« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

映画〔ノッテイング・ヒルの恋人〕

金曜日には大抵2時近くまで深夜映画を観るので更新は簡単に済ませます。

この映画は以前に観ていますが、コメディータッチのラヴストーリです。1999年制作のアメリカ映画でジュリア・ロバーツ がまだ若若しい。

ストーリーは有名女優と、街のしがない本屋の主人が恋人同士になるという夢物語。 

この映画の冒頭シーンが好きですね。ヒュー・グラント扮する本屋の主人のユニークな同居人が大いに笑わせてくれます。ストーリーは分っているので2度めに観るときには、主人公の二人よりも、このリス・エヴァンスという喜劇俳優が楽しみで観ました(^o^)

あと、本屋の家族が一人ひとりが個性的。妹役の女優がヒューグラントに顔が妙に似ている。。。でもイケメンの兄に対して美女ではない不思議な似かた・・・というのが面白い。

Photo


〔ノッテイング・ヒルの恋人〕から

ジュリア・ロバーツ ヒユー・グラント 

| | コメント (4)

雷に見舞われる|д゚)

今朝は〔29日〕雲一つない上天気。〔万座温泉にでも行ってみるか〕と夫。〔そういえば新緑の時期の万座には行ってないな。。。〕ということで軽井沢経由で万座までドライブ♪

006_320x214

雲一つない♪・・・

019_320x214

おや、軽井沢インターを降りたら怪しげな雲が・・・。

033_320x214


それでも新緑爽やかな5月の軽井沢  浅間山が見え隠れしています。

043_320x214


嬬恋のキャベツ畑 みるみる雲が広がって。。。(-.-)

051_320x214


あれ、なにこの畑?

そう云えば昨日ニュースでこの辺一帯が豪雨や雹に見舞われたニュースがありました。

053_320x214


草津道の駅付近でとうとう雨・・・

夫〔万座まで行けそうもないね。。。途中で豪雨に遭ったら怖いもの。。。〕

057_320x214


雷も鳴っているけどヘリは大丈夫?

070_320x214

結局草津の〔大滝の湯〕で一休み。

入浴中も雷の音がしていましたが、ちょっと晴れてきたので草津白根まで行こうと。。。

でも途中でまたもや雷。此処で引き返しました|д゚)

078_320x214


一目散に逃げ帰る。。。浅間山はやはり雲の中。。。

というわけで、今日のドライブは不発に終わりました。

日頃の夫のおこないが悪いせいですね。。。(-_-メ) 

追記・・・翌朝のニュースでは同時刻関東甲信越各地に雨雹があったとのこと。昨日の天気予報を甘く見た我々が悪い(;´・ω・)

| | コメント (6)

生きて行けない…(;O;)

昨年奥様を亡くされた団地内の独り暮らしの高齢男性が老人施設に行かれると班長さんからききました。

わが家も身につまされる話です。夫に〔他人ごとではない、明日は我が身よ〕というと〔そうだな、俺もそうなったらすぐにでも老人ホームへ行くよ。一人じゃつまんない。。。〕 

そうだと思う。夫は一人では生きて行けない。。。もちろん私だって同じ。。。50年間二人寄り添って生きてきたのですからどちらが一人になってももう生きている意味がない。

私がもし一人になったら・・・老人ホームと云わずに死んでしまいたい。 

そうだ、だれにも迷惑かけないよう、ひっそりと海に落ちて死のうか。。。海に落ちるには船に乗らなければ。。。

船と云えば、そうよ!横浜在住のS様のブログでお目にかかるあの超豪華船!この世の名残りにあの超豪華船に乗ってみるのも悪くはない。 

そしてデッキから人知れず飛び込もうとするとき、人品卑しからぬ紳士が現れ〔お待ちなさい!貴女のような美しい方が死んではならない。バーで一杯飲んで気を沈めましょう。僕がお相手をします〕などと云われたらどうしよう。。。(#^.^#)

途中までは本気で書いたのですがねぇ。。。

Photo

乘ってはみたいけど、船は沈まないという保証がない。。。(-_-;)

| | コメント (9)

睡魔がどっと押し寄せる|д゚)

私は比較的睡眠が少ないタイプ。深夜2時頃までPCに向かい、その後寝室で時によっては4時ごろまで本を読みます。

で、朝はというと・・・8時、ときに9時起床(^_^;)主婦にあるまじきだらしなさ。。。いいんです!夫の現役時代はこれでも5時起きしたんですから。 

老人2人家族の気ままさで出来る事なんですね。ここまでくると誰ももう〔なんてだらしのない生活!〕などといわない・・・と思ってる(-_-)

これが続くと、ある日突然矢も楯もなく睡魔が束になって襲ってくる。。。普通は睡眠不足の翌日が眠いと思うのですが、私の場合3,4日は平気。 

その後一度に恐ろしい睡魔がやってきて、夕飯もそこそこに転寝・・・ではなく本格的に寝ちゃいます、12時ごろまで。そしてPC,読書 起床8時の繰り返し。。。

001_320x214

F4号 御嶽山

日中は絵を描き婆さん(~_~)

| | コメント (4)

小説〔穴〕を読み終える

第150回芥川賞受賞作 小山田浩子の〔穴〕を読みました。

う~ン、なんだかぴんとこなかった、というのが読み終えての実感。かといって読みにくいとか、全く好みではない作品とかいうのではない、どちらかと云えば読みやすいタイプの本です。 

ありふれた日常の中にふと不思議な別世界が紛れ込んでいる、そのような感じの作品です。夫の実家である引っ越し先で出会う生き物がなんであったか最後まで解らないですね。長男であるはずの夫に突然兄が出現。  雨の日に水撒きをする義祖父。義母の態度もよく分らん。。。解らないづくしがこの作品の魅力になっているのでしょうか。 

個人的に興味を持ったのは、引っ越し先の田舎ってもしかして私の住んでいる地方かな?

受賞作品の他 〔いたちなく〕〔ゆきの宿〕の2作品が同時掲載されています。

001_320x214

三作品の中では〔ゆきの宿〕 が私の好みですね。。。

| | コメント (9)

バルテュスの魅力

今日の日曜美術館はバルテュスを取り上げていました。

私がこの高貴と淫靡のまじりあった様な、他に類をみない独特の世界を醸すバルテュスという画家の絵にお目にかかったのは、軽井沢のメルシャン美術館が出来立ての頃だったと思います。かってはバルテュスやジャンセンのような質の高い絵画展を催した美術館だっただけに閉館となってしまった今は寂しい限りです。

バルテュスは少女をモデルに独自の世界を描いたため美術界では誤解を受け、真の評価はその技術の高さを理解できる美術家だけだったということです。 

以前に、晩年のバルテュスのアトリエを紹介した番組を観たことがありましたが、老齢の画家の気難しかったこと。。。他人が滅多に入ることの無いアトリエでの撮影は画家を大変にいらだたせている様子が判り関係者の息詰まる緊張が伝わりました。

今回、画家の最後の妻であった節子夫人が番組に出演されていましたが、美しさは少しも衰えていないのには驚かされましたね。いやお美しい。。。

Images

上野で開催中。観に行きたいものです。

| | コメント (8)

閑話 

5月の今日のような爽やかな日にはどこのお宅でも窓を開け放っていると思います。

長屋と云った呼び方が似合うわが団地、窓を開けた状態では隣のお兄ちゃんのくしゃみさえ同じ部屋にいるような状態で聞こえるしまつ。。。

私がお兄ちゃんというのは、彼を小さい頃からそういっている習慣で、実は50近いオッサン。。。(~_~)

窓越しに〔○○くんサ、あなたのくしゃみ少し変よね。。。〕〔え、そう?〕〔最初に出る声子供の時のまんまだけど。。。〕〔そうかな?〕 

普通男性がくしゃみをするとき〔ハァ~クション〕ですが、彼の場合最初の〔ハァ~〕の声が裏返るというか甲高い。まだ声代わり前の○○くんの声のようなんです。。。

〔ちょっと、くしゃみしてみて。〕〔無理なこと言わないでよ〕という声は野太い普通のおじさん。なんでくしゃみの最初の部分だけあんなに甲高いんだろ? 

拙ブログ何も話題の無い時はこんなバカ話でお茶を濁すことが多い(^_^;)

002_320x214

F6号 蓼科山

| | コメント (6)

映画〔 カティンの森〕を観る

BS 深夜放送は毎週楽しみにしているのですが、今週は以前にも観た、第2次世界大戦で、ポーランドに起きた戦慄すべき真実をテーマにした作品です。

最初のシーンでは大勢の人々がソ連軍の侵略を恐れて故郷を後にするところから始まりますが、その中にポーランドの将校である夫を探す母子の姿があります。家族は一瞬遭うことはできますが、緊迫状態の中別れ別れに。。。 

数年後、カティンの森で1万以上のポーランド将校の死体が発見される。当時の記録映像が生々しく正視に堪えられない。

人間の本能に潜む底知れない残虐性は、今まで戦争にまつわる本や映画、実録記事などで嫌というほど知らされてきましたが、この映画もその一つです。 

これはドイツ軍の冒したことと云われていたことですが事実はソ連軍の仕業。

怖ろしく重いテーマの作品で、お奨めするにも気が重い。。。でも当時の真実を知るためにはこういう映画も観ておくべきかもしれませんね。

Photo_2

| | コメント (2)

意外な苦労話

NHKEテレ深夜11時放送のMポートレイトという番組で加山雄三、黒柳徹子両氏の対談を観ました。 

意外だったのは加山雄三の苦労話。

私のイメージとしては、上原謙、小桜葉子という大スターの間に生まれ、何不自由なく育ちそのままトップスターの道を歩んで現在に至るという感じでしたので、芸能人としての低迷、20億の借金 なりふり構わない底辺の生き方を経験していたとは驚きです。ず~っと豪華な船で歌など歌って楽しいだけの人生ばかりだと思っていたのに。。。  信じられないほど苦労をしてもそれをはねのける運を持った方かもしれません。苦労の影が感じられない。

彼が若大将としてブレイクした当時、私は一度もその映画など見たことが無いし、巷に溢れている雑誌やポスターを観ても、美形の父親とは似ても似つかない、ただの元気印の若者程度にしか思えませんでした。でも苦労の果てにカムバックしテレビ出演していた4,50代?の加山さんはなかなかいい顔をしていた。。。今頃になってやっと彼の人気ぶりが理解できました。

徹子さんも本場アメリカで舞台の勉強を積んでこられた。才能あってのさらなる勉強なしでは厳しい芸能界でこれほど長く輝いていることはできないでしょう。今年で80才とか。。。なんて素晴らしい女性でしょう。。。  いつまでもいつまでも輝いていてほしい女性です。

Photo

黒柳徹子 加山雄三のご両人

| | コメント (8)

痩せたい方にもお奨め (*^^)v

先日PCの前の私の〔背中が丸くなっている〕と夫に云われたことが結構気になって、それからというもの、PCに向かう時だけ窮屈なコルセット〔医療用〕で少し高めの位置を締め付けることにしました。身体が前かがみにならない方法です。ウン、戸棚に写るわが姿はかなり姿勢がよくなっている。が、まだ油断は出来な い。コルセットなしで正しい姿勢が保てるまで窮屈はがまんをしなければ。。。ただしコルセットのつけっぱなしは体によくないとも聞いています。ですから私の場合PCに向かう時だけに限定。。。

ふと思ったのですが、これ、痩せたいと思う方にも応用できそうですね。コルセットは胃の辺りまで締め付けるのでそうは食べられない。。。 

私の母などは着物を着て帯を締めると食事が十分に出来ないといっていましたが、コルセットも同じ理屈です。。。

和服の女性の姿が相当の年配者でも美しいのは姿勢が良いせいでしょう。 

Images

着物姿と云えば沢村貞子さんが第一級クラスの着こなしでした。

杉村春子とか、高峰秀子なども素敵でしたね。。。

| | コメント (12)

どっちでも・・・悪くない?(^^ゞ

ご近所のAさんが気の張らない絵が欲しいというので、気ままに描いた3号のスケッチ風の薔薇の絵をJ.ホンダで絵に合う額を見立ててお宅に届けました。

Aさん、箱から絵を取り出して〔ワァ、凄い綺麗だねぇ・・・〕と喜んでくれたのですが、みると横・・・。私さりげなく額を縦にし〔これが花瓶だから下になるわね。〕〔あ、こう飾るんだぁ。。。〕  〔でも花瓶がはっきりしてないから横でも変ではないわね〕と私拙画をフォロー。つまりま縦でも横でも一応薔薇に見えるというまことに曖昧な絵。。。(^_^;) 

なに、ピカソやマチスだって絵をさかさまに展示された例もあるし、絵画展でもざらにあること。そう思えば拙画もまんざらでは・・・ない?(~_~;)

いやいや、横に見たって喜んで貰えたんだから2倍美味しい、アーモンド・グリコ並の絵。。。

カメラを持たずに出かけお店で額装してそのままAさん宅へお届けしたので画像はありません。

↓旧いスケッチでご勘弁を。。。

P1090898

P1090899

 

P1090896

| | コメント (6)

私の選んだ優秀作品

月曜にはY新聞文芸欄を楽しみに読んでいます。特に歌壇が好きで、魅かれる歌、面白いと思う歌など自分好みの作品をピックアップして書き留めておきます。

今日の目に留まった作品 

○ 〔俺くすり今朝飲んだっけ〕と夫の云う 吾は眼鏡を探しているに  

                        埼玉県  田中弘美さん

ある年齢に達したみなさんがどなたも共鳴される歌  うふふ  ヽ(^o^)丿   

以前に書きとめておいた歌

○ 子を持たぬ君には孫は分らぬと云いたる我の罪の深さよ    

                         前橋市    笹村 明さん 

私も何度か言われたことがあるのですが、この作者はうっかり口にした事をずいぶん後悔されているようです。。。でも言われた方は案外それほどの痛手は受けていないのですよ。そりゃそうだ、と流せます。それも相手次第ですけどね。

○ 独り居となりて二十年饒舌の友いつしか寡黙となりぬ   

                ひたちなか 市 広田 三喜男さん

私が死んだ後、おしゃべりの夫もこうなるかしら・・・(;O;) いや相変わらずに違いない・・・(-_-メ) 

                 私が選んだ優秀作品でした(^_^)

P1040373_320x213

| | コメント (8)

針仕事・・・してないなぁ。(-.-)

Y新聞〔日曜の朝に〕という欄に〔針仕事の美しさ〕という題で針仕事に関した話題を書いています。記者も針仕事はボタンつけぐらいだけになったとか。。。

私も同じですね。 

針仕事というのはミシンを使うことではなく、針を手に持って布を縫うことを指す言葉ですよね。これは手芸の趣味を持つ方は別として、今の時代あまりする人はいないのでは?

私は今になって思うと自分でも信じられないのですが、20代の頃和裁、つまり和服を自分で仕立てることを習ったことがあります。 

私の年齢では浴衣ぐらいは自分で仕立てるのが珍しくない時代だったので、ご近所の和裁の先生に教えて頂きました。

浴衣を2枚,単衣〔裏のつかない着物〕を一枚習った時点で針仕事は〔手芸も含めて〕自分に向かない、ということを悟りましたね。 

以来針を持つのはボタンつけだけ。。。しないでもちっとも困らない時代だし、だいたい和服は20年ぐらい前、甥の結婚式を最後に着ていません。

P1020224_212x320

浴衣のモデル

今より丁寧に描いているので20分ポーズだったかも。。。

| | コメント (4)

新緑の日光へ

16日に日光の新緑を楽しむべくドライブに出かけました。それともう一つ金精峠の雪の回路がまだ見られるかもしれないという期待もあったので。。。

008_480x321

011_480x321

草木ダムは満々と水を蓄えています。豊かなことはいいことだ♪

 

014_480x321

富弘美術館内の喫茶室で一休み。此処のライ麦パンは美味しいです♪

 

017_480x321

緑の濃淡が美しい122号線

019_480x321

足尾町

032_480x321

いろは坂 

037_480x321

中禅寺湖 遊覧船の乗客はまだまばらですね。。。

038_480x321

中禅寺

047_480x321

日光は意外と桜が多いです。散り始めていましたが・・・。

042_480x321

中禅寺湖の花筏 この季節何度も行っている筈なのに初めて観ました。

065_480x321

奥日光へ進むにつれ緑が少なくなって・・・

068_480x321

光徳牧場の桜は満開!目的は牛すじの煮込み〔お土産用〕とソフトクリーム(^o^)

073_480x321

湯の湖 ここでスケッチ 寒いのなんのって・・・(>_<)

107_480x321

残念!金精峠の雪のトンネルは遅すぎましたね。

109_480x321

みぞれ交じりの雨が降って寒い。。。丸沼高原辺りで引き返し、いつものホテルで日帰り入浴。。。

我が家の奥座敷?^^ゞ日光今年最初のドライブでした。

| | コメント (8)

映画〔キャスト・アウェイ〕を観る

深夜映画〔キャスト・アウェイ〕を2時まで観る。

飛行機事故でただ一人孤島にたどり着き、孤独に耐えながら生き抜き4年後に帰還するという実際にあった出来事の映画化 。

主演はトム・ハンクス。と云うより彼一人の熱演といっていい映画です。

凄いのはトム・ハンクスの体重の落とし方。がりがりに痩せたトムの姿はメークではできませんね。いやはや俳優という仕事も楽ではない。

トムハンクス  といえば〔フォレスト・ガンプ〕という映画が有りますが、これに比べるとキャスト・アウェイは熱演だけどストーリーが単調でした。  実話なんだから仕方ないか。。。

Photo

| | コメント (2)

〔女のいない男達〕を読み終える

村上春樹9年ぶりの短編集〔女のいない男達〕この作家にしては珍しく〔だそうです〕4ページにわたるまえがきがあります。まえがきを含め私はこの作品面白く読めました。 

私はハルキストといえるほど春樹の作品を読んではいませんが、歯切れがよく独特の乾いた〔春樹節〕みたいなものが解るようになりましたので新米ハルキストに属しるかも。。。どちらかといえば若い人が対象の作品なのかもしれませんが年齢制限はありませんので高齢者の私が読んで気恥しさはあるが悪いことは無い。。。(~_~) 

一言で言って6編すべて女性と上手く係れない〔係れなかった〕男性たちの話です。

可笑しかったのは第2話〔イエスタディ―〕主人公の友人がビートルズの〔イエスタディ―〕の歌詞を大阪弁にして唄うという。。。♪昨日は明日のおとといで、 おとといのあしたや~ というくだり私はウケましたね。また遊び人の中年医師が食事も喉を通らないほどの恋をし本当に死んでしまうという第3話〔独立器官〕

村上春樹は元々短編の名手だとか。。。頷けます。

001_480x321

F4号 今年の薔薇 (未) 深追いしない方がいいかも・・・

| | コメント (4)

千円カット美容院にて

家にこもっているとつい身だしなみが疎かになります。。髪がだいぶのびて気になりながらも一日延ばしになっていましたが今日やっと美容院へ。。。自宅から5分とかからない千円カットのお店に行くだけなのにそれすら億劫になるとは。。。(ー_ー)!! 

美容院は昔女性の仕事の時代がありましたが私の行くこのお店ほとんど男性ですね。日中はあまりお客の姿はなく図体のデカイ若者たち数人に〔いらっしゃいませ~!〕と野太い声で云われ一瞬足がすくみます(~_~;) 

その中で年かさの一人が私の担当、丁寧にあれこれ聞かれこちらもああしてこうしてとお願い。なんだかとても丁寧ですね。。。そのうちお客が一人。。。またひとり。私を挟んで両隣に座りました。

あらら、あとから来た二人の方がもう済んで帰ったのに私はまだ。私の担当者の仕事ぶりはマイペースのようです。濡らした髪をドライヤーで丁寧に乾かし、上りかなと思ったらさにあらず、また初めから細部を点検し、鋏を・・・芸術家タイプかな 

何しろたった1080円でこんなに丁寧でこちらが恐縮しちゃった。。。おかげで私樋口可南子さん。(#^.^#)。。。ヘヤースタイルだ・け・!

001_480x321

蓮華岳 F6

| | コメント (6)

身内の仕事(ー_ー)!!

ある心理学者のブログを興味を持って拝見しています。

今日は〔ストレス曲線の好きな人〕の話。 

普通ストレスは無い方が快適と思うのですがそうじゃない人もいるそうで、ストレスの中に居ないと不安定だというのです。そういう人は他人を批判 文句、侮蔑で心を安定させている、と大体このような話でした。

考えたら居た!身内にストレス曲線の好きな人間。長姉ですけどね。彼女は人を批判、侮蔑 文句というより、自身の愚痴が多いんですね。 年中病気の不安と〔実は健康〕家庭で大事にされない不満を愚痴っています。

矢張りこれはストレス曲線が好きということになりそう。ということは愚痴をいうことで心を安定させている?

愚痴は他人に聞いてもらわない事には愚痴になりませんから、聞き役が必要ということになります。赤の他人につまらない愚痴など聞かせて迷惑はかけられないとすると  やっぱり妹の私が聞いてやるしかないか~。。。(ー_ー)!!

Imagesqr4vttyr

ストレスとは何ぞや?

| | コメント (6)

拙ブログ6年目突入

5月6日で拙ブログ6年目に入りました。うっかりしていた(~_~;)

毎年のように愚にもつかない〔老婆の休日?〕をみてくださる方に申し訳なさと感謝の気持ちを書いていましたが、今年も同じようなことを書くとすればあまりにもくどくてしつこい。。。 

そこで今年は自分で自分を褒めよう。これだけどうでもよい話をよくぞ6年も、しかもほぼない日書けたもの。いやあっぱれ、おキヨヽ(^o^)丿

生涯で連日6年続けたものといえば他に中3~高3まで制服のスカートの寝押しぐらいかな。。。 

拙ブログをご覧いただいている皆様、レベルアップの予定はありませんが、引き続きよろしくお願いいたします。

Images

セルフサービス (^o^) 〔ウイキペディアより拝借〕

| | コメント (16)

たった4人!?

今日はK市のデッサン会がありましたが、出席者はなんとたったの4名。。。 どういうわけだろうと思ったのですが、そうか・・・今日は母の日なんですね。女性の多いこの会は当然お祝いされる方が多く、お出かけになるとか  ホームパーティーとか・・・デッサン会どころではないか。。。(゜o゜)

今日の出席者は子供のいない私やお子さんが海外に居住しているMさん、母の日よりデッサン会を優先した方だけですね。 

おかげで自由に広い場所を使って描ける何とも贅沢なデッサン会となりました。

011_480x321

15分

 

004_480x321

10分

006_480x321

5分

014_480x321

2分

018_480x321

 

ムーヴィング

| | コメント (6)

姿勢でモメる(~_~;)

最近テレビコマーシャルで畑に立つ高倉健さんの姿を見かけますが、とても80過ぎの後ろ姿とは思えない。。。

同い年の夫に〔ほら、ごらんなさいよ~、高倉健の真っ直ぐな背柱。。。貴方も似てるのは年だけということにならないでよ。最近背中が曲がってきたわよ。。。  どんなに若作りをしたって年は背中とがに股にあらわれる。。。〕〔ふん、あれは若い他人だろ、わかるもんか。。。〕と悔しがりの夫 

夜パソコンに向かっている私に〔アンタ、人のことは言えないよ、後ろから見てると、立派な75歳の婆さんだね。背中がこんなに丸くなってるじゃないか。。。〕と撫でられた。。。

しまった!これは無防備な姿を見られてしまった。言われるまでもない、パソコンを前に座っている自分の姿を想うと一言もありません。

これでは自称吉永小百合の名が廃る・・・(ー_ー)!!

そこで思いついたのは、昔ぎっくり腰をやった時世話になったコルセットがあったはず。。。箪笥の底からコルセットを探し出して使用してみたところ〔あら、いいかも。。。♪〕 

窮屈感は免れないが、姿勢は保てそう。。。PCに向かう時だけ当分コルセットを付けてみようかしら。。。

Imagescaajn5m3

皆さん、背中曲がってますよ~!

| | コメント (8)

〔終着駅 トルストイ最後の旅〕を観る

BSプレミアム11時45分から深夜劇場〔終着駅 トルストイ最後の旅〕を1時半まで観る

2009年イギリス、ドイツ、ロシアの合作でジェイ・バリーニ原作〔終着駅 トルストイ謎の死〕の映画化〔ウイキペディアより〕

晩年トルストイが新教宗教にかたむき、著作権 地位 財産のすべてを国民に与え、自分は菜食主義者で、独身になるという遺書を知った妻ソフィアと諍いが起こる。

トルストイの妻がなぜ稀代の悪妻と云われるようになったかが解る作品です。夫妻はそれまでは仲のいい夫妻だった。

Photo

トルストイ役のクリストファー・ブラマー、その妻ソフィアをヘレン・メレン、秘書に雇われたトルストイを崇拝する青年役の俳優、その他脇の俳優陣も重厚な雰囲気を醸して良質な作品に仕上がっています。

特にヘレン・メレンの狂気寸前の悪妻ぶり、さすが名女優の貫録です。

| | コメント (4)

愚かに一日を過ごす(ー_ー)!!

”足るを知る者は富む 老子の言葉でしたっけ?

足るを知るものはたとえ貧しくとも精神は豊かである。。。  人間の欲望にはきりがない、分相応で満足すること。そういうことでしょうね。

そういう意味では私愚か者の最たるもの。生涯愚作に振り回されて終わるに違いない。  今日も今日とて、よせばいいのにアトリエの隅っこから旧~い薔薇の絵を引っ張り出しました。他に描きかけが山ほどあるというのに。。。  当時はめくら蛇におじずで、到底無理なサイズのキャンバスに、無理なモチーフを無理な構図で描いた思わず絶叫したくなるような酷いもの。 

いっそ、全部塗りつぶしてしまえばいいものを、何か未練がある。。。こんなものでも当時は苦労して描いたもの、どこかを残して、などとケチな考えをするものだから余計にややこしくなります。

それなのに愚かにもこの同じ腕で何とか出来るのではとおもうんですね。。。かくして貴重な一日を徒労に。。。貧しい腕を認め足るを知るべしです。そうすれば悪あがきすることもなく心も豊かであるはず。。。

でもね・・・”努力するものは志あるもの”とも言います。(^_-)-☆ 天性の能天気なのだヽ(^o^)丿

 

P1040358_480x319

 今回は写真でごまかして…(~_~;)

後日上手く云ったら件の絵をUPします。うまくいったら、です。

| | コメント (8)

ご飯の炊き方

わが家は4人家族や、食のいい若い方のいるご家庭より美味しくないご飯を食べているにちがいない。。。二人所帯で二人分という少ない量を炊飯器で炊いていますからね。

今日のワイドショーでご飯の美味しい炊き方を料理人が説明していたのを見ると私のやり方は不合格。。。(ー_ー)!!  どうも炊飯器が2合のお米を炊くには大きすぎるみたい。。。一応目盛りはついていますが。。。倍の量を炊いて熱いうちに冷凍庫で保存、という方法も試しましたが、やはり炊き立てにはかなわない。。。 

わが夫婦行きつけの和食レストランのご飯がとても美味しいことでも我が家のご飯のレベルが判ります。魚沼産の最上級のお米でもレストランのご飯にはかなわない。

あれこれ工夫をすればいいのでしょうが、それも面倒だし、長年このご飯に慣れてしまっているので夫も文句を言わずに食べています。  食べられないほど不味いわけではないのですから、ま、いいか、というところ(~_~;) 

一人用の炊飯器があるようだからそれを使ってみようかしら。。。

Photo

おひつにもなるとか。。。

Photo_2

わが家はこの倍ぐらいの炊飯器ですからね。。。

| | コメント (10)

名前が二つの謎

先日新聞の小欄に名前についての記事が載っていたので思い出したのですが、私の父は母を〔イト〕と呼んでいました。母の名は片仮名で〔サト〕と書きます。 

昔はよく役場に出生届を提出する際に字を間違えることが多かったので、つけたかった名前と届けた名が別ということがあったようで、普段の呼び名と手紙などに書かれた本名と2つの名があることが珍しくなかったようです。

大人になって母にそのことを聞くと〔そんなことは無い。勝手に初めからそう呼ばれた。〕とのこと。。。  はじめ母は驚いて抗議をしたようですが、酒を飲んでいない時でもそう呼ぶのでついそのままになってしまった、と普通では考えられない話。。。明治の人間ですから夫の云うままにそれ以上抵抗せずに、そのわけのわからない呼び名に慣れてしまった、ということでしょうか?

本人にその理由を聞けばよかったのですが、子供たちとそういう会話をする雰囲気の父ではなかった。何しろ父と子供たちで和やかな話題ということはほとんどなかったですからね。 

初恋の相手の名?。。。父の厳しい生い立ちを考えればあり得ませんね。単に父だけの、母に対するニックネームだったかもしれません。

P1180745_480x319

F3号

P1180747_480x319_480x319

F3号

 

| | コメント (11)

揺り起こされて(-_-メ)

今朝、あんな中途半端な時間に地震で揺り起こされちゃって、深夜族の私としては非常に迷惑な話。

依って、今回は我が身の健康の為早寝をいたしますので記事はありません。 

お詫びに愚作を1点

001_480x321_2

F4号 白馬風景

Images36vi71eq

旧いスケッチ

| | コメント (2)

浅野忠信のフィリップ・マーロウ

NHKドラマ〔ロング・グッドバイ〕を観ています。日本版フィリップマーロウを演じるは超カッコいい浅野忠信。。。

探偵フィリップ・マーロウはいろんな俳優が演じましたが、最も強い印象を残したのはなんといってもかってハリウッド随一の人気俳優ハンフリー・ボガードでしょう。ボギーのマーロウに見劣りしない日本版マーロウは浅野忠信が適役。 

実は昨日初めてこのドラマを見たのでレイモンド・チャンドラーの小説のドラマ化とは知りませんでしたが今日の新聞〔放送塔から〕を読んで解ったしだい。。。

若い頃 ブームだったレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説を2、3読みましたがあの独特のセリフは日本語でうまく活用できるのかななどといらぬ心配をしたりしています。

連続テレビドラマを楽しみに観ることなど滅多にないのですがこのドラマは楽しみにしたい。。。♪

Images

浅野忠信          

| | コメント (6)

ノーベルショー作家に弱い?(^^ゞ

春樹さん〔隣のおじさんにあらず。〕が久々の短編集を書いたというので早速買ってきました。ノーベル賞候補騒ぎになるまでは村上春樹と村上龍の区別さえ知らなかったのにね。。。 

先日Y新聞〔時の余白に〕で芥川喜好さんが云われていましたが〔作品それ自体よりも作者のバックグラウンドに弱い日本人〕

そうなんですね。私もその一人。。。現在中国のノーベル賞作家莫言の〔豊乳肥臀〕を読んでいますがこれが破天荒な文体、中国ならではの広大な物語で〔まだ上巻半ば〕なかなか面白いのですが、これをいったん中止して 村上春樹の短編に目移りする浮気者(^^ゞちょっと中国ノーベル賞作家を休み日本人ノーベル賞候補作家の本を。。。バックグラウンドに弱い私です(~_~;) 

先日亡くなったラテンアメリカ文学の ガブリエル ガルシア マルケスというノーベル賞作家の本も買うつもりでしたがなんとメモした手帳を忘れちゃって買えませんでした(>_<) 

知らずにいればいいのですが、知ってしまうと読まなければひどく損をした気分に襲われるんです。ミーハー読書家?っていうんですかね。。。

001_480x321

芥川賞にもよわいのだ(~_~;)

| | コメント (2)

〔それでも夜は明ける〕を観る

久しぶりに映画館へ。。。先日テレビで、第86回アカデミー賞を観たのですが、その作品受賞はじめ多くの受賞を獲得した〔それでも夜は明ける〕を観てきました。 

奴隷制度というアメリカ負の歴史を、奴隷制度廃止前12年間にわたり過酷な体験をした黒人男性の実話を映画化したもの。

内容は、豊かな暮らしをしていた自由黒人であるバイオリニストの主人公がある日白人に騙されルイジアナ州に奴隷として売られ、そこで12年間にわたり過酷な運命をたどる、という徹頭徹尾暗く重い物語です。 

主演男優賞受賞した黒人俳優 キウェテル、イジョフオーという俳優は主人公が乗り移ったかのような素晴らしい力演でした。

プロデュースにあたった俳優のブラット・ピットは今回は映画の最後のほうでやっと顔を見せるというチョイ役に徹しています。 

つい先日も、アメリカの白人著名人が人種差別的な発言で物議を醸したニュースがありました。アメリカは暗く重いこの歴史を今もって拭いきれていないのですね。。。

Photo

| | コメント (4)

薔薇香りけり

わが家の歴史の一つである黒薔薇が咲きはじめました。

これは45年前この地方にに越してすぐに社宅の庭に植えたものを、現在の場所に家を建てた時に植え直したものです。 

花の色は重い赤紫で鮮やかさに欠けますが、他のどの薔薇よりもひときわ気高い芳香を放ちます。欠点は寿命が短く2,3日で散る始めること。

004_480x321

この小さなつぼみだけで芳醇な香りを部屋いっぱいに満たしてくれます。

001_480x321

早速描きはじめましたがたまには脇役の葉にも力を注ぎましょうか(^_^)

Sketchi64big

昔のスケッチ

 

| | コメント (6)

聞き役も辛い。。。

ご近所のMさんが用で我が家にみえたので、〔たまにはお上がんなさいよ〕といったら珍しく家の中へ。。。

今年72歳のMさん、大変人好きのするタイプで、しょっちゅう誰かが彼女を訪ねて見えたり、通りかったご近所の方が庭先で立ち話をしたりしているのが我が家からみえます。 

夫をまじえてコーヒー談義〔Mさんが人に好かれるのは聞き役に徹するからだろうね〕と夫。〔聞き役も一つの特技よね。私は無理。。。〕私が云うとMさん〔でもねぇ、私だって用事があるときは早く帰ってもらいたいと思う時もあるわよ〕

それはあるでしょうね。でもMさん性格としてそれは言えない。。。 

筋向いの住民ながらMさんのことをまるで知らない私、いろいろと尋ねると、F市の出身、実家が昔火事で焼失、姑さんとは最後まで上手くいかなかったこと、スーパーで仕事をしていたことがあるなどなど、だが聞いたからって私には興味の持てない話をいろいろ(~_~;)聞かせてくれました。

そうですよねぇ、聞き役ばかりではつまらない、たまには自分の話しも聞いてもらいたいものですよね。。。(^o^)

P1170841_480x319

P1170843_480x319

 

| | コメント (4)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »