« 御嶽に翻弄される (+_+) | トップページ | 記憶が新鮮なうちに・・・ »

県人会?

御嶽山麓開田村は20年前に幾度か来たことがありましたが、その頃とはあまり変わったふうはなく、素朴な様子のままだったので何となくほっとしました。

ただ、この辺りので前に見かけた屋根の上に石を乗っけた雰囲気のある家はすでになく、こぎれいな家に変わってしまっているのはやむを得ないでしょう。 

宿泊所も昔のままで、私の泊った宿も旅館とは書いてあるものの、しもたや風の民宿です。。。夕食時、階下の食堂に行くと、もうみなさんお揃いで、老年というにはまだ間がありそうなご夫婦、中年の男性がお二人、2人の中年女性と男性お一人、わが夫婦が入って9名が同席でした。  アルコールで言葉が滑らかになると〔どちらから?〕ということになり、私の列は一組が栃木の方であとは同県人でした。

旅先での出会いは楽しいもの。これから回る場所、以前に行ったところ、良かった処、それらのすべての道に詳しいもの。もう喋る喋る。。。happy01 

たった同県人というだけで人は会話のきっかけを作れるものなんですね。あるいはたまたまおしゃべり好きが集まった?smile

190_480x321_2

201_480x321

202_480x321

264_480x321

259_480x321

諏訪湖畔の桜葉がきれいでした。

|

« 御嶽に翻弄される (+_+) | トップページ | 記憶が新鮮なうちに・・・ »

できごと」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんばんは

落葉、ナナカマドの実、水車と雰囲気がありますね。信州の高原は何処に行っても、天気が変わっても感動があります。和気あいあいの旅も良いですね。

投稿: | 2013年11月 1日 (金) 20時32分

岳様

小さな水車小屋いいでしょう。
こういうところに身を置くのはいおchiの洗濯になります。

お天気は今一でしたが、秋の風情は充分に楽しめました。
一期一会…大好きです。

投稿: おキヨ | 2013年11月 1日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御嶽に翻弄される (+_+) | トップページ | 記憶が新鮮なうちに・・・ »