« 泣く男 | トップページ | 豆大福に揺らぐ »

たこをとる

私、50代後半あたりから、先天性股関節脱臼のために均等に両脚を均等に地面につけなくなりました。病気のある右足は踵が浮いた分足先のほうに力が入ります。。。。と、どういうことが起こるかというと、力の入る足の裏の部分の角質が厚くなり10円玉ほどの〔たこ〕が出来ちゃうんですね。

一度病院で削りとって貰ったことがあるのですが、これが恐ろしい。。。スピール膏を張って柔らかくしたうえでメスの様なもので厚くなった部分をぐいぐいと削るものだから、いつ先生の手元が狂ってグサッと足を貫通しるのではないかと生きた心地がしませんでした。sad 

それでどうせスピール膏を使うのなら自分でやろうと薬局でスピール膏を買い説明書に従いやってみました。と、実に見事にたこがとれて、生まれたての赤ちゃんのような足の裏に。。。shine

邪魔ものがとれてせいせいした・・・と思ったのもつかの間、これが歩きにくい。。。足の裏って多少は固くないといけないようになっているんですね。仕方がないので、足の裏がある程度大人の皮になるまで大判の傷伴を張っています。 

これも下半身の汚い話ということで〔尾籠な話で恐縮です・・・〕と云わなければならない類いの話かな。。。coldsweats01

Photo

|

« 泣く男 | トップページ | 豆大福に揺らぐ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
大変ですね!
夫の父親がやはり、手術しましたが、先進的な、治療はないものでしょうか?
ちょつとの事て、不自由を味わうのですから、
想像するだけでも大変さがわかります。
お大事にね!

投稿: nono | 2013年9月13日 (金) 08時42分

nono様

それが、日常生活に差し障るほどのものでもないので大変という自覚はないんです。
ただね、歩くときにできるだけ体が左右に揺れないよう普段踵の高さを調整した医療靴を履いているのでおしゃれが難しい。。。wobbly
どこへ行くにもほとんどジーパンですね。

ありがとうございますwink

投稿: おキヨ | 2013年9月13日 (金) 10時49分

nono様追申
いつも貴ブログ拝見しているのに、書き忘れちゃって・・・。
お孫ちゃんのお守いいですねぇ。。。成長の楽しみがあって生活に張り合いがありますね。子供の目に見えない力って絶大ですね。

キルトの技術素晴らしいではありませんか。手のものがまるきりダメな私、その根気に圧倒されます。

投稿: おキヨ | 2013年9月13日 (金) 10時56分

おキヨさん、こんにちは

行動派のおキヨさんは歩かないと言っても、かなりの運動量なのでしょうね。昔ゴルフでも、マージャンでもタコが出来ましたからね~。外科医は切るのが仕事の様で、平気で「切りたいな~」などと言います。要注意ですね…

投稿: | 2013年9月13日 (金) 16時27分

岳様
はい、
山登りは出来ませんが、生活能力は普通だと思います。
我が家に親切な嫁でもいたなら今頃は駄目な脚になっちたと思いますよ。動くからいいのですscissors

外科医…所詮他人の足の裏、お医者は小気味よく切ります。。。sad

投稿: おキヨ | 2013年9月13日 (金) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣く男 | トップページ | 豆大福に揺らぐ »