« 口裂けお婆 | トップページ | 他人の尺度 »

夏の夜はラテン♪

ブログ記事更新の前にうっかりユーチューブで音楽を聴きはじめたらもう止まりませんね。今日は懐かしのラテン音楽を次々と聴いてしまいました。

小学時代の同級生のお父さんがダンス教室を開いていて  そこで私は一時ソシアルダンスを習い始めましたが、すぐに巷のダンスホールに入り浸る不良娘になり夜な夜なマンボやチャチャチャを踊り狂っていました。  不良たって、ただ仲間とダンスに興じるだけのことで、今の真面目なお嬢さんがたが趣味として、フラメンコやフラダンスを習うようなものでしたが、  我が家では夜10時頃まで外に居る娘は立派な不良のレッテルを張られたものです。bleah 

などと言う50年以上も昔のことをことを思い出しながらラテンのリズムを楽しみました。

ラテンといえば当時爆発的に大流行したマンボ。マンボといえば、キューバのマンボキングと云われたペレス・プラード。あの〔う~ッ!〕という掛け声が大人気となりましたね。今でもマンボを演奏するとき欠かせないのはあの掛け声でしょう。。。

セレソローサ、ある恋の物語、パトリシア、エルマンボ マンボファイブ、闘牛士のマンボ。。。きりがないのでこのくらいで止めました。coldsweats01

Photo


ペレス・プラード 小柄で極端ななで肩が特徴的。お腹の底から絞り出すような〔ウ~ッ!〕の掛け声が魅力でした。字で書くと犬みたい〔爆〕happy01

|

« 口裂けお婆 | トップページ | 他人の尺度 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん
 懐かしいソシャルダンス。
 同じ曲を聴いていたんですね。セレソローサ、マンボナンバ5は同時に灼熱の中学校のグランドを想い起します。 何だったのでしょうね。
 タンゴも大好きでした。  片田舎のホールでミラーボールの極彩の光が発砲に飛んでいました。
 ドドンパ、サンバ、コンガ・・切がありません。
 懐かしい限りです。

投稿: 風の樹人 | 2013年7月27日 (土) 08時29分

風の樹人様

私達年代が大人に差し掛かる時代は明るく陽気な音楽にあふれていましたね。戦争当時人がいびつに押し込まれた時代の反動の解放感だったのでしょうか。海外からの音楽は魅力的なものでした。

不良もおおむね健全なもので、夜の光の下で文学や芸術に話が弾み、私など家庭では一切出てこない文化的な面はすべて遊びの中で培われたと思っています。

私もタンゴは曲もダンスも最も好きな分野でした。

投稿: おキヨ | 2013年7月27日 (土) 11時35分

高校時代のフォークダンスが、せいぜいだった私には眩しいお話です。
以前に踊る指揮者、スマイリー小原さんのことを書いていらした心境も、この記事を読んでなんとなく解りました。スマイリーさんは観客に向けては終始笑顔を絶やさず踊っていましたが、演奏する人々に向ける顔は実に厳しかったという噂があります。ウワサに過ぎないのですが、ありそうな話でそこはかとなく可笑しい…。

投稿: 粉雪 | 2013年7月28日 (日) 10時36分

粉雪様

高校時代の清楚な貴女様が想像されます。
私は高校時代から洋画にのめり込む不良でしたので、アメリカかぶれが早くから始まっていたのでしょうcoldsweats01

そういえば以前にスマイリー小原さんのことを書いた覚えがあります。軽快な身のこなし、日本人離れしたリズム感のことでしたよね。
彼は演奏者には厳しかった。。。
どんなことでも修行を積んだ人は厳しい面を持っていると思います。
ありそうな話ですよねgood


投稿: おキヨ | 2013年7月28日 (日) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 口裂けお婆 | トップページ | 他人の尺度 »