« 〔 死ぬまでにしたい10のこと〕を観る | トップページ | 我が懐かしのJ・ディーン、ナタリー・ウッド »

どちらがお供?(^'^)

夫婦歴が長いと、外出するときに女性は女友達と出かける場合があっても、男性は妻と・・・という場合が多いようです。街なかや、劇場で女同士を見かけることがあっても、男同志はあまり見かけませんものね。我が家もしかりで、夫がリタイアした後の旅行、ドライブ 劇場など外出の連れはほとんど私ということになってしまいました。 

昨日も、〔天気がいいから、どこかへ連れて行ってやる・・・〕と例によって高飛車な言い方で誘われ、〔お天気の度に外へ出ていたら絵など描く暇がない。。。eye〕 と思いつつも、絵画団体を脱会した現在、特に急を要する仕事があるわけではないので、今までほったらかしにした罪滅ぼしもあって、行動を共にすることが多くなりました。

〔では、いま(妙義を描く絵画会)という展覧会を開催中だから妙義の会場まで行きたい〕と場所を指定。夫は運転さえしていればご機嫌で、行く先はどこだっていいのです。

P1220585_480x321

P1220591_480x321

奇岩の形そのままに緑で覆われている妙義山。。。絵になりませんねwobbly

P1220586_480x321

妙義ふるさと美術館 群馬の彫刻家吉田先生の作品がお出迎え^^

知人の作品や我が家にいらっしゃるOさんの絵がありました。アマチュアの方の絵が多かったのですが、中にはプロの絵も。。。風景画の、しかも同じテーマの表現がいかに難しいかが解る展覧会でしたね。

|

« 〔 死ぬまでにしたい10のこと〕を観る | トップページ | 我が懐かしのJ・ディーン、ナタリー・ウッド »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

妙義山の形、おもしろいなぁと思いましたが、
絵にはならないのですねcoldsweats01
さまざまな方が同じテーマで描く・・・
となると、その優劣といったものだけでなく、
感性の違いなども如実に表れて、
なかなか難しそうですね。

投稿: | 2013年6月 2日 (日) 11時04分

○○様
”絵にならない”と書きましたが、いいえ、ベテランの画家なら絵にしてしまいます。絵にならないのは私だけcoldsweats01

妙義山はおっしゃるようにそのカタチだけで魅力的なモチーフなので、プロアマ問わずに好まれます。

それだけに正当な具象画で自分の絵とするにはかなり難しくほとんどがありきたりの(妙義山)になってしまいます。そういう私も、デスhappy02

投稿: おキヨ | 2013年6月 2日 (日) 12時04分

おキヨさん、こんばんは

天気が良い時は、健康的にも外出はいい様ですね。交感神経も夜は切り替わりぐっすりおやすみ、それも太陽との関係とか… 天気の良い日の新緑の里山、残念ながら写真の対象にもなりませんね。

投稿: | 2013年6月 2日 (日) 19時43分

( ̄ー ̄)ニヤリ女は群れますが、男は群れませんね。
動物でもそうですね。雄はいつも一人で行動するのが基本です。think

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年6月 2日 (日) 20時35分

おキヨさん、こんばんはnote
いちばん上のコメント、ワタクシ、hananoです。
名前を書き忘れて、名無しになっていてごめんなさいsweat01
特徴的でおもしろいものであればあるほど(?)
自分のものにするのは難しいものなのですね~

投稿: hanano | 2013年6月 2日 (日) 23時47分

根保孝栄・石塚邦男様

実は私も群れるのが好きではないのです。どうも雄の部類に近いのではと。。。(^-^;
若い頃から一人行動が基本です。

投稿: おキヨ | 2013年6月 3日 (月) 00時47分

hanano様

貴女さまでしたか。私もだいぶ感が鈍くなったようですcoldsweats01

長く絵を描いていれば、一応形には誰でもできるんです。そこから先が難しいところで。。。sad
いわゆる〔個性〕というやつですね。
小器用に〔上手い〕より、一見(〔へた〕にみえる個性が上かも。。。eye

投稿: おキヨ | 2013年6月 3日 (月) 01時04分

岳様

コメントレスの順序が狂ってごめんなさいm(__)m

そうなんです。実際外に居ると気分がいいですよね。それと、年寄りは日光に当たらないとカルシュームが生産されないとか。。。
いまの季節、野山はまるで緑のヴェールにすっぽりと覆われた感じ。。。気持ちはいいのですが絵にも写真にもなりにくいですね。

投稿: おキヨ | 2013年6月 3日 (月) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔 死ぬまでにしたい10のこと〕を観る | トップページ | 我が懐かしのJ・ディーン、ナタリー・ウッド »