« 野中のN子さん | トップページ | 批評に惑わされる »

〔風立ちぬ〕を観る

話題のアニメーション映画、宮崎駿監督の〔風立ちぬ〕を今日観てきました。

私がアニメーション映画を観たのは小学生の時、シンデレラ物語や白雪姫を観て以来。この映画は自らぜひ観たい映画というわけではなかったのに、  物見高い私、新聞テレビの評判に落ち着いていられず、手の空いた今日一応夫を誘ってみましたが幸い( ^ω^)〔アニメ?やめとく。。。〕と云うので一人で 隣町の映画館まで出かけてきました。

映画が始まってまず、絵の美しさと漫画とは思えぬほどの迫力に驚きましたね。風景の見事な表現、建物の精巧さに圧倒されました。ただ背景があれだけ素晴らしいのに人物の表現というのは昔と同じく平面的なのが不思議に思いました。 

実在の人物同士をあのような形に組み合せてストーリーを作り上げる手法というのも珍しく、ご家族の了解を得る必要があったようですね。

昔のファンタジックなアニメーションとは異なるし、生身の俳優が演じたものでもないので、この映画、どこまでの感情を持って観ていいやら、というのが本音です。多分私がアニメというものを見慣れないせいでしょう。。。

Tbn_43c654352c0f9113

|

« 野中のN子さん | トップページ | 批評に惑わされる »

映画」カテゴリの記事

コメント

ご覧に成ったんですね!
最近の作品は、結構観て居ます。
ハウルの動く城は、気に入ってますね。
映画でこそ!
と、思う作品でした。
検索すると、昔からの作品は、沢山!
ヒットは、ここ数年?
以外でした。

風立ちぬは、素敵でしたが、多少、物足りなく思ったのは、わたくしと、ドスコイさん。。。。爆笑。。。ぐらいなのかしら?
流石、宮崎作品とは、思います!
実在の物語を作品にするのは、難しい事なのでしょうね!

投稿: nono | 2013年8月29日 (木) 13時31分

おキヨさん、こんにちは

「風立ちぬ」は37日間で630万人を動員したそうです。凄い人気ですね!都内のポスターは驚くほどで、広告もすごいですね。とりあえず時間が無い…

投稿: | 2013年8月29日 (木) 16時00分

アニメ映画は精緻さと、綺麗さに感心させられますが、奥行きは出せないですね。
フィルム映画の陰翳や空気感や奥行感をアニメに求めるのは酷なことだと思っています。
両者は全く別物なんですね。
それだけにアニメ映画ではテーマとか物語性がとても重要だと思います。
「風立ちぬ」は宮崎作品では初めて男女の愛が主題になっています。
この愛は「風」が運んできたものです。
なので「風」が影の主役とも云えます。
どうも作家・堀辰雄とゼロ戦設計家・堀越二郎との物語なのかと早トチリをした私には合点がいかないストーリーでした。
両者の結びつきはまるで無かったことに、観た人がオヤ?という戸惑いを覚えたりしていることが、分かりにくさの一因ではないでしょうか。
私の勝手な見立てですが、宮崎作品には「風の谷のナウシカ」の系譜の、思わず”ナウシカがんばれ!”と声をかけてしまう根性ものと、「耳をすませば」の系譜でホンワカと暖かいものに包まれるものがあるようです。
「風立ちぬ」は後者の系譜に連なるものでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2013年8月29日 (木) 17時34分

nono様
〔風立ちぬ〕凄い評判ですね。私一人が見ないと話題についてゆけないので観てきましたhappy01
皆さんはお孫さんと一緒なので恰好がつきますが、私は劇場が暗くなるまで何となくきまり悪かったですね。
ストーリーがよく言えば爽やか、悪く言えば盛り上がりにかけた?それを上回るだけの絵〔画面〕の素晴らしさがありましたね。あれはスタッフの手仕事なんですよね?
宮崎駿作品があんなにきれいな絵と知っていたらもっと早く見るべきでしたね。

投稿: おキヨ | 2013年8月29日 (木) 19時42分

岳様

凄い評判ですね。劇場も私が知る限り観客が多かったと思います。

お時間の都合がつかないんですね。残念ですがテレビ放映を待つより仕方ないですね。でもこの映画は絶対劇場でご覧になるほうがいいです。

投稿: おキヨ | 2013年8月29日 (木) 19時48分

風花爺さん様
おっしゃる通理で、アニメと普通の映画とを一緒にできませんね。アニメーションの色彩の美しさは自然には無いものですから、その色彩を堪能するだけでも価値はありました。
男女の愛の物語にしてもアニメだと表現が違うことでしょうし、やはりあの爽やかさが妥当なところでしょうね。

話が変わりますが、主人公の堀越二郎という方は群馬県藤岡市出身なんですね。私の馴染の町ですが、今回初めて知りました。写真を比べて見ると、堀辰雄、堀越二郎両者はどことなく似た感じはあります。

堀辰雄の〔風立ちぬ〕ファンには複雑なものがあるでしょうが、アニメに免じて許していただくほかありませんね。

投稿: おキヨ | 2013年8月29日 (木) 20時15分

おキヨ様 こんばんはhappy01
 宮崎作品はトトロと千と千尋しか観たことがないのですが、
 やはり絵の美しさはすばらしいですよね^^
 なんでも普通のアニメにはない縦の動きが奥行きを出して
 いて凄いらしいですよ。主題歌がまた懐かしいですconfident
 なのに喫煙シーンの議論が残念です…。

投稿: Shana | 2013年8月29日 (木) 22時42分

Shana様
こんばんは~。
今になってとトトロも、千と千尋も観たかったなと思っています。どちらもかなり評判が高い作品ですよね。アニメで使われる色は自然に無い色つまり濁色は無いので澄んだ綺麗な色なんですね。
アニメーション作家は相当な高度の絵画技術を持たないと成り立たない仕事ですよね。
〔千の風になって〕という歌は〔千と千尋の・・・〕の主題歌なんですか?
なにか賛否があtったんですね?

投稿: おキヨ | 2013年8月30日 (金) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野中のN子さん | トップページ | 批評に惑わされる »