« バルテュスの魅力 | トップページ | 睡魔がどっと押し寄せる|д゚) »

小説〔穴〕を読み終える

第150回芥川賞受賞作 小山田浩子の〔穴〕を読みました。

う~ン、なんだかぴんとこなかった、というのが読み終えての実感。かといって読みにくいとか、全く好みではない作品とかいうのではない、どちらかと云えば読みやすいタイプの本です。 

ありふれた日常の中にふと不思議な別世界が紛れ込んでいる、そのような感じの作品です。夫の実家である引っ越し先で出会う生き物がなんであったか最後まで解らないですね。長男であるはずの夫に突然兄が出現。  雨の日に水撒きをする義祖父。義母の態度もよく分らん。。。解らないづくしがこの作品の魅力になっているのでしょうか。 

個人的に興味を持ったのは、引っ越し先の田舎ってもしかして私の住んでいる地方かな?

受賞作品の他 〔いたちなく〕〔ゆきの宿〕の2作品が同時掲載されています。

001_320x214

三作品の中では〔ゆきの宿〕 が私の好みですね。。。

|

« バルテュスの魅力 | トップページ | 睡魔がどっと押し寄せる|д゚) »

読書」カテゴリの記事

コメント

良いですね~。本が読めるって。
この10年 よっぽどの興味が湧いた本しか
読みません。・・・と言うより読めません。
目が疲れて 根気がでないのです。
若い時は 良く読みました。周りが私を見て
「凄い 読み方」。
何せ 呼ばれても聞こえません。
煩い所にいても まったく外の音が
聞こえなくなるのです。
老後は本さえあれば、退屈しないな~。と
思っていましたが、楽しみが1つ消えました。

投稿: マーチャン | 2014年5月27日 (火) 09時43分

マーチャン様
本好きの人にとって、何よりつらいのは視力の衰えですね。生きる楽しみを、人によっては半分奪われてしまうのですから。。。
私もあらゆる器官が老化しているのは事実ですが、老眼鏡をあてになんとか本はまだ読めています。
そうそう、子供のや若い頃の集中力ってそういうものですね。私も貴女と同じで、本を読まない家族に変人扱いをされましたcoldsweats01

でも、いつかは本を読めなくなり、絵も描けなくなる日が必ずやってくる。。。crying
少しづつ覚悟をしながら生きています。

投稿: おキヨ | 2014年5月27日 (火) 10時21分

マーチャン様追申

そうそう、先日貴女のブログ読者のブラントさんが拙ブログを訪問してくださいましたnote
ありがとうございました。

投稿: おキヨ | 2014年5月27日 (火) 10時24分

おキヨさん、こんにちは

おキヨさんの読書、レパートリーが多いですね!私は各賞の受賞作を読み始めて途中でお休み。そんなケースが多いです。最近は藤沢周平、長短編合わせて12作品ほど読みましたが外れ無しですhappy01

投稿: | 2014年5月27日 (火) 16時57分

おキヨさん
 昨日の「朝日新聞「人」欄で作家の紹介がありました。  残念ながら私は「文春」を買いながら、受賞作すら読んでいないのです。  かっては文芸誌を3種を定期購読しているほど、純文学にも興味があったのに。
 文学の領域が随分変わって来たようです。 とは言え倉橋由美子の「パルタイ」等でも、現在の芥川賞でも貰えそうに思いますのに、時代が変わったのか、私が変わったのか? と言うことなのかも知れません。
 でも今、今回の「芥川賞」の読めるおキヨさんは、やっぱり新しい時代もなんのその、心身共に健康そのものです。 羨ましいと思います。
 私など「読者大賞」等が読みやすくなってしまいました。と言いながら「抽象絵画」を描きつづけているのです。  ちぐはぐな自分に、呆れてもいます。
 おキヨさんの頭脳の明晰さに乾杯です。羨ましい思いも同時に持っています。

投稿: 風の樹人 | 2014年5月27日 (火) 19時23分

岳様 こんばんは。
私は典型的な乱読なんですね。何でも手あたり次第読みます。
かといって作家に好き嫌いが無いわけでもないんです。
嫌いなのは先日亡くなられたW・Jや〔もらってやる〕で有名になった作家。。。それだって読んで嫌いになったんです。

投稿: おキヨ | 2014年5月27日 (火) 23時50分

風の樹人様
お久しぶりです。
更新されなくなった先生のブログを時々覗かせて頂いていますが、やはり寂しいですね。
その後奥様のご快復は順調でしょうか。お二人の一日も早い元のペースに戻られることを願っております。

私もめっきり読書のペースが落ちています。私の年齢だと仕方のないことですね。それでも寝室用、台所用と同時進行で2冊は読んでいます。あと外出用と。。。^^
昭和時代の芥川賞と現在のものとはだいぶ違ってきました。時代ですから、多分私が追い付かないのでしょう。文学も絵画も同じですね。。。
今回読んだ〔穴〕という作品は日常的な内容でありながらシュールなものが交差するその独自性が受賞の要因ではないかと思いました。

いつも過分なお言葉を頂き汗顔の至りです。。。

投稿: おキヨ | 2014年5月28日 (水) 00時18分

ヽ(´▽`)/絵を描き本を読んで、お元気ですね。さらにこのようにして、ウェブで書き込みもしておられる。たいしたものです。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2014年5月30日 (金) 22時57分

根保孝栄・石塚邦男様

昔我が家では絵を描き、本を読むなどは価値のない女でした。たいしたことなどないのですが、そう云って頂いて救われました♪

投稿: おキヨ | 2014年5月31日 (土) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルテュスの魅力 | トップページ | 睡魔がどっと押し寄せる|д゚) »