« 執拗な手直しの原因は・・・ | トップページ | 人もペットも高齢化  »

あっぱれ96才!!ヽ(^o^)丿

凶悪犯罪のニュースが多く目につく昨今、良いか悪いか判断が出来かねるけれども、個人的には〔オ~!お見事!!〕と拍手をしたくなるような出来事がニュースとして登場。

86才になる妻と喧嘩した96歳の男性が2800万円という大金をもって家出をしたと。。。∑(=゚ω゚=;)。。。96歳が家出をし、一人暮らしを試みるたくなるエネルギーを持てるほどの喧嘩とはいかなるものか、数えきれないほどの大喧嘩をした私にも想像がつきかねますね。。。家出を決行した男性もさることながら、いったいどのような言葉でかの男性をここまで奮い立てたか?奥さんの方にも興味が湧く話です。 

少なくとも我が夫婦以上の結婚生活をしているこのご夫婦の夫が妻を見るのも嫌にる、この若者のような感情が素晴らしい。わが夫婦などとっくのとっくに失ってしまった、家出をしたくなるほどの〔憤怒〕という感情を持っていた96才に感動を覚えます。

出来たらちょっと真似してみたい。74才という中途半端なお婆ではニュースになりませんかね。それに2800万円という大金を持っていなければただの徘徊お婆の扱いになるかもしれませんし。。。coldsweats02

20111018_1633397

ショーン・コネリー何度目かの登場coldsweats01

この方が大金をもってお待ちであれば家出のエネルギーも湧くと思うけど。。。

|

« 執拗な手直しの原因は・・・ | トップページ | 人もペットも高齢化  »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様 おはようございますhappy01
 ほんとにあっぱれな96歳!!
 それほどのエネルギーを持ち合わせているのは心が若い証拠。
 ケンカするほど仲がいいと言いますが、どうでもよければ喧嘩
 にもならないってもんでcoldsweats01
 我が家も日常茶飯事…。仲がいいのか悪いのかcoldsweats01
 徘徊お婆とはおキヨさんのユーモアのセンスほんとナイスですgood
 ショーン=コネリー氏はお持ちに思えますけどね(≧m≦)
 

投稿: Shana | 2013年8月 2日 (金) 10時35分

Shana様
こんにちは。

羨ましい限りの若若しい怒りですね。夢を感じる行動ではありませんか。世の多くの男性の共感を得たと思いますよgood
我が家も喧嘩は楽しむものだと解釈していまので険悪にはなりませんね。というか、喧嘩したことをすぐに忘れる年代coldsweats01

ナイスのおキヨ・・・気に入りましたnotes
これから先もショーンコネリーが登場しますよ。何しろ長年の想い人ですからね。wink

投稿: おキヨ | 2013年8月 2日 (金) 11時20分

おキヨさん、こんにちは

夫婦喧嘩も色々あるでしょうが、女性の場合ヒステリーと言うのがありまして、神経を逆なでする事があるそうです。この様な場合、暴力よりも逃げる!?解りませんが。
先日禿頭の魅力と言うタイトルがありましたが、この方は007で32歳の時に既にカツラを愛用されていたと…

投稿: | 2013年8月 2日 (金) 15時48分

岳様
こんばんは。
ヒステリー症というくらいですから、それは病気でしょう。病人と喧嘩してはいけません。病人には勝てないcoldsweats02
最初からそれが分かっていれば男性は結婚しませんよね。


私の禿好きはすべてこの御仁から始まっています。これほど魅力的な禿頭の男性〔お爺さんsmile〕はそうはいないと思いますよ。
彼はカツラなど最初から嫌だったというじゃありませんか。
世の禿頭にエールを送ります!lovely

投稿: おキヨ | 2013年8月 2日 (金) 19時06分

大金持ったそのおジィ様、どこにお住まい(笑)。
サバ缶食しておキヨさん並みの体重に慌ててならなくては。
幾つになっても煩悩を持つのが若さを維持?
ならば、あまり悟ってしまわない方がいいのかしら(笑)。

投稿: バルおばさん | 2013年8月 2日 (金) 21時34分

バルおばさん様
うん、私も今それを思っていた。。。
smile
神によって与えられた煩悩、フルに活用しなくては。。。悟りはその道の方々にお任せして、
おじぃ~さまー・・・お住まいはどこですかーdash

って、バルちゃん、貴女とからむとどうしてこう地金がむきだしになっちゃうかねぇ。。。coldsweats01

投稿: おキヨ | 2013年8月 2日 (金) 23時35分

3日前のニュースですが、96歳の男性がとびっくりしています。
見習いたいですが96歳まで生きられるか、また2800万円が手に入るかとなると、自信はないですね。
その心意気だけを大切にし、あとは単なる「徘徊老人」にならないよう気をつけます(笑)。

投稿: 矢嶋武弘 | 2013年8月 4日 (日) 09時10分

矢嶋様

私もこの方を見習いたいのですが、体力も2800万円も持ち合わせがありません。
ご自分の財産をもってご自分の意志で旅に出たのですから犯罪でも家出人でもないと思うのですが、
ご家族としてはやはりこの高齢では危うい年齢なのでしょうね。。。
96才かいからみれば矢嶋さんなど少年ではありませんか。

お互い今の段階を維持していきましょう。scissors

投稿: おキヨ | 2013年8月 4日 (日) 12時26分

私はそんな大量の札束を持ったことがないので分かりませんが、重かったことでしょうね。
それよりご立派だと思うのは、そのカバンを無くすることもなく、保護されるまで持っていたということ。ボーッとしている私なら、どこかに置き忘れるかも^^。
それにしても、「お前なんか出て行け!」ではなく、ご自分が家出…そんな時代なのか、はたまた何もかも捨てて新たに生きたかったのでしょうか…。
いずれにしても、おじいさまご立派です!
(事情により、私は少しの間、拝見できませんが、ご心配なく…)

投稿: 粉雪 | 2013年8月 6日 (火) 16時12分

粉雪様

このお方はかなりしっかりしたかたのようですね。これさえあれば、将来の展開が見えるというもの。お持物の重要性をはっきり認識されていて無くする様な事は無いと思いますよ。

そうですよ。ご自分が家出というところにこの方の発想が一般的ではない素敵なところです。
新世界に向かって?というお気持ちだったのでしょうかshine

さうですか。。。少しの間さみしい思いをしますが、ご事情が解決なさったらまたお寄りくださいねpaper

投稿: おキヨ | 2013年8月 6日 (火) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 執拗な手直しの原因は・・・ | トップページ | 人もペットも高齢化  »