« すする食文化 | トップページ | 夫の計画・・・(-"-) »

美人に目覚める

特に記することの無い時には昔話になります。

私が小学2、3年の頃、なぜか心惹かれる写真が、わたしの幼馴染であるイクちゃんの家でもある床屋さんに飾ってありました。

髪を刈ってもらいに行って、子供用に調整された椅子に腰かけると、ちょうど前のやや上の辺りに白黒の写真が飾ってあって、周囲の見慣れた人達とはかけ離れた容貌の外国女性が、たいそう美しい人と思うまでにしばらくかかったように思います。

写真の女性は焦点の定まらないような瞳を長い睫の間から覗かせ、髪を裸の肩の辺りで波打たせていて、幼い私にもこれは別世界の人間だということが漠然とわかりました。

数年たって、イクちゃんのお父さんである〔床屋のおじちゃん〕のからかいなども気になりだした思春期に差し掛かる頃、つまり私がもう他人に顔を触られるのに拒否反応を感じ、床屋に行かなくなった頃、映画雑誌で、床屋に飾られていた外国人の写真がフランスの映画女優ダニエル・ダリューだということを知りました。

ですから私が最初に〔えもいわれぬ美しいひと〕と思った第一号は床屋のおじちゃんのファンであったダニエル・ダリューだったということになります。

Images

ダニエル・ダリュー

私が見た写真はもっと若い頃の写真でした。

|

« すする食文化 | トップページ | 夫の計画・・・(-"-) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます、おキヨさん。今日もはりきってコメントいきますよ(笑)
 今日のおキヨさんの話は大きくなってから映画雑誌で見覚えのある女優を見つけ、子どもの時に床屋で見た女性だ、さてはあのおじさん、この女優のファンだったのか、とひとつ謎がとけたということですね。

 私には俳優、伏見扇太郎の思い出があります。昔の東映の若手看板スターで里見浩太郎とならぶ二枚目でした。私が34歳に時、彼が刃傷沙汰で高知県警に逮捕されたと新聞記事で知り、すっかり彼のことを忘れていただけに、驚愕しました。スクリーンから消えてから水商売やラーメンの屋台ひきなど職業を転々としていたと記事にありました。現在、彼は生死不明の状態。マスコミから完全に遠ざかったということでしょう。
 私は小学校の3、4年生のころ、彼の大ファンであり、とくに映画「風雲黒潮丸」は主題歌までずっとおぼえていました。武士をすて海外貿易に命を賭ける男の話で、私が、今ベトナムにいるのも、この映画が潜在意識に投影していたのかも知れないとまじめに考える次第であります。
 伏見扇太郎の晩年ですが、かのヴィヴィアン・リーもアパートで孤独に死んでいったと聞きます。不謹慎ながら、不幸な晩年こそスターの末路としてふさわしいように思います。そうなるほうが、起承転結のおさまりがつくというか、諸行無常の真理があらわれて心打たれる感じがするし、スターとしても、その輝きが長く保たれると思うのです。、

投稿: 浮舟 | 2013年2月 1日 (金) 06時41分

浮舟様
おはようございます。コメントありがとうございます。ブログ10年間の経験で必ず飽きるという現象が判っていますのでそれまでよろしくお願いいたします〔爆〕

床屋のおじさんといっても思い起こせば30代の青年、戦後の解放で海外からも目の覚めるような情報がなだれ込んだ時代です。当時フランス随一の美貌と言われた女優の写真を眺めつつ仕事をするのが楽しみだったかもしれませんね。

私もおかげで数年間好むと好まざるにかかわらずダニエル・ダリューの写真を眺めさせられた次第。。。

伏見扇太郎なる俳優の顔をよく思い出せないのですが、聞き覚えはあります。
中村錦之助などと同じ並びの人気者でしたか。
その後の情報にもお詳しいのは余程のファンだったのですね。
人気者も光の当たったままの生涯というのはまれでしょうね。。。

投稿: おキヨ | 2013年2月 1日 (金) 11時25分

おキヨさん、こんにちは

って、もう暗くなりますね~
東洋医学では男女の節目を女は7の、男は8の倍数だと言います。永久歯が生えるのも男が一年遅いそうです。よって、子供の頃や小学生では女が先行、男が追従し、途中から追い越して、最後はコロッと逝く。岳が美人に目覚めたのは中学生になってからでしょうか?吉永小百合の全盛期でしたが、八千草薫は憧れでしたね!映画ではオードリー・ヘップバーン、いいですね~ 
最近は公私共に多忙でして、会社を退職しようと交渉中ですが…

投稿: | 2013年2月 1日 (金) 18時00分

〔えもいわれぬ美しいひと]…、この言い回し自体が
美しいですね。すてきだなぁ、日本語って。
私が初めてそう思ったのは、やはり外国のスター、
洋画好きだった母の影響で「ルドルフ・バレンチノ」はまさにザ・ハンサム外人(笑)。昔の映画は
白黒だから、特にきれいに見えたんでしょうね。

投稿: バルおばさん | 2013年2月 1日 (金) 23時23分

岳様
新生児でも気をつける必要があるのは断然男子ですね。女の子は男の子ほどではありません。
途中で体格や腕力で男女が逆転しますが、生命力という点では女が勝っているのは周知の事実。。。男より女のほうが原始の力を秘めている?
ですから岳さん女性を侮ってはいけませんよwink

八千草薫さんいいですねぇ。私は4年間 吉永小百合と言い張ってきましたが、今日から八千草薫に替えたいと思います。

岳さんが海外の女優ではオードリー・ヘプバーンを上げられるだろうとの予想が的中しましたwink

投稿: おキヨ | 2013年2月 2日 (土) 00時17分

バルおばさん様

〔えもいわれぬ・・・〕実は死語かも、と思いながら私も好きな言い回しなので使いました。美しい日本語の一つですよね。

でた~、バレンチノ!!shineまさか私よりはるかにお若いバルちゃんからルドルフ・バレンチノが出るとはヾ(*゚A`)ノ日本でいえば長谷川和夫。happy01
せめてアランドロンにしておきなさいよ〔爆〕
お母様の影響だから仕方ないか。。。

私が〔美しい〕と思った海外のスターはやっぱりアラン・ドロン。これは衝撃的でした。

投稿: おキヨ | 2013年2月 2日 (土) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すする食文化 | トップページ | 夫の計画・・・(-"-) »