« 青春時代 | トップページ | 素敵な彼女♪ »

オバちゃんたちの常識です!

Y新聞〔人生案内〕から。

女友達が場違いな振る舞い、という題で、友達がカルチャー教室で手作りのお菓子や果物飲み物を持参して振舞うので相談者は気になり嫌だということです。担当者の作家出久根達郎さんは〔みっともないから友人の貴女が忠告して辞めさせなさい〕と。。。

え、そうなんですか?私は若い方はともかく、50年代頃になるとみんながそうなるので デッサン会に出ると私のポケットにはキャンデーやチョコレートでいっぱいになりますよ。たまたま3,40代の若い方が入会すると、早めに同化してしまいます。  なにかの集まりでおばちゃんたちが食べ物を持ってくるのはもう常識です。少なくとも私の地方では。。。  それはみっともないこと、場にふさわしくないこと、などとは微塵も思っても居ませんね。ある女性などはこの相談者の恥ずかしい友達同様手作りの御まんじゅうをみんなに配りますからね。  これは連鎖反応をおこし、次には別のおばちゃんが何かを持って来ます。おばちゃん族とはそういうものです!

そういう事にまめな人に限って習い事のほうはパッとしないのが常。。。

因みに、3年前に潰れた私と硬派のkがやっていたデッサン会ではそういうことが一切なく、ある人が言うには、雰囲気が良くないので人が集まらないのだと。。。どういうもんでしょうね。

P1210987_480x321

上田柳町の酒屋さんで買った梅甘露 これが私的にはヒットnote

P1210988_480x321

ジャムほど甘くなく、梅味をしっかり残した独特の風味です。

|

« 青春時代 | トップページ | 素敵な彼女♪ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは難しい問題かもしれませんね。
カルチャー教室に何を求めて通うのか…どんな雰囲気を好むのか…人によって違うのでしょうし、指導者の方針もありますよね。
私が昔、ごく短期間通ったデッサン教室では、1時半から3時半まで、おやつの時間もなく描き続けていたような気がします。もう遠い思い出なのですが…。
オバチャンにはなりそこねた(?)未熟な老女ですが、私なら教室では描くことに専念したいですね…。

投稿: 粉雪 | 2013年5月 2日 (木) 14時30分

政治家なども良く使う「私的な見解」となると十人十色の評価があり、賛否は真っ二つでしょうね。
人生案内の回答を長い事している方の答えとしては?梅甘露は食したことがあります。上で駅前のみすず飴(飴ではありませんが)など、古くから人気ですよ!

投稿: | 2013年5月 2日 (木) 17時44分

書き忘れましたが、「梅甘露」は美味しそうですね。
清酒で煮ているんですね…。梅は好きです。
梅酒を作って、引き上げた梅を柔らかく煮て冷やしてみたり、それを潰してジャムにしたり、試してみたことはあります。(廃物利用?で、あまり成功とは言えませんが)
岳さんの「みすず飴」はゼリーでしたね。

投稿: 粉雪 | 2013年5月 2日 (木) 22時13分

粉雪様

たとへば教育の場である学校へ児童がランドセルなどに食べ物をしのばせて行くということはないですよね。でも大人であるオバちゃんはそれをあっさりとしちゃいます。つまり彼女らは勉強とかものを真剣に習うというより、交流の場という方に重点を置いているふしがある、と考えられませんか?
そういうことをしないカルチャー教室は次元が違うと思います。
私が行く先々の会が次元が低いということでしょうねcoldsweats01

長いものには巻かれろ主義ですからこだわりませんよsmile

投稿: おキヨ | 2013年5月 3日 (金) 00時19分

岳様
こういうことにこだわる人と〔別に大した問題ではない〕のおおらか人間と別れますね。
私は自分ではしませんが、そこをこだわるとこの地方では浮いてしまうので慣れました。

みすず飴のほうはお土産でずいぶん頂いていますが。甘露梅のほうは初めてです。とても美味しいのでお店に注文し送って頂こうと思っています。

投稿: おキヨ | 2013年5月 3日 (金) 00時29分

粉雪様

このお店は江戸時代から続く酒造店で、梅甘露はこの店独自の品だと思います。梅ジャムも食べたことがあるのですがまったく別物ですね。
私の好みの味です。

みすず飴は信濃の銘菓として有名です。上田に本店があるのでしょうか?
そうですね。ゼリーとキャンデーの中間のようなお菓子です。

投稿: おキヨ | 2013年5月 3日 (金) 00時38分

女性は人間関係のバランスとるのが下手のようで・・でも最近は勤めの体験が長い女性多いので人間付き合い上手になってると思いますが・・ヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年5月 3日 (金) 02時31分

根保孝栄・石塚邦男様

これには土地柄も大いに関係ありそうです。
その土地ならではの人間関係を重視するのが生きる術です。

投稿: おキヨ | 2013年5月 3日 (金) 10時43分

おキヨさま
私が通える範囲の教室は、たまたま「教室内の飲食は禁止」の所が多かったのです。それで、頭の固い私は、どこの教室も同じようなものかと…。
次元がどうのということよりも、土地柄だと思います。中には地域のしがらみを嫌って、少し遠くから通う方もいらっしゃいました。

投稿: 粉雪 | 2013年5月 3日 (金) 11時43分

粉雪様

私も土地柄だと思うんです。
どうしてもその地方の体質を受け入れがたい人は遠方にでも場所を変えるほかありませんね。
私の県でも南と北とでは生活環境に雲泥の差があります。
私の最初の頃その意識の違いにずいぶん戸惑った覚えがあります。
ことに時間のルーズさは我慢の限界を超えることがありますね。

投稿: おキヨ | 2013年5月 3日 (金) 12時18分

時間にルーズなのは個人の生活習慣の問題で土地柄ということとは違うのではないでしょうか。
たまたま時間にのんきな人たちの数が多い少ないのことと考えた方が理にかなっている受け止め方だと思いますね。(゚ー゚)

ただ、学校などの場ではなく趣味の会ていどの場でしたらいかめしい会でないところは出入り自由で個人の時間のやりくりの中で出席したり欠席したり自由のところ多いですね。
デッサン会などは出入り自由の方式だと気軽に参加しやすいし、多忙な方には便利でしょう。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年5月 3日 (金) 23時47分

根保孝栄・石塚邦男様

紳士的な意見だとおもいます。云われてみれば個人の生活習慣と考えたほうがいいかもしれませんね。でもその〔個人の生活習慣〕のなんとなんと多いこと。。。

例を一つ。我が家に午後1時という約束で来るはずの7名の婦人たち、1時半を回ってもやってきません。各自携帯を持っている筈なのに連絡も無し。1時半を過ぎたころにやっとみえて、聞くと途中で食事をしていたとのこと。。。電話も無しということは約束の時間を全く気にしていないことです。

ふつうデッサン会では途中で部屋に入ることが出来ないのです。ドアの開け閉めにモデルが神経質なので普通は次の休み時間まで鍵をかけてしまいますね。
それは次の時間を待たなければなりません。

・・・とここまで貴方様に反論めいたことを書きましたが、やっぱりいい年をして他人の行動に目くじらはよくありませんね。(^^ゞ

投稿: おキヨ | 2013年5月 4日 (土) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春時代 | トップページ | 素敵な彼女♪ »