« 伊香保盛況 | トップページ | 美しい村すなわち不便な暮し »

美しき村秋畑

昨年夏、武家屋敷で有名な群馬県の小幡町から山間に入ったところに、秋畑那須という鄙びた部落に地元の蕎麦を食しに出かけたことがありました。

その時に観た山村の風景が美しく、聞けば何年度かの〔日本の里百選〕に選ばれたことがあったとか。。。そこへ再び新蕎麦を食べに出かけて見ました。  もう一つの目的は昨年村の風景を見て、ぜひとも秋の風景をスケッチしてみたいと思ったからです。

017_480x321

小幡 桜の葉は紅葉しない種類のようです。

028_480x321


村の木々も紅葉というにはまだ早い。。。

046_480x321


自然の石を積み上げた〔ちいじがき〕といわれるこの村特有の石垣

これが一層この村の雰囲気を醸しています。

050_480x321


植林が多く思ったほど紅葉になる村ではないようです。

天を耕すような段々畑も収穫の後で残念ながら色彩は有りませんでした。despair

Akihata54

那須庵 このお蕎麦屋さんは土日だけの営業で、村の婦人会が交代で仕事をしていますので、町で食べるお蕎麦よりは太目で味も素朴。独自の風味を持つお蕎麦です。

今日はちょうどお昼時だったので満席状態でした。

〔写真を撮り忘れ、昨年のものを使用bleah

|

« 伊香保盛況 | トップページ | 美しい村すなわち不便な暮し »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

太打ちの田舎そば、食べたくなりました。

投稿: OKCHAN | 2013年11月 4日 (月) 10時24分

OkACHAN様

太打ち蕎麦は街なかの洗練された味に馴染んでいる方はあるいは不向きかも知れませんが、じっくりかみしめて頂くと実に味わい深いものがありますよね。。。

投稿: おキヨ | 2013年11月 4日 (月) 11時20分

おキヨさん、こんにちは

秋畑那須と言うのは甘楽町にあるのですね。当地と同じ山の中、急峻なやせた土地では蕎麦くらいしか採れない。米も採れず、麦が主食、その為「おやき」や「ぶっこみ」そんな食材が今はヘルシーと人気ですね。今、小川村などからサンフランシスコに輸出されるおやきは、一日に3千個とか?聴いた事があります。

投稿: | 2013年11月 4日 (月) 15時51分

岳様

そうです、そうです、秋畑那須は甘楽町の山村ですね。
小川村は見下ろす位置ですが秋畑那須は見上げる村ですね。段々畑が山のてっぺんまで続きその上にも民家があるという、民話に出てくるような村です。
蕎麦 麦 野菜が主な農産物ですね。
えー!小川村のおやきがサンフランシスコに出荷されているんですか(゚0゚)国際的なんですね。

秋畑那須は土日にやってくるお客に提供するお蕎麦がいっぱいいっぱいだと思いますよ。百数軒の小さな村ですもの。

投稿: おキヨ | 2013年11月 4日 (月) 21時08分

( ̄▽ ̄)車で歩くと、色々たのしめますね。

北海道は広いので、ちょっとそこまでというわけにはいきません。sad

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2013年11月 5日 (火) 00時33分

根保孝栄・石塚邦夫様

若い頃には2週間の予定で北海道を旅したものです。斜里岳や利尻などの写生地に憧れましたが、実際は広大な地を画けるだけの力量などあるはずもなく、ただの物見遊山に終わりました。。。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
森町からの駒ヶ岳は描きました。

投稿: おキヨ | 2013年11月 5日 (火) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊香保盛況 | トップページ | 美しい村すなわち不便な暮し »