« 好感の持てるお二人 | トップページ | 回復力 »

富岡製糸工場

群馬県富岡製糸工場がこの6月に世界文化遺産認定が決まるということで、富岡市がお祝いムードに溢れているニュースが流れています。

私が富岡製糸工場を見学したのは2008年1月。その時からすでに祝世界遺産候補の幕が周囲に張られていたので、いかに長い間市民がこの日を切望していたかがうかがい知れます。 

私達夫婦が製糸工場を見学した日は他にもう一組いたようですが、広い構内は閑散としており、贅沢にも案内者が私達に付きっきりで丁寧に説明、案内を最後までしていただき恐縮した覚えがあります。

今ではそうはいかないでしょう。世界遺産認定のニュースが流れた途端、製糸工場見学者が一挙に増え大変な混雑のようです。  静かなうちに見学しておいてつくづくよかった。(~_~;)

K10040637611_1404271218_1404271226_

見学者はこれからも一層増えるでしょうね。〔画像はウィキペディアから拝借〕

以下は2008年の画像

P1020372

 

P1020376

作業場

P1020382

女工員さんの為の診療所があったんですね。。。

P1020401

当時の写真は珍しかったですね 。

P1020366

ゴールデンウイークは各地から見学者がやってくるでしょうから、地元は嬉しい悲鳴でしょう。

|

« 好感の持てるお二人 | トップページ | 回復力 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。tulip
35年くらい前に、「ああ 野麦峠」という映画を
観て感動しましたが、あの舞台はこの製糸工場
だったのでしょうか。
特に働きのよい工女を、百円工女さまといって
さらに過酷な労働を強いていました。
もう一度観たいのに、ビデオとかがないんですね。

投稿: みつばち | 2014年4月28日 (月) 05時38分

みつばち様 こんにちはdelicious

〔ああ、野麦峠〕私も原作、映画ともにみました。
原作は長野県岡谷にある製糸工場でしたね。
富岡製糸工場は群馬県で、岡谷市からは7,80キロ離れていると思います。
私も映画を観た頃には野麦峠に興味を持ち長野に出かけた際に寄ってみたことがありました。
今でこそ車で簡単に行けますが当時のことを思うと富山から峠越えは命がけだったと思いますね。
富岡製糸工場の女工さんたちは野麦峠の女工さん達とは全く違う環境で、良家の子女が多かったと説明を受けました。 
それでも噂とは怖ろしいもので、〔あの工場では西洋人が若い女の生き血を飲んでいるそうだ〕といううわさが広まったそうです。
多分wineコレだったでしょうね。。。happy01

投稿: おキヨ | 2014年4月28日 (月) 11時55分

おキヨさん、こんにちは

富岡製紙工場を日本遺産にとは、相当前から取り組まれていた様ですね。私の母は岡谷の製糸工場で働いた事があるそうで、休みに映画など楽しかったと言います。

投稿: 岳 | 2014年4月28日 (月) 18時00分

岳様 こんばんは。

そうなんです。正直私などは無理だろうと思っていました。富岡市民の執念を感じますね。
養蚕が盛んな長野、群馬 北埼玉などで昔女性が働くといえば製糸工場しかなかったかもしれません。
貴男のお母上も日本の産業の担い手だったのですね。

投稿: おキヨ | 2014年4月28日 (月) 22時26分

おキヨ様 こんばんはhappy01
 この風景を見ると若かりし大竹しのぶさんの
 「ああ、野麦峠」を思い出します。
 おキヨさんは早くに見学に行かれていたのですね^^
 今回のニュースで初めて詳しく見たのですが、
 当時にしたら本当にスケールの大きな工場だったんですね。
 働く環境も恵まれていたとか。
 この状態を長い間保存して来られたことを考えると、
 今回の登録は本当に喜ばしいことだと思います。

投稿: Shana | 2014年4月28日 (月) 22時40分

Shana様 こんばんは。wink

〔ああ 野麦峠〕では工員たちは劣悪な環境でしたよね。富岡製糸工場は当時としては素晴らしい環境の職場だったようですよ。工女さんたちは良家の子女たちが多かったといいますから何かしらの教育もあったようです。体育館のような場所もあったし、指導者のような教養ある女性もいたようです。

当時のままの保存は素晴らしいですね。
県や市では大変な費用がかかったようですがこれで報われましたね。shine

投稿: おキヨ | 2014年4月28日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好感の持てるお二人 | トップページ | 回復力 »