« 更新記事またもや消滅(-_-メ) | トップページ | 墓穴を掘る(-_-;) »

彼女は今不幸ではない。

入院中のMさんが今年に入って、病院から老人ホームに移られたと知り先日お見舞いに行ってきました。この田舎町にしては近代的な建物の4階が、長年の良き隣人だったMさんの終の棲家となったのです。

パーキンソン病という難病に侵され、病院を転々としていた当時、私が見舞いに行くたびに〔私どうなっちゃうんだろう〕と嘆き悲しんでいた彼女も、ここへきてようよう小康状態を保ち、病院から介護付きのこの施設に入り、個室を得てやっと落ち着いたようで、以前よりずっと表情が安定していました。

〔あれ私が作ったの〕と棚の上を指さすので、見ると毛糸で編んだ犬の人形が飾ってあります。私の知る限り、働きずくめだった彼女はこうした手芸などを楽しんだと聞いたことがありません。

〔このテラスから赤城山が見えるのよ〕〔こちらの窓からは浅間山が見えるの。毎朝楽しみにみているのよ。。。〕Mさん、何か吹っ切れたように明るい笑顔なのでホッとしました。彼女は車いすでしたが、この小さな自分の城を楽しむ余裕ができています。

他人様のことをあまり詳しく書くのは憚られますが、Mさんの半生を少なからず知っている私は、現在彼女はささやではあるが、幸せの中にいるのではないかと思ったのでした。

次回訪問するときは、彼女の心の糧となる本を探してきましょう。。。

P1160138_480x319


友人の個展から

|

« 更新記事またもや消滅(-_-メ) | トップページ | 墓穴を掘る(-_-;) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新記事またもや消滅(-_-メ) | トップページ | 墓穴を掘る(-_-;) »