« ナルシズム、エゴイズムの話 | トップページ | 白馬大出風景 »

〔華麗なるギャツピー〕を観る

〔華麗なるギャツピー〕を観てきました。この前にも書いたように恋愛ドラマは一人で観る主義なので不満そうな夫を家に残して出かけましたbleah

この映画は1970年代にロバート・レッドフォード主演のリメーク版で、私はこちらもリアルタイムで観ています。 

ストーリーはつつましく暮らす作家ニックの家の隣に、謎の大富豪の豪邸で日夜パーテイ―を繰り広げられ、ある日隣人であるニックも招待を受ける。それをきっかけに大富豪であるギャツピーとニックは友人となり、ギャツピーの素性が少しずつ明らかになるが、ギャツピー本人の語る素性というもの今一つ信用がおけず、世間にもいろいろと取沙汰される。

そのうちギャツピーがこの場所に豪邸を構えたのが、対岸に住むのニックの従妹デイジーの屋敷が目的だということが明らかになる。。。そしてニックは否応なしにギャツピーの企てに巻き込まれていく。。。というようなところからストーリーは佳境に入っていきます。 

映画はニックが精神科の病室で回想から始まるのですが、すぐに、この映画の見所の一つとなる度肝を抜くようなド派手なパーテイ―シーンがくりひろげられます。内容はともかく、エンターテーメントという点で私は面白く観ることが出来ました。

主演のレオナルド・ディカプリオは、やっと童顔から脱却して俳優として味のある顔つきになってきました。恋人の前でその夫から素性を暴かれ、かっとしてとびかかるときの形相は凄まじいばかり。。。ディカプリオってすごい悪相になるんですね。。。w(゚o゚)w

Images_2

|

« ナルシズム、エゴイズムの話 | トップページ | 白馬大出風景 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ロバートは大好き!
今も大好き!
しかし、レオナルドはどうしても好きになれ無い、
直感的に受け付けないのはなぜ?
したがって、一度も出演映画みてい無い人です!

投稿: nono | 2013年6月20日 (木) 08時07分

nono様

ロバートレッドフォードは素敵な俳優でしたね。
私は好きな俳優があっても嫌いな俳優ってないんですよ。映画好きですから、その役にハマっていればOKです。
レオ様が最も印象的な演技を示したのは知的障害を演じた〔ギルバート・グレイブ〕という映画です。
タイタニックは壮大なスケールの映画でしたが、レオ様の童顔が気になって。。。どう見てもヒロインと比べ幼い容貌が弟にしか見えないcoldsweats01

これから先は美男の殻を破って、アンソニーホプキンスのような名優になってほしいですね。

投稿: おキヨ | 2013年6月20日 (木) 10時51分

nono様追申

わー!お宅凄いことに。。。w(゚o゚)w
でもあんな大きな楽器何個もが入るお宅で良いですね
それにしても猫ちゃんお手伝いなしですか~bearing

安達太良山・・・高所恐怖症の私ダメ。。。

投稿: おキヨ | 2013年6月20日 (木) 12時50分

おキヨさん、こんにちは

梅雨の6月は映画鑑賞も多くなる様ですね。多趣味が高じて、最近はあまり映画館に行っていませんね。当地も漸く涼しい日になっています。

投稿: | 2013年6月20日 (木) 17時01分

あれーーー!ハジカシイのだ!

ひっくり返る我が家。
今日、必死で片付けました。

ニャンとも言いませんでっ!

投稿: nono | 2013年6月20日 (木) 20時13分

岳様

つい2年前までは数十年間映画館へは行ったことがなかったのですが、割と近くに映画館が出来たんですね。
雨の日などは映画鑑賞に限りますgood

投稿: おキヨ | 2013年6月21日 (金) 00時50分

nono様

いいえ、お掃除しているのですから恥ずかしいことなどありませんよ。

それにしても猫ちゃんの呑気な姿
手を貸してもらえなかったのねsmile

投稿: おキヨ | 2013年6月21日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナルシズム、エゴイズムの話 | トップページ | 白馬大出風景 »