« 日本語の難しさ | トップページ | 長野 東山魁夷美術館へ »

底意地の悪い私・・・^^;

知り合いをモデルに絵を描くとき、無意識にも多少の配慮をする気持ちが働きます。たとえば身内を描くとき、本人が欠点と思っているところを手加減しようとしたり、ご近所の若いお嬢さんを描くときには若さや可愛らしさをできるだけ強調するようサービス精神が働きます。 

私は今、自宅にシルバーセンターから年配の方をお願いして何人かで人物デッサンをしているのですが、このモデルさんにはそういう気遣いはせずに済みます。セミプロの若いモデルさんの半分の費用でお願いできるので経費削減になるのが一番の理由ですが、高齢女性を描くのは意外に面白いことが解りました。 

一回きりの赤の他人を描くのですから、遠慮容赦などしない。。。smile

008_480x321


F6号  

まだ途中なので仕上がったら再度UPします。もっとしわが増える!?coldsweats01

欲を言えば昭和の時代の本当の〔おばあさん〕を描きたいのですが、今の高齢者はおしゃれですから、昔の人のような身なりをしている人は居ないでしょうからね。。。

|

« 日本語の難しさ | トップページ | 長野 東山魁夷美術館へ »

絵画」カテゴリの記事

コメント

遠慮容赦しない**
しわが増える **
きゃ~~~ こわい
シルバーセンターに登録したら、違う仕事をもらうことにします~

投稿: みつばち | 2013年11月16日 (土) 09時07分

あのぅ、「しわ」とか「白髪」が増えてきましたけど・・・

投稿: Hayabusa改 | 2013年11月16日 (土) 10時52分

みつばち様

云い方が悪かった・・・。
つまり余分なことを考えずに、素直に、ありのままに描けるということです。
これでもモデルさんになってくださる方に感謝しているんですよcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2013年11月16日 (土) 23時54分

Hayabusa改
人は多少の違いはあっても、どこかで帳尻が合うようになっているんですね。老いは平等です。

投稿: おキヨ | 2013年11月16日 (土) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語の難しさ | トップページ | 長野 東山魁夷美術館へ »