« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

懐かしの桜並木

いつも楽しみに拝見している郷のブロガーさんの画像で、あの懐かしい川沿いの桜並木の満開を知りました。

細い砂利道だった道路も今は舗装された車道に変わり桜も大きく育っていてまるで違う道のようですが、今から50数年前  友人と二人自転車で散歩した桜並木です。 

私は当時流行していた小さなチーフで髪を抑え、黒いタートルネックのセーターにジーンズという、当たり前ですがずいぶんと若若しい姿でした。。。 

まだ肌寒い川沿いを友人と二人さらに桜をたどって走る様を地元の新聞に翌日掲載されたのを思い出しました。

桜木は華麗な成長を誇り、18だった私はすっかり老いてしまった。。。 

郷の桜並木を見て、思わずセンチメンタルな気分に。。。(~_~;)

002_480x321

数日前に一度UPした絵です。どこが変わったでしょう?(^o^)

| | コメント (10)

回復力

2日前あたりから、どうも右親指の付け根が痛む。。。これは今回に限ったことではなく、手を使いすぎると時々起ります。

50代の時に手術を薦められるほどの強烈な腱鞘炎になりましたが、怖がりの私、手術をせずに、その代わり半年以上も車も乗れない不自由な思いをしたことがありました。 

その後遺症かどうか知りませんが、時々こうして同じ個所が炎症を起こしかけます。ですからちょっと異常を感じたなら早めに湿布で冷やし安静にすることで今回も大事に至らずに済みそうです。 こういう時は 家事一切を堂々とさぼり、得意の外食で済ませることに。。。ヽ(^o^)丿

老体とはいえまだ回復力が残っているようです(*^^)v

009_480x321

これは馴染のお蕎麦屋さんの花桃の木。

2年前の台風で木が折れ、このまま枯れてしまうかと思ったのですが脇から新芽が出て元気よく育っています。

 

| | コメント (4)

富岡製糸工場

群馬県富岡製糸工場がこの6月に世界文化遺産認定が決まるということで、富岡市がお祝いムードに溢れているニュースが流れています。

私が富岡製糸工場を見学したのは2008年1月。その時からすでに祝世界遺産候補の幕が周囲に張られていたので、いかに長い間市民がこの日を切望していたかがうかがい知れます。 

私達夫婦が製糸工場を見学した日は他にもう一組いたようですが、広い構内は閑散としており、贅沢にも案内者が私達に付きっきりで丁寧に説明、案内を最後までしていただき恐縮した覚えがあります。

今ではそうはいかないでしょう。世界遺産認定のニュースが流れた途端、製糸工場見学者が一挙に増え大変な混雑のようです。  静かなうちに見学しておいてつくづくよかった。(~_~;)

K10040637611_1404271218_1404271226_

見学者はこれからも一層増えるでしょうね。〔画像はウィキペディアから拝借〕

以下は2008年の画像

P1020372

 

P1020376

作業場

P1020382

女工員さんの為の診療所があったんですね。。。

P1020401

当時の写真は珍しかったですね 。

P1020366

ゴールデンウイークは各地から見学者がやってくるでしょうから、地元は嬉しい悲鳴でしょう。

| | コメント (6)

好感の持てるお二人

今日はNHKEテレビ10時からの 〔スイッチインタビュー〕という番組を観ました。

日本画家千住博と演歌歌手石川さゆりという異色の組み合わせ。 

私は演歌というジャンルの音楽はあまり興味が持てないものの、石川さゆりは古風な日本女性の美しさを持った歌手として好なほう。

千住博は表面いかにも洗練されたソフトな人間性を感じさせ、見るからにあくの強い芸術家然とした方々にはいささか食傷気味の私、この新しいタイプの芸術家に関心があります。 

二人ともその分野の小難しい芸術論を語らず、誰もが解る言葉の会話。ことに石川のファンである千住博が石川の話に静かに耳を傾ける態度は好感が持てました。

〔僕は普通の人間。だから自分の絵は誰もが解ってくれる筈だと思いながら描く〕。。。良いですね、この高ぶらない普通さ。。。 

昨年軽井沢で千住博美術館を覗きましたが瀧シリーズは迫力、気品 静謐が表現されていて作家その人という感じを受ける作品でした。

Photo

千住博と石川さゆり 

| | コメント (0)

お若いですね、とは。。。

私が年齢を云うと十中八九〔お若いですね〕という言葉が返ってきます。これは挨拶を返すようなことですから、額面通りというわけではない。〔お若いですね〕がこだまのように返ってくるというのはもう若くないということ。。。(^_^;) 

女性に対し〔お若いですね〕は昔からの褒め言葉ですが、近頃は20代30代の男性さえ〔若くみえるね〕は褒め言葉であり言われた本人も喜ぶとか。。。

2,30歳ぐらいなら、どう見たって若いのは当然で、意地の悪い言い方をすれば〔年の割には未熟に見えるね〕と云われていると同じこと。 

昭和はじめの頃の男達は成人すると、内容はともあれ見かけだけでも出来るだけ大人に、つまり成熟した人間に見せようとしました。そういう男性に対し〔若いね、若く見えるね〕は失礼な言葉になるので相手が例え童顔でも面と向かって言わなかったように思います。 

いつ頃から男も〔若いね〕を褒め言葉と受け取り喜ぶようになったんでしょうね。。。

高齢の男性に〔お若いですね。お若く見えますね〕はエチケットとしてそれもいいでしょうが、2,30代の若者が〔若いねぇ、若く見えるね〕と云われて  喜ぶのは変です。〔僕はよほど頼りなく見えるんだ。馬鹿に見えるのかも知れない〕と思ったほうがよろしい。。。

003_480x321

信濃風景 F6号  

002_480x321

どうなることやら。。。(~_~;)

| | コメント (11)

年上好き

我が夫、今日は朝からご近所の未亡人のMさん宅へ入り浸っています。

夫は6人兄妹の末っ子。末っ子の男性は年上の女性を好む傾向があるのはどうやら本当のようですね。 

Mさん宅の縁台がだいぶ色褪せてきたのでペンキ塗りをしてあげるとか。。。

ご近所の未亡人たって、86歳のMおばちゃん、ちょっと立ち上がるにもよっこらしょと大変そうでも元は女性だったのです。朝から一日お邪魔などしてご近所の噂にでもなったらど~すんのよ・・・ぐらい云わないとね、86才の女性と82歳の夫に対してのエチケットとして(^_^)

Imagesshuslaax

Mおばちゃんだって昔はバーグマンのようだったかもしれないし、

我が夫だって自称ボギーだと。。。(~_~;)

 

| | コメント (4)

亡父の名を発見!

郷の様子をネットで検索しているうち、わが地方の今昔 昭和30年代に活躍した職業、人々 という欄に、52年前に他界した父の名を発見・・・驚きました。

たしかに我が家は、戦後の復興と進駐軍から仕事の依頼などがあり、家業が最も充実した時代がありましたが、  一時期の景気も高度成長の波に飲み込まれ、しがない個人企業などあっという間に衰退。。。父がその憂き目を見ることなく他界したのがむしろ幸せだったなのではと思えるのです。 

今では見る影もなく落ちぶれた実家の壁には、当時県知事だった津島文治〔太宰治の兄〕からの賞状が埃にまみれて飾られているのがかえって侘しい(~_~;)

なにはともあれ、思いがけない。。。本人だってまさか自分の名がコンピューターという文明の利器の中に載っているなぞ思いもしないでしょう(^o^)

115_1539

こんな橋やコンビナートなどなかった時代の話です。

115_1546

私が子供の頃通った階段 そのままなのが嬉しい。

| | コメント (2)

あやしげな電話

オレオレ詐欺など高齢者が騙されるニュースが、警察側の必死の攻防にも関わらずその勢いが衰えるふうもありません。我が家にも今日怪しげな電話がありました。 

私は数年前まである絵画団体に所属していましたので、名前は美術関係の本、雑誌にちらほら載っていて住所氏名年齢まで解るようになっています。

つまり、ろくな絵も描かけないくせに功名心だけは旺盛な田舎の小金持ち婆さんと思われても不思議のない、あちらからすれば格好な獲物。。。 ( 一一)

〔モシモシ、おキヨ先生でしょうか。わたくし、○○美術○○出版社の○○と申します。この度、先生のインタビューをお願いしたく・・・〕   

来たな・・・(^_^メ)と思いながら〔インタビューというと?当然美術に関することでしょうが、どういうテーマのことで御話をすればいいのですか?〕〔それはあの、先生のお作品についてのことで・・・〕  〔○○美術○○といえば銀座に本社があるあの○○美術ですよね?〕〔いえ、こちらは○○美術○○ではなくて、○○美術○○出版社・・・〕

〔え、違うんですか?ではもう一度そちらの住所、会社名 電話番号を・・・〕〔ガチャン〕と切れてしまいました。 

地方で絵を描かれている高齢者のお金持ちのみなさん、お気を付けください。法外な掲載料金を請求されることがあるようです。過去何度もあったことなのでこちらも慣れているんです、この手の電話。。。(-_-メ)

Images5s6kobp3

| | コメント (12)

ハイカーファッション

木崎湖周辺で高い位置から本道を見下ろしていたら、なにやらカラフルな集団が歩いています。おや、カーニバル?とふと思いましたが、鳴り物があるわけでなし静に行進しているだけ。。。

本道へ降りてコンビニで飲み物を買っていると、その集団が〔こんにちは~。〕と私達に挨拶しながらやってきました。ハイカーたちでした。 

20代~60代位までの幅広い年代の方々。。。彼ら、特に若い方々ははまるでファッション誌から抜け出てきたような素敵ないでたち。色彩的にはオレンジ 紫 黄色 赤 青など、パステルカラーを身に付けているのですが、一見めちゃくちゃな色の組み合わせが妙にキマッている。。。

山ガールファッションというらしいですが、男性も同じですね。このファッションをしたいばかりに山歩きを始めた、という人が居ても不思議ではないという感じがします。どうせなら何でも楽しめるほうがいい。

中高年の方々も、スタイルの良い若い人たちほどではないにしろ、けっこう上手に派手目の色をこなしているので感心しました。このファッションをしているだけで健康になりそうな。。。

Photo

山ガールファッション〔ウィキペディアから画像を拝借〕

Photo_2

鳥や蝶などカラフルな色彩を持つ自然界からの発想と思えば不自然はないですね。

| | コメント (8)

竹馬の友ではおかしい?

幼馴染のことを〔竹馬の友〕といいますが、女性の場合はなんというのでしょうね。。。千代紙の友?おはじきの友?中国では女の子の代表的な遊びは何だったのかな・・・ 

いえね、幼馴染で高校までずっと一緒で、いまだに途切れず交流のあるK子ちゃんから、白馬のお米と野沢菜を送ったお礼の電話がありました。元気で居る由、ほっとしました。同級生もだいぶあちらへ旅立ったしまい、数少ない残り組の私達。。。 

最後に合ったのは8年前ですから、お互いから見ればだいぶ老けたと思う二人。。。

あたら美女だったk子ちゃん〔アンダ〔貴女〕よぐ〔よく〕あちゃこちゃ出がけるねぇ。。。オラこの頃顔を洗うのもめんどくせぐなったンよ~〕とのたまう。。。 

オイオイ。。。ま、元気で居るなら顔ぐらい洗わずとももういいかな(^o^)

002_480x321

我が家でも。

旅先原産のお米を買うのが楽しみ♪

| | コメント (6)

思いがけない再会

旅は人との触れ合いの楽しさもあります。今回は思いがけない嬉しい再会がありました。

信濃の国宝仁科神明宮にお参りし、そのくねくね曲がった坂を本道に向かい下がってきたところ、道の角に小さな立て看板があり〔岳樺〕と書いてあります。 

もしやと思い看板を追って進むうち小さなお店につきました。中にはいると懐かしいマスターの笑顔が。。。以前に池田町美術館わきで同名のレストランを経営していた店主です。

私達夫婦は白馬へ行くとき、または帰る時、必ずこのお店でランチを頂き、お客の少ない時には地元の話などを訊いたりしたものです。 

3年前に立ち寄ったところ、彼の姿はなく、若い店主に変わっていたので、聞くと前の店主は別の場所に移ったことを知りがっかりしたものです。

久しぶりのマスターの満面の笑顔は私達を見て少しも驚いた風もなく〔やあ、探し当てましたね。きっと尋ねて来てくれると思った〕という表情でした。 

お店は以前よりこじんまりしていましたが、別々の4名の先客、少しして後から3人連れがみえ、我々同様懐かしがっています。矢張り美術館下当時からのお客で千葉からみえたということでした。我々同様、以前からの馴染が訪ねて見える店主のお人柄なんですね。。。

マスターは忙しい間も、夫の馬鹿話に高笑い。・・・あれ!この人こんな陽気な声で笑ったかしら?なんだか以前よりずっと明るい感じを受けましたね。。。

186_480x321

お店の前の花々はまだ咲き揃っていませんね。。。

美味しいコーヒーとサンドイッチを頂きました♪

 

135_480x321

石仏は数百年もこのような穏やかな表情で存在しているんですね。

中には風化して表情が消えかかっているのも。。。

120_480x321

道路にはまだ雪が残っていて木々もまだ緑には早い。。。

| | コメント (6)

ついてない・・・ことはなかった(^^)

昨日の続きデス。

われわれ老人夫婦、いまだに行き当りばったりで行動。白馬にはあれほど宿泊施設が多いのだから贅沢を云わなければ何処へでも泊まれるだろうと予約なしで出かけ、途中で昨年宿泊した、カメラマンと絵描きに人気の〔ハイランドホテル〕と、以前に利用した〔東急ホテル〕電話したものの部屋がとれない。。。。仕方なく駅前観光案内所で宿泊所を探してもらいました。観光シーズンでどのホテルもバスツアーのお客でいっぱいということでしたが、なんとかジャンプ場近くの五龍館ホテルに宿泊できました。 

翌日朝早くに白馬三山の見える場所に出かけましたが。。。

099_480x321_480x321

う~ン これだ。。。(ー_ー)!!

いくら待っていても雲が切れそうもなく宿に戻り朝食頂き観念して今日は帰ることにしました。

114_480x321

途中、すっきりとは言えないまでも何となく晴れてきた。

構図的に難はあるが此処でスケッチ。

125_480x321

青木湖 ここは絵になりそう♪

143_480x321

蓮華岳  去年も同じ場所でスケッチしましたがまだ緑が無く全く違う感じだが、この季節にはこの季節の魅力があります。

166_480x321

池田町についた頃にはだいぶ山が霞んできました。

171_480x321

有明山もご覧の通り。。。

139_480x321

スケッチ出来ない分時間があったので、今までは寄ることもなかった場所を散策しました。

青木湖海ノ口公民館近くに、相当年代の経った石仏が並んでいました。可愛らしい旧い石仏に目のない私(^o^)

 

150_480x321

国宝仁科神明宮 へお参り 杉の巨木はかって3本あったのだが現在一本は朽ちている

152_480x321

・・・ということです。

156_480x321

創建は紀元前後と云われるが定かではない、とのこと。

164_480x321

 

193_480x321

帰りは高速を使わず三才山トンネルを越え満開の桜を堪能して帰りました♪

 

| | コメント (4)

1年ぶりの白馬村

昨年5月に行って、その美しい風景が忘れられず、ひと月ばかり早かったのですが、今年は雪が多い、白馬三山はなお白く輝いて私を待っているだろうと出かけて見ました。

上信越道、佐久平あたりから晴れた日には北アルプスがみえるのですが、今年は霞んで何も見えません。まぁいいでしょう、近くに行くのだから気にしない気にしない。。。

ところが・・・↓

006_480x321_2

え!…見えない。。。

P1220161_480x321

昨年の画像 ほぼ同じ場所です。

041_480x321

日本一美しい小川村 もアルプスが見えない。。。(ー_ー)!!

 

P1220218_480x321

昨年の画像 ほぼ同じ場所。。。

060_480x321

仕方がない、今日のスケッチは断念。

次なる目的・・・信濃そば処美麻村、新行の〔山品〕というお店でお蕎麦を頂きました。以前にブログ仲間の岳さんからお聞きしていたので新行のお蕎麦は楽しみでした。

062_480x321

これは驚いた!なんと各界の有名人がこの田舎町のお蕎麦屋さんにわんさかとおしよせていたんですねぇ。。。!(^^)! 元総理大臣のお姿まで。。。美味しかったですね。お蕎麦の他にそば粉でつくった生地に甘味噌をかけた日本版ピザのようなものを頂きました。素朴な味で美味しかった♪

081_480x321

絵描きの定番処大出公園も・・・ペケ  ヮア~ン(;O;)

仕方がない、明日にかけよう。早めに宿へ。。。

| | コメント (8)

人にはそれぞれ事情が・・・

Y新聞の小さなコーナー〔胸に残る小さな金言〕という見出しで料理研究家故小林カツ代さんの話が書かれています。

お忙しい小林さんが病気の子供の手を引いて通院する日々、夜食はお店で惣菜を買った。〔見た人はなんという親だろうと思っただろう。ひとにはそれぞれ事情がある、ということを身に染みて知った〕  という記事です。 

人にはそれぞれ事情がある。で思い知らされるのは4,5年前拙ブログに永六輔さんについて書いた記事。

その頃、ラジオ番組に出演されていた永六輔さんの言葉が聞き取りにくいというリスナーの声が多く、話題になっていました。私、〔何をいまさら、永さんの言葉なんて初めから聞き取りにくいじゃないか〕というようなことを書きました。 

その時は永六輔さんがパーキンソン病というご病気で口元の筋肉が上手く働かず言葉が聞き取りにくくなっているということをまったく知らなかったのです。彼は健康な時分から独特の喋り方を、ご自分から冗談半分に〔ろれつが回らない〕とおっしゃっていたことがあったからです。

知らぬこととはいえ本当に心無いことを書いてしまったと今でも悔まれてなりません。 

聞き取りにくい、ろれつが回らないと投稿した方々も、もし永さんがご病気と闘いながら仕事を続けられていたと知ったなら応援する側に回ったでしょうに。。。

人にはそれぞれ事情がある、ということですね。。。

永六輔さん、お許しを。。。そして頑張ってくださいね。

Images

イラスト  永六輔

 

| | コメント (0)

得意技(-"-)

我が家夕食後の皿洗いを82才の夫の担当だということ書いたかしら。。。。厳しすぎると?いいえ、いくら老人でも元気なうちは平等に家事をするのが我が家のオキテ。

それに皿洗いといえども手先を使う仕事、ボケ防止になります。家事分担は夫の健康を願う妻のやさしさ。。。(^_^) 

まぁ、足腰の丈夫でない私の為に、自分の仕事として嫌がるふうもなくやってくれるのは有難いのですが、これがよく皿を落して割っったり、割らないまでもぶっつけたりして皿のふちを欠いたり。。。機嫌よく洗ってもらうためには決して怒ったりせずじっと我慢。。。我が家の食器などどうせ大したものなどありゃしないのですから。 

ものをよく落とす人は脳の健康が心配されますが、夫は健康オタクですからその方は人間ドックでの検査で今のところ心配はありません。ただ年齢的に手の先まで神経が届かないだけ。

台所が片付いたようなのでいつものようにコーヒーを入れる係りは私。夫と私のマグに当分にコーヒーを入れ持っていこうとして夫のマグにうっかり手が触れそのままシンクタンクに落ちて・・・\(◎o◎)/! 

いいえ、コーヒーがこぼれてしまっただけ、夫のマグは壊しません。ま、手元がおぼつかなくなったのは同じですけどね。。。(~_~;)

026_480x321

F6 妙義山

| | コメント (10)

デッサン会

裸婦デッサン〔クロッキー〕はせめて月一度コンスタントにやりたいもの。先月今月はたまたま2回続けて出来ましたが、3か月も描かなかったりすると勢いに乘る前にくたびれてしまい一日描いていてもろくなものが出来ません。

当然のことながら、消費税UPでモデル料も上がり、ますます回数が減ることになりそうです(ー_ー)!!

001_480x321

15分

003_480x321

10分

023_480x321

5分

025_480x321

2分

↓ ムーヴィング〔動くポーズを描く〕

010_480x321

015_480x321

016_480x321

クロッキー帳を一回り大きくする必要があります。〔下手なのはノートのせいにする(~_~)〕

| | コメント (0)

十分に話好きだと思う。。。

4月からわが班の世話役が交代、5年ほど前、此処に越してこられたSさんが年会費を徴収がてらご挨拶にみえました。

〔奥さん、あまり外でお逢いしませんね〕と私〔あのう、あまり外出をしないんです私。〕(~_~;)〕とSさん〔そうですか。〕〔会話が苦手なんです。〕〔そうですか。〕〔人見知りするんですよ、若い時から。ですからね、買い物に行くとしても外に人がいると、いなくなるまで待ってそれから出かるんです。〕〔そうですか。。。〕〔あの、団地のみなさん、私のこと変だと思っていらっしゃらないかしら?〕〔そんなことないですよ。人は人ですもの。そんな、いちいち他人を気になどする人などいませんよ〕〔それならいいんですけど。。。先日○○のご主人とお逢いしたんですけど、とても怖い顔で睨まれたんで怖くてしばらく買い物にも行けませんでした。〕〔あら、○○さんそんな方じゃないですよ。何か考え事でもしていて奥さんに気が付かなかったのかも。〕〔そうでしょうか・・・〕〔私は○○地方のの生まれなんですけど、この地方の人がなんだか怖くて、▽‘&◆*○▽~#⁂◆~~~。。。#%$✠‘▽□*+‘○▽#$=~*+~~~〕 

ちょっと、あなた、さっき人見知りするとか、会話が苦手とか言わなかった!?

もちろん心の中で.。。(-_-メ)

Imagesgck7090g_2

| | コメント (2)

香水は場を考えて。。。

昨日は香水の話を書きかけて終わりました。

昨日の続きのようで続きでない、今日は私の昔話を。。。 

私だって40代頃には研究所に居たんですよ。研究所といっても小保方さんのようにリケジョのいるところではなく、こちらは暇のできた中高年が絵を習いに来る美術研究所。 

それが、旧い建物で冷暖房不完備。冬はちゃちなストーブと人いきれで何とかなりますが、夏は旧式の扇風機が天井で気が向けば回りだすという、なんとも凄い処。

そんなところに、何かの間違いでやってきたような40半ばの、矢鱈派手なファッションをした方が新入りとしてやってきました。ファッションは何を着ようが個人の自由でいいんです。が、オバちゃん香水までつけとる。。。 

部屋は裸婦デッサンの為のモデルが居るので窓は閉め切ったまま。中年女性の汗とまじりあった香水の匂いが身動きのたびに漂ってきて・・・(ー_ー)!!デッサンは集中力が勝負なのに臭くて集中できません。

とうとうたまりかねた誰かが注意したようで、ある日から香水の匂いはしなくなり、やれやれと思っていたら間もなくオバちゃんの姿も見えなくなりました。 

香水をつけない自分が心もとなかったのか、はたまた、この場は自分に向かないと思ったのかは知る由もありません。

001_480x321

F4号  赤岳

| | コメント (11)

いいじゃない 女性だもの。。。

今日はかの細胞生物学者の会見とやらでワイドショーやら朝刊やらが大変な騒ぎでした。もちろん私も彼女の可愛らしい唇からいかなる言葉が飛び出すか興味津々で観ましたよ。 

しかしマスコミというのはえげつないですね。か弱そうな女性を縦横斜めからさんざいたぶった?あげくその筋の専門家とやらまで登場し、やれ服装がどうの、計算ずくのしおらしさだの、それにしては自説は曲げないしたたか者だのと、とことを大きくしようとする魂胆丸見え。。。 

生物学研究者にしてはお化粧が過ぎると?いいじゃないの。いくら凄い研究をしているといってもまだ30才そこそこ。今と昔では10歳は違うといいますから昔でいえば小娘同然の女性です。お化粧や、アクセサリー、ミニスカートで仕事をして何が悪い。。。お堅い研究室だってミニスカートの女性が居るに越したことは無い。。。彼女が文句なしの成功者であれば、そのことまで可愛らしいの斬新だのと賞賛の種になるだろうに。。。 

一つ・・・まさか、香水はつけていないでしょうね。あれはいけません!処と場所により他人の香水ほど気持ち悪いものはない。。。この話はまた明日(*^^)v

003_480x321

F3浅間山 薄塗りで仕上げました。

| | コメント (12)

粗忽人間ここに極まれり。。。(~_~;)

ウインドウズXPのサポートが9日で打ち切りとなりました。

私はずっと気になっていて、数日前に馴染のPCサポータO君に電話をし、〔私のPC心配なんだけど、この先の安心して使用できるように遠隔操作で何とかしてもらえるかしら。。。〕  O君〔はいはい。ではIDとパスワードを云ってください〕ということで深夜に関わらずPC保護の強化をしてもらったのは2日前。。。 

それでも今日になってあちこちでXPのサポートの打ち切りの記事を読むと買い替えることが最も安全と書いてあります。

そこで先ほど再びO君に電話をし〔心配だから私やっぱりPC買い替えます!〕と云ったところ〔おキヨさんのPCは2年前,Windows7に買い換えましたよ!〕〔え!そうだっけ?〕 

あわててPCのマークを確かめ〔あ・・・7だ〕(~_~;)

2年前買い替えたことがすっぽり抜け落ちてしまいいまだにXPだとばかり思っていました。

毎日PCを使い目の前にWindows7のマークがあるというのに。。。(ー_ー)!!

004_480x321

SM   妙義山

| | コメント (10)

老女二人だけの花見

お向かいのIさんと私、今日は団地の公園で、お花見を・・・といってもお茶ひとつ飲むわけでもない、ただ花吹雪の中のベンチに数分腰掛けただけのこと。。。 

〔昔は今時分此処もにぎやかだったのにねぇ、お花見で。。。〕〔そうよ。25,6年前ぐらいまではみんな持ち寄りでお花見やっていたかしらね。あの頃は此処も毎年賑やかだったね〕

〔み~んなあちら側へ逝っちゃって。寂しくなった。〕〔そうよねぇ・・・昨年はTさんのおじちゃん、おばちゃんも相次いで逝っちゃったし・・・〕 

桜の木はますます成長し、時期が来ると花は毎年盛り上がる風情で咲き誇るも、その下に花を愛でる人がいなくなった。

今日は日光浴がてら散り始めた桜の下で83才のIさんと75歳の私、わずか数十分のお花見でした。

P1160919_480x319

149_480x321

Iさんから産地直送の蟹を頂く♪

150_480x321

お返しはこれ。。。Iさん宅にはこのサイズが入る額があるので。。。

 

| | コメント (2)

命名者の罪

○ なんとまぁイヌフグリの名のせつなさよヘクソカズラよ早く出てきたまえ

                                                                四街道市    須崎輝夫

今日の読売歌壇の優秀作品からです。 

春に先駆けて咲く清楚な花イヌフグリ。私など前にイヌとあるので何の気もなくイヌフグリとすんなり云ってしまいますがイヌが前につかないといくら恥知らずの婆さんでもこれは口に出来ない。(^_^;)でも今の若い方は昔言葉なぞ知らないはずだから意外になんでもなく花の名として口にするのではないかしら。。。 

イヌフグリまだいい。。。もっと気の毒なのは〔屁糞蔓ーヘクソカズラ〕の方です。これは云わぬ先にもう笑ってしまいますね。花には大変申し訳ないが口にしたくない!(^^)!

なにもここまで珍妙な名前にしなくともという気もしますが、茎や葉をもむと悪臭がするとかで、別名〔馬喰わず〕ともいうそうです。。。 

調べて見ると、珍名の植物はまだあって、牛の舌〔葉が牛の舌に似ている〕 ジジババ〔春蘭 地味だからと思います〕蛸の足〔見るからに。〕掃き溜め菊というのもありますね。

命名者のゴミ収集所の傍に咲いていたからだとか・・・惜しい!〔掃き溜めに鶴菊〕にしてあげたら花が喜んだでしょうに。。。

Photo

イヌフグリ

 

Hekuso3

ヘクソカズラ

| | コメント (14)

決定的なミスはしないですんだ。。。

そういう私でも〔書き出しがおかしい?昨日の続きデス(^_^;)〕若い時代絶対にミスをしてはならない職業に従事していました。短い期間ではありましたが幸いたいした失敗もなく、職業を退き気楽な結婚生活に。。。これが本来の性格を増長したのは明らかです。

友人などは私の元職業を聞くと〔わー、恐ろしい!よく何事もなかったね〕と云ったものですが、なにをいうか!自分で云うのもなんですが私は実に優秀な仕事人だったのですよ。これは本当。。。人間ってそういうことがあるんです。50年も前の話ですから自慢も許されますよね。(^_^;) 

そして、いまだに一度の失敗もせず続いているのは車の運転。それは迂闊&粗忽な自分をまったく信用していないからだと思います。失敗などするはずもないと思われる私の友人知人などでさえ幾度か些細な事故を起こしたりしていることを思うとこれは自分に対する過信だと思いますね。

私は自分を失敗しやすいタイプだと思っている。こう思うことで40数年間無事故無違反が続いています。これからもさらにね。。。

P1250311_480x321

問題はこれ↑

豪語したわりには失敗の山です。上手くゆきません (ー_ー)!!

| | コメント (12)

直らぬこと。。。

深夜にブログ更新をする私、翌朝自分の書いた記事を点検するのが習わしになっています。なぜなら、前夜に書いた文章に十中八九意味の分からないこと、奇妙な間違い 誤字〔変換ミスも含めて〕が日常茶飯事。。。 

私が記事を点検するときにはすでに数十人の方の目に触れているのですから後の祭りという気もしますが、こういうことに厳しい方はとっくに拒絶感を持たれ拙ブログから遠のくのは当然。おおらかな方は〔オキヨメめ、今日はどんな間違いで嗤わせてくれるかな〔冷笑〕〕という期待感?をもってご覧になるのでは。。。(~_~;) 

まぁ、仕方ないですね、生来いい加減な性分なんですから。。。

・・・と同じ内容を2年に一度は書いている筈(^_^;) これだけ気にしているんだから気を引き締めて書けばいいのでしょうが、毎日のこと、駄目ですね。直りません(ー_ー)!! 

拙ブログにお越しの皆様大目に見てネ。

Imagesby5vkum7

大目にね。。。(^_-)-☆

| | コメント (12)

知らないことは清々しい。。。

今日のY新聞編集手帳から

〔44年前、英国で盗まれたゴーギャンの静物画1点が、他の画家による作品と共に〔他の作品とはボナールの絵、こちらも凄い〕イタリアのシチリアで見つかった。計約15億円の価値のある作品を所蔵していたのは、トリノの工場に勤めていた男性で36年前約3200円で購入。絵は退職して移り住んだシチリアの自宅に飾れた。 無名人の安物としてその絵を愛蔵していた人はゴーギャンの名ではなく、絵そのものを価値を見出したのだろう〕という記事です。 

この手の話は時々新聞をにぎわしますが、痛快ですね。2点の超豪華な絵をその価値を知らずに愛したなんて。。。

こういう人こそその作品の真の価値を知っていると思いませんか? 

なまじ絵画の底辺をさまよった私などは一目でゴーギャンの特徴が解る絵ですが、そこですでに目と心が欲で濁ってしまい絵そのものの価値が正しく解るはずがない(^^ゞ

この後絵と所有者はいったいどういう運命になるのでしょう。。。濁った心で興味津々(^o^)

Photo

見つかったゴーギャンの静物画

| | コメント (9)

新旧交代

消費税UP寸前、駆け込みで購入した冷蔵庫がやってきました。まず音がほとんどしないのに驚く。16年間すっかり我が家の住民?と化した旧冷蔵庫の我がもの顔の機械音、あれも最初はこんなに静かだったかしら?  新しいものは氷が落ちるとき以外はほとんど無音ですね。

でも・・・やっぱりまだお客様だな、開け閉めに気を使います。 〔すみません、また開けまぁす(^_^;)〕 といった感じ。。。中に入った夕食の残り物なども思いなしちんまりと居心地悪そう。。。

夫がどこに何が入ったかわからず冷蔵庫を開けっぱなして探すだろうから当分余分に電気を喰うかも。。。(-"-)

P1250304_480x321

16年間ありがとう。と きれいに して送り出す。

P1250307_480x321

我が家で一番長生きしそうなかた、よろしくね(^_-)-☆

| | コメント (14)

ドライブ中むかつくこと(-_-メ)

ドライブ中できれば楽しいまんまで帰ってくるのが望ましいのですが、そこはお互い飽き飽きするほど共に過ごしている我儘老人2人、なにかに言葉と感情の食い違いがあり、何度か口も利きたくない状態に陥ります。

例えばこんな時〔此処のお蕎麦屋さん美味しかったわね〕〔そうかい、入った記憶ないなぁ。〕〔この民芸品やさんで見つけた猫の置物今ボードの上に置いてあるでしょ。あれ、私より貴男が気に入ったのよね〕〔そうかい、覚えちゃいねぇ。。。〕と云った調子。。。なぁんにも覚えちゃいないんです。私と出かけた日々なんてこのお爺には何の思い出にもならないようだ。(-"-) 

それはまぁいいでしょう、年なんだから。。。。

腹がたつのは、〔こういう老舗高級ホテルの素敵なレストランでたまにはランチを楽しみたいな〕〔なに言ってんだ、来たことあるだろ!アンタ食事の後売店でバックだか財布だか買ったじゃないか。〕〔昔っていつよ〕〔俺がまだ現役時代。〕〔このホテルには来たことないなぁ・・・〕〔来たよ〕〔いいえ、来たことない!〕〔ㇵッ。。。。|д゚)〕 

皆さんお分かりですね、よくある話。。。当然この後だんまりドライブになります(^o^)

P1250259_480x321

レストランから見た金峰山 こんな丸っこかったかしら?雪があって初めて形がはっきりわかりました。

P1250258_480x321

金峰山の左下にある瑞牆山〔みずがきやま〕

判りにくいですが戸隠や妙義山のような奇岩がみえます。

頂高は2、230mですから戸隠より高いんですね。レストランの支配人からのにわか仕込みです。

 

800pxmt_mizugaki_04

私の画像ではわかりにくいのでウィキから拝借

角がたくさん生えているみたい。。。

| | コメント (14)

八ヶ岳早春

春の陽気に誘われ八ヶ岳山麓にドライブしました。

八ヶ岳には昨年秋に出かけましたが、季節によりというより、その時また時間によりまるで違うので、絵を描くものには何度出かけてもその都度その瞬間を楽しめますね。

P1250174_480x321

今日は絶好のドライブ日和でした♪

上信越道はハクモクレンが満開 浅間山の雪がそろそろ消えかかっています。

 

P1250187_480x321

内山峠を通って佐久へ ・・・特徴的な姿の 荒船山

P1250197_480x321

内山大橋から兜岩山へご挨拶(^_^) 雪があるのは珍しいですね。

 

P1250199_480x321

内山峡 木々が芽を吹く前は岩山はかなりの露出度

P1250208_480x321

松原湖 湖の氷が解けかかっていてそれは美しいコントラストを見せていました。

来てよかった。何度も来ていますがこのような色は初めてです♪

P1250225_480x321

野辺山からの八ヶ岳

 

P1250239_480x321

ちょっと角度が違う。(^_^) 

 

P1250253_480x321

赤岳 数年前にはもっと白い赤岳を描きましたが、このくらいの雪もまたいいですね。

P1250270_480x321

浅間山 昨年の今頃も同じ場所でラフスケッチをしましたが

雪の残り方が違います。            オワリ(^O^)

| | コメント (6)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »