« 〔華麗なるギャツピー〕を観る | トップページ | 日本語をよく知らない。。。(-_-;) »

白馬大出風景

白馬で画家やカメラマンに最も人気のある場所は大出でしょうね。

私も白馬に来ればこの近くの宿泊所に泊り朝早くから此処にスケッチに来ます。昔から大勢のカメラマンや画家が手がけているこの場所、それだけに、余程の力量があれば別でしょうが誰が描いても誰が写真を撮っても似たり寄ったりのものにしかならないという難点も。。。私も10回は描いている風景なのにこれこの通り。。。↓ 進歩がない bearing

P1220683_480x321

F20号    絵のような絵?にしかならないですね。happy02

 

10年ぐらいの大出。同じ場所で描いています。↓

P1220684_480x321


ハンサムな後ろ姿でしょ。smile

此処ではないのですが、私の後ろを通った大勢の幼稚園児から〔おじさん、こんにちは〕と元気よく声をかけられたことがありました。bearing

|

« 〔華麗なるギャツピー〕を観る | トップページ | 日本語をよく知らない。。。(-_-;) »

絵画」カテゴリの記事

コメント

何時、何処で、何を描いてもどこぞの風景だと
分かりながら、ご自分の色をお持ちです。
生意気言って申し訳ありませんが、流石に経験の
深さがこの道では先生の価値だと痛感します。
私も、時過ぎた時にばかり描きたかった処を描いて
いないで、この度の新緑の侯に描きたかった
安曇野の風景の素案があるのですが・・・・
人生の雑用に忙殺されている(心が、感情が?)
時は、私には筆を摂る気力が生まれません。
その内に素知らぬ顔で、新緑の安曇野を描きたいと
思っています、また時過ぎた時に・・・・。

投稿: 仙人 | 2013年6月21日 (金) 08時08分

コメントを書き終えてブログの全体像を読みかえした時、下の写真の素晴らしさに眼が囚われ、もう一度Key
を叩きました。
若しかしてこの写真、ご夫君のシャッターでしょうか?
構図と言い、遠近感と言い、露出のグラデーションと言い、絵のセンスの持ち主の作画です。
吊り橋の左が白く飛んでいるのが気になりますが、ハンサムな人が点景なのも (しかも一番手前で) 熟慮された構図です。
遠景になるに従って露出の減衰されているトーンが素晴らしいと思います。

投稿: 仙人 | 2013年6月21日 (金) 10時02分

仙人様

過分なお言葉ありがとうございます。
おかげさまで、自分の思いと己が絵の出来具合のギャップに納得出来ないもやもや感が晴れました。
実際風景をありのままに描くのは難しいですね。
私はこの場所をこの季節に描いた絵をかなり観ているつもりですが正直感心できるような作品に出会っていません。つまりお手本が無いんです。
昭和初期の画家でこの場所を夕暮れ時に描いたいい絵がありますが、時期は夏、山に雪もない、緑も鮮やかさを過ぎた絵です。ですが、大出のしっとりした空気感を余すところなく描き上げています。やはり一流と云われる画家は圧倒されるような季節を避けるのだなと思いました。
白いアルプスも描きたい、新緑も描きたい、何もかもその場から掬い取りたいのに、悲しいかな腕が追い付かずただキレイキレイの絵になってしまいます。

それでも欲を捨て去れば絵を描くことは最上の喜びです。今こうしてブツブツ言いながらも描ける幸せを実感しています。
いつかこの場所で仙人様と並んで絵を描けたなら・・・ふっと思ってしまいました。

投稿: おキヨ | 2013年6月21日 (金) 10時51分

仙人様
え!そうなんですか?
これは思いがけませんでした。
かなり昔の写真ですが、早速夫にこの有難いコメントを見せることにします。

貴ブログは毎日拝見しておりますが、私自身の目よりも他の方の書き込みなどで、貴方さまのカメラマンとしての腕前を知らされることも多く、腕前のほどは折り紙付きということは承知しております。夫もさぞ大喜びすると思います。

白くとんでいる部分は部屋の照明のせいで、写真自体は上記の絵の大きな杉木立の部分です。
ありがとうございます!

投稿: おキヨ | 2013年6月21日 (金) 11時10分

おキヨさん、こんばんは

白馬駅裏からの絵は信州展などアマチュアの発表を見る機会は多いです。写真は基本的に青鬼地区からが多いのですが、この絵の画風がおキヨさんと少し違う感じに見えます。素人の目ですのでご容赦いただきたいのですが、当に絵のような絵で、素晴らしいです。
写真の技術的な事は別として、感性で哀愁を表現出来ている一枚だと思います。
信濃美術館ではルノワール、ピカソ、モネ、セザンヌなどの展示があります。明日が楽しみです。


投稿: | 2013年6月21日 (金) 20時13分

岳様

白馬駅裏がいいんですね。知りませんでした。いい情報をありがとうございます。scissors
青鬼地区には今回行きませんでしたが、以前には何度も行っています。大出よりアルプスは遠くなりますが私も大好きなスケッチ場所です。

従来の絵と少し違って見えるのはおそらく下塗りのせいかも。。。このキャンバスは下地ファンデーションを一度塗りしただけの上に描いています。
地塗りの工夫次第で出来上がりに迫力が出たり静かな雰囲気の画面になったりします。

信濃美術館・・・いい企画ですね。ブログUP期待していますgood

投稿: おキヨ | 2013年6月22日 (土) 00時46分

絵も写真も素晴らしいですね。

ことに後ろ姿がおキヨ様について様々なことを語り、とっさに言葉を捜してもやはり「ハンサム」以上の言葉はありません。最近は女性にも、知性のある立派な堂々とした…という意味で「ハンサム」が使われるようで、園児たちはそこのところを察知したのかも。

投稿: 粉雪 | 2013年6月22日 (土) 18時48分

粉雪様
私も〔ハンサム〕について知らないわけでもなかったのですが、この場合自嘲の意味で書きましたcoldsweats01
最後の子にね、先生が〔本当におじさんだか確かめてきて〕と云ったらしく、最後の子が戻ってきて私を見て戻り〔おばさんだった。。。〕と先生に云っている声が聴こえました。
先生は遠方から何度もお辞儀をして謝っていましたよ。

このエピソード私のお気に入りです。wink

投稿: おキヨ | 2013年6月23日 (日) 00時49分

粉雪様 追申

拙画、写真をお褒め頂きありがとうございました。

投稿: おキヨ | 2013年6月23日 (日) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔華麗なるギャツピー〕を観る | トップページ | 日本語をよく知らない。。。(-_-;) »