのです。

0100

現在の小白倉集落。

藁屋根が見当たりませんね。。。weep

| | コメント (2)

警告音に踊らされる


Y新聞の投稿欄に〔警告音 せかせないで〕というタイトルで、

銀行のATMから聞こえるピコピコピコという大きな音にあわててしまうと書いてありました。〔早く取れ、もたもたするな〕〔なんかあやしいぞ〕と云われているような気がしてしまい心拍数が上がる。〔ちょっと待って!せかさないでよ〕と心の中で叫んでしまうのは私だけかしら。。。 という投稿記事がありました。

私は滅多に銀行に行くことはありませんのでこのATMとやらを知りません。でもこの方の気持ちよく解る。。。

私がよく利用する大型大衆浴場でこの大きな音を出す券売機にカードを入れてチケットを買わなければ成りません。その時に投稿者とまったく同じ気持ちになります。

カードを入れてチケットを受け取り、おつりを財布に収める間もあらばこそ高い音でピーピーピーとまぁうるさいこと。。。〔ばぁさん、なにもたついているんだよ。アンタ、何年これを利用しているんだぃ?いい加減要領を覚えろよ!〕と券売機が云うんです。あ、そういっているように聞こえるんです。。。

でもね、左肩にバックを下げて財布を手に持ち、右手だけですべてを素早くやることは結構難しい。警告音は少しの容赦もなく〔はやくしろ、はやくしろ!(#`Д´)〕と。。。

なんであんなに大きな音ですかね。耳の遠い方の為ならランプなどの方法もありそうなのに。

家に居たって玄関チャイムと電話とレンジが一緒になるときりきり舞いをします。文明の利器に踊らされるの図。。。wobbly

P1210015_480x321


キャンバスボード 0号

| | コメント (2)

本当に絵が好きか?

私が絵を描いていることで、我が家にはその関係の友人知人が出入りすることが多いのですが、隣市で月一回人物デッサンの指導をはじめてから最近とみに初心者の訪問が多くなりました。デッサン会以外に〔もっとじっくり教えてもらいたい〕という方がみえるのです。

初心者と云っても大概の方が町立の施設などで風景や静物画の作品を頻繁に出品している方ばかり。。。そういう方たち人物デッサンをもっと知りたいということで、私の処にいらっしゃるのですが、拙作はさておいて、私の好きな作家、たとえば 片岡珠子 佐々木豊 玉川信一 栗原一郎 などの複写を飾っているのですが、誰一人そこに止まって観ようとはしないんですね。まがりなりにも絵に興味を持ち上達したい願望をもっている人達ですよ。。。他のものには目ざとく〔あら~、ジェームス・ディーンがお好きなんですかぁ~delicious〕こんなものを飾っている私も私ですけどねhappy02

発表会で観る自分と同列の作品にしか興味がもてない?

彼女たちに優れた画家の作品に興味を持つことの重要性を目覚めさせる必要がありそうです。

P1210018_480x321

佐々木豊の裸婦

| | コメント (2)

可笑しみについて

用意されたユーモアーなどではなく、何かを見てふいにこみ上げる個人的な可笑しみ。。。笑について何も企てていないにもかかわらず妙に可笑しさが湧いてくる。。。ということがないでしょうか。先日ブログ仲間のバルさんが〔笑いのツボが母子で同じ〕ということを書かれていて、他人にはどうということの無い事柄が親子で笑ってしまうというようなことです。

というようなことともまた違う、なぜ可笑しさを感じるのか自分でも判らないという瞬間的な可笑しみ。

つい2,3日前、これもブログのお仲間風花爺さん様がUPされた写真の中に、冬枯れの山の頂上を写されたものがあって、中央に〔自分のゴミは自分で持ち帰ってください〕という映像を拝見したとき、一瞬でしたがふいに可笑しみがこみ上げました。

このい写真を見ておそらくさ誰もユーモアーや笑いを感じないと思うのに、私は可笑しかった。なぜ?と問われても説明のできない可笑しみ。

しいて言えば、その場にあってはならないものが、斜めに傾みながらも傲然と立ちふさがっている。。。いや違うな。単に私の頭が普通じゃない・・・が正解ですねcoldsweats01

P1160570_480x319_2

シクラメン 0号

| | コメント (6)

もしかして私が間違っている?〔怒!〕

過去に幾度も書いている この地方のおばちゃんたちの時間に対する観念の無さ!郷に入っては郷に従えというけどこれには私どうしても慣れることが出来ませんね。。。 

今日3人の方が絵を見てもらいたいということで我が家を訪れることになっていました。初めていらっしゃる方々だったのですが、この地に詳しい方がいて、簡単な道順の説明ですぐに我が家を〔わかりました〕と。。。

ところが約束の1時になっても彼女達現れない。やはりわかりにくかったかな?と思い私は外へ出て目につく場所で待ちました。だが10分経っても来る気配が無いので、家に戻りあるいは道に迷ったと電話でもあるのかとさらに待ちました。1時30分過ぎたころようやくお三人到着。ここで〔遅れまして申し訳ありません〕と言わないんですね。。。。つまり彼女たちは30分の遅れは1時という約束の範囲内なのです。

聞くところによると、ある地方では1時の約束にきっちり訪問する客は無粋もの、マナー違反らしく、10分以上遅れていくのが常識だとか。。。

ホントですか!?でもこの地方でそんなこと聞いたことがない。男性は比較的時間を守るのですがなぜ女性は、特にオバちゃんたちは時間にルーズなのか。もしかして1時といえば1時きっかりという私のほうが間違っている?think

長く拙ブログをご覧いただいている方は〔おキヨの奴、また同じことでカリカリしてるなhappy01〕とお笑になっているでしょうね。。。

Sketchi53big_2

| | コメント (8)

夫の計画・・・(-"-)

夫が〔そろそろ、アンタの誕生祝いの一泊旅行を計画しようと思って。。。〕

おや気が付くこと。 そこで〔どこに行きたい?〕と聞いてほしかったですねぇ!。聞かれたら即座に箱根辺りの高級ホテルを云おうと思ったのに。。。

昔は日本中縦横無尽に走り回った夫も寄る年波で行動範囲が著しく低下。ここのところ〔我が家の庭、奥座敷〕と豪語していた草津や伊香保などのドライブコースでごまかすようになってしまいました。いくら温泉好きの私でも、〔我が家の庭〕で一泊してもなにか詰まらんしその一日がもったいない気がします。泊まるならもうちっと遠方がいいのに、どうせまた草津か伊香保辺りの格安カニ食べ放題の大衆ホテルに決まっとる。。。angry

男ってどうして、いつ頃から 妻にかっこつけることを辞めてしまうんだろう。その気になればいつだって一泊旅行などできるのに、わざわざ〔アンタの誕生日〕というのもいやらしい。eye

ま、温泉だけは思いっきり入れますがね。。。

〔本心・・・なんて優しいお爺、感謝notes〕 これで〔身の程を知れ(#`皿´)〕などの厳しいコメントは免れるでしょうsmile

P1210007_480x321

妙義山

SM アクリルキャンバスボード

| | コメント (10)

美人に目覚める

特に記することの無い時には昔話になります。

私が小学2、3年の頃、なぜか心惹かれる写真が、わたしの幼馴染であるイクちゃんの家でもある床屋さんに飾ってありました。

髪を刈ってもらいに行って、子供用に調整された椅子に腰かけると、ちょうど前のやや上の辺りに白黒の写真が飾ってあって、周囲の見慣れた人達とはかけ離れた容貌の外国女性が、たいそう美しい人と思うまでにしばらくかかったように思います。

写真の女性は焦点の定まらないような瞳を長い睫の間から覗かせ、髪を裸の肩の辺りで波打たせていて、幼い私にもこれは別世界の人間だということが漠然とわかりました。

数年たって、イクちゃんのお父さんである〔床屋のおじちゃん〕のからかいなども気になりだした思春期に差し掛かる頃、つまり私がもう他人に顔を触られるのに拒否反応を感じ、床屋に行かなくなった頃、映画雑誌で、床屋に飾られていた外国人の写真がフランスの映画女優ダニエル・ダリューだということを知りました。

ですから私が最初に〔えもいわれぬ美しいひと〕と思った第一号は床屋のおじちゃんのファンであったダニエル・ダリューだったということになります。

Images

ダニエル・ダリュー

私が見た写真はもっと若い頃の写真でした。

| | コメント (6)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »