« 壊れた蓄音機 (~_~;) | トップページ | オバちゃんのハンドバックの中 »

オーケストラで聴く映画の名曲

数か月前にチケットを用意して楽しみにしていた、群響オーケストラが演奏する〔オーケストラで聴く往年の名作映画の世界〕を鑑賞してきました。↓

P1220999_480x321


場所は先週と同じ群馬音楽センターです。。。

 

プログラムは

第一部 

○ 大いなる西部 〔ジェローム・ロモス 1958年 アメリカ〕  ○ 荒野の7人 〔エルマー・バーンスタイン 1960年 アメリカ〕  ○ ゴット・ファザーより”愛のテーマ ”〔 ニーノ・ロータ 1972年 アメリカ〕 ○ ニューシネマ・パラダイス 〔エンリオ・モリコーネ アンドレア・モリコーネ 1988イタリア〕  ○ ジョーズ 組曲  〔ジョン・ウイリアムズ 1975年 アメリカ 〕 ○ E T より 地上の冒険 〔ジョン・ウイリアムズ 1982年アメリカ  〕

第2部  映画の名シーンと共に 

○ カサブランカ 〔 マックス・スタイナー 1942年 アメリカ〕  ○ シェーン 〔ヴィクター・ヤング 1953年 アメリカ〕  ○ 風と共に去りぬ 〔マックス・スタイナー 1939年 アメリカ〕

この名画の曲を群響オーケストラで聴く贅沢、たまりませんでした。指揮は竹本泰蔵 カラヤン・コンクール・ジャパンでベルリンフィルを指揮し第2位に入賞 という経歴の指揮者だそうです。第2部には大きなスクリーンが用意されて、名シーンを観ながらその場面に忠実に再演されました。

私の年代の映画ファンは映画も曲もなじみ深いものばかりで十分に楽しめました。このコンサートはシリーズで行われるようで、次回も又楽しみですね。

しかし、先週のクラシックコンサートがほぼ満席なのに対し、映画音楽の観賞者数は少なかったような気がしました。群馬県は映画音楽ファンが少ない?

|

« 壊れた蓄音機 (~_~;) | トップページ | オバちゃんのハンドバックの中 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんにちは

群響で映画音楽なぞ、たまらないですね!一世を風靡したカラヤン、ベルリンフィル指揮など聞いただけでゾクゾクします。何と贅沢なんでしょう! ご案内が映画ファンに届かなかったんでしょうね~?

投稿: | 2013年8月25日 (日) 12時52分

おキヨ様 こんにちは^^
 コンサートとっても良かったのですね。
 私もいくつか知っているものや観たものがありました。
 曲を聴くと映画のワンシーンが蘇って2度おいしいですね。
 私はクラシックにはあまり興味がなかったのですが、
 息子が吹奏楽部に入ってからは何かと聴く機会に恵まれ、
 やはり何でも生で触れるものはいいなと思います。
 テレビの取材がよく来る吹奏楽では知られた学校なので、
 高校生といってもなかなかのものです。
 遅ればせながらクラシックの楽しさに目覚めた次第です(*´v゚*)ゞ
 

投稿: Shana | 2013年8月25日 (日) 14時26分

ご無沙汰でした。
ややこしい事ばかりで!
今も孫の子守に来て居ます。
群響で映画音楽とは、いいですね!
良い音に包まれる、これ程の癒しは無いのではと、おもいます。
世界中で音楽の無い国は、無いでしょうから。
水と音楽必須ですね。
良い音にについて、TVで情報を得たばかりですので、尚更に
思うのです!

投稿: nono | 2013年8月25日 (日) 15時28分

プログラムを拝見するだけでも、ワクワクするような選曲ですね!
第1部のニューシネマ・パラダイスは私も大好きな映画と音楽です。
また、名シーンを見ながら演奏を聴く第2部も、
きっと素晴らしい時間だったことでしょうね。
映画音楽には、クラシックの演奏とはまた違った
楽しさと奥行きがありますねhappy01

投稿: hanano | 2013年8月25日 (日) 15時33分

岳様

こんばんは。
群響のオーケストラってお堅い音楽だけかと思っていた私が認識不足でした。
こんな楽しめるコンサートがあるなんて。これからもチェックを怠らないようにします。
少なかったといっても2300人入場できる席が完全に埋まらなかったということです。

投稿: おキヨ | 2013年8月25日 (日) 19時45分

Shana様

数年前から時々大小のコンサートを楽しんでいます。
その前には絵以外のことにまるで興味がもてなかったのですがいくらか心身に余裕が出来た気がします。

そうなんですよ。若い頃観た映画の音楽、スクリーンではその名場面でしょう。そしてオーケストラの生演奏、映画ファンならわくわくしますよgood

今は中高生の音楽部の活躍は目覚ましいものがありますね。先日各大学の演奏を聴きましたが、あれだけにテクニックは中高性時代から培われているのでしょうね。
ご子息も音楽で活躍されるかもしれませんねwink

投稿: おキヨ | 2013年8月25日 (日) 19時55分

nono様
そちらへ毎日お邪魔していますが更新されていないのでお忙しいのだなと思っていました。
あ、お孫さんの子守ね。それじゃ仕方がない。。。happy01

そうそうそれそれ!音楽といえば片手間にラジオで聴くものとしか思っていなかった貧しい耳の私、最近すっかりコンサートが好きになってしまいました。(いい音で音楽を楽しむ)これですよねshine
身体が思うようにいかなくなってから気が付くというものバカな話ですhappy02

投稿: おキヨ | 2013年8月25日 (日) 20時02分

hanano様

そうなんです。今回は本当に楽しみでした。
〔ニューシネマパラダイス〕は好い映画で私も大好きな映画です。この音楽を中演奏で聴けるとは思いもしませんでした。
映画の主題曲ばかりではなく、その名シーンの挿入曲を忠実に演奏しました。映画+生演奏ですもの贅沢の極みですね。
クラシックとはまた味わいが違いますが、音楽というものはそれぞれの分野で素晴らしいものだと感じています。
昨日の記事でもかきましたが、旧い歌謡曲も好きな音楽の部類に入ります。

投稿: おキヨ | 2013年8月25日 (日) 20時15分

オーケストラの響きで、往年の映画音楽を愉しませようと言う好企画。
客席がいまひとつ寂しかったとのことで、そこのところだけ残念でしたね。(^^ゞ
 
指揮者の個人サイトを訪ねてみたら、自身が練りに練った意欲的な企画だったようで。
この手のジャンルに本格的に取り組む指揮者は案外少ないので、将来楽しみなのではないでしょうか。(^ァ^)
 
>先週のクラシックコンサートがほぼ満席なのに対し、映画音楽の観賞者数は少なかったような気がしました。
 
先日の群響サマーコンサートの折りは、世界屈指のクラリネット奏者ペーター・シュミ―ドル氏が高崎に降臨しましたから。 近在の音楽ファン/音楽関係者がこぞってシュミードル詣でに来たんじゃないでしょうか。(笑)
こういう好い企画を継続させるためにも、地元関係者の集客努力に期待したいですね。

投稿: もとよし | 2013年8月25日 (日) 23時27分

もとよし様
映画ファンだった私にとってはこの企画さらに続けて欲しいコンサートですが、評判次第ではこれきりということもありますね。映画音楽はまだまだ素晴らしいものがたくさんあるし、私の最も好きな曲を演奏するまで続けてもらいたいものです。たとえば〔ひまわり〕とか〔シェルプールの雨傘〕とか。。。
高崎市のみなさんは先週のクラシックコンサートで充実しちゃったのかもしれませんね。私のように音楽の知識が無ければ、これと思う選び方も出来ないので一応なんでも聴いてみるcoldsweats01という。。。
私も後でパンフレットで知りましたが、クラリネット奏者が世界的に知名度の高い方なので会場が満席だったのですね。高名な絵画にわっと押し寄せるのと似てますかねhappy01

投稿: おキヨ | 2013年8月26日 (月) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れた蓄音機 (~_~;) | トップページ | オバちゃんのハンドバックの中 »