« 得意技(-"-) | トップページ | 1年ぶりの白馬村 »

人にはそれぞれ事情が・・・

Y新聞の小さなコーナー〔胸に残る小さな金言〕という見出しで料理研究家故小林カツ代さんの話が書かれています。

お忙しい小林さんが病気の子供の手を引いて通院する日々、夜食はお店で惣菜を買った。〔見た人はなんという親だろうと思っただろう。ひとにはそれぞれ事情がある、ということを身に染みて知った〕  という記事です。 

人にはそれぞれ事情がある。で思い知らされるのは4,5年前拙ブログに永六輔さんについて書いた記事。

その頃、ラジオ番組に出演されていた永六輔さんの言葉が聞き取りにくいというリスナーの声が多く、話題になっていました。私、〔何をいまさら、永さんの言葉なんて初めから聞き取りにくいじゃないか〕というようなことを書きました。 

その時は永六輔さんがパーキンソン病というご病気で口元の筋肉が上手く働かず言葉が聞き取りにくくなっているということをまったく知らなかったのです。彼は健康な時分から独特の喋り方を、ご自分から冗談半分に〔ろれつが回らない〕とおっしゃっていたことがあったからです。

知らぬこととはいえ本当に心無いことを書いてしまったと今でも悔まれてなりません。 

聞き取りにくい、ろれつが回らないと投稿した方々も、もし永さんがご病気と闘いながら仕事を続けられていたと知ったなら応援する側に回ったでしょうに。。。

人にはそれぞれ事情がある、ということですね。。。

永六輔さん、お許しを。。。そして頑張ってくださいね。

Images

イラスト  永六輔

 

|

« 得意技(-"-) | トップページ | 1年ぶりの白馬村 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 得意技(-"-) | トップページ | 1年ぶりの白馬村 »