« 足下って? | トップページ | 下半期最初のデッサン会 »

幻のスモモ

馴染のブロガーGさんがスモモを話題にしていましたので思い出したのですが、スモモといえば今ではプラム〔巴旦杏〕ソルダムのような西洋スモモ類のことのようですね。

私が子供の頃に果物農家のおばさんが季節になるとリヤカーで売りに来たあのスモモはまったく別のものです。

それはネクタリンほどのおおきさで、形は上の部分が極端にとんがっていて、桃のような産毛は無く  表面はソルダムのようなグリーンががった色をしているのに中は見事な牡丹色をしていました。酸味がやや強く、おばさんはその、桃のようで桃ではない、ネクタリンのようでネクタリンで無い・・・という果物を(スモモ)といって売りに来ていました。 

今スーパーに並んでいるいろんな種類のスモモ類とは見た目も果肉の歯触りも全く違うものです。あのスモモと呼ばれた果物はいったいどこへ行ってしまったのでしょう。品種改良ですっかり別のものになっちゃったのかしら。。。

P1230034_480x321

いちじく F3号

|

« 足下って? | トップページ | 下半期最初のデッサン会 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、おはようございます。

この雨ではお出かけも出来ませんね。スモモ大好きです。中でもソルダムが一番です。産直では出回る時期が違いますが、5種類くらい売られていて、中には昔ながらの尖がった酸っぱいスモモもあります。懐かしくつい手に取ってしまいますね。

投稿: | 2013年9月 8日 (日) 08時17分

「すもももももももものうち」
すももの仲間はかなり入り組んでいてややこしいようですね。
すもものうち先が顕著に尖っているのが「巴旦杏」(はたんきょう)で昔からありましたね。
私は生家にあったのを食していた記憶があります。
西洋すももがプラムで、これを乾燥させたのがプルーン。
交配品種でソルダムとかネクタリンが登場したのでしょうか。
杏・杏子・あんずはバラ科なのでまた別の種類になりますがこの西洋種がアプリコット。

ややこしくてもなんでも、私は好物なので、気にとめることも無く味覚を楽しんでいます。

投稿: 風花爺さん | 2013年9月 8日 (日) 11時55分

果物は大好き! でも「幻のスモモ」は見たことがありません。ソルダムやプラムのことを、スモモと思い込んでいました。子供の頃に好きだった味は、もう手に入らないものほど、余計に懐かしく思い出されます…。
いちじくの絵、すてきですね。
いつも素晴らしい絵を見せていただき、また、おキヨ様にしか書けない率直で個性的な文章を拝読させていただき、本当にありがとうございました。
鋭い感性と細やかな配慮に満ちた優しさ、凛とした生きる姿勢が伺え、魅力的なブログです。
こちらに集う方々も皆さまとても豊かな世界をお持ちなのですね。ブログを拝見しては驚くばかりでしたが幸せでした。
このところ力尽きて……しばらくPCから離れなければなりません。いつかまた見せていただけましたら嬉しいのですが……。
おキヨ様、どうぞお元気で! おキヨ様と皆様の上にたくさんの幸せが訪れますよう、お祈りいたします。

投稿: 粉雪 | 2013年9月 8日 (日) 12時54分

すもも~♪
懐かしいです。
酸っぱいのをカリカリ~!
品種改良物ばかりで、何が何だか?
甘いもの好きですが、果物の甘すぎはどうなんだろうと思う時があります。

絵画!
イチジクの質感が凄い!

投稿: nono | 2013年9月 8日 (日) 13時49分

岳様
留守をしていてコメントレスが遅れすみませんでした。
この雨空飽き飽きしました。
私も桃類はなんでも好きですね。
長野に行ったらもしかしてあの懐かしいスモモがあるかもね。。。wink

投稿: おキヨ | 2013年9月 8日 (日) 20時46分

風花爺さん様
桃の種類もびっくりするほど増えましたね。
特にスモモ類の種類の多いこと。。。それにいつのまにやら庶民の食べ物であったスモモが高級品となりました。
花の名と同様私にはいちいち名前が覚えられそうもありません。
滅多なことでは〔美味〕という言葉を使いませんが、
桃類の美味しだに至ってはこのちょっと気取った〔美味〕という言葉を使いたくなりますね。
桃の季節が短いのが残念でなりません。

投稿: おキヨ | 2013年9月 8日 (日) 20時53分

粉雪様
今は品種改良された美味しい桃類がたくさん出回っているので、子供の頃に食べた〔幻のスモモ〕があってもただ懐かしいだけで美味しいとは限らないと思います。デモで切れなあの酸味の強い中だけが真っ赤なスモモをもう一度食べて見たんですね。無いものねだりですけど。。。
粉雪さん。。。寂しくなりますweep
最初の頃はお加減がよろしくないことがまるで分らず、無神経なことを書いたりしたかもしれません。
でもこれから一層分かり合えると思った矢先に、お加減がいよいよ大変になられたご様子。。。お辛いでしょうね。。。
お元気で…などと言われるといっそう寂しくなりますね。
粉雪さん、どうかごゆっくり養生され、ぜひとも回復
されることを心から祈っていります。
またひょっこり貴女様のお名前を当ブログで発見できることを信じております。。。

ありがとうございます。あえて〔ございました〕とはいいません。これまでの交流が終わりそうですもの。。。

投稿: おキヨ | 2013年9月 8日 (日) 21時09分

nono様
nonoさんにお知り合いになるず~っと前に〔果物がやたら甘くなってしまった。。。〕という記事を書きました。やはり同じ年代の舌ですね。
皆さんは圧倒的に甘いほうがお好きなのであまり言いませんが、私も酸味と甘みの微妙な兼ね合いのものが好きなんです。リンゴなど特に。。。
今は青森のリンゴでさえ関東地方の甘さと同じようになってしまいました。その方が需要がおおいから。仕方ありませんね。

投稿: おキヨ | 2013年9月 8日 (日) 21時14分

粉雪様、 nono様

絵をお褒め頂きましたのに、うっかりお礼を申し上げるのを忘れてしまいました。

お二方に、

拙画を褒めて頂きありがとうございますnotes

投稿: おキヨ | 2013年9月 9日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足下って? | トップページ | 下半期最初のデッサン会 »