« 禿頭〔とくとう〕の魅力 | トップページ | 気に入らないこと。。。(-"-) »

欲がなければ一切足る

〔欲がなければ一切足る 求めるところあれば万事窮す〕良寛さんの言葉だそうで、佐藤愛子の(幸福とは何ぞや)というエッセイ集から見つけました。 

野心とか欲望を持っていると苦しい。欲望、野心を超越したら楽になるという意味だそうです。

たしかに。。。以前に私がある絵画団体に付属していた頃、自身の力量の無さも判らず高望みをしていた頃の苦しかったこと。  これは野心であり、欲望だったと思います。脱会してたしかに楽になった。。。でも心地よい楽は堕落の始まりでもありますね。 

人はある程度自分を追い込まないと怠惰の海を漂うばかりで心もとない。やらなくてよい、という現実もまたむなしいものです。 一応、拙劣ながら今まで培ってきたものを保持しておく努力だけは続けていますけど。。。

118_1897

5分

118_1896

5分

|

« 禿頭〔とくとう〕の魅力 | トップページ | 気に入らないこと。。。(-"-) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんにちは

会社員は上下社会、大きな会社を離れて楽になりました。今の会社には大変お世話になりましたので、しっかり恩返しをしたい。そんな気持で働いています。単身赴任の頃、良寛さんの五合庵は良く訪ねました。

投稿: | 2013年7月23日 (火) 17時13分

良寛の言葉は初めてですが、老子に「足るを知る者は富む(以下略)」がありますね。
良寛が言わんとすることとおおむね同じなんだろうと思います。
老子と良寛の言葉の深淵を理解できないせいもありますが、私はそれは少しばかり違んじゃないかな、という思いを持っています。
足るを知る、が現状を受け入れてそれで満足しなさい、という意味になると、今、社会的弱者として貧困から脱け出せない人に向かっては言えない言葉になりますね。
そうでなくても、健全な向上心を否定するのか、という曲解を招かないかな、という危惧を持ちます。
ただ、身の程知らずの高望みをすることも、自らを不幸にしかねませんから、足るを知ることは必要な心がけになるでしょうね。
両者のどこに境界線があるのか、心の問題なので見分けるのは至難のことですね。

場面を転換しますが、岳さんのコメント素晴らしいですね。
恩義を感じた会社への恩返しとして働く、という男気は感動ものです。
私も現役の時に、少なからずそんな気持で働いていましたし、そのためには働くことに苦痛に覚えることもそうそうなかったものです。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月23日 (火) 21時02分

煩悩だらけの私はとてもとてもその境地には死ぬまで
達せませんね。
拙い絵も、アノ高価なソフト(イラストレーター)が
あれば、もう少しきれいに見えるのに…とか描く度に
思いますもん。

池上さんの似顔絵、レイヤー機能を駆使して何回も
訂正、おまけに画像縮小して欠点隠してます。
さらさらっなんて、とんでもねぇっす(汗)

投稿: バルおばさん | 2013年7月23日 (火) 23時28分

岳様

会社員は上下社会・・・おっしゃる通ですね。そういうところで半生を生きなければならない男性諸氏に深く敬意を表します。
岳さんの言葉にはっとさせられました。我が家のお爺をもっと大切にしないと。。。weep

”今の会社にしっかり恩返しをしたい”
日本一美しい村の出身者である岳さん、さすがです!shine

投稿: おキヨ | 2013年7月23日 (火) 23時37分

風花爺さん様
”足るを知る”という言葉はよく耳にしたりたまには使うこともありますが、よく考えると欲望の権化である人間にとってかなり難問ですね。欲も千差万別。”足るを知るは第一の富なり”といわれて、いっとき理解できても、実際には凡人は納得しかねる部分も残ります。

また、早とちりの人間はこの言葉を都合のいいように曲解しかねませんね。
足るを知るとは無駄な欲望は捨てても、己に必要と思う欲求は持つべきだとの解釈は駄目でしょうか。。。
これは実に個人の心の問題です。

岳さんのお人柄素晴らしいですね。ご本人はどうやら気付いておられないようですが、いまどきこのような一本気の人間はそうはいません。
信濃の美しい村で生を受けた人は違いますね。 

投稿: おキヨ | 2013年7月24日 (水) 00時32分

バルおばさん様
それでよろしい!
偉い人の教訓をいちいち従っていたら身がもちません。言葉として知っているだけで充分。知っているだけでいつか心の安定に役に立ちます。

絵は苦労の後をみせないのが上手いということです。
正直に云わんでも〔さらさらッと描けるんよ~scissors〕云っていればいいものを。。。happy01

投稿: おキヨ | 2013年7月24日 (水) 00時42分

足るを知る。
 知らねば・・・の最近です。

少し物欲もなくなってきてはいますけど・・・
 これは、高齢に成って、不要と思うからかもしれません・・・
深い言葉です。

投稿: nono | 2013年7月24日 (水) 13時33分

nono様

おひさしぶり~!scissors
峩々温泉に行かれたんですね。なんだか寂れてしまった感じ。。。昔は東北の人の好きな温泉場でしたけどね。

この年になると物欲は減りますね。
私なんぞはものを増やさないことに執念を燃やしています。パタリといった時に後しまつをする人にできるだけ迷惑にならぬように。。。

投稿: おキヨ | 2013年7月25日 (木) 02時03分

本当に
洋裁に手を出していまして、ロックミシンで、ダーッと!
面白いので、どんどんすすみ~なぁ!

峩々温泉、歴史があるんですね~
 秘湯の湯治場!
好きですよ!
あの雰囲気・・・昔はもっと?繁盛?
 建物も新しくしたのかしら?

日帰りが入れなくて、残念でした。

投稿: nono | 2013年7月26日 (金) 16時48分

nono様
多趣味でいらっしゃるんですね。
我が家はミシンはありません。洋裁や編み物にのめり込むと他のものが何にも出来なくなってしまう経験をしましたから、もういらない。無くて間に合っています。

峨蛾温泉は昔は人気がありましたよ。
そういう場所こそ温泉気分が味わえますよね。

私は秋保温泉に行ってみたいです。

投稿: おキヨ | 2013年7月26日 (金) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 禿頭〔とくとう〕の魅力 | トップページ | 気に入らないこと。。。(-"-) »