« 奇岩に遊ぶ・・・遊ばれた(>_<) | トップページ | エライ雪になってしまって。。。\(◎o◎)/ »

愛しの裕次郎

タイトルに反し、私は昭和の大スター石原裕次郎の全盛期やテレビで活躍した裕次郎をほとんど観たことがないのです。当時からへそ曲がりで、可愛げのない私、洋画ファンでマーロンブランドが好きだったので、裕次郎にキャーキャー言う同年の女の子たちが子供にみえた嫌な奴でした、ハイ。。。

私なんぞ〔しまりのない頬、鼻は低いし、歯並び悪いし、どこがいいのかわからん。。。〕と、粋がりましたね。ホント嫌な女。。。(~_~;)

で、罪滅ぼしに昨夜BSで放送された石原裕次郎の特集を観ました。昭和歌謡は嫌いではないですからね。。。 

改めて見ると若い裕次郎は親しみのある、どちらかといえば可愛らしい顔で、まさに新しい時代の申し子、彼の特徴はその長い脚にありました。

私の長兄は堅物で、私をはるかに上回るへそ曲がり。小さな頭部と長い脚の裕次郎のグラビア写真をみての感想〔なんだ、このネギ坊主のような奴は!〕と。。。  ^m^

日本中が裕次郎に熱中していたというのに、わが兄妹なんであんなに裕次郎が目の敵だったんですかね。。。

昨日はテレビに向かい〔裕ちゃんカッコいい、素敵!〕と心の中で云いましたよ。裕ちゃんゴメンネ(#^.^#) 

Photo

彼も健在だったら80才・・・

P1240919_480x321

日のお三時 〔当たりマエダのクラッカー〕

先日〔マコロン〕と一緒に百円ショップで買ってきました。♪

|

« 奇岩に遊ぶ・・・遊ばれた(>_<) | トップページ | エライ雪になってしまって。。。\(◎o◎)/ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

お呼びになりました?

おはようございます。
中学生の頃、電気蓄音器を買ってもらい、最初に買ったソノシートは小林明でした。裕次郎はずっと後、映画でお目にかかりましたがストーリーを覚えている映画がありません。カッコ良かったと言う印象だけ残っています。

投稿: | 2014年2月 8日 (土) 08時57分

岳様
お~、信濃の裕ちゃん、こんにちは。scissors
時代がやや後になると小林旭と裕次郎ファンに二分されましたが岳さんは明派でしたか。
あの時代、演技なんぞどうでもよかったような。。。
スクリーンで裕次郎や明が写っていればいい、日本映画最盛期の時代でしたものね。

投稿: おキヨ | 2014年2月 8日 (土) 11時02分

裕次郎にはアクションスターという印象が刻まれていますが、本質はそうでないように思っていました。
私は彼がデビューしたてで、慶大生だったころの制服姿をみたことがありますが、ほんとうに素直にすくすく育った良家のボンボンという雰囲気でした。
芦川いずみと競演した映画「乳母車」での役そのものでした。
私は特に熱烈なファンということはなかったですが、昭和の輝ける大きな星であったことには異論がありません。
50歳台での死はいかにも惜しかったと思います。
三船敏郎や裕次郎を超えるスターはもう2度と現れないでしょうね。
映画界ばかりではないのですが、人間のスケールが時代をおうごとに小さくなっていますから・・・。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月 8日 (土) 12時14分

おキヨ様 こんばんはhappy01
 石原裕次郎と言えばやはり「太陽にほえろ」の
 ボスと「西部警察」でしょうか^^
 小学生の頃に毎週見ていました。
 デビュー当時はスマートで不良っぽい雰囲気が
 鮮烈だったと聞きます。
 ご存命だったら80歳なのですね…。
 本当に色気のある魅力的な俳優さんでしたねconfident

 
 

投稿: Shana | 2014年2月 8日 (土) 20時49分

おキヨ様、こんばんは。
 彼が颯爽と現れたのは小学校に上がる頃でした。年頃の兄たちがいたせいか、しっかり印象にあります。
 けっして正統派の二枚目とは言い難い石原裕次郎ですが、彼が中背位だったら、世紀の大スターになり得たでしょうか。やはりあのスラリと伸びた長身なればこそでしょう。それほどインパクトがありました。それとやんちゃな感じの含羞の笑顔もイカしてましたね。イカスと言う言葉は裕次郎が映画で使ってから一気に流行ったようです。今のイケメンなどと言う言葉の淵源なのかも知れません。
 イカス男の象徴として時代にも愛されたのでしょう。日活の後輩、和田浩司や浜田光夫などもスケールは違えど風貌に似たところがありました。テレビに出るようになった頃には太って往年の面影は薄れてましたが、貫録と存在感は圧倒的なものでカリスマ性が漂ってました。
 マーロンブランドがお好きだったと言うことは、ジェラール・フィリップのようなタイプは好まれないでしょうね。ともあれ、正直お姉さんらしい内容と展開は痛快でした。フォローがまた素晴らしい。根底に愛を感じます。
 今日は16年ぶりの大雪とかで、陸も空も大混乱です。明日の都知事選もどうなることやら。そう言えばこの人の兄貴のせいで2回も余分に選挙があるんです。そう言っても仕方ありませんね。
 温かくしてお休み下さい。

投稿: 宵待ち草 | 2014年2月 8日 (土) 22時05分

風花爺さん様
今から思えば、石原裕次郎はあの日本が元気になる良き時代を引き連れてきたようなスターですね。
彼が演じる役柄そのままの人間性ならそれほど人を魅了することは無かったでしょう。
そうではない一面をフアンは見抜ていたからでしょうね。
やはり大スターになるにはそれだけの要素が備わっていて当然という事になりますね。
簡単に言えば何もせずとも自ら発光する人がスターに成り得るということだと思います。

それにしても若死にでしたね。宿命的なものを感じます。

投稿: おキヨ | 2014年2月 8日 (土) 23時50分

Shana様  こんばんは。scissors
貴女の時代は裕次郎がテレビで活躍するようになってからですね。
私も〔太陽にほえろ〕は何度か観たことがありますが、〔西部警察〕は一度も観たことがないんですよ。

デビューが鮮烈だったのです。あんなカッコいい体型の映画スターなどそれまではなかったのです。映画スターは裕次郎からがらりと変わって新しい時代になりましたよね。

投稿: おキヨ | 2014年2月 9日 (日) 00時04分

宵待ち草様

そうですねぇ、貴男はまだお子様^^だったはずです。
実は私、小さい頃から本が好きで、それを書く作家なる種族に憧れていたものですから、〔太陽の季節〕で華々しいデビューをした慎太郎のほうに興味を持ちました。
政治家になってその人間性が何かと問題になりすっかり興ざめ・・・さらに女性蔑視の発言などで私の中では嫌なタイプの男性に成り下がってしまいました。

私は、いわゆる西洋かぶれ(^^ゞ若気の至りですね。映画といえば洋画しか興味がなく、私が高校時代、強烈な個性でデビューしたマーロンブランドに夢中になりました。
ジェラール・フィリップが〔モンマルトルの灯〕で画家のモジリアーニを演じた時に好きでしたね。当時フランスのトップスターでしたからね。。。
でも、その後、〔太陽がいっぱい〕の美形アランドロンにすっかり座を奪われてしまいました。
あ、ごめんなさい、当時の洋画、スターを語り始めたら止まらなくなってしまいます(^^ゞ

あいにくの雪、なんと間の悪い都知事選でしょう。天気になっても路が問題ですね。年配者は気をつけないと怪我の元になります。

いつもお優しい言葉ありがとうございます。

投稿: おキヨ | 2014年2月 9日 (日) 00時39分

おキヨ様
いつもご返信ありがとうございます。それも細やかに。それをいいことにまるでストーカーみたいですが、実は昨日のご返信の中で、ジェラール・フィリップの出演作は「モンマルトル」ではなく「モンパルナス」ではなかったかと思いまして・・・人のケアレスミスをいちいち、嫌な奴ですね。一羽のスズメにも温かな眼差しを寄せる優しさと寛容さに甘えてしまいました。「当たりマエダのクラッカー」ピンクローズはマイセンでしょうか。

投稿: 宵待ち草 | 2014年2月10日 (月) 00時20分

宵待ち草様

こちらにコメントを頂いていましたのに気が付きませんでした。迂闊者ゆえご勘弁くださいm(__)m
そうでした!(モンパルナスの灯)でしたね。こういう間違いをよくあることですのでこれからも流すことなく、ご指摘いただければありがたいです。

貴方様、私が喜んでいるのに、自らをストーカー云々は考えすぎです。いいじゃありませんか、もっとあけっぴろげな気持ちで思うことをお書きになったって。。。悪意のないコメント以外は大歓迎ですscissors

マイセン?いえいえどういたしまして。
陶器は好きすがすべて安物です。(^^ゞ

投稿: おキヨ | 2014年2月11日 (火) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇岩に遊ぶ・・・遊ばれた(>_<) | トップページ | エライ雪になってしまって。。。\(◎o◎)/ »