« 針仕事 | トップページ | 心を通わせる。。。 »

離婚しない理由

アメリカのある大学で40年間のデーターを元に分析した研究結果の発表に寄ると、兄妹が多いほど離婚率が少ないそうです。

理由として、兄妹が多いと人間関係を処理する経験と技術が身に着くし、コミュニケーション能力が高いという点が挙げられるそうです。 

8人兄妹のわが兄妹が誰一人として離婚をしていないことからみて、この研究は当たっているかも。。。でもね、この二つ理由の他に私が挙げたいことは〔ほら、やっぱりあいつは結婚生活もまともにできない駄目女。。。〕と兄妹から云われたくない。  これを一番の理由に挙げたいですね。

これが日本での研究発表なら〔親に心配をかけたくない〕も挙げられるのではないでしょうか?

しかしなんですね、環境も価値観もまるで違う、赤の他人であった夫〔妻〕という名の異性と50年も共に暮らすなど、考えると人間というのはつくづく辛抱がいいものだとおもうのです。お互いに。。。

Images

|

« 針仕事 | トップページ | 心を通わせる。。。 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私は、現在、単身赴任をしていて月に2回程度しか妻・子供と会わないのでそれほどストレスを感じることもありませんが、以前、一緒に生活していた頃は、妻とどうでも良いことで口げんかになったりして、休みの日は一人で出かけていましたねえ。ほんと。
時々、頭の隅に離婚したらどうなるんだろうと思うこともありますが、子供のことや世間体を考えるとできませんよね。

投稿: ギター弾き | 2013年9月 1日 (日) 10時23分

まず、協調性のもんだいでしょうね!
確かに大勢の中で、生きてゆくすべとして、欠かす事が
できない問題。
一人っ子の問題でもあるでしょうねぇ。
難しい…………………
わたくしの大、大、苦手とするところでして、じくじたるものかあります。
一人っ子、両親知らずと来ては、協調性など、皆無にひとしく、
切なくもあります!

治そうにも………今更の感ありです。
グスン!

投稿: nono | 2013年9月 1日 (日) 11時06分

ギター弾き様
こんにちは。
人間の感情ほど複雑微妙なものはありませんね。神様の前で永遠を誓った仲も2、3年も経つと色褪せてくるのが実情のようです。心の中で真の愛情はそのままとしても、男女のものの考え方の違い、お互いの家庭環境の違いその他もろもろのことでズレが生じてくるのはむしろ自然の成り行きではないかと思います。
多かれ少なかれ、みな似たり寄ったりの感情を持ちながら結婚生活を続けるのが理性ある大人だと思いますよ。
それも決定的な嫌悪感が無ければの話です。

投稿: おキヨ | 2013年9月 1日 (日) 11時13分

おキヨさん、こんにちは

私は4人兄弟ですが、みんな仲良しです。兄弟も夫婦も、お互いを尊重して余計な事は言わない。これが一番ではないでしょうか?余計な一言が蟻の一穴になると思っています。

投稿: | 2013年9月 1日 (日) 11時19分

nono様
そうおっしゃりながらも長年結婚生活を営んできましたでしょ。社会性も協調性も立派にお持ちなのにご自分で頑なにそう思い込んでいるだけだと思いますよ。wink

でも、どんな形にしろ夫婦間の絆さえしっかりしていれば大丈夫だと思いません?
どちらにしてもここまで敵と(爆)生きてきた私達は立派!
理解できにくい〔女〕という妻と共に暮らしてきた〔夫〕という異性も考えれば凄い!shinehappy01

投稿: おキヨ | 2013年9月 1日 (日) 11時31分

岳様

4人ぐらいが兄妹仲良くできる限度ではないでしょうか。わが兄妹のように8人となるとひとつの社会生活で、派閥やら苛めやらまたははぐれものもでますし。。。coldsweats01

岳さんが明るいご性格なのはご兄妹に可愛がられて育ったせいかもしれませんね。

投稿: おキヨ | 2013年9月 1日 (日) 11時39分

nono様追申

音楽会にいらしたんですね。林振一郎さんの演奏を拝聴しました。日本でトップクラスのチェンバロ奏者だそうですね。その音楽家の演奏する楽器チェンバロを制作するご子息も拝見しました。日本一のチェンバロ製作者ということになりますね。
素晴らしいご子息をお持ちのnonoさん凄いですねぇ~~!!。。。shine

チェンバロはビアノの原型のような楽器なんですね。
はじめてお目にかかりました。

投稿: おキヨ | 2013年9月 1日 (日) 12時40分

( ̄ー ̄)ニヤリ
離婚がふえたのは、わがままが増えた、自己主張が増えた、辛抱しない人間、泣き寝入りしない人間が増えた・・などでしょう。

不満ありながら一緒にいるというのも不自然かもしれません。bleah

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年9月 1日 (日) 23時31分

根保孝栄・石塚邦男様

結婚は社会的には都合の良い制度ですが、心理的に融合することの無い男女が一生を共にするのは所詮無理なことなのです。
それでも家庭は幸福と安定の象徴と人は疑いませんね。。。
一般的には、数々の不満は家庭生活という幸せの枠内の泡みたいなものと受け止めるほかないのです。

投稿: おキヨ | 2013年9月 2日 (月) 00時47分

過分なお褒めの言葉に後ずさり・・・・((+_+))
 中野振一郎さんは、素晴らしいですが、我が息子とは 比べるべきではないですね。
ペーペーのかけだし、楽器製作者ですし・・・

親としましては、ただただ、恐縮あるのみです。
どもども・・・(*^。^*)

投稿: nono | 2013年9月 2日 (月) 12時37分

昔、私は一度だけ結婚しました。
離婚したくてもできません。なぜなら夫はずいぶん前に、天国に旅立ってしまったからです……。
最近、どうも夫が呼んでいるような気がしてなりません。

先日、地位も名誉もありそうな高齢のお方が、奥様にマグカップで殴られて……という、お気の毒な事件がありましたね。私は事件の詳しい内容は知らないのですが、こんな悲惨な結末を迎える位なら、このご夫婦は別れたほうが良かったのでは…と、思ってしまいます。日頃は、簡単に離婚する風潮には反対なのですが。

nonoさま、私はチェンバロの音色が好きでCDは始終聴いています。でも、まだ実物を見たことがありません。とてもデリケートな楽器だとか。貴ブログで拝見しましたが、ご子息の作品、とても美しいのですね…! 生きているうちに、実際の音色を聴くのが夢です。

投稿: 粉雪 | 2013年9月 2日 (月) 21時10分

nono様
何をおっしゃいます!
日本屈指のチェンバロ奏者が奏でる楽器を制作されるということは立派な芸術家です。
日本人のチェンバロ製作者は数少ないのではありませんか?
そのうちご子息は世界的なチェンバロ制作者として世に知られる存在になるかもしれませんよgood

投稿: おキヨ | 2013年9月 3日 (火) 01時05分

粉雪様
ご主人様が早くに天国に召されたのですね。。。
ブログはどのような境遇の方がご覧になるかわからないもの。想定すれば太平楽なことしか書けない私などブログを書くべきではないのではと思う時があります。その気がなくともご覧になれば傷つける様な事を書いている場合もあるでしょう。そういう時にはお許しくださいね。。。

そうそう、そのニュース新聞に載っていましたね。
おそらくはずみでしょうね。

私の好きな外国のエピソードに、金婚式を迎えたセレブご夫婦のパーテイで〔奥様は今まで一度も別れようと思ったことは無かったでしょうか?〕という質問に
上品な奥様が〔ハイ、夫と別れようなどとは一度も思ったことがございません。ただ、絞め殺したいと思ったことは幾度かございます〕と答えたという。。。delicious
夫婦とは古今東西こんなものでしょう。
粉雪さんはおそらくご主人のと良い想い出しか残っていませんんでしょうね。。。
私ももし夫が私より先に逝った場合は、良い想い出しか残らないで泣き暮らすでしょう。。。

投稿: おキヨ | 2013年9月 3日 (火) 01時29分

粉雪様追申

nonoさんが粉雪さんのコメントをご覧になるといいですね。wink

投稿: おキヨ | 2013年9月 3日 (火) 01時32分

おキヨさま、お許しいただきたいのは私のほうです。
いつも、お説ごもっとも!と思いながら、なんとなくすれ違ったことを書いてしまったり、暗いことを書いてしまったり…。
ただ、悪意は全くないことは信じてください。


>「…兄妹が多いと人間関係を処理する経験と技術が身に着くし、コミュニケーション能力が高いという点が挙げられるそうです」


これは例外はあるでしょうが、当たっていると思います。
親も、だいたい最初の子を育てるときは若くて未熟です。せっかくの伸びて行く芽を叩き潰してしまったりすることもありがちです。上の子は真面目だけれど、コミュニケーション能力が低い、下に行くほど、人との関わり方が上手……そして自己実現を果たす……私の家でもそうでした。


世の中のあらゆる人の事情を考慮していたら、何も書けはしません。どうかいつまでも、おキヨ様の個性を煌めかせてせて、思うままにお書きください。
それが面白くて、楽しませていただいているのですもの。


nonoさまへのコメントは、nonoさまのブログに書くべきでしたね。 お尋ねしてもいいのかしら…とちょっと迷ったものですから…。健康が回復したら、そのうちお尋ねしてみます。

投稿: 粉雪 | 2013年9月 3日 (火) 16時39分

追伸
訂正させてください。
「お尋ね」と変換しましたが、ブログ訪問の意味で
「お訪ね」と書きたかったのです。どうかご判読のほどお願いいたします。

投稿: 粉雪 | 2013年9月 3日 (火) 16時55分

粉雪様
それでしたらお互いあまり気を使うことをやめにして気楽になんでも話し合うことにすればいいのではと思います。nonoさんも私と同年代で、すっかりお友達気分ですよscissors
兄妹が多いことで社会性が生まれるのは本当です。リーダー、役割分担も自然に決まりますし、秩序を保つことも身に付きます。
若まま勝手は許されるものではなく、性格上そうであった私はかなり痛い目に遭っていますhappy02

今は一人っ子が多い時代で親の愛情を独り占めにはできますが、反面これは個人的にも社会的にもいろいろと問題があるようですね。

そうそう、私はなんどもnonoさんのブログへコメントを残そうとしたのですが、その都度拒否されてしまいます。方法はあるようですがそれがややこしくて。。。
もし粉雪さんがnonoさんのブログにコメントが出来ましたら彼女はきっとお喜びになりますよ。

訂正・・・こんなこと全く気にならない性格なもので。。。私なら気が付かないか、気が付かないふりをするかのどちらかです。happy01

投稿: おキヨ | 2013年9月 3日 (火) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 針仕事 | トップページ | 心を通わせる。。。 »