« 懐かしの友をPCでみる | トップページ | 勘違い爺さん!(^^)! »

石田徹也展

先日NHK日曜美術館で取り上げていた〔石田徹也展〕が足利市立美術館で開催中と知って、時間のあいた今日足利市まで行ってきました。

石田徹也は新鋭として注目されたものの、まだ画家として一般的に知名度が上がる前に踏切事故で亡くなってしまったのですが、その作品は観るものに強い印象と感動を与えます。

武蔵野美術学校グラフィックデザイナー科卒業の画家の作品のほとんどが自画像とさまざまな機械、建物 道具を組み合わせて描かれた、現代社会を風刺したもので、美術愛好者ならずとも共感と感動を覚えるものです。

美術館の一隅には鑑賞者の声が書かれたメモが壁一面に張られていて、そのどれもが共鳴と感動を記したものでした。 

どの自画像も目が悲しみに満ちているのが印象に残りました。

たかだか31歳という年齢で多くの作品を残して逝ったという石田徹也、彼は自分の運命をあるいは知っていたかもしれませんね。。。

P1230307_480x321

P1230324_480x321_2

|

« 懐かしの友をPCでみる | トップページ | 勘違い爺さん!(^^)! »

絵画」カテゴリの記事

コメント

石田徹也さん?ただてさえ、画家の方達のなまえは、存知あげないのて、どんな絵なのだろうと!?
拝見してみたいです!

しばらく、訪問?です!
頑張って、書いてくださいませね!
いろいろ、有難うございました。

投稿: | 2013年10月 5日 (土) 11時55分

石田徹也さんという画家の名前、初めて聞きました。
そんなにもお若く、そして突然に、
この世を去ってしまわれた方なのですね。
おキヨさんの記事を拝見して、とても興味がわいてきました。
これからいろいろ、作品と接する機会を
探してみたいと思います。

投稿: hanano | 2013年10月 5日 (土) 15時11分

nono様
石田徹也は新鋭画家として活躍する直前に亡くなったので絵画界でも今まで知らない方が多いと思うので貴女様がご存じないのも無理からに事です。
私も美術誌などでかろうじて知っていたくらいですもの。。。

それより、もうブログはお止めになるんですね。。。せっかくお友達になれたと思ったのに寂しくなります。weep
気が向いた時にはたまに拙ブログを覗いて下さいね。paper

投稿: おキヨ | 2013年10月 6日 (日) 01時15分

hanano様

石田徹也はまさに世に出ようとする直前にこの世を去ったようです。一説には自殺という声も。。。
作品を観るとそれも否定できないという気もします。
彼はあまりにも世の中の矛盾に捕らわれすぎた。繊細過ぎた、と作品を見た誰もが思うはずです。

書店で探せば作品集があると思いますのでお手すきの時にでもご覧になったらいかがでしょう。
胸にせまる作品ばかりです。

投稿: おキヨ | 2013年10月 6日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしの友をPCでみる | トップページ | 勘違い爺さん!(^^)! »