« 左目に異変。。。(ー_ー)!! | トップページ | 話し上手。。。 »

絵の具の話

絵の具を買いにJ・ホンダへ・・・。

絵の具の価格は容量が同じでもAが一番安く320~350円代。順に高くなってHで1400~1600円代〔メーカーにより多少違う〕というようになります。  色を作る時の材料で価格が違ってくるようです。これはあくまで国産の絵の具の場合。私は輸入品は高いものと思い込んでいるのでその価格など全く知りません。 

それが昔はよく解らずに〔というか、掲示してある価格表が小さくてよく解らない〕100号キャンバスに惜しげもなく使っていたことがありましたが、今は少し利巧になりまして?〔貧乏人の知恵^^ゞ〕そんな無駄遣いは滅多にしません。 

最近は小品ばかり描いているので絵具の使用量が少なく、たまには発色の良い絵の具を買う事にしています。

だからといって良い絵が出来るというものでもないのですが。。。(~_~;)

P1240967_480x321

AからHまであるのですが、手に取ってみてもみな同じでその違いが判らない(~_~;)

P1240963_480x321

 

|

« 左目に異変。。。(ー_ー)!! | トップページ | 話し上手。。。 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

私もかってはビーズ購入の際、J.ホンダが安いので
利用してましたが、おキヨさんの上を行く(え~ん)
貧乏人の知恵で色々検索して同じ物なら少しでも
安い店を利用してます。
沢山使う物ですもんね。
(目は良くなってきましたか?)

投稿: バルおばさん | 2014年2月25日 (火) 14時32分

おキヨさん、こんにちは

絵具はまったく判りません。また私の様にしばらく使用しないと、キャップが固まってしまい苦労しています。今年は描こうかなと思っていますよart

投稿: | 2014年2月25日 (火) 15時51分

おキヨさん
 絵の具はやはりニュートンなどが使い易く、発色も好いように思います。 私は油とアクリル、水彩絵の具以外はほとんど使いませんが、パステルも270色のものまで準備しています。
 でも、持っているだけで、不安が無い程度の意味しか私にはないのです。
 耐久性などはもともと私などには不問です。今、いい・思っている色が出ればそれで十分なのです。
 最近では、乾燥時間を待ったり、重ね塗りの時にすぐ作業がはじめられたり、キャンバスでないもので、手元にある厚紙や段ボールなどが主流になるほど、無神経に画材を購入している次第。
 いまでも、生涯使いきれないほどの絵の具の山ですが、丁度書籍を何冊も同じものを買ってしまうように、気になる色を「ペンキ」以外は何でも揃えています。
 でも国産の絵の具も「マツダ油絵具」などは、非常に色が伸びることに、流石だと思ったこともありました。
 100金で購入したハードコンテは、特に描き起こしには適していたりします。 そんな訳でテーブルの上はいろんな種類のいろんな色が雑多になって仕舞って、つい整理の出来た別の場所に移って描き繋いでいたり…。 旧い家の上、モノを何でもかでも積み上げていて、しまいには誰が整理するのだろうと「他人ごと」のような思いで日々過ごしてしまっている自分にもあきれ返っているのです。 「黒」は、ターナーが一番私には合っています。 「墨」でいう「青墨」の感じがします。  

投稿: 風の樹人 | 2014年2月25日 (火) 20時02分

絵の具のチューブ。
こうして改めて眺めると、何やらノスタルジーを感じさせられます。(^^ゞ (おキヨさんにとっては、日常的に扱うモノでしょうけれど(笑))
 
学校の図画の時間に、水彩絵の具を搾り出したチューブは、金属製なのに妙に柔らかく、なんとも不思議な感触でした。
 
そういえば、練り歯磨きのチューブ容器が金属からラミネートに変わって既に久しいですね。

投稿: もとよし | 2014年2月25日 (火) 23時20分

バルおばさん様
ビーズにも高いもの安いものがあるんですか。
お店で価格が違うならそりゃ安いお店で買いたいですよね。主婦の常識ですよ。
ところがね、絵の具はどのお店も同じなんですよ ̄(ー_ー)!!

目はね、一日で充血が収まりました。現在なんでもありません。
眼科に行きますなんて言いながら行けそうもないヮね
bleah

投稿: おキヨ | 2014年2月26日 (水) 00時05分

岳様
こんばんは。
水彩だと長く使わなければ固まってしまいますが油彩は固まるのは口の部分だけですから、そこをちょっと削ると数年は大丈夫ですよ。
描いたら見せてくださいねwink

投稿: おキヨ | 2014年2月26日 (水) 00時11分

風の樹人様
絵の具の価格に高低があることを知らなかった頃には私もニュートンやレンブラントを使用したこともありましたが、そのうちクサカベとホルベインにほぼ落ち着いています。やや高価なものを使用すれば、外国製品に引けを取りませんね。
画壇在団中はその場限りで、後で酸化しようが劣化しようが気にせず安い絵の具を厚塗りでふんだんに使用していました。
今は盛り上げない手法が新鮮に思えて絵の具の使い方を楽しんでいます。

絵の具も増えますが、結局好みの色が早く無くなるのでそれを補充するだけになります。
絵の具4,5色しか持たずに格調高い絵を描く画家もいることですから、この辺りは何とも言えませんね。。。
先生と私とではレベルの差は違いますけれど、日常的に絵を描ける幸せという点では同じだと思うのです。
もちろん他の絵描きさんたちも同様でしょう。
山と積まれた愚作がこののちどうなるかなどは考えないことにしています〔苦笑〕

投稿: おキヨ | 2014年2月26日 (水) 00時52分

もとよし様
今思ったのですが、今の油彩はほとんど昔のままの金属製です。最後に絞り出すときには脇に穴が開いて脇絵の具がはみ出るんですね。。。
なぜ今の歯磨きのような容器にならないのでしょう?
なにか不都合があるのでしょうか?
アクリルは歯磨きの妖気と同じなんですけどねぇ。。。

投稿: おキヨ | 2014年2月26日 (水) 01時00分

おキヨ様、こんばんは。
 私はクレヨンと水彩絵の具しか使ったことがありません。むしろそう言う人の方が多いのかも知れませんが。
 絵の具で思い出すのが、「一房の葡萄」でしょうか。小学生位の子だったと思いますが、どうしても欲しかった級友の絵の具を2色盗んでしまうと言うものでした。担任の美しい先生への思慕のようなものも描かれてたと思います。作者の有島武郎の弟は画家の有島生馬でしたね。
 おキヨ様が小学生の時は、クラスの誰もが絵の具を持ってたでしょうか。良家の子女ならいざ知らず、揃えるのはなかなか大変だったっと思いますが。
 目の方はいかがですか。

投稿: 宵待ち草 | 2014年2月26日 (水) 01時02分

宵待ち草様
こんばんは。
私が油絵具を使ったのは大人になってからです。今の学校では中学から油彩を使うらしいですね。
有島武郎の作品のモデルになった北海道の画家が居ましたね。その幼年時代の話でしょうか。。。
有島生馬の絵はどこかで1、2度観ましたが特に秀でた才能を感じませんでしたね。

いえいえ、だいいち東北の片田舎に文房具屋があっても油絵具などなかったと思いますよ。そんなお金持ちの子でも皆平等に水彩しか持っていませんでした(^o^)

ありがとうございます。眼の充血は一日で治りました。
こうなると眼科は億劫ですね。。。(~_~;)

投稿: おキヨ | 2014年2月26日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左目に異変。。。(ー_ー)!! | トップページ | 話し上手。。。 »