« 世良田東照宮の桜 | トップページ | 子供も参加デッサン会 »

よい子 わるい子

電話で姉妹と話をするとき、私を他の姉妹が羨むことがあります。なぜかというと、自由気ままという点で他の姉妹の比ではなかった。bleah私以外の姉妹は父に素直で、真っ当な娘時代を送り、理想的な年齢で結婚したのに対し、私は両親より、自分の心に忠実でした。  親から見れば心配の種のいやな娘だったことは間違いありません。

 

私は何もしない人生など嫌だった。世の中に出て、自分の力で生きてみたかった。事実夫と知り合うまで大都会で自分の力で数年間過ごせました。父母はなぜわざわざ私が苦労をするのか意味が解らなかったようですが、私としては少しも苦労などではなく、社会で立派に生きているという自負があり、またそれが自信にもなり、親に与えてもらった職業技術だったにせよ、自立した生き方ができ、また自由が謳歌でき、楽しく意味のある時代でした。 

ですから親のよいこの姉妹たちよりは多少変わった生き方をしています。

これを書くとだらだらと長くなりそう。。。despair

続きは気が向いた時にでも書きますね。

P1210377_480x321

F6号 妙義山 

去年の桜です(^^ゞ

|

« 世良田東照宮の桜 | トップページ | 子供も参加デッサン会 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご自身の人生を振り返って、こう仰ることができるのは、
素晴らしいですね!
女性が一人大都会で自立していくことが、今よりももっと難しい
時代だったことでしょうが、自負を持ってそれを楽しんだおキヨさんは、
やはり、私の想像通りの素敵な女性に違いありませんhappy01
そして、若い時代を一人外国で過ごした私もまた、
同じような気持ちを多少なりとも理解できる気がします。
おキヨさんの人生のお話、いつか聞かせていただけるのを
とても楽しみにしています。

投稿: hanano | 2013年3月31日 (日) 11時19分

hanano様
拙ブログ、間もなく5年目に突入しますが、ほぼ毎日の更新、ですから、当然恥も外聞もない状態になっていますcoldsweats01

”大都会での自立が今より難しい時代。。。”そうではなかったと思います。むしろ今の時代のほうが数倍も大変なのでは?
当時は世の中高度成長期、人材を必要としていた時代でその気さえあればさほど苦労をせずに〔私の場合ですが〕生きてゆけました。

当時東北の田舎町からの上京は、今ではちょうど海外在住と同じ位の感覚だったかもしれませんね。

また更新記事に困ったら続きを書きますねwink

投稿: おキヨ | 2013年3月31日 (日) 12時29分

どこかに故郷の香りを乗せて♪

おキヨさん、こんにちは
そんな時代でしたでしょうか?岳の田舎の高校からも毎年、高島屋に20名など就職先が内定され、東京に出て行きました。みんな自立しましたね。今の子供は親が離婚し、ひけ目から甘やかした結果、パラサイトがすごく目立ちます。

投稿: | 2013年3月31日 (日) 16時16分

岳様

そうです、そうです。井沢八郎が歌った〔あぁ上野駅〕が大流行の時代でした。私は集団就職ではなかったものの、働きながら絵の勉強をするのなら東京と思いましたね。

当時に比べ今の時代は仕事をしたい若者にとっても、その親にとってもは大変な時代です。

投稿: おキヨ | 2013年3月31日 (日) 16時49分

今の時代の方が大変かも・・。
私もわがままに東京遊学してましたから・・分かりますね・・。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年4月 4日 (木) 02時18分

根保孝栄・石塚邦男様

昭和30年代に比べ今の若い人は大変だとつくづく思いますね。

あの頃は私の職業は引く手数多でした。

投稿: おキヨ | 2013年4月 4日 (木) 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世良田東照宮の桜 | トップページ | 子供も参加デッサン会 »