« 竹馬の友ではおかしい? | トップページ | あやしげな電話 »

ハイカーファッション

木崎湖周辺で高い位置から本道を見下ろしていたら、なにやらカラフルな集団が歩いています。おや、カーニバル?とふと思いましたが、鳴り物があるわけでなし静に行進しているだけ。。。

本道へ降りてコンビニで飲み物を買っていると、その集団が〔こんにちは~。〕と私達に挨拶しながらやってきました。ハイカーたちでした。 

20代~60代位までの幅広い年代の方々。。。彼ら、特に若い方々ははまるでファッション誌から抜け出てきたような素敵ないでたち。色彩的にはオレンジ 紫 黄色 赤 青など、パステルカラーを身に付けているのですが、一見めちゃくちゃな色の組み合わせが妙にキマッている。。。

山ガールファッションというらしいですが、男性も同じですね。このファッションをしたいばかりに山歩きを始めた、という人が居ても不思議ではないという感じがします。どうせなら何でも楽しめるほうがいい。

中高年の方々も、スタイルの良い若い人たちほどではないにしろ、けっこう上手に派手目の色をこなしているので感心しました。このファッションをしているだけで健康になりそうな。。。

Photo

山ガールファッション〔ウィキペディアから画像を拝借〕

Photo_2

鳥や蝶などカラフルな色彩を持つ自然界からの発想と思えば不自然はないですね。

|

« 竹馬の友ではおかしい? | トップページ | あやしげな電話 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

ひと頃まで登山は3kなどとさげすまれていました。
汚い、きつい、危険でしたか・・・
しかし「汚い」は劇的に変わりました。
高品質で、色彩豊かで、従って高価でもあるウエアーに身を包んだハイカーが野山にあふれています。
後ろ姿は年齢不詳で、前に回るとそれなりで、その落差に愕然とすることも再三です。
自分も愕然とさせている一員であることは自覚していますが・・・
山歩きそのものがファッション化しているのですから、ウエアーや装備がファッショナブルになるのは必然でしょう。
でも私はそんな現象に居心地の悪さを感じています。
猫も杓子も最新のウエアーで装い、ストックをつき、スパッツを着けている、画一的な集団を見ると、美的なものが感じられないのです。
傍からはどんな風に見えるのだろうか・・・?
私が一人歩きを好むのは、そうした没個性的な塊の中に埋没したくない、という気があるのも一つの理由なのです。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月22日 (火) 11時56分

アウトドア関係の衣装と言えば、昔は赤や黄色に橙など、原色系が多かったような。
とにかく目立てばヨシって感じですけれど、万が一の遭難時を考慮すれば、これはもっともな配色でした。

そういえば、山ガールという言葉、聴いたことがあります。 そこにパステルカラーでお洒落なウェアの登場。
登山用品は、デザイン面でも新化しているようですね。(笑)

投稿: もとよし | 2014年4月22日 (火) 12時34分

風花爺さん様
昔3Kといえばある職業を指していませんでしたか?登山家も当てはまっていたとは。。。^^
物が豊かになった今、その〔らしさ〕も大きく様変わりし、各レジャーもファッションで楽しむなどはその代表格ですね。

あの楽しげなスタイルで、なお自然を満喫できるのであれば若い方々は飛びつく気持ち判ります。そうなると逆に硬派の方が目立つ存在になるにではないでしょうか^^

私なども〔カワイイ~〕という今のさまざまなものには何ら美的なものを感じませんが、それはもう仕方のないことでしょうね。

高い処からみたこの集団はまさに一つのカラフルな〔カタマリ〕で動くお花畑といいましょうか^^

投稿: おキヨ | 2014年4月22日 (火) 13時37分

もとよし様

登山家などの方が身に付けるビヴィットな色は意味があることだったと思うのですが、今はファッションを楽しむその先に山歩きがあるという感じですね。
ファッションをみただけでいかにも楽しんでいるというような。。。^^

これはこれで商業的にオイシイのでは?

投稿: おキヨ | 2014年4月22日 (火) 13時44分

おキヨさん、こんばんは

ホント、最近はカラフルでファッショナブルなウエアが多いですね。山岳フォーラムなどでは、若い人のファッションシューなども取り入れています。アルプスで見かけるのは初心者も多いですが、あっさり抜き去り、追いつけない方も多くて驚きます。20~60代、うしろ姿は同じです。smile

投稿: | 2014年4月22日 (火) 17時55分

岳様 こんばんは。

スキーウエアなどは早くからカラフルだったようですね。私が可笑しくてならなかったのは、40代の女性が全身若作りで滑っていたのに後ろから来た若者に〔おばさん、どいて!〕と云われ〔ど~しておばさんと解ったんだろ?〕という話。。。happy01
今追いついて顔を見ないと判らない?というのはおばさん方余程体型に気を付けなさっているに違いありませんgood

投稿: おキヨ | 2014年4月22日 (火) 18時49分

おキヨ様 こんばんはconfident
 ほんとに最近はファッショナブルな山ガールを
 よく見かけるようになりました。
 おっしゃるように何でも楽しむのはいいことですね。
 特に歳を重ねるほど派手ぐらいがいいと思います。
 気が若くなると健康にもいいのではないでしょうか^^

 私もゴールデンウィークには登って来ようと思って
 いるので、山オバハンもちょいとファッショナブルに
 行きましょうかねsmile

投稿: Shana | 2014年4月22日 (火) 22時31分

Shana様 こんばんは。

お!いいですね、ゴールデンウイークに山歩き。。。山ガールファッションで野山を楽しむ方は羨ましいです。私も脚が丈夫であれば真っ先に山ガールになっていると思いますよwink

ホント、あの色の組み合わせは元気になる意味もあるかも。。。今の40代はちょっと見20代の方と違わないくらい若いですからあのファッションはOKですよね。私がみたグループには60代と思しき方も。。。good
誰に遠慮は要るものか、大いにファッションをお楽しみくださいなscissors

投稿: おキヨ | 2014年4月23日 (水) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹馬の友ではおかしい? | トップページ | あやしげな電話 »