« デッサン会 | トップページ | 人にはそれぞれ事情が・・・ »

得意技(-"-)

我が家夕食後の皿洗いを82才の夫の担当だということ書いたかしら。。。。厳しすぎると?いいえ、いくら老人でも元気なうちは平等に家事をするのが我が家のオキテ。

それに皿洗いといえども手先を使う仕事、ボケ防止になります。家事分担は夫の健康を願う妻のやさしさ。。。(^_^) 

まぁ、足腰の丈夫でない私の為に、自分の仕事として嫌がるふうもなくやってくれるのは有難いのですが、これがよく皿を落して割っったり、割らないまでもぶっつけたりして皿のふちを欠いたり。。。機嫌よく洗ってもらうためには決して怒ったりせずじっと我慢。。。我が家の食器などどうせ大したものなどありゃしないのですから。 

ものをよく落とす人は脳の健康が心配されますが、夫は健康オタクですからその方は人間ドックでの検査で今のところ心配はありません。ただ年齢的に手の先まで神経が届かないだけ。

台所が片付いたようなのでいつものようにコーヒーを入れる係りは私。夫と私のマグに当分にコーヒーを入れ持っていこうとして夫のマグにうっかり手が触れそのままシンクタンクに落ちて・・・\(◎o◎)/! 

いいえ、コーヒーがこぼれてしまっただけ、夫のマグは壊しません。ま、手元がおぼつかなくなったのは同じですけどね。。。(~_~;)

026_480x321

F6 妙義山

|

« デッサン会 | トップページ | 人にはそれぞれ事情が・・・ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

家事分担 超うらやましいです。libra
「夫の操縦法」という言葉がいやだし、よく「手のひらの上で転がす」みたいな言い方もいやなんです。
なんだか気持ち悪いんです。としか言えませんけど・・・。
皿洗いとか、テーブルをふく位やって欲しいですね。
昔は、あまりにも忙しい時に少し頼むだけで、
「指示ばかりされる」と言われました。
共働きで大変な時だったので、今でも忘れません。
ムカッsagittarius
とにかく、ともに暮らすのには、気力 忍耐力はもちろんのこと、いろんな技が必要ですね。
「技あり一本」たまには勝ってみたいです。dash

投稿: みつばち | 2014年4月15日 (火) 06時02分

主婦の家事労働の大変さを見ていれば、後片付けするくらいのことは当然だと思います。
・・・と偉そうに言いながら私はしていません。
せめてものとして、下げるくらいのことはさすがにするように心がけています。
指先の感覚の低下は、他の現象とともに遅かれ早かれ誰にでもやってきます。
掴んだものが何故か指先からすり抜けてしまう・・・
忌々しいことですが、頻度が高まっています。
その結果として器物を壊す。
これも天然現象みたいなものですね。
「生あるものは死し、形あるものは滅す」
古今東西の真理です。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月15日 (火) 06時29分

夫にやってもらう事。
家庭ごみを出すこと・・・これはご近所の大部分のご主人やっていますから、やらないと逆に目立つ。
洗面所の掃除・・・滅多にしません。しても綺麗じゃ~ない。色々私に何かあった時に困らないようにと
伝えています。(教えている、と言うと機嫌が悪い)
然し 全然効果なし。
今では、困ったときに考えたら良い、と手を放しました。
男の人は妻の有難さが100%分かっていない。

投稿: マーチャン | 2014年4月15日 (火) 10時28分

みつばち様

”夫の操縦法、手のひらの上で転がす、は嫌な言葉”
お説ごもっとも。世の夫君たちには何とも屈辱的な言葉だと思います。その言葉に対抗するには ”誰のおかげで生活できるんだ” ぐらいしかないですね。
こうなればすでに夫婦として何か壊れている。。。eye

ご主人様は現役でお仕事なさっているのでしょう。とすれば日本の男性は基本的に家庭のことはしませんよね。
男女の組み合わせはそれぞれ違います。遡れば生まれ育った環境から考えなくてはならない。
台所に立つこと、女の言葉、気持ちに耳を傾けられるなどが身に付いた環境で育った男性、それを良しとしない男性いろいろあります。また時代もありますよね。
つまり、家庭は個々それぞれ違うということに尽きますねscissors

技あり一本!・・・我が家いまだ勝負がつかないsmile

投稿: おキヨ | 2014年4月15日 (火) 11時48分

風花爺さん様
男性が外で仕事をする、その妻は家庭の一切を受け持つ、そこには互いに何の不満もない。日本が戦後最も輝いていた高度成長時代の理想的な家庭がそのまま続いていらっしゃるのですね。
奥様がよくできた女性でご主人様がそのことを理解し評価されていらっしゃる理想的なご家庭ではないでしょうか。

結局家庭の心地よさはケースバイケース。。。それぞれにあるのだと思います。

ものを取り落す頻度が高くなったのは自然現象と受け止めています。これも自分がそうなってからのこと、
人の痛みは経験しないと実感として受け止められないものですね^^


投稿: おキヨ | 2014年4月15日 (火) 12時05分

マーチャン様

家庭のゴミ出しは日本の男性にも定着しましたね^^
我が家も定年後は何の抵抗もなくゴミ出し係りを受け持っていますscissors
あ、掃除は私も人の仕事は気に入らない方ですからすべて自分が手がけます。
男って自分が妻に甘えていることに気が付かない人種と思いません?ここだけの話。。。
そのくせ無意識のうちにどこか女を見下している。。。

夫婦も長くなれば心理的駆け引き作戦が必要。
人生最後まで面白く生きる方法として、デスsmile

投稿: おキヨ | 2014年4月15日 (火) 12時16分

こんにちは

得意技は百も承知、分かっていながら手伝う。これが男なんですね~ 普段はやらない事でも、そこで一言、「手伝おうか?」などと言えば、いいよ!座っていて。 愛情smile

投稿: | 2014年4月15日 (火) 16時51分

岳様 こんばんは。

〔手伝おうか?〕とくれば〔いいよ。〕と期待の返事。〔あら、そうじゃお願いね〕とは言い難いですね。この知能犯!〔爆〕

リタイアしたなら〔お願いね〕となりますよsmile

投稿: おキヨ | 2014年4月15日 (火) 18時49分

おキヨ様 こんばんはhappy01
 ご主人さまの年代だと男子厨房に入らずの世代。
 今はそんなことを言っていると、ほなサイナラと言われるとかcoldsweats01
 洗い物をしてくれるだけでもずいぶんと助かりますよね。 
 たとえやり方は気に食わなくても、感謝とねぎらいの言葉で
 手伝って貰う方がお得smile
 私の夢は一緒に料理を作ることなのですが、それは叶いそうに
 ありませんsweat02

投稿: Shana | 2014年4月15日 (火) 22時49分

Shana様 こんばんは。
おっしゃる通りで、夫の年代で後片付けなどする人は妻が病気の場合ぐらいだと思いますよ。
以前にも何度か書きましたが私の夫は女性を手伝うことを意に介さない環境に育っているんです。
ですから男の沽券にかかわる、なんて言葉は夫の辞書にはないんですよsmile
また、そのことを有難く思え、なんてこともないんです。何でもとっても気軽に手伝いますよ。
これが他の女性にも同じ。。。eye

私にとって都合が好かったりdelicious悪かったり・・・think


投稿: おキヨ | 2014年4月15日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デッサン会 | トップページ | 人にはそれぞれ事情が・・・ »