« 年々寂しくなる。。。 | トップページ | 骨折!? »

〔利休にたずねよ〕を観る

映画の公開初日に行こうと思っていたくらい観たいと思っていた〔利休にたずねよ〕をやっと観に行くことが出来ました。

直木賞受賞作品〔利休にたずねよ〕の映画化で、作品はモントリオール映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞しています。 

物語、は利休の切腹当日静かに茶をたしなむ利休とその妻のシーンから始まり、切腹何年前と区切って物語がさかのぼる形で展開。利休が信長、秀吉と時の権力者に目をかけられ徐々に茶人として上りつめ、秀吉の嫉妬を買うほど世間にも崇められる茶聖となります。  秀吉は自分の意のままにならぬ大きな存在となった利休に恐れを抱き、娘の側室をきっぱりと断る利休に切腹を命じます。

その後、物語は利休の若き日のある出来事となりますが、それがこの作品の要となります。 

利休役の市川海老蔵は歌舞伎役者の佇まいが生かされていて茶人としての風格が見事に表現されています。これほどの適役はないでしょう。。。しっとりとした中谷美紀の妻役はよかった。個人的にも好きなタイプの女優です。その他、信長を演じた伊勢谷友介 秀吉を演じた大森南朋 もよかった。。。また他昨年亡くなった市川團十郎が特別出演しています。

余談。。。 若き日の利休を演じた海老蔵の鬘はまるで似合っていませんでした。あれほどの眉目秀麗でも、似合わぬものというのがあるんですね。彼のトレードマーク5分刈りは豊かな頭髪は似合わないから?smile

Images

利休を演じる市川海老蔵

|

« 年々寂しくなる。。。 | トップページ | 骨折!? »

映画」カテゴリの記事

コメント

映画賞を受賞した話題作ですね。
なるほど、キャストを眺めただけで、これは観てみたくなります。(^ァ^)

以前、偶々買い求めた雑誌「歴史街道」に、映画の原作小説が掲載されていましたので、見知ってはいました。 たったの一話分しか読んでいないのですけれど。(爆)
それにしても「利休にたずねよ」とはまた秀逸なタイトルを考えたもんだと感心して、以来印象に残っていました。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2013年12月28日 (土) 13時54分

この頃伊勢谷友介の出演する機会を多く見る様になりました。
白洲次郎を演じた時にはまり役だナ! と思ったのが始まりでしたが、
GHQでマッカーサーに「イエスと言わない日本人が一人いる」と言わせしめた白洲次郎自身のファンです。
白洲次郎の自宅が小田急線の柿生にあります。
若し生まれ変われることがあったら、白洲次郎が目標かな・・・・?
横道に反れた話ですみません!

投稿: 仙人 | 2013年12月28日 (土) 19時38分

こんばんは

主役を引きうけるまで一年返事を延ばしたと言う海老蔵さん、満を持しての主演ですね。流石にプロの違いをアピールしているそうで、是非観に行きたいです。

投稿: | 2013年12月28日 (土) 21時04分

おキヨ様 こんばんはhappy01
 題名だけは存じておりました。
 市川海老蔵…何かとお騒がせな部分はありますが、
 やはり役者としては魅力的だと思います。
 何しろあれだけの目力を持った人はなかなか
 いないのではないでしょうかconfident

投稿: Shana | 2013年12月28日 (土) 21時04分

もとよし様

この映画の主役は利休ですが、他のキャストも一人ひとり主役を演じたように思える適役揃いでしたね。
利休は歴史的には誰もが知っていても事実という点では相当謎の多い人物らしいのですが、それだけに想像をかきたてられる人物なのでしょうね。

私は本を買う時に題名に魅かれるんですが、〔利休にたずねよ〕という題名は手にしたくなる味わいのある題名ですよね。

投稿: おキヨ | 2013年12月28日 (土) 23時50分

仙人様

伊勢谷友介・・・知的で底光りのするいい俳優だと私も思います。〔利休・・・〕でも存在感のある魅力的な信長をみせてくれました。

白洲次郎私も観ました。このドラマで伊勢谷友介という俳優が印象付けられました。この時白洲正子を演じたのは中谷美紀でしたね。彼女は芸術的センスを持った女優ではないでしょうか。この映画でも彼女ならではの美しさをはなっていましたね。

一時書店では白洲次郎ブームがあって、白洲次郎関係の本や写真が多かったときがありました。
人間的に魅力のある人物のようでしたね。ダンディで気骨があって。。。
云われてみれば仙人さんと白洲次郎どこやら共通点があります。。。

投稿: おキヨ | 2013年12月29日 (日) 00時13分

岳様

そうですか。。。でも利休役はその佇まいが重要ですから、映画を製作する側も海老蔵以外は思い浮かばなかったのではないでしょうか。。。実際セリフはそう多くないんです。

おひまを作ってごらんあそばせgood

投稿: おキヨ | 2013年12月29日 (日) 00時21分

shana様
トラブルがありましたね。。。
人間的には好ましいとはいえませんが、歌舞伎役者としても認識が強まれば収まるのでは?若気の至りだと思いますよ。。。

〔役者のようないい男。。。〕という言葉が昔あったのですが、役者とは歌舞伎役者のこと。
そういう意味で市川海老蔵は全身これ歌舞伎役者として作られたような逸品ですよね。

投稿: おキヨ | 2013年12月29日 (日) 00時31分

shana様 訂正

逸品・・・〔逸材〕と書こうとして間違いましたcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2013年12月29日 (日) 00時35分

一拍遅れのコメントになりました。
千利休はあの戦乱の時代で特異な存在だったと思います。
30日夜、BS歴史館で彼が登場します。
これで予習をしておいて映画を観ようと思います。

投稿: 風花爺さん | 2013年12月30日 (月) 06時34分

千利休は誰もが知っている歴史上の人物ですが、華やかな歴史を残す武将達とは光と影の感じを受けますね。美しい影 謎の陰というような。。。

今日の歴史館、私も楽しみです。

投稿: おキヨ | 2013年12月30日 (月) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年々寂しくなる。。。 | トップページ | 骨折!? »