« 銭湯にて | トップページ | 近藤正臣さん »

愚作の手直し中

新しい絵を描くより、初期の頃の絵の手直しに時間を費やしています。旧いものを見なければ忘れているもののいったん目にすればそのままでは済まない。。。 

これがまた厄介なことで旧いまま残しておきたい部分とどうしても許せない部分があるので,手直しで良くなることなどないのですが承知でやっています。。。また、色が酸化で変色したり、絵の具が剥げたり。。。 これが山ほどあるので きりがありませんね。

でも、不出来な子ほどかわいいっていうじゃありませんかdespair

P1240859_480x321

F8号
4,5年前にもいじったかも。。。bleah

P1240862_480x321

P10号

白を載せたまま乾くのを待ちます。

|

« 銭湯にて | トップページ | 近藤正臣さん »

絵画」カテゴリの記事

コメント

私の少年期はもちろん、昭和30年代の前半には、東京の世田谷区あたりでも見られた藁葺き屋根の農家。
今では郷愁の中にしか存在していませんね。

投稿: 風花爺さん | 2014年1月25日 (土) 06時41分

風花爺さん様

記憶違いでなければこの絵は赤城山麓、昭和村の廃屋だったと思います。
もうこのような風情のものは皆無といっていいかもしれません。
年月の育て上げた風情や風格の味わいは冒しがたいものがありますね。。。
ですから保存地区にあるような新生された藁屋根は描く気が起こりません。

投稿: おキヨ | 2014年1月25日 (土) 10時46分

久しぶりにお邪魔します。
「♪トゲなきバラの花よ~♪」と、昔の聖歌で讃えられたマリア様のようになられましたね……。
初めのころ、おキヨさまのことを、絵画界の曽野綾子さんだ……と思っておびえておりましたけれど。
私は療養中なので、コメントは慎みますが、拝見だけさせてくださいね。
どうぞ御身お大切に。

投稿: 粉雪 | 2014年1月25日 (土) 11時08分

絵の代わりに(代わりにはなりませんが)私は写真を撮ってきました。古いフィルムをスキャナーで取り込んでデジタル化しています。それをレタッチソフトでいろいろ加工してみたいと思っていますが、なかなか手間がかかってほとんど進んでいません。それに手入れするほど前より悪くなることが多いのが口惜しいところです。

投稿: OKCHAN | 2014年1月25日 (土) 11時39分

粉雪様

本当に嬉しいです。当方でどんなに親しく感じていても訪問してくださる方のご事情次第でそれっきりになるのがブログでの交流です。
再びいらしてくださってありがとうございますnotes

私ごときを才女の誉れ高い曾野綾子さんと比べてはいけません(;;;´Д`)
”おびえて・・・”には戸惑いやらおかしいやら。。。おそらく私の文章力が拙いせいだと思いますよ。表現が雑ですからねcoldsweats01

粉雪様 焦らずしっかり療養なさって一日も早くお元気になられることを願っております。
病気はお辛いでしょう。
私は先日も書いた通り、脚は悪いもののいたって健康なほうだと思います。健康な人間は御病気の方に対し鈍感です。
もしそのようなことを拙ブログでお感じになったならどうぞお許しくださいね。

ご気分の好い時にはたまにこうしてお寄り下さい。。。

投稿: おキヨ | 2014年1月26日 (日) 00時06分

OKCHAN様

絵であれ写真であれ、やり直しというのはやはり思うようにいかないものでしょうね。

腕が無いのにそれ以上を望むのですからどだい無理な話なんです。

諦めの悪い人間ですcoldsweats01
でもそういう事も含めて夢中でいられるので人生退屈をすることはありませんね。good

投稿: おキヨ | 2014年1月26日 (日) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銭湯にて | トップページ | 近藤正臣さん »