« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

傾倒しすぎの危険性

ある日本画家の画集をみて何とも複雑な思いに駆られました。

画集には高名日本画家が愛弟子を高く評価した言葉が述べられていてうるわしい師弟関係が偲ばれます。 

画集に収まった作品の数々は画家がいかに師に傾倒しているかを如実に物語っており、師を仰ぎ見るあまりにその技術を、余すところなく受け継いでいる作品集です。その迷いのない姿は感動的でもありますが、複雑な心境にもさせられました。 

どれほど師に傾倒し技法を完全に受け継いだとしても、師と弟子は全く別の人格です。作品は見分けがつかぬほどとは残念ながら思えません。俗な言い方をすればやはり2番煎じを免れない。。。。 

尊敬する師にどこまでも忠実に従う姿勢は清く思うのですが、芸術的表現者としてなにか違うのではないかと。。。しかしまた、そういう考え方も自由の内ではないかと思ったりします。

P1250012_214x320

回りが雪で一見寒そうですが暖かい日差しでした♪

| | コメント (8)

久々のスケッチ

2か月ぶりのドライブになりましょうか。。。といっても雪道の怖い夫の行く先は知れたもの。長くお付き合いいただいている方には〔バカの一つおぼえか。。。〕と思われても仕方のない妙義山へ。。。(^^ゞ 

妙義山の雪景色は願ってもそうは観られないもの、雪景色を描きたいなら今でしょ、というわけです。行ってみたら道端には雪が積まれているものの、急激な春陽気のため山には雪がたいして残っていませんでしたが、雪景色の雰囲気は充分につかめましたので  そこは写真と違い、絵ですからなんとかなるはずです(^'^)

P1240998_480x321

もっと白い妙義を見たかった。。。

P1250030_480x321

いい加減なスケッチでいかなる雪景色が描けるか(~_~;)

この後、それなりのランチとそれなりの味のコーヒーを頂いてから、雪景色を目の前に大好きな温泉風呂を楽しんで帰りました♪

 

| | コメント (10)

話し上手。。。

画材を買いに行けば必ず寄るのが店内のコーヒーショップ。。。

コーヒーが美味しいというのもありますが、じつは我々夫婦いわゆる仮面夫婦で会話らしい会話を交わすのは外出時だけなので、コーヒーショップやドライブ中は貴重な時間帯です 。

こういう時話すのはほとんど夫だけ、私は聞き役でよそ様のご家庭とは逆だと思います。いやいや夫の与太話を聞いている?いえ、そんなことは無い、夫の話は面白いんです。どう面白いかというと、以前にも書きましたが、母親がカフェーという特殊な家庭で育っているので  話題に事欠きません。彼に文才があったならさぞ面白い物書きになったでしょうに。。。

そのうち夫の話を小出しに書きますね。。。(^o^)

P1240969_480x321

妙義金銅山 F3号

 

| | コメント (10)

絵の具の話

絵の具を買いにJ・ホンダへ・・・。

絵の具の価格は容量が同じでもAが一番安く320~350円代。順に高くなってHで1400~1600円代〔メーカーにより多少違う〕というようになります。  色を作る時の材料で価格が違ってくるようです。これはあくまで国産の絵の具の場合。私は輸入品は高いものと思い込んでいるのでその価格など全く知りません。 

それが昔はよく解らずに〔というか、掲示してある価格表が小さくてよく解らない〕100号キャンバスに惜しげもなく使っていたことがありましたが、今は少し利巧になりまして?〔貧乏人の知恵^^ゞ〕そんな無駄遣いは滅多にしません。 

最近は小品ばかり描いているので絵具の使用量が少なく、たまには発色の良い絵の具を買う事にしています。

だからといって良い絵が出来るというものでもないのですが。。。(~_~;)

P1240967_480x321

AからHまであるのですが、手に取ってみてもみな同じでその違いが判らない(~_~;)

P1240963_480x321

 

| | コメント (10)

左目に異変。。。(ー_ー)!!

今日夕方辺りから、左目がなにか変なので鏡で確かめたところ充血しています。。。

以前にもこのようなことがあったので大した事でもないと思うのですが。。。今日はこれで終わりにしましょう。。。

 

P1240952_480x321_2

F4号

これを描くのに目を使ったのかな?一応額に入れてみます。

あと少しかも。。。

| | コメント (8)

頑なな人

昨日の記事を少し引きずりますが、女同士〔いつもおきれいで・・・〕とか〔お若いですねー!〕挨拶代わりでいわば潤滑油のようなものでしょう。。。 

でもたまにそういう言葉を〔見え透いたお世辞〕と嫌う頑なな人も中にはいるんです。彼女の口癖は〔私、嘘は言えないから。〕 

そういう人と一緒だと何となく会話がぎこちなくなってしまいますね。この〔本音の彼女〕にじっと耳を澄まされていると〔うっかりした事が言えないなと(・.・;)。。。 

冗談のつもりで云ったことにも〔そんなことは無いと思うよ。。。〕と真顔で云われてしまえば、笑うタイミングを外され座が白けるということも。。。そういう人に限って、他人が馬鹿に見えるのだから始末が悪い。。。

人はやはりほどほどに融通性のある方が、そして多少のお世辞を言える人のほうがいいように思います。 

こういう人って今〔空気の読めないひと〕と軽蔑されるんですって?

107_0756

上州名物 焼きまんじゅう

お向かいのオバちゃんが好きで伊勢崎市まで買いに行きます。我が家にも必ず買ってきてくれますねヽ(^o^)丿

| | コメント (4)

素顔の隣人

本道路以外の道もなんとか通れるようになったので、大好きな温泉風呂に行ってきました。

久しぶりに大きなジャグジーを楽しんでいると〔こんばんは〕という声がしたのですが、数人の中で知った顔が居ないので自分ではないと思ったのです。が  今度は私の苗字を呼ばれたので、ニコニコしている60代半ばの女性に目をむけ、よ~く見るとなんと同じ団地に住むMさん〔あら、ごめんなさい、最近目も耳もすっかり悪くなっちゃって。。。〕 

それは、この年ですから目や耳はたしかに若い頃とは違います。が私が彼女に気付かなかったのはそのせいだけではありませんよ。

Mさんいつも美しくお化粧をされているのに、お風呂では当然ノーメークのうえ、タオルのターバンを巻いて普段眉まで下げている前髪もかきあげ、おでこ丸出しのすっぴん。。。  こうなると女は当人と認識するまで多少時間を要します。  それにご近所といって両隣のオバちゃん達のようには懇意ではなく、お互い滅多に出会うことがありません。 

奥さん、ちっとも変わりませんねぇ〕とMさん〔貴女もいつまでもお若くて。。。〕

これ以上ない無防備な姿の60半ばと70半ばお婆二人 それでも女はみえみえの大ウソをつきあうんですよね。。。(#^.^#)

Cocolog_oekaki_2009_09_09_00_43

函館 カトリック元町教会

以前にお絵かきツールで描いたもの。

| | コメント (10)

気持ちはわかる。。。

今日は運転免許更新に行ってきました。

必要事項を記入する書類を説明しながら手渡されたのですが、受付の中年女性のなんと抑揚のない言葉。。。 

不機嫌とか愛想が悪い、というのでもない。なんていうか、無表情?

単調な仕事を続けているのもかなりつらいものでしょうね。 

 

話はかわりますが、私、今日57歳になりました。じゃなかった、75歳になりました。(^'^) 

誰だって若い頃には自分が75才になるとは思いませんよ。でも元気であればなっちゃうんですよ、それもあっという間に。。。

外出の際、店のウインドウに映る自分を見て〔おや、どこかの婆さんが歩いてるなぁ・・・〕よく見ると自分ではないか! (ー_ー)!!

あの原節子〔( ^)o(^ )〕のようだった私は一体どこへ消えたやら・・・

2

原節子

Kabegami053s

いや、こっちだったかな。。。^m^

ローレンバコール

| | コメント (10)

エアコンを買い替える

エアコンが先日から思わしくなく思い切ってリビングとアトリエの2台を買い替え、今日取り付け工事をしました。

ブログ仲間の方が雪のせいでは?と教えてくださったので、調べてみたところ、この大雪でエアコンの不調が増えているようですね。 

が、我が家のエアコン雪の前からおかしかった。書類を見たところ15年選手でした。(~_~;)

替え時をとっくに過ぎていて息も絶え絶えに生き延びていたんです。。。

P1240945_480x321

新しいものは畳や女房でなくともよろしい。ヽ(^o^)丿 

しかし、今のエアコン1か月分の電気使用料金がリモコンに掲記されるのには驚いた。|д゚)

シビアですねぇ。でもそれが明記されたからといってどうなるものでもないのにね。。。

| | コメント (6)

あのお宅は大丈夫だろうか。。。

今回の大雪、自分の周囲しか考えずに大騒ぎをしていましたが、ニュースをみて、その被害の深刻さにあらためて驚かされます。

街に住むものはまだいい。 

時々スケッチに出かける山村、通ったことのある村などが雪に埋まり孤立している様子をみて胸が痛みます。そういう場所は大概高齢者しか残っていません。

あの時挨拶を交わした方は大丈夫だろうか、山辺にポツンとあった古いお宅は無事だろうかと案じてしまいます。  寒さはいっそう厳しくなるようです。一日も早く雪から解放されることを祈りたいですね。

P1240944_480x321

F4号

カラスウリが枯れるのを待って描きはじめました。

こういう描き方は筆の置き所が難しいですね。描こうと思えばいつまでも描いていられるし。。。

| | コメント (4)

〔リトルダンサー〕を観る

BSプレミアムでイギリス映画〔リトルダンサー〕を観ました。

炭鉱夫の父親の薦めるボクシングが好きではない少年が、少女たちのバレエ練習のようすをみているうち、バレエが好きになり少女たちに交じってこっそりバレエの稽古に励む。 

初めはボクシングの練習に行かずバレエを始めた息子に激怒する父だったか、素質があることを知り試験に合格した息子を一流のバレエダンサーにするべく旅立たせるというストーリー。

それほど盛り上がりのある内容ではないものの、後半じわりと感動を覚える良質の作品でした。  13歳の少年を演じた主役の自然な演技とダンスが素晴らしかった。貧しい炭鉱夫一家の家族愛にじんとさせられました。 

Photo

| | コメント (4)

冷蔵庫が空っぽ(ー_ー)!!

言い合わせたわけでもないのに今日は朝からご近所総出で雪かきでした。雪がある間は車が出られないので、これが一番困りますからね。

我が家は木曜日から整備の為車を預けっぱなしですから  買い物にも行けず、とりあえずのものを一番近いコンビニに夫が徒歩で出かけました。と、小さい牛乳パック1個しか買ってきません。コンビニには何もない、売り切れと。。。。

やっと車で買い物に出かけた方に聞いたらスーパーでも同じこと、入荷待ちということでした。  我が家の食料も危うい。。。でもわが夫婦戦中戦後を経験した人間、たかが2、3日冷蔵庫に何もなくったって騒ぎたてるほどのことではない。。。 

いや冷蔵庫以外の場所をよく探したら結構いろいろあります。。。小麦粉や乾麺やスパゲッテイ、高野豆腐、わかめなど。冷凍庫にもたらこや筋子、ウニ、それにお肉も残ってるし。。。ただ野菜がないですねぇ。。。

畑には当分いけないでしょう。。。ま、いいか、これだけありゃ立派なもん。東北大震災の時も買い物難民になりましたが、なんとか乗り切りました。今回はもっと短い期間で解決できるでしょう。

P1240942_480x321

コーヒーを買っておいて本当によかった。。。(^_^;)

| | コメント (14)

温かい背中

雪が降ると思い出すこと。70年近い昔話です。

私は子供の頃、他の同年の子たちより小さくひ弱な子供で、学校へ行くのに、最初は数人で行くのですが、脚が遅く、途中でいつも残されてしまいます。 

大雪に降ったある日、気がついたら学校へ行く坂道に一人になってしまいました。急ごうと思ってもお下がりのゴム長はツルツルで思うように歩けずいつまでたっても同じ位置です。周りがただ白く、いま思い出してもまるで登山で遭難した気分で、私はどうしようもなく恐ろしくとうとう泣き出してしまいました。 

どのくらい泣きながら雪の坂道と戦っていたのでしょうか。何か声を聞いたように思い振り返るとオジサン〔あるいはお兄さん?〕が居て〔どうすた?歩けねぇか。。。さぁおぶされ、おらが学校さ連れてってやるべ。。。〕

私はオジサンの背中に負ぶわれ、教室の前まで連れて行ってもらいました。 

あの時のおじさんの背中のむくもりは70年経った今でも忘れないし、雪の怖かったこと、心細かったことも忘れられませんね。

昔の大人は子供にとって頼れる存在でした。今は知らない大人には子供は気をつけないといけない時代になりましたね。。。 

これ以前に書いたような気もするけど。。。

P1240936_480x321

この地方へ越して以来初めての大雪だと思います。

| | コメント (6)

間の悪いことに。。。(ー_ー)!!

先日ほどの降りではないと思っていた今日の雪結構積もりました。困ったことに車の整備で今日は車がなくて買い物に出かけられず、積雪で明日も無理だと我が家の食卓は一日残り物の間に合わせになってしまいます。。。まぁ老人二人、それで死ぬようなことは無いだろうけど。。。 

それより困るのは、エアコンがダメになりました。それが一か所だけなら、もうだいぶ古い、さもあろう、と思うのですが、昨日はリビング、今日になってアトリエが相次いであやしくなりました。買い替えることにしましたが、工事は2月18日。まだ3日ある。。。(・.・;)

全く利用できないわけではないのでだましだまし持たせなければ、この寒さを乗り切れません  。我が家こたつというものはありませんからね。。。

早めに休みましょう。。。

P1240935_480x321

お婆のネ・ザ・ケ・・・なにか?^m^

 

| | コメント (12)

素晴らしき夫婦愛

Y新聞に〔ぷらざ〕という読者投稿欄があるのですが、私が今までになく感動させられた投稿記事が載っていました。抜粋して書きますね 

〔花売り場でピンクの胡蝶蘭が目にとまった。花など買うことがなかったが飾ろうと買い求めた。妻はとても喜び水をやって一緒に楽しんだ。花はずっといきいきしたままで妻とギネスものだねと話していた。1年が過ぎたある日事件がおきた。妻が電話の受話器を取り損ない、胡蝶蘭の上に落としてしまったのだ  鉢もひっくりかえってしまった。すると妻が針金が入っているよ、造花だよ。という。〕造花に1年以上も騙されていたのだ。

後日娘にこの話をすると〔私は知っていたよ。お母さんも最初から知っていたよ〕といわれまたびっくり。  初めて花を買った私の気持ちを大事にしようと黙っていたという。鉢がひっくり返ったので明らかにしようとおもったようだ。  復元したコチョウランを布で拭きながら今日も暖かい家庭に感謝している。〕

東京都府中市 宮田 勝洋さん〔70〕が投稿された記事ほぼ全文です。

鉢がひっくり返らなければ奥様はいつまでも黙っていたに違いない。。。 

なんて素晴らしい奥様でしょう。。。。ということは、投稿された方もこの奥様のご主人様になられる資格のある素晴らしい方なのでしょう。

我が家は・・・・・・・・・無理!(ー_ー)!!

Photo

 

| | コメント (12)

〔小さいおうち〕を観る

気にかかっていた山田洋次監督の〔小さいおうち〕を今日は一人で観てきました。夫には不向きと私が判断した映画は私一人で観ることにしています。

山田洋次監督らしいきめの細やかさが随所にみえるいい作品でした。 

ストーリーは・・・昭和10年~雪深い山形から10代の少女が上京し、家族3人の住む〔ちいさいおうち〕の女中として働く。ある日家にやってきた夫の会社の青年とその家の若い妻の秘めやかな関係を知ることとなる。

とまぁ、例によって大雑把な書き方をしましたが、戦争の色濃くなっていく時代、一家族の中で起こる出来事を、回想録の形で老いた元女中が書き綴るというものです。 

配役にしても山田洋次監督としては気心の知れた倍賞千恵子、吉岡秀隆 に加え、女中役の黒木華という、役柄としてはこれ以上ないほどの適役と云っていい女優を起用しています。

云ってしまえば不倫映画には違いないのですが、その手にありがちな生々しさをまるで感じないのは山田洋次監督の手腕なのでしょう。 

倍賞千恵子の老女ぶりがさすがでした。また松たか子の品のある若妻ぶり 美男ではない吉岡秀隆がこの作品を清潔に保った気がします。

Sub2

| | コメント (6)

ドライプルーンのせい?

数日前から胃腸がゴロゴロしだすので、風邪を引いたせいと思っていましたが、風邪が治ったというのに胃腸の不快感が収まりません。これが決まって午後1時ごろから夕方6時ごろまで。。。なんだろう・・・悪い病気?とも思いましたが一定の時間というのが不思議。。。 

数日たってふと思ったことは、これが原因ではないかと。。。↓

Images

ドライプルーン

鉄分が多いことで知られているドライプルーンは女性に人気ということでスーパーの目につく場所に置かれていて女性に人気の商品です。このプルーンを食べ始めてからどうも胃腸の不快感がはじまったような気がする。。。で、プルーンを食べるのをやめた翌日はあ!胃腸のゴロゴロがなくなった。。。やっぱりこれだったか。。。(ー_ー)!! 

私の身体には合わない食べ物だったようです。しかしこの食べ物、戦後学校で栄養補給のため食べさせられたものではなかったかしら?その時は別になんでもなく食べられたのに。。。

同じ体でも若い時と今とではそりゃ違って不思議はないですよね(^^ゞ

| | コメント (4)

〔名もなき道を〕を読む

昨年の夏、軽井沢追分の古本屋でみつけた高橋治の〔名もなき道を〕を読み終えました。

直木賞作家高橋治は1929年生まれ。旧いといわれそうですが私はやはりこの時代の作家が節度も品もあって安心して読めて好きです。 

大病院の息子である主人公が色盲であるため、医大に進むことが出来ず、この事を両親に隠し、司法試験を受けるがことごとく失敗。延々20回も司法試験を繰り返しながら、元々あった奇行も激しくなり変死してしまう。。。4校時代の恩師が主人公をめぐる友人たちを訪ね歩き話を聞くうち徐々に主人公姿が浮かび上がってくるという話です。 

主人公の孤独、誇り、 焦燥感。持っていきどころのない怒り寂寥感。また彼の為に何もできなかった級友たちもそれぞれ悩みます。切なく、余韻の残る作品でした。

高橋治の作品では他に〔風の盆恋唄〕が知られていますが、私が40代の頃読んだ美しい大人の恋愛〔風の盆恋唄〕  はその年代のもの。今は主人公の心理が解る〔名もなき道を〕のほうが好みですね。

P1240929_480x321

 

| | コメント (8)

噛んで含める注意事項

○ 歩くときはゆっくり、歩幅を狭く ○ 歩きスマホは厳禁 ○ 靴は凸凹があるものを選ぶ ○時間は余裕をもって○ 凍りやすい橋や歩道橋は特に注意 ○ 転倒に備え手袋を ○ 下がタイル張りには特に注意 ○ 車の急発進急ハンドルにしない  ○ タイヤにチェーンを装置する ○自転車には乗らない。

今日のY新聞に、積雪時に気を付ける点として載っていました。 雪が降るたびにかなりの方が雪に足を取られ怪我をされていますから、こんな判り切ったことを毎年・・・とおもったらいけないでしょうね。

ふと思ったのは、この記事を曾野綾子女史がみたらまた〔だから日本人は自力でものを考えるという本質的なことが欠落していくのでしょう〕なんて怒るだろうな・・・と(^o^)

たしかにこれは心配性の母親が5歳児に(いけませんよ)と同じことを何度も繰り返すことに似てなくもない。。。

沖縄は別としてどんな地方にも1年は一度は雪の降る日本の新聞の”雪道で転ばぬ注意事項”親切の度が過ぎる気がしません?雪など見たこともないアフリカ辺りの記事なら納得できますが。

そこが日本人の良い処・・・ですよね。ハイ、悪うございました。。。(~_~;)

Cocolog_oekaki_2009_09_26_00_23

  数年前年前お絵かきツールで描いたもの

 

| | コメント (8)

エライ雪になってしまって。。。\(◎o◎)/

わが地方、滅多に雪なぞ降らぬ処ですが、今回16年ぶりの大雪となりました。

16年前も日曜日だったんですよ。物忘れ名人の私がなぜ覚えているかというと、自分たちで行なっていたデッサン会の日で  出かけるのに車が使えずタクシーで出かけた記憶があります。  そして今度もまたデッサン会があって隣町へ行くことになっていましたが、東京から来るモデルと、遠方からやってくる会員の交通機関が不確かなため中止の連絡がありました。 

それはまぁいいとして、心配なのは我が家の屋根。。。まっ平で傾斜がなく、これ以上雪が降ったら、築40年の古家屋、16年前の雪には耐えたとしても、今度も大丈夫という保証はないのですよ。。。寝てるうちに雪の重みで屋根が壊れ私が押し潰されでもしたらどうしよう。。。  そりゃ、確かにたまには綺麗な雪景色を観たいものと思いましたが、こんなに降るとは思わなかった。。。(-_-;)

P1240927_480x321

  午後3時頃で20センチぐらい?豪雪地帯の方がみたら失笑ものでしょうね。

P1240926_480x321

可哀そうに。。。

 

| | コメント (10)

愛しの裕次郎

タイトルに反し、私は昭和の大スター石原裕次郎の全盛期やテレビで活躍した裕次郎をほとんど観たことがないのです。当時からへそ曲がりで、可愛げのない私、洋画ファンでマーロンブランドが好きだったので、裕次郎にキャーキャー言う同年の女の子たちが子供にみえた嫌な奴でした、ハイ。。。

私なんぞ〔しまりのない頬、鼻は低いし、歯並び悪いし、どこがいいのかわからん。。。〕と、粋がりましたね。ホント嫌な女。。。(~_~;)

で、罪滅ぼしに昨夜BSで放送された石原裕次郎の特集を観ました。昭和歌謡は嫌いではないですからね。。。 

改めて見ると若い裕次郎は親しみのある、どちらかといえば可愛らしい顔で、まさに新しい時代の申し子、彼の特徴はその長い脚にありました。

私の長兄は堅物で、私をはるかに上回るへそ曲がり。小さな頭部と長い脚の裕次郎のグラビア写真をみての感想〔なんだ、このネギ坊主のような奴は!〕と。。。  ^m^

日本中が裕次郎に熱中していたというのに、わが兄妹なんであんなに裕次郎が目の敵だったんですかね。。。

昨日はテレビに向かい〔裕ちゃんカッコいい、素敵!〕と心の中で云いましたよ。裕ちゃんゴメンネ(#^.^#) 

Photo

彼も健在だったら80才・・・

P1240919_480x321

日のお三時 〔当たりマエダのクラッカー〕

先日〔マコロン〕と一緒に百円ショップで買ってきました。♪

| | コメント (10)

奇岩に遊ぶ・・・遊ばれた(>_<)

奇岩に遊ぶ、といっても私が妙義の奇岩に挑んだわけではありません。(~_~;)

昨夜、11時の再放送〔ごちそうさん〕を観てから、ふと気になっていることをそのままにできずにアトリエに入りました。  よせばいいのにちょっとのつもりで、絵筆を持ったのが悪かった。あちこちいじりまわしているうち収拾がつかなくなり、気が付いたら3時になってしまいました。 

ですから今日は早めに就寝・・・するつもり。

早めに自室へ行けばいったで、そのまま寝るということはできない。面白い本〔といっても笑う本ではない〕が待っているんです。♪♪♪

P1240914_480x321

これですよ。赤くしたり青くしたり白くつぶしたりで夜中えらい目にあいました。

雰囲気を出すため絵画用砂が入っているので描きにくいこと。。。(-_-;)

| | コメント (8)

拙画だけ更新

ちょっと忙しぶっていたらこんな時間・・・今日の更新は絵だけにしておきます。

P1240906_480x321

F20号 妙義 金銅山

P1240908_480x321  

F8号

八ヶ岳主峰 赤岳

P1240912_480x321

0号  榛名湖

| | コメント (6)

船を描いてはいけなかった?

時々郷里の方々のブログを覗かせてもらっているのですが、河口に並んでいるイカ釣り船が50年前と比べずいぶんとスマートになりました。でもなんだか無個性、みんな同じようにみえますね。。。。 

私が子供の頃の船は木造船で重量感があり、いかにも働き者の親父の風格があったものです。

小学校の図画の時間では男の子はみな当然のように船を描いていました。私は何しろ家の前にいつもイカ釣り停泊しているし、海への行き帰りを日常的に見ているわけですから、船など造作なく描けたのでしたが、それを見て先生は 〔おキヨちゃんは女の子なんだからお花を描きましょうね〕と。。。そういうものかと初めて知りました。

当時は男の子は男らしく、女の子は女らしくという教育の方針でしたから、たとえ絵ひとつでもそのあたりをわきまえていなければ小学生といえどもいけなかったんですね。。。私は空気の読めない子供だったのです(~_~;)

 

117_1768_284x213

 

117_1769_284x213

| | コメント (4)

人はご都合主義で生きている。

私が若い頃、知人に潔癖症と思われるT氏という60代の男性がおりました。

たとえばトイレに入る前にはズボンを脱いで中に入り、手を入念に洗ってからでないとズボンを身につけない。トイレの後手を洗う前にズボンやベルトなどを触りたくないのだそうです。。 

そのT氏が戦争に行かれた時の話。

戦地でジャングルを行進するときなど、食事の器などまったく洗えない。ハエの飛び回る中で何日も洗わないアルミの器で食事をしたというのです。負けの込んできた戦地でのことですからその他のことも押してするべし、ですね。。。 

Tさん、戦争が終わり無事帰還されたのですが、家に帰った途端元の潔癖症に戻り、相変わらずトイレの前にはズボンを脱ぐのだそうです。

人間には順応性があって、選択肢のない場合、そうしなければ生きられないとなると、生きるほうを選び、死ぬほど嫌な〔不潔〕 を一時的に無いものにしてしまう能力。なんて好都合で素晴らしい能力でしょう。 必要な能力だから備わっているのだと思います。

昨日の続きですが、私なども外から帰ったらうがいや手洗いはしますがこれで安全ではないと思いつつも、考えをそこで停止してしまいます。その先を考えすぎて神経症になってもつまりませんからね。

根がいい加減人間。 

しまいには〔まぁいいでしょう、どうにかなるわぃ、〕ということにしてしまいます。(^O^) 

P1240901_480x321

 我が家でできたカリフラワー♪

| | コメント (4)

防ぎようがない。。。

新型インフルエンザやノロウイルスなどの感染症は今ピークになる季節だそうです。

我が家も体力の衰えた老人二人なので、それは極力気をつけてはいますが限度がありますね。  私がどれだけ気をつけていても、手洗いの不十分な夫と暮らしていれば体力のない私が不利。。。 

夫は戦災の焼け野原の不衛生な中で少年期を元気に?過ごした人間ですから、〔なに、病気にかかるかからないも運不運の問題さ〕と妙な自信を持っています。あれから70年の年月でどれだけ悪質な細菌が増えているか、丈夫とはいえ80を過ぎた老人の体力がどれほどのものかなどまるで考えていない。。。 

やれ眼科だ歯科医だと病院回りが多いのに、帰ってからの手洗い、うがいがほんのかたちだけ。5歳児なみに傍についていないとどうしても衛生不十分です。

まあ、家の中のことは私がまめに拭き掃除をすればなんとかなりましょう。問題はスーパーで買ってきたもの。。。製品はいろんな人が触っている。すべて洗ってから冷蔵庫に仕舞うことなどできません。  パン一つにしても、袋を破った手でパンをちぎりますよね。運が悪ければ細菌が口の中に。。。あ~、やめやめ・・・ここまで考えたら無人島で暮らさなければならなくなる。。。

ほんとはそこまで神経質な人間ではないです。書いてみただけ。。。(^^ゞ

P1240904_480x321

 

 サムホール 赤岳

| | コメント (4)

私の為ではなかったの?

夫が2日前、市の広報へ乘っていた〔リンパの流れをよくするマッサージ〕の講習会に行ってきました。実は夫、昨年からマッサージの本など読んでツボの研究をしているんです。1,2度マッサージをしてもらいましたが  これが結構上手い。。。講習会から帰った夫に(では、早速講習の成果を見せてもらいましょうか♪)といったところ、〔あんたは外でしてもらってるんだからいいだろう。自分の足をマッサージするんだよ!〕 とのこと。。。

夫はよく足がつるのだそうで、安眠のさまたげになるなど結構つらいらしいのですが、本を読んで勉強し、自分の足を毎日マッサージしだしてから嘘のように足がつらなくなったとか。。。夫は他人から体を障られるのが極端に嫌い。自分で自分の足をマッサージするよりほかないんですね。 

愛妻〔ワ・タ・シ^m^〕の為にマッサージの講習会に出かけたのかと思った。。。(~_~;)

P1240903_480x321

 

P1240902_480x321

夫は手慰みにこのようなものを作っているのですが、長時間足を下げたままの状態が良くないのではとも思います。

私も同じ状態ですが今のところ足がつれるということは無いですね。。。

 

| | コメント (4)

またPCがゴネはじめた(ー_ー)!!

先日PCサポーターにきてもらったばかりだというのにまたパソコンが思わしくありません。

重い、文字の下の線が今までは棒線だったのに、ギザギザに変わった、 絵文字が載らない・・・などこれらは大したことではない。 

困ったのはメールが届かなくなりました。

メールを頂き返信をしようとしたら拒否。。。あれ、何か間違ったかな、と思いやり直してみても駄目です。 

友人たちに試しに〔お久しぶりめーる〕を打ってもすべてから戻り。。。買い替え3年目だからまだ老化現象には早いでしょう。。。

またO君〔PCサポーター〕にきてもらわねば。こうなると金喰いマシーンですね。。。 (ー_ー)!!

 

P1200856_480x321

F15号 手直し中。

| | コメント (6)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »