« 人もペットも高齢化  | トップページ | ご多分に漏れず・・・ (ー_ー)!! »

帽子の話

先日読売新聞編集手帳に帽子について書いてありました。〔男は自らの誇りの為に帽子を被る〕とか、〔一人前の男が無帽で出歩くのはおかしい。そんな時代が日本にもあった〕〔帽子復活の兆しがある。〕と、このようなことがかいてあったと思います。

旧い映画を観ると、洋画邦画を問わず、帽子をスマートに被っているスターたちの姿を観ることが出来ます。日本の俳優では上原謙などが帽の似合う顔をしていますし、ハリウッドスターではハンフリーボガード、ゲイリークーパー、〔第三の男〕のジョゼフ・コットンの帽子姿がよかった。この映画ではアリダ・バリの帽子とトレンチコート姿が印象的でしたね。帽子といえば〔ボルサリーノ〕のアラン・ドロンはダントツかっこよかった。。。 

日本で帽子が流行ったのは戦前戦後で、私の父なども外出時には必ず帽子を被ったものでです。

帽子で忘れられない方がもう一人。。。私の小学校時代担任だった山根先生。田舎の学校でただお一人都会的な紳士で、すらりとした長身に細身のコート、中折れ帽が細面のお顔によく似合っていたことをたかだか10歳に満たない私が、そのお姿で家庭訪問される日を楽しみにしていたことを思い出しました。初恋!?。。。coldsweats01

Photo

ハンフリー・ボガード

|

« 人もペットも高齢化  | トップページ | ご多分に漏れず・・・ (ー_ー)!! »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ボルサリーノのアラン・ドロンいいですね。( ̄ー ̄)ニヤリ
男でもほれぼれ・・中年のドロンが好きです。
ジャン・ギャバンは日本の片岡知恵蔵の戦後のギャングものの帽子姿とダブります。

ハンフリー・ボガードもいいですね。男にもいいですよ。wink

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年8月 4日 (日) 05時02分

根保孝栄・石塚邦男様

アランドロンは中年に差し掛かった頃が最も魅力を発揮しましたね。〔ボルサリーノ〕はちょうどその頃ではなかったでしょうか。
ジャン・ギャバンの存在感は圧倒的なものがありましたね。
ボギー・・・彼を抜くスターはその後出ていないようですね。。。

第一級のスターは男女関係なく魅力を感じさせるオーラを放っていますね。。。shine

投稿: おキヨ | 2013年8月 4日 (日) 12時04分

おキヨ様 こんばんはhappy01
 私の中で帽子と言えば…「危険なふたり」のジュリーですか。
 アラン・ドロンは「太陽がいっぱい」しか思い当たらなくてcoldsweats01
 いま帽子の代名詞と言えば…くるりんぱの上島竜平氏しか
 思い浮かばなくて…ジャンル違いで失礼致しましたcoldsweats01
 

投稿: Shana | 2013年8月 4日 (日) 19時57分

Shana様
そうでした!ジュリーなら貴女と私接点がありますね。winkあの頃のジュリーはたしかにかっこよく帽子を利用したいました。老いも若きも〔ジュリ~lovely〕でしたものね。。。

Shanaさんの年齢で〔太陽がいっぱい〕をご存じとは意外でした。最も今ではDVDがありますからね。

忘れていましたが帽子といえば寅さんも居ましたねsmile

投稿: おキヨ | 2013年8月 5日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人もペットも高齢化  | トップページ | ご多分に漏れず・・・ (ー_ー)!! »