« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

針仕事

Tシャツを買ってきたらなんと袖つけのところがほころんでいました。おそらく試着が繰り返されてでほころんだと思うのですが、こんな安物のTシャツも試着をするのかしら・・・そう考えると何となく不潔な気もしましたが、仕方がない、買って来ちゃったんだから。。。

綻びを縫うため、針箱を出しましたが、繕い仕事など何年ぶりかしら。。。私は嫁入り道具であった足踏み式のミシンを処分してからミシンというものを持ちません。ミシンが無くて一向に不便を感じませんね。今回のようにちょっとしたほころびなら手作業でできますし、それもめったにありません。というか、ほころびが出来るようなものは捨てちゃった方が早い。 

私が子供の頃は母が年中針仕事をしていましたが、あの時代とはわけが違う。。。誰も綻びを縫うほど衣服を大事にしません。

穴が開いた靴下を繕う時代もあったのですが、今の方はそんなこと信じないでしょうね。。。

P1230019_480x321


買ったものはすべて洗濯をしてから着ると潔癖症の知人もいますが私はそれほど気にはしません。

P1230022_480x321

その他の買い物。

PCを持つようになってから本を買う事が少なくなりました。それと老眼が進んだせいもありますね。。。sweat01

| | コメント (8)

批評に惑わされる

絵画団体に居れば大小の展覧会に追いまくられる大変さがあるものの、そこで批評家や諸先輩にさまざまな指導、指摘を受けながら成長することができます。

会に高い技術を持った画家が居れば申し分のない適切な指導を承れる場合もあるのですが、団体によっては必ずしもそうではない。なかには狭い知識で自分本位の批評を声高にするだけの批評家先生も。。。eye  素直な新人のうちは混乱させられる場合もあります。。。  私も(君の絵は苦労がむき出しだね、)とか〔ここまでする必要はあるのかな。。。〕あるいは〔混色が過ぎるね。。。〕などの有難い指導、ご意見を大勢の諸先輩承りました。ひとつの作品にそれぞれの批評、意見が多い場合はかなりへこんだものでしたcrying

今、昔描いた絵を手直ししようとみているいるうち、中には〔たしかに苦労は丸見えだけどそれほど悪くはないのでは?〕と思えるものも出てきたりします。〔自画自賛coldsweats01

P1230017_480x321

P6号

苦労の後が丸見えの草津白根。 稚拙ですが個人的には愛おしい。

P1230018_480x321

F4号荒船山 こちらは苦労はしていないのですが、もう少し色が必要かも。

| | コメント (4)

〔風立ちぬ〕を観る

話題のアニメーション映画、宮崎駿監督の〔風立ちぬ〕を今日観てきました。

私がアニメーション映画を観たのは小学生の時、シンデレラ物語や白雪姫を観て以来。この映画は自らぜひ観たい映画というわけではなかったのに、  物見高い私、新聞テレビの評判に落ち着いていられず、手の空いた今日一応夫を誘ってみましたが幸い( ^ω^)〔アニメ?やめとく。。。〕と云うので一人で 隣町の映画館まで出かけてきました。

映画が始まってまず、絵の美しさと漫画とは思えぬほどの迫力に驚きましたね。風景の見事な表現、建物の精巧さに圧倒されました。ただ背景があれだけ素晴らしいのに人物の表現というのは昔と同じく平面的なのが不思議に思いました。 

実在の人物同士をあのような形に組み合せてストーリーを作り上げる手法というのも珍しく、ご家族の了解を得る必要があったようですね。

昔のファンタジックなアニメーションとは異なるし、生身の俳優が演じたものでもないので、この映画、どこまでの感情を持って観ていいやら、というのが本音です。多分私がアニメというものを見慣れないせいでしょう。。。

Tbn_43c654352c0f9113

| | コメント (8)

野中のN子さん

深夜BSプレミアムで〔音楽と朗読で平和を〕という番組をやっていまして、私の好きな安田祥子 由紀さおり姉妹が出演していました。相変わらず美しいハーモニーですね。。。

何曲目かに唄った〔野ばら〕   

○ 1 童はみたり  野中の薔薇   清らに咲けるその色愛でつ  紅匂う  野中の薔薇

     2 童は折ぬ  野中の薔薇   折られて哀れ清らの色香 永久に褪せぬ  紅匂う   野中 の薔薇   

という美しい歌詞です。この歌を聴く度にある人を思い出してしまうんですね、私。。。 

子供の頃我が家の前に(野中さん)というお宅があり、3人兄妹の真ん中がN子さんという私より3つ4つ上の綺麗なお姉さんがいました。一人娘なので当然蝶よ花よの箱入り娘。物静かで大きな目をした、あまり笑顔を見せない少女でした。 

N子さんの苗字が野中さんで、彼女が薔薇の花のように美しい少女だったのでつい〔野中さんちの薔薇の花ような〕N子さんを〔野ばら〕を聴くたびに連想してしまうのです。

P1230014_480x321

F4号

 

お元気だと80近い老婦人、〔紅匂う野中の薔薇〕もさすがに色褪せたことでしょう。。。

| | コメント (2)

やはり服装が大事。

○ クロックス履いている大人を賢いと思えぬ吾の無駄な偏見 鴻巣 加藤健司   今日〔26日〕の読売歌壇から。。。 

作者は年配の男性でしょうね。とても共感の持てる歌です。私も大の大人が服装に気を使わないだらしない恰好で出歩くとか、見るからに不釣り合いなファッションをしているのを視たりすると、”今は自由な時代、他人には関係ないこと”とは思うものの、その人の人格を良しとはしません。  外見で人を判断するのは間違いといっても、大方の人はやはり第一印象でその人を判断するものです。やはり服装、身なりは大事なこと。。。

上記の歌の作者はクロックス〔ビニールでできたカラフルな履物〕を象徴的に取り上げましたが、私だったら、今流行している花柄の細身のパンツですね。。。若い人ならいざ知らず、体が凸凹になってしまったオバちゃんたちがあれを  履いているいるのを見るととても節度のある服装とは思えない。もっといえば知性から最も遠い服装に感じてしまう。。。   

今の時代好きなファッションをして何が悪い!何を着ようが自由だろう、って?いかにも。。。こっちだってそれを見てどう思おうが思うだけなら自由です!

Photo

| | コメント (6)

オバちゃんのハンドバックの中

ここのところコンサートを観賞するため会場の前に並ぶことが多いのですが、入場者の列のおおよそは中高年男女で、6:4の割で女性が多いようです。面白いことに、若い人と中高年の間で大きく違うことは、同じ場所にいるとき中高年は他人との垣根が無い。人類皆友達という気安さがあります。

私が〔あ、いやだ、蚊に食われちゃった!〕と我知らずつぶやいたとおぼしめせ。。。と、近くにいた同年配のおばちゃんがすぐさまご自分のハンドバックの中から〔ハイ、これどうぞ。。。〕と差し出したのがなんと虫刺されに効くムヒ。。。 

見ず知らずの方のご親切に、〔まぁ、ありがとうございます。ではお借りします〕。。。お返しするとき〔用意がよろしいこと。此処は蚊が多いのをご存じなんですね〕〔いぃえ~・・・だって持っていればいつでも役に立ちますからねdelicious〕 そりゃそうだ、現にこうして役に立っている。。。good

彼女の円く膨らんだハンドバックにがぜん興味が湧きましたね。もっとコマゴマした、生活必需品が詰め込まれてに違いない。eye 一般的なところでお財布、カード類 ハンカチ、ティッシュは当然、他に まず中高年の常識、飴、ガムの類 傷バンソーコ、はさみ 爪切り入っているだろうな。。。ムヒを持ち歩くのだから、案外虫よけスプレーも入っているかも。。。あ休憩時間おにぎりぐらい食べそうだからおにぎりははいっているかも。。。riceball

中高齢女性のハンドバックが膨らんでいるのは、こういうちょっとした日常品がつめこまれているからで、何か起きてもこういう方は人より少しは長く生き延びられる気がします。。。

P1230005_480x360

群馬音楽センター前  向こうに高崎城

| | コメント (6)

オーケストラで聴く映画の名曲

数か月前にチケットを用意して楽しみにしていた、群響オーケストラが演奏する〔オーケストラで聴く往年の名作映画の世界〕を鑑賞してきました。↓

P1220999_480x321


場所は先週と同じ群馬音楽センターです。。。

 

プログラムは

第一部 

○ 大いなる西部 〔ジェローム・ロモス 1958年 アメリカ〕  ○ 荒野の7人 〔エルマー・バーンスタイン 1960年 アメリカ〕  ○ ゴット・ファザーより”愛のテーマ ”〔 ニーノ・ロータ 1972年 アメリカ〕 ○ ニューシネマ・パラダイス 〔エンリオ・モリコーネ アンドレア・モリコーネ 1988イタリア〕  ○ ジョーズ 組曲  〔ジョン・ウイリアムズ 1975年 アメリカ 〕 ○ E T より 地上の冒険 〔ジョン・ウイリアムズ 1982年アメリカ  〕

第2部  映画の名シーンと共に 

○ カサブランカ 〔 マックス・スタイナー 1942年 アメリカ〕  ○ シェーン 〔ヴィクター・ヤング 1953年 アメリカ〕  ○ 風と共に去りぬ 〔マックス・スタイナー 1939年 アメリカ〕

この名画の曲を群響オーケストラで聴く贅沢、たまりませんでした。指揮は竹本泰蔵 カラヤン・コンクール・ジャパンでベルリンフィルを指揮し第2位に入賞 という経歴の指揮者だそうです。第2部には大きなスクリーンが用意されて、名シーンを観ながらその場面に忠実に再演されました。

私の年代の映画ファンは映画も曲もなじみ深いものばかりで十分に楽しめました。このコンサートはシリーズで行われるようで、次回も又楽しみですね。

しかし、先週のクラシックコンサートがほぼ満席なのに対し、映画音楽の観賞者数は少なかったような気がしました。群馬県は映画音楽ファンが少ない?

| | コメント (10)

壊れた蓄音機 (~_~;)

怖ろしく旧い喩・・・同じことをしつこく繰り返すときに、我々年代の人間が使った言葉です。それが今私の頭の状態。。。(~_~;)

二木紘三うた物語り〕というサイトにハマって5年、毎日訪問しているのですが、今月18日に更新された〔鈴蘭物語〕〔夢去りぬ〕という曲に囚われてしまい頭の中で鳴りやみません。

私が子供時代家族の誰かが蓄音機にかけていたものを聴くともなしに聴いていた懐かしい曲で、2曲とも同じ曲です。服部良一作曲で昭和14年という時代に作られたにしてはきわめて海外色の強いモダンなリズムの歌謡曲。 

これまでにも好きな曲があると数日はふと鼻歌など出ることもあったのですが、今回の〔鈴蘭物語・夢去りぬ〕は私にとって強く郷愁を呼び起こす曲で毎日〔二木紘三うた物語〕にお邪魔してはこの2曲を聴くのが日課となっています。

〔鈴蘭物語・夢去りぬ〕は同じ曲なのですが、どちらかといえばタンゴのリズムを明快に刻んだ〔夢去りぬ〕のほうが私の好みですね。 

昔の歌謡曲は格調高くロマンチックで美しい曲が多かった。。。lovely

Imagescayug064

| | コメント (10)

今にして思えば・・・

中国在住のMさんという日本女性のブログが、中国で起きたニュースを判りやすく紹介していて大変面白く、楽しみに拝見しています。

今日の話題は、中学の男性教師が女生徒に卒業書が欲しければキスをしろと強要。写真で見る限り生徒も嫌がるふうもなく教師の頬にキスをしている写真が載っています。  中国ではどれだけのニュースになったかはわかりませんが、これが日本だったらセクハラとして大変な社会問題になりますよね。 

セクハラという言葉が頻繁に使われるようになったのはここ2、30年ではないでしょうか?ではその前にセクハラはなかったか、というとそんなことはありませんよ。今と同じくらいにあったのではないかと私は密かに思っています。でも昔は学校の先生は尊敬できる立派な人間、変なことをするわけがない。ということで見過ごされた例が結構あったのでは。。。。

全て今にして思えば、というあいまいなことですが、Mさんの紹介した中国の映像を観て、これほどはっきりしたやり方ではなくても、似たようなことが日本にもないことはない、と思ったしだい。

60年も経ってから〔今にして思えば・・・〕というのも超鈍いはなしですが。。。

Cocolog_oekaki_2009_08_25_00_19

数年前にPCのお絵かきコーナーで遊んでみました。

| | コメント (1)

切れやすい高齢者

切れるは若者の専売特許だと思っていましたがそうでもなさそうです。最近切れる高齢者が増え、その犯罪は10年前の3倍にもなったということですから。。。 

年をとると脳機能の低下で感情の抑制が利かなくなる・・・これは昔から〔年をとると怒りっぽくなる〕と云われていることで、すでにわかっていることですから、ここへきて犯罪が増えたことと特に関連はないと思います。

ではなぜ? 研究者によると、孤立が老人の犯罪を増加させているということです。昔は子や孫と暮らしていた老人たちが現在は夫婦単位や一人暮らしが増えています。老人は年長者として若いものにいいところを見せる必要がなくなった?家庭の秩序など必要もないので我儘し放題でいい?何となくわかりますね。我が家がそうですから。。。 

〔老いては子に従え〕といったて、従う子が居ない。。。暴走する老人をいさめる子が居ないというのが犯罪を増やしているのではないか・・・漠然とわかりますね。高齢者の心の安定は家族と接し、尊敬を受けながら生活できることだと思うのです。。。といまさら言ったところで、その様式はとっくに壊れてしまい、わずかに残っているにしても高齢者は何となく肩身の狭い思いをしているのが現状のようです。 

我が家は初めから2人ですから、孤立感はあまり感じませんが、お互い我儘勝手の方にはますます磨きがかかってますね。smile

Imagesca281spm

| | コメント (4)

青森ねぶた祭り

深夜にテレビで青森ねぶたをやっていたので観ていましたがまぁ豪華絢爛だこと。。。私は青森県出身ですが、若い頃はお祭りというものにまったく興味を持たず、観ようと思えばいつでその場にいける郷に居たころには一度もねぶたを観たことがなかったのです。それが故郷を遠方にしてふと、このお祭りを一度観て置こうと思い立ち、50代に入ってから夫を促して青森まで出かけました。

行ってよかった、観てよかったというのが、このお祭り。テレビでの映像がどのように良い映し方をしても、現地で直に観る迫力の凄さは味わえない。その時にはわかりませんでしたが、偶然にも私はとてもいい場所に居たようで、  山車が角を曲がり、私の目の前に勢いをつけて迫るという特等席のようなところで観たのでした。夢のような幻想の世界で、日本のお祭りってこんなにも素晴らしいんだと思いましたね。 

ただ2度と行きたくない。。。というか足の悪い年寄りの行くところではありません。息もできないほどの人の群れ、まあ、お祭りですから当然でしょうが、夫とはぐれたひには大変!迷子になってしまう恐怖感がありました。

思い付きで行ったものですから、この時期市内には宿泊できるはずもなく、遠方の浅虫温泉に泊まりそこから電車を利用して青森市内に行きました。このホテルにも地元の画家奈良岡正雄の100号に描いたねぶたの絵が玄関にありましたね。〔奈良岡正雄は、女優奈良岡朋子のお父さん〕

皆さんもぜひ一度青森ねぶたを現地でご覧になることをお勧めします。 

かって、青森市民であった私、昔無関心だった罪滅ぼしに、青森ねぶたの宣伝をさせていただきました。smile

Imagescabp6pk9

| | コメント (4)

月とすっぽん (ー_ー)!!

我が家が馴染みにして久しい和風レストラン、いつも老年夫婦、ご家族連れの多いお店ですが、四季を通じてどうも夏場が特に混むような気がします。ハㇵ~ン、思いはどちらさまも同じで、主婦はこのく○暑い中出来れば火を使う台所など居たくない?と一人合点。。。delicious  夕べも満席状態で、店員さんもフルメンバーの出動です。

久しぶりにお目にかかる50代の愛想の良い女性の姿もあって、私達の姿を見るなり〔いらっしゃいませ~。お久しぶりでぇ~す。お暑うございますね。お元気でしたか?熱中症になどなりませんでした?〕  と夫の手を取らんばかり・・・。こんな歓待は夫ならずとも嬉しく無い筈はなく、〔元気でしたよ~!アタシはまだまだ若いんでね。100歳まではあと19年もありますよ~scissorsと軽口全開。  彼女の声もよく通る声だし、夫もデカイ声の持ち主。掛け合い漫才か?

あ~ぁ、こういう時いつも赤の他人をふりをしたくなるワタシ・・・。昨日テレビで観た高倉健とは月とすっぽんだ。。。 bearing

Photo

| | コメント (4)

健さんを観る

高倉健主演の(あなたへ)という映画朝日テレビで上映していたので観ました。けど、じつは半分しか観なかったというのが正解。。。happy02

映画がはじまってすぐにウトウト、はっと目が覚めると健さんの顔。。。共演は田中裕子か。。。かってはあの沢田研二を虜にした綺麗な田中裕子もさすがに年だわいと思いながらウトウト。はっと目が覚めると健さんの顔 。。。 おや、北野武が共演か・・・うん、さすが存在感のある二人と思いながらウトウト、はっと目が覚めて健さんの顔。。。健さん立ち姿がいいですね。同年代の我がお爺も年の割には背柱が曲がってはいないが健さんほどではない、と思いながらウトウト 。。。はっとして観ると健さんの顔。。。 

じつは今日少しばかり疲れちゃって・・・。え、うちの健さんpig・・・9時前には大あくびをして寝室に行っちゃいました。

しかし、姿を見せるだけで観客を呼べる俳優というのも凄いですね。旧いところで、フランスのジャン・ギャバン、アメリカの ジョン・ウェイン、 この偉大な老優たちにははっきり言って誰も演技力など期待せず、その圧倒的な存在感のみを観て満足したものです。これが名優の名優たる所以で高倉健はまさにそのタイプでしょうね。 

なに?居眠りしながらよくもそんな白々しいことを?。。。smile

Photo

高倉健

| | コメント (8)

きりがない作業 (+_+)

相変わらず手直し作業に追われています。出来るだけ酷いものを残したまま死にたくない一心で、手直しは数十年前のものから去年描いたものまでさまざま。。。

去年あたり描いたものはほとんど未完成ですからいくらでも筆を入れられますが、数十年前のものが気に入らないとなると全面的に消してしまわわまい限りどうしようもない。かといって、何もかも潰してしまうのは私の絵画人生を自ら否定する様なもの。下手な絵描きが居たっていいじゃないかという開き直りも必要なことです。〔下手も絵のうち〕という、熊谷守一がまるで私の為に残してくれたような名言は有難いですね。

P1220975_480x321

F4号

去年佐久大橋付近から描いた兜岩山がなんとか様になった?気がします。

P1220978_480x321

F4号

上高地は4,5年前に行ったような。。。これ以上はどうにもならんですね。。。
観光地は苦手ですdespair

P1220980_480x321

F4号

かなり以前に描いたもので絵の具が酸化しています。顔が白いのは修正中。乾いてから

もう少し絵の具を足します。

| | コメント (2)

群響サマーコンサートへ

今日は群馬県高崎市の音楽センターで開催された群響サマーコンサートに行ってきました。

P1220973_480x321


群響といえば群馬県文化の象徴、全国的にも知られている交響楽団です。 比較的近くに住んでいながら、群響のフルオーケストラ観賞は初めてのこと。

今回の指揮者は音楽の本場ウイーンで育ったミラン・トルコヴィッチ。 

プログラムは

○ ヴェルディ オペラ〔運命の力〕序曲 

○ モーツアルト クラリネット協奏曲 イ長調kv622 〔第一楽章 アレグロ 第2楽章 アダージョ 第3楽章 ロンドアレグロ〕

○ ブラームス/交響曲 第2番二長調作品73 〔第一楽章 アレグロ・ノン・トロッポ 第2楽章 アダージョ・ノン・トロッポ 第3楽章 アレグレット・グラツィオーン 

だ御4楽章 アレグロ・コン・スピーリト〕

クラリネット奏者は ウイーンフィルハーモニー管弦楽団のソロクラリネット奏者として活躍された ペーター・シュミ―ドルという音楽家です。 

会場はほぼ満席でした。ここ2,3年大小の音楽会に夫婦で出かけるようになりましたが、この地方の音楽ファンの多いことには驚かされます。入場前の長蛇の列はいつものこと。私としては絵画のほうに一旦冷静になったことで最近このような音楽を楽しむ余裕が出来、今更ながらですが音楽の素晴らしさに目が覚める思いです。

ただ、上記に上げたプログラムの題名がどうしてもチンプンカンプンですね。音楽は聞いたことがあっても題名が私の場合ネックになっています。  音楽を聴いて、上記に上げた題名をぴたりと言い当てる方は尊敬してしまいます。 

次回の定期演奏会は群響音楽総監督の大友直人氏が指揮をされるということでこれは楽しみです。遅ればせですがクラシック音楽に馴染む気満々dash

追記  半分居眠りをしながら書いた記事意味不明の部分がありました。すでにお読みいただいた方申し訳ありません。毎度のことですけどね。。。coldsweats01

| | コメント (8)

愛しのMrビーン♪

テレビ番組をみて朝から楽しみにしていたビジュアル・コメディー〔Mrビーン〕久しぶりに会いたい人物に逢ったような気持ちです。期待に違わず、ローワン・アトキンソンの素晴らしき名演技happy01を堪能できました。

以前にNHKで放送していたのは20年ぐらい前だったかしら、以来Mrビーンの強烈な個性の虜になってしまいました。 

以前のテレビ放送ではセリフ無しの短いコントの繋ぎで、ローワン・アトキンソンの名演技だけで笑わされましたが、今回は映画ということでストーリーになっていましたね。どちらにしても面白いのはこの俳優の一挙一動、一度観てしまったら忘れられないまれなる表情が売り物。自己中心的で子供っぽい、肘宛の着いた上着と短めのズボンがトレードマークです。

どれほどドタバタでも決して下品にはならないところがビーンの持ち味です。ローワン・アトキンソンという俳優はかなりの高学歴の持ち主で、知性派というあたりが、品格を貶めない理由かもしれません。 

本国イギリスはもちろんのこと世界でも評判の高いMrビーン、再放送でいいからもっと上映してもらいたいものです。

Photo


ローワン・アトキンソン

| | コメント (0)

清潔好きも度が過ぎると・・・

時々近くのドラッグストアーで買い物をしますが、抗菌除菌グッズ、またはお掃除グッズ、または消臭、芳香剤のなんと多いこと!さすが清潔好きの日本人ならではですね。

世界的に見てこれほど清潔を保つのに神経を使う国民はあまりいないのでは?あまり清潔とは言えない国の方々でも別に問題なく生活しているんですよね。 

聞くところによると、結婚したものの奥様があまりの潔癖症の為しっくりいかずとうとう離婚ということもあるとか。。。子供の頃、過剰に清潔にこだわった母親に育てられた悲劇でしょうね。

じつは私の長姉もかなり神経質。義兄は男兄弟でおおらかに育った人間ですから、ごく一般的な男性と思うのですが、 姉はいまだに電話で〔お父さん〔義兄〕は不潔、汚い〕と夫婦にあるまじきことを云うのでそのたびに私は〔男はそれが普通!貴女が神経質過ぎるのよ〕というのですが、姉は柔軟性に乏しい性格なので義兄は気の毒でなりません。それに清潔過ぎると体の免疫力が低下するというじゃありませんか。 

何事も度が過ぎるといいことにはなりませんね。皆さんもほどほどに。。。

P1220964_480x321

我が家は何十年となくこれ一本でOKscissors

| | コメント (6)

親不孝な姉妹たち

お盆に父母の墓参りに行かなくなって久しくなります。

若い頃にはお盆に必ず帰ってお墓にお線香を上げられたのに、40代頃から3年に1度、5年に1度となり、7年前には自分の都合で6月に出かけ,それきりになって今に至っています。末の妹だけは年に一度は帰郷しているようですが、お盆の帰省ラッシュを避けて9月に入ってから出かけるとのこと。

そのうち郷を出た姉妹はみな高齢になり、両親の墓参りもままならぬこととなるでしょう。そういう事ですから、私は8年前にわが兄妹の中でただ一人亡くなった次兄の墓参りはただ一度したきりです。 

次兄は独身時代ちょっとしたはみ出し者でしたが、家庭生活はおおむね幸せだったと聞いています。次兄が咽喉癌で亡くなった3年後嫂も亡くなり、残された2人の息子たちが常識ある家庭人となっているのがその証しと思っています。

ひとつ屋根に暮らした兄妹もバラバラになり、互いにその暮らしぶりもよく解らなくなるほど遠い存在になるというのも思えば切ないものですね。姉妹たちはかろうじて電話などで近況を報せあってはいるのですが、無口な次兄とその家族は例外で、本当のことは私たち姉妹もよく解らないまま逝ってしまいました。

116_1609_284x213

十和田湖

116_1624_400x300

八甲田山がみえていますね。

116_1629_400x300


奥入瀬 銚子の滝

いづれも7年前の写真

| | コメント (8)

不覚にも・・・(-_-)zzz

ふっと目が覚めたら、え!テレビがついている!時計を見ると私がブログ更新をし終る深夜2時。なんと転寝が滅多にしない深寝入りしてしまいました。

理由として、いつもの自分専用のいすではなく、夫専用のリクライングチェアを利用したこと。最近自室が朝早くから部屋の温度が上がり暑さで目が覚め、睡眠時間が少ないこと。。。などで、老いの身に狂いが生じたためと思われます。

これがもし夫だったなら私は〔もし、お殿様、こんなところで転寝はお身体に障ります。お若くなくはないお身、もしものことがありましたら私はいかがあいなりましょう。。。どうか、寝室にてごゆるりとおやすみなさいませ〕と促します。

これを訳しますと〔ちょっとアナタ、またこんなところでだらしなく寝るつもり!poutこれを許すと貴男のことだから習慣にするでしょう。此処は寝る場所じゃない!眠たかったら速やかに寝室に行く!!年なんだから気をつけてよ!(#`Д´)〕というころになりますが。。。

良かった、夫に見つからなくて。。。他人に厳しく自分に甘い私。 

というわけで昨夜はいつもの時間にブログ更新できませんでした。coldsweats01

Sketch37big

| | コメント (6)

酷暑のデッサン会

○ 兎も片耳垂るる大暑かな 芥川龍之介

朝っぱらからの猛暑のなか、隣県の旧~い公民館で行うデッサン会に行ってきました。資金不足でめっきり減った裸婦デッサン会を暑いからという理由で休むわけにはいかない。。。と思った人はやっぱり少なく、メンバー半分ぐらいは欠席でした。sad 

頼むからクーラーだけは故障ということがないよう祈る気持ち。大丈夫でしたが、部屋の広さと、設定されたクーラーの温度が今一つ合ってない。

そんなこんなで、集中力の低下は免れません。bearing

P1220955_480x321

15分

P1220948_480x321

10分

P1220950_480x321

2分

P1220957_480x321

1分

不調にもいろいろ理由があって、私の場合、モデル、ポーズの良し悪しですね。同じ静止のポーズでも雰囲気のある、または出せるモデルさんならいいのですが、銅像のようにただ座っているというだけでは描く意欲がわきません。

それと・・・言いたくありませんが、やっぱり年齢で表現力が劣ってきます。今ある力がこれ以上低下しないよう頑張らなければなりませんね。

| | コメント (5)

思えば虫が良すぎる

定年退職した夫が家にいるようになると、妻は夫を煩がる傾向があるそうで、極端な例では夫在宅ストレス症候群になって鬱に似た症状を起こす例もあるそうです。そんな・・・夫は家族の為に人生の半分を会社で働きずくめ、勤めあげてやっとゆっくりできると思えばあにはからんや家庭が安らげる場所ではなかった。。。weep 

じつは私も夫が定年退職した直後は落ち着かない夫が気になって仕方がなかった。なにせ長いこと朝〔いってらっしゃーーいpaper〕と送り出せば家は完全に私の城でしたからね。

私の城に、赤の・・・ではないにしろ夫という他人?が居るようになったのですからなんとも奇妙な気分。。。eye 

冷静に考えれば、この家ごと何一つ私のものではない筈なのに自分の城とはなんという厚かましい了見。しかも、大方の奥様方はご主人のDNAを受け継いだお子さんを立派に育て上げるという大役を果たしているのですから大きな顔は許されますが、私はどうよ。。。子供を育る苦労など一切ないのでまるきり厚かましさ100%ですよ。

今からでも遅くはない、心を入れ替えて明日から夫を城主と心得、私は僕に徹して夫にかしずく所存にございます。

P1220942_480x321

F3号

榛名湖。以前にUPしたと思いますが手直ししました。

| | コメント (6)

たまには一人で。。。♪

今日は夫が元同僚とお出かけ。。。滅多にない一人ドライブのチャンスです。

まぁ、時間的にいつもの画材店あたりが妥当な距離ということで我が家から30キロ離れたいつものJホンダへ絵の具を買いに出かけました。 

いいですねぇ、たまの一人って。。。せわしない夫に気を使うことなく、ゆっくりと時間をかけて絵の具を選び、ついでに滅多にいかない階下まで行って、テーブルクロスなどを買って。いつもは二人で行くコーヒーショップにも今日は一人で。。。本を読みながらゆっくりとコーヒー&ケーキを味わって帰ってきました。

自分は楽しかったのですが、文章にしてみるとつまらないですね。。。happy02 

お寄り下さった方に悪いから読んだ本の中からちょっといい文章をご紹介しましょう。

○ 苦悩させられるものではなく、苦悩するのだ。 愛されるものではなく、愛するのだ。  生かされるものではなく、生きるのだ。 神はどんな人間のうちにも、それだけの力を与えてくれている。 

                                                                               浅田次郎の幸福論から。。。

P1220937_480x321


少し変わりましたけど。。。あと一回で仕上げるつもり。。。

| | コメント (12)

母心とはいうものの・・・

警察がやっきとなって被害防止対策を取れば取るほど〔助けて詐欺〕の被害が増えるとはどういうこと。。。昨年の同時期に比べ、被害額は46%増えたとか。新聞の地方欄には毎日といっていいほど助けて詐欺の被害が載っていて、騙されれた方の大方は私と同年配の女性。新聞を見るかぎり騙す手口は同じです。

そろそろ耳の遠くなる年代、電話では我が子の声が判らない?現在はお金を振り込むのではなく、同僚とか、知人という見知らぬ人間に数百万という大金を手渡すというのです。被害者をパニックに陥れる手段を犯人側は使うらしいのですが、ここが判らない。。。私のような貧乏人はなけなしのお金はたとえどのようなことがあろうとも、赤の他人に大金を預けたりはしません・・・とおもうのですが。。。 

別の話になりますが、、数日前海外では、息子が盗んだ名画を燃やしてしまった母親がいました。息子の犯罪を隠すため億単位の絵をためらうことなく灰にしてしまう母心。。。バカ息子の為に世界的財産の名画を燃やしたこの母親に比べると、助けて詐欺は個人的な被害なのですからまだかわいいもの。。。諦めるより仕方ないのでしょうね。。。

。。。世のお母さん方、へそくりを沢山お持ちなのねぇ。。。dollar

09041302gorillainfant_big

| | コメント (10)

しがらみの話

普段〔しがらみ〕という言葉を幾度となく使ってきた私、検索してみると〔〕という漢字で出てきます。はぁ!?しがらみって漢字だったの?そして意味は柵〔さく〕のことだったんだ。つまり今でいうフェンス。。。

いやいや、ものを知らないと普段から開き直っていたとしても・・・利巧な中学生なら知っていそうなことを、74才の私、日常頻繁に使っている言葉の意味を知らなかった。。。 

しがらみがある、というときに人は厄介な事、好ましからざる意味としてとして使うことが多いと思うのですが、浅田次郎の〔人間の縁ーえにし〕という本をの中に〔しがらみとは恨みつらみ 恩 情けがあり、恨みつらみは水に流して、というけれどそんな都合にいいしがらみはない〕 というような件が書かれています。 柵にはいいものも悪いものも同じに引っかかってしまうので、すべてを受け入れて生きるということを言っているのです。。。

しがらみという言葉の意味と重さを明日に死んでもおかしくはない年になって初めて知りました。 

ついでに〔らちが明かない〕もよく使う言葉ですが、この〔らち〕も柵なんですね。〔らちが明く〕は柵が開くことによりすべてが解決する。。。そうなんだ・・・。

普段辞書を開く習慣がないものだから・・・。お哂いくださいbearing

Photo

しがらみ

| | コメント (6)

〔終戦のエンペラー〕を観る

〔風立ちぬ〕と〔終戦のエンペラー〕のどちらかを観るつもりで映画館に出かけ、まず〔終戦の・・・〕を先に観てしまいました。

スクリーンはいきなり原爆投下、日本の国が焦土と化した映像ではじまり、その時代に存在していた日本人なら誰もが非常に複雑な感情に見舞われる光景が展開。。。そして、連合国最高司令官マッカーサーが敗戦国の空港へ降りたつところから物語ははじまります。

この映画の主役はマッカーサーから戦争の真の責任者を探す任務を下された 日本文化に詳しいボナー・フェラーズという人物。そして、彼と日本人女性とのロマンスの回想を同時に物語を進めることでストーリーに華をもたせています。

ダクラス・マッカーサーを演じるのは、コマーシャルですっかりおなじみになったトミー・リー・ジョーンズ。マッカーサーとは似てもつかない風貌が厚木飛行場に降り立ったマッカーサーの例の映像とおなじ演出をすることで違和感がありません。 

良かったのは日本の俳優陣。昭和天皇に片岡孝太郎〔歌舞伎俳優〕 東条英機に火野正平 近衛文麿に中村雅俊 木戸幸一に伊武雅刀、その他西田敏行 など。。。ことにフェラーズの恋人役を演じた初音映莉子という女優が透明感のある日本女性の美しさを表していて良かったと思います。

なかなか見ごたえのある力作で私の点数は☆☆☆☆というところでしょうか。 題名である天皇の存在をもう少し押し出してもらいたかった。

Tbn_55770f7c382367d2

| | コメント (7)

若尾文子は永遠です!

夕べ9時台のテレビドラマ〔居酒屋もへじ〕で若尾文子さんを堪能しました。

不思議なお方ですねぇ、お年を召すほどに何とも言えない魅力をかもして、ある年代の男性諸君には永遠のマドンナではないでしょうか。 

日本人はすぐに年齢を持ち出す悪い癖がありますが、若尾文子に限っては年齢など不要!これほど輝ける時代の原型をとどめたまま、いまだ観客を惹きつけるオーラを放つ女優はそうはいません。吉永小百合ほど賢さが張り付いているわけでもなく、どこか可愛らしさがにじむ、かといって、それをウリにするほど嫌らしくない。。。 

私は彼女の大活躍した時代の映画はほとんど観たことがなく、なぜここへきて若尾文子が気になりだしたか吾ながら不思議です。

このドラマの筋などどうでもよく,全面若尾文子の魅力で終始しました。個性豊かな水谷豊の演技も翳むほど80代に限りなく近い若尾文子の魅力!。 

あ!年齢云っちゃった。。。coldsweats01

Images


若尾文子

| | コメント (6)

ご多分に漏れず・・・ (ー_ー)!!

先日ネット検索をしていて、郷のあるスポーツ関係の欄で甥の名前を見つけ、〔ほう!昔取った杵柄を生かしているんだ。。。〕と思い、嫂に電話で聞きただしたところ〔何かやっているそうだけど、オラよく知らね!〕とにべにもない返事。。。そういえば、嫂は実家近くに住む私の妹の話や、結婚した姪家族の話題は口にするけど、長男である甥の話をあまり聞かないことに気が付きました。〔知らないって、Yクン〔甥〕そういう話しないの?〕〔話も何も・・・家に(実家)にあまり来ないもの。。。〕

ははぁ・・・そういえば妹がチラと云ったことがあったけど嫁姑問題、やはりあったかぁ~。 

50年前、嫂と私達小姑は短い間ではありましたが非常に上手くいっていて今に至っています。私が欠点のない好ましい女性だと思った嫂も、時代の違う〔〕の立場から見ると、普通の〔〕ということのようです。

〔さわらぬ神に祟りなし〕実家の嫁姑問知らなかったことにしようsweat01


P1190043_319x480_2

P15号

| | コメント (4)

帽子の話

先日読売新聞編集手帳に帽子について書いてありました。〔男は自らの誇りの為に帽子を被る〕とか、〔一人前の男が無帽で出歩くのはおかしい。そんな時代が日本にもあった〕〔帽子復活の兆しがある。〕と、このようなことがかいてあったと思います。

旧い映画を観ると、洋画邦画を問わず、帽子をスマートに被っているスターたちの姿を観ることが出来ます。日本の俳優では上原謙などが帽の似合う顔をしていますし、ハリウッドスターではハンフリーボガード、ゲイリークーパー、〔第三の男〕のジョゼフ・コットンの帽子姿がよかった。この映画ではアリダ・バリの帽子とトレンチコート姿が印象的でしたね。帽子といえば〔ボルサリーノ〕のアラン・ドロンはダントツかっこよかった。。。 

日本で帽子が流行ったのは戦前戦後で、私の父なども外出時には必ず帽子を被ったものでです。

帽子で忘れられない方がもう一人。。。私の小学校時代担任だった山根先生。田舎の学校でただお一人都会的な紳士で、すらりとした長身に細身のコート、中折れ帽が細面のお顔によく似合っていたことをたかだか10歳に満たない私が、そのお姿で家庭訪問される日を楽しみにしていたことを思い出しました。初恋!?。。。coldsweats01

Photo

ハンフリー・ボガード

| | コメント (4)

人もペットも高齢化 

お隣のモモちゃん〔スージー 雄〕が娘のMちゃんと散歩から帰ってきたので、夫が〔モモや、おいで、おいで〕と呼ぶと一応近寄りしっぽを振って喜んでいましたが、なんだか以前のような勢いがなくなりました。

〔考えたらモモちゃんもお年よね。喜び方がだいぶ大人になった。。。〕というと、〔モモは心臓病になっちゃって。。。〕〔あら、それは大変!〕夫も〔それじゃ前のように手荒な遊び方は出来ないな。。。〕 

云われてみると毛並みも以前の健康な感じではありません。聞くともう15歳。何らかの病気が表れて不思議はない年齢になりました。この子がお隣にやってきたのは生後3か月。Mちゃんが大学を卒業した年ですから・・・え!とMちゃんもうそんなお年に!?と計算が思わぬ方向に飛んで。。。happy02

筋向いのAさん宅のユイちゃん〔雑種 雄〕はよく吠える働き者でしたが、最近声を聞かなくなりました。たまに吠えたかと思うと(ゴホンゴホン)と途中からせき込んだりして。。。彼はもう17,8歳になるはず。2年前にAさん宅に泥棒騒ぎがあったので(どうして・・・ユイちゃん吠えなかったの?)と聞くと(耳が聞こえていないのよ。年取っちゃって。。。)と奥さん。。。 

思えば当然ですがわが団地、人もペットもだいぶ高齢化が進みました。他人様のことは言えないわが夫婦ですけど。。。

Img_2195_480x360

モモちゃん

Img_2201_480x360

Iさん宅のミーも最近愛想が悪くなった。もしかして高齢による難聴?

何れも若かりし頃の写真。

| | コメント (6)

あっぱれ96才!!ヽ(^o^)丿

凶悪犯罪のニュースが多く目につく昨今、良いか悪いか判断が出来かねるけれども、個人的には〔オ~!お見事!!〕と拍手をしたくなるような出来事がニュースとして登場。

86才になる妻と喧嘩した96歳の男性が2800万円という大金をもって家出をしたと。。。∑(=゚ω゚=;)。。。96歳が家出をし、一人暮らしを試みるたくなるエネルギーを持てるほどの喧嘩とはいかなるものか、数えきれないほどの大喧嘩をした私にも想像がつきかねますね。。。家出を決行した男性もさることながら、いったいどのような言葉でかの男性をここまで奮い立てたか?奥さんの方にも興味が湧く話です。 

少なくとも我が夫婦以上の結婚生活をしているこのご夫婦の夫が妻を見るのも嫌にる、この若者のような感情が素晴らしい。わが夫婦などとっくのとっくに失ってしまった、家出をしたくなるほどの〔憤怒〕という感情を持っていた96才に感動を覚えます。

出来たらちょっと真似してみたい。74才という中途半端なお婆ではニュースになりませんかね。それに2800万円という大金を持っていなければただの徘徊お婆の扱いになるかもしれませんし。。。coldsweats02

20111018_1633397

ショーン・コネリー何度目かの登場coldsweats01

この方が大金をもってお待ちであれば家出のエネルギーも湧くと思うけど。。。

| | コメント (10)

執拗な手直しの原因は・・・

昨日の記事に少し関連します。

私は自分の描いた絵を執拗に手直しする癖は自信の無さに関係しますが、じつは同レベルの絵を描いていても気にする人しない人、各自の性格でさまざまです。。絵画団体に所属していた頃にははっきり申して私程度の会員はざらにおりましたが、劣等感に苛まされて会を辞めると云うひとはまず居ないでしょう。前向きに、〔中には惰性で〕そのうち必ずいい絵を描いてみせると頑張るのが健康なものの考え方だと思うのです。 

自己分析するに、私の絵に対する自信の無さは、自分の生育時の環境が何等かの関係があると考えています。ある心理学者は幼少にうえつけられた劣等感は一生深層心理となって残るといっていますし。。。。私は8人兄妹で最も不出来な子供と云われて育ちましたからね。おそらくこの辺りが原因ではないかと思いながら今日もシコシコと手直し作業に勤しみました。

 

絵以外には劣等感などあまり感じてはいないのが不思議。。。。bleah

P1220927_480x321


F3号

昨日も書きましたが直して良くなることはめったにありませんcrying

| | コメント (10)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »