« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

どちらが社長に?

先日新聞で郷の観光地が紹介されていたが、その一つである牧場が紹介されていました。私にとってはとても懐かしい場所です。

T牧場は太平洋を眼下に広大な敷地の競馬馬を養育する牧場でこの地方では名家として知られています。 

私が20代の頃、当時の牧場主は50代前後の壮健な方で、私と同年代の二人の息子さんと共に近くの医院でお見かけしたことが数度ありました。

何しろこのお三人のスタイルが特異。西部劇で見るテンガロンハットが板についた牧場主の大柄な姿がやたらかっこよかった。 

現在はその時に見かけたお二人のうちのどちらかが社長になられた由。新聞に74才と年齢が書いてあったのでお二人のうちどちらにしろ、あのニキビを浮かせた若若しい若者達もいまや高齢の身となられたのです。あれから50年以上経っているので当然ですね。 

彼らの大叔父に当たる日本画家が偶然わが家からそう遠くない町にアトリエがあり、昔、画家のお宅にお邪魔し、牧場の想い出話をいろいろきかせていただいたことがありました。それから間もなくして残念ながら画家は高齢の為亡くなられてしまいました。

Images6679unmp

T牧場

| | コメント (0)

大学ジャズフェステバル

隣県の太田市大学ジャズフェステバルに出かけてきました。今年で19年目になるというのですから結構な歴史を持つジャズフェスタで、いい席を確保するにはかなり前からチケットを購入しなければなりません。ただし夏季のフェステバルは、2日にわたって行われる冬季と違い参加校は7校だけでした。 

プログラムは我々年代には懐かしいジャズ全盛時代の曲が多く、参加校同士曲目が重なることはあっても、それはそれで楽しめました。

ただ、夏季のフェステバルは優勝校が決まるわけではないので比較的経験の浅い学生達の演奏のような感じを受けました。こうして舞台度胸をつけながら上達していくのでしょう。

技術の良し悪しなどは音楽に対する耳のたしかな方々にお任せして、私どもはただ若い人たちの熱気あふれる演奏を楽しめれば十分なのです。

008_480x321

演奏前のステージ

| | コメント (8)

さとり時代ですって?

新聞記事からです。

今春の新社会人たちに〔人並み以上に働くか〕という質問に対し〔人並みで十分〕という調査結果が出たそうです。

ここで私はちょっと笑ってしまいました。そうか、人並みで十分か、75歳の私と同じ考えなんだなと。。。 

〔ガツガツ働いて高収入を目指すよりほどほどに頑張って堅実な生活を送りたい、という若い人が増えている〕のだそう。。。堅実という言葉はいかにも賢い考かたにきこえますが、世の中に出たばかりの若者が使う言葉としてふさわしくない。  もっと元気の良い回答にならんかい!と私などは思ってしまいますが、今の世の中を見るとさもありなんと同情したくもなりますけどね。頑張ってみたところで先行きが透けて見える様ですもの。。。 

それと一つは、物質面で苦労や不自由を知らない育ち方をした人達特有の考え方ではないのかなという気がします。反論が出るにしても私などの思う苦労とは少しずれているように思うのです。頑張る喜び、楽しさを知らないんじゃないかという気がしてなりません。 

こういう若い人たちのことを〔さとり時代〕というそうですね。

Imagesna8wfvrq

| | コメント (4)

縁起が良い?

出かけようとしたら、自転車を脇に置いて我が家の庭をじっと見ている見知らぬ女性が居ます。そのわきにお向かいのミー〔猫〕が並んでこれも女性と同じ方向をみています。

〔何しているんですか?〕不思議に思って声をかけると女性は〔蛇がね道を横切ってこちらの庭に入りました〕と。。。 

私は蛇はそれほど怖いとは思いません。それでも鉢合わせしたら嫌だ(~_~;)

真剣な顔ををして見つめるミーに〔アンタ、ヘビ取りの名人だっていうじゃないの。頑張って頂戴〕と猫にけしかけましたが、ミーは微動だにしません。見失ったようです。 

以前にミーが蛇の頭を咥えて見せに来た時には卒倒しそうになったとIさんが話していたことがありました。ミーはネズミやヘビ取りの名人で獲物をいちいちおばちゃんにご披露するとか。。。また大物をつかまえてオバちゃんが飛び上がって喜ぶ姿を見たいらしい。。。happy01

蛇は昔から守護の力があるといわれ、蛇のいる家は安泰だといわれています。ミーが蛇を捕まえなくてもまぁいいか。。。

003_480x321

SM ケシ

| | コメント (6)

プレッシャー(-_-;)

普段、描いた絵の調子を見るために途中幾度も額縁に入れて観るので、試作用の額縁が0号~20号まであります。

最近はもっぱら3~6号止まりなので、その他の額はアトリエの隅で埃まみれに。先日旧い10号の絵を手直して額に入れようとして無理やり引っ張りだしたら額がバラバラに壊れてしまいました。夫がそれをきれいに直し絵の具だらけのガラスも丁寧に磨き見違えるように再生してくれたのです。 

それは有難いのですが、〔絵はいつ入るの?〕〔まだ出来ないの〕とうるさい。sweat01

この絵がまた大変なことになっています。 いえ、もう駄目になっている。。。こんなことなら額縁を直してもらうんではなかった。。。sad

001_480x321

F4号 花

| | コメント (8)

他人事ではない (~_~;)

朝のワイドショーで高齢女性の物を捨てられない症候群?の取材をやっていました。

狭い家の所狭しとものが溢れているのにそのままで生活しているんですね。自然に増えたものなので慣れてしまうのでしょう。  見かねた娘さんがお掃除を始めましたが、女性は矢張り思い出の品、懐かしい品が捨てられない。。。 

わが家は一見すっきりしていますが、やはり必要ないものが物置や棚の丈夫にぎっしり詰まってますね(~_~;)  私は比較的ものに執着しないタイプなので、台所の棚や戸棚の中の器など用のないものは捨てられると思います。  足腰の動くうちにやっておく必要がありますね。

003_480x321

といいながら、本は相変わらず増える一方。。。読書力が落ちているというのに気になる本は買ってしまうんですね。

老眼なので字が大きい方がいいのですが読みたい作家の本は文庫本しかありませんでした。

| | コメント (6)

良き隣人♪

ブログや新聞で梅酒の作り方を見かけるので触発され、梅酒作りの材料を買いに出かけようとしたら、お向かいのIオバちゃんが〔買い物?〕と聞くので〔うん、梅酒でも創ろうかと思って買に行くところ。〕〔梅酒ならうちのを上げるよ〕というので買い物は取りやめ、すぐに飲める2年物の梅酒を頂きました。note

002_480x321

う~ん濃厚で超美味しい!炭酸水で割るとなお美味しいらしいですね。飲み終わったら1年物もいただけるよう。持つべきものは良き隣人wine

002_480x321_2

F3号  ドクダミ

| | コメント (4)

愛あればこそ

三文小説の題名のようなタイトルですが^^ゞ、私が身内の悪口を書くときはその底辺にやはり愛情が裏打ちされていると云っていいでしょう。

人間芯から嫌な人を話題にはしないと思いませんか? 

なぜこんなことをわざわざ書くかというと、以前のブログでお堅い人物から〔自分のご姉妹であってもそんなに悪しざまに云うことはないでしょう〕とおしかりを受けたことがあったからです。ユーモアーで緩和したつもりでしたが、文章力が至らないためその方には伝わらなかったんですね。

などと自己防衛を前置きして、きょうは旧いブログメイトの方には耳から蛸の・・・じゃないわね。眼から・・・?ま、いいか、超自分本位な長姉の話。 

昨日田舎の兄から電話が来たということで早速伊豆の長姉から我が家に電話がありました。実家の話題はほんの1,2分。例によって自分の身体の話です。いかに自分は体が悪く、明日をも知れない身であるかということをまた話し出しました。〔実際は私よりも元気(^o^)〕

私は話が始まると時計を見てきっぱり40分になったら、〔あ、誰か来た〕とか〔夫が呼んでいる〕とか理由をつけて電話を切ります。いらちの私が死ぬほど退屈な話を40分聞いていられるのは年が一番近い姉妹だから。年の離れた妹達にはこの辛抱はまだできません。 

矛盾した話ですが、いつかこの電話がかからなくなると思うだけでも辛い。。。

Imagescbssj1pg

この方のように機知に富んだおしゃべりだったら大歓迎なのに。。。

| | コメント (12)

長兄からの電話

いや驚きました。。。実の兄からの電話でなにを大げさな・・・と思われましょうが、それは我が長兄をご存じないから〔当たり前^^ゞ〕

私の長兄は姉妹、嫁 我が子〔孫はどうかは知らない〕周囲のすべてのものを家来と思っているに違いない、というほどの暴君。 彼が自ら妹達に電話などしたためしがないのです、今まで。。。 

電話で〔モスモス、俺だ〔国訛り^^〕〕といわれても85才になった長兄の声など解るはずもなく〔は?どちら様で?〕というぐあい。。自分をすぐに解らない妹に対しもうイライラと怒っています。私もやっと兄と解った途端即座に思ったことは〔エッ!なに、義姉さんがどうかしたのッ!!〕と。。。  それはそうでしょう、嫂も79才という高齢、いつ何があってもおかしくない年齢です。

〔なに言ってるんだべ。。。アレはなんでもねぇ。いや、電話したのはお願いがあってよ〕ほう!あの兄が私にお願いとはますますもって不思議なこと。 

〔おめ〔お前〕の戸籍謄本と印鑑証明を送ってもらいたいんだ〕とのこと。〔この事に関して詳しい事柄は省きます〕私は戸籍謄本と印鑑証明を送るのに何の支障もないのでもちろんOKしました。

兄は〔ちょっと待ってろ〕と云いながら嫂と交代。。。〔あ~、びっくりした。義姉さんがどうにかなったかと思った〕〔ははは、死んだと思ったべ〕と嫂の声〔実を云うとそう思った(^^ゞ〕 

嫂の話では〔他でもない話なので自分で電話するように言った〕とのこと。。。嫂の意見に従うとはさすがに郷の暴君も年で弱ってきたらしい。。。smile

Photo


昔描いた兄のスケッチ

| | コメント (4)

〔春を背負って〕を観る

かねてから観たいと思っていた山岳映画〔山を背負って〕を観てきました。

 

2009年に公開された〔剣岳 点の記〕の木村大作監督第2作で、その映像美は今回も期待を裏切らない素晴らしいものでした。

〔剣岳 点の記〕とは趣が違い、全体の仕上がりはややソフトタッチですが、立山連峰の四季の美しさは充分に満足できるものでした。 

主演は 松山ケンイチ  豊川悦司  蒼井優 。その他の俳優陣の多彩な顔ぶれも前回に劣らず、特にベテラン俳優たちの手慣れた仕事ぶりは見応えがありました。

ストーリーは山小屋を経営する父親の思わぬ事故死に都会で会社勤めをしていた主人公が後を引き継ぎ苦難に耐えて山小屋を守るというものです。 

謎の山男を演じた豊川悦司の圧倒的な存在感、松山ケンイチの少年をそのまま大人に引き延ばしたような素朴な姿が舞台となる山岳にふさわしい配役となっています。

ただ、最後の若い男女が手を取り合ってはしゃぐシーンはいかにもありふれていて野暮ったい感じがしましたね。

Photo

〔春を背負って〕の主演者たち

| | コメント (4)

品格の問題

〔最後は金目でしょ〕よくも間ぁそんな下劣なことをさらりと言ってのける、やはりあの親にしてこの子ありだなと思っていたら、今度はいうに事欠いて、決して女性に向かって言ってはならぬ〔生めないのか〕とヤジを飛ばした猛者が。。。政治家になる連中は本当にマトモなんでしょうかね。。。口にしていいものかどうかを瞬時に脳内で濾過する能力に劣る人間と50年間も暮らしている私でさえあきれ果てることを平気で吐き散らす彼ら。。。

品が無いことはなはだしいですね。政治家になるべく高等教育を受けてはいても、人としての教養〔品格〕を身に付けることが出来なかった者たちが日本動かしていることになりますね。いくら後で取り繕っても、最初に云った言葉が本音なんです!

地金が隠し切れない低能な奴らめ(-_-メ)・・・

あら、云っちゃった。口にしていいものかどうかを判断できない人間と長年暮らしているものですから・・・夫婦は似てくるっていうじゃありませんか。coldsweats01

Photo

〔金目でしょ〕発言の石原伸晃環境大臣

〔産めないのか〕発言議員出てきなさい!打ち首じゃ!!!

| | コメント (12)

刺青の話

私などの旧い感覚では〔刺青〕はちょっと怖いし、〔タトゥー〕と横文字になるとファッション?と思ったりします。

今日はネットから見つけた話題。脳科学者の茂木健一郎さんがなにやら刺青のことでツイッターで論議を呼んでいるらしいですね。  公衆浴場で入れ口に〔刺青、タトゥーお断り〕は差別にあたるということらしい。。。 

そういえば私が今利用している大型銭湯にもこれは張り紙程度ではなく立札が掲げてあります|д゚)し、以前利用していたプールにもありました。

でもね、プールでは腕一杯に派手なタトゥーをした外国の青年が悪びれるふうもなく泳いでいたし、今居っているお風呂では腕や腿などにタトゥーをしたどこかの国の女性が入浴してますけど。。。日本語が読めないだろうし、プールや銭湯に入ってからでは注意しにくいでしょう。そこはもうみて見ぬふりが一番ですね^m^ 

要するに〔お断り〕はファッションのタトゥーではなくあの筋の方の〔刺青〕のことでしょう?

私の生まれ育った漁師町の銭湯ではそのような張り紙は今でもないと思います。昔の漁師は四肢のあちこちに刺青をしていた方が多かった。漁師は海に落ちる危険性の高い職業です。海に落ちれば損傷が激しく誰だかわからない場合もあるので個体識別の為の刺青だったんですね。 

さてさて、この話題の行方は?

Images

ベッカムのタトゥーは有名ですね。

| | コメント (10)

去年の夏は・・・

Y新聞歌壇から

 

杜鵑鳴く声聴けば思い出す 去年の夏は妹が居た              国分寺市 森田進

 

去年の夏に居て当然だった人が今年は居ない。。。簡素で胸に染む歌ですね。 

今日出先から帰ったら、居るはずのないSさん宅の庭で草木に水遣りをしているおじちゃんの姿があったので一瞬驚きましたがよく見るとおじちゃんより背が高いし若い。 

東京に住む息子さんが見えていたのでした。Sさんご夫妻は昨年相次いで亡くなったので、時々家の整理をしにお子さん方がやってくるようです。

お庭におじちゃんが丹精した葡萄の実が成りはじめる頃なのに,今年の夏はこの家に誰も居ない。。。

P1180411_480x319

| | コメント (6)

意外と従順です(#^.^#)

ブログに夫の悪口を言いたい放題書き散らしている私、〔最近は慎んでイマス^m^〕こんなことを云ったってどなたも信用しないと思いますが、こう見えて〔どう見えるョ?〕私意外と夫には従順なんですよ、自分で云うのもなんですが。。。^m^ 

理由は、生涯の半分を宮仕えの辛さを味わいながら家族〔わたし〕を養っているということを肝に銘じているからです。

子供を持つ女性は夫婦の子孫を養育するという立派な使命を持っているのですから、同等の立場でいいと思うのですが私は子供が無い。。。つまりはなにもせずに元々は赤に他人であった、縁あって夫という名目になった男性に依存している。卑屈な思いなどはないのですが現実として確かなことです。 

そういうわけですから、私の意識下には〔養われてきた〕という気持ちがあるんですね。ですから自然夫に対して案外従順で居られる。。。。

ホントですってば。。。smile

Photo

羊のように従順デス!delicious

| | コメント (8)

我が妹ながら感心

現在63才になる末妹がボランティアで老人ホームで手伝いをしているとそうです。道理で近頃あまり電話がなかった。

上の姉たち4人が自分の身体さえ容易ではない年代になってしまった今、他人様のお世話をする事が出来る元気者はいまや末妹ひとり。。。 

孫たちもやっとばあばである彼女の手を離れ、手が空いたので、趣味などを探すよりも世話好きの気質を生かして他人様の役に立つことに喜びを見出したようです。

近くに住む長姉は〔私の身体の調子が悪いのを知っていてなんで他人の世話など。〕といったとか。。。御身大切の姉らしい言葉(^o^) 

姉妹と云えども一人ひとり性格がまるで違う。高齢になると各自の性格がますます鮮明になりますね。。。

004_480x321

F3号 同じようなものを数点描いています^^ゞ

| | コメント (8)

その比較は複雑・・・(ー_ー)!!

Y新聞では〔昭和時代〕というテーマで土曜日にシリーズで記載しています。今日はその15回目〔空腹、バラック、物価高

敗戦の1945年当時最も深刻だったのは食糧事情で、米や芋の配給量は一人一日分わずか300g、生存に必要なカロリーの半分にも届かないありさまで、餓死線上をさまよう人も少なくなかった、  と書かれています。

私の夫は当時13歳でそのただなかで何とか生き延びた一人です。食事の配給と云っても並んでやっと与えられたものはご飯粒がわずかに泳いでいるようなおかゆとも言えないようなものだったといっています。

私は田舎で暮らしていたので、酷いといっても戦火を受けた東京の酷さは知らず、ものの本や映画テレビドラマで当時の過酷な様子を知るだけです。 

食糧事情だけでも命がけで生きてきた夫、今でも決して食べ物には文句を言いません。好き嫌いが多く、好むものしか食べない私は見習わなければならない点があります。 

それはそれとして、たとえば食事中私が〔今日の肉じゃがちょっと味が薄かったようね。。。〕というと〔なに、戦時中のことを思えば上等なもんだよ。〕と。。。これ口癖なんですね。

台所へ立つ私への気遣いで云っているのは分りますが、戦争当時の酷い食料と比べられてもねぇ。。。(ー_ー)!!

Imageslotuhgjj

終戦当時の東京 

| | コメント (4)

インドカレー店

先日、近くに本場のインドカレー店が開店したのでどんなものかと夫と行ってきました。

夫はシンプルなチキンカレーとごはん、私はココナッツミルク入りのシーフードカレーとナンを頼みました 。

カレーの量はごく普通でしたが、サフラン入りのご飯の量の多いことと、ナンの大きさに辟易。何しろ新聞紙半面ぐらい〔大げさ^^ゞ〕あったような。。。老人二人の胃には無理。。。(~_~;)夫のご飯は二人で何とか食べましたがナンは包んで頂いて持って帰りました。 

実はこのお店、私が知っている限りでこれで4度目変わっています。最初はコンビニ、次にファミレス ラーメン店2回 ・・・どのお店も他に比べて長続きしない。国道沿いで立地条件は他の店と変わらないように素人目には見えるのですが。。。? 

日本人はカレー好きと云いますから今度のお店は頑張ってほしいですね。

私?夫が私の作ったカレーのほうが口に合うといいますのでもう行かないと思います。。。(~_~)

Id_spc_spc_580
インドの香辛料だそうです。。。凄いスパイスの種類ですね!

カメラを持参しないので私の画像はありません。m(__)m

| | コメント (4)

同類者

いつも行く大型銭湯で、春ごろから言葉を交わすようになった83才になるという高齢婦人に今日もお逢いしました。

彼女に逢うたび毎回聞く話は〔手芸教室の指導者〕であることと〔毎朝自宅から駅付近まで散歩を欠かさない〕こと。 

日常的に他人様と対話をしていることがうかがい知れる言葉の滑らかさ、素早い動きで年齢よりは若若しく見えます。

でも・・・なぜかお逢いすると必ずこの2点を繰り返し聞かなければならない私(~_~;)。。。思うに社交的な彼女、いろんな方に話しているうちに、この人にはこの話まだだったかもしれないと思うのではと。。。 

いえいえ、決して彼女を年寄り扱いをしているわけではありません。実は私も同類(^^ゞ 拙ブログ同じ話を何度書いていることやら。。。同じ絵を何度UPしていることやら。。。

他人様のことは言えないはず(~_~;)

001_480x321

F3号

| | コメント (6)

加賀まりこさんの言葉

昨日は新聞記事から話題を拾い、今のテレビのリポーターの語彙の乏しさについて書きました。それに関連して、ふと思い出したことがあります。 

今はベテラン女優の加賀まりこさん。デビュー当時は現代っ子の代名詞で、〔小悪魔〕というニックネームがついた新しいタイプの女優さんでした。

ほぼ同年代〔でもないか?〕の私などにはチャーミングに見えましたが、その奔放な言動は万人に好かれたとは言い難いものだったとおもいます。 

その加賀さんが、まだ20代前半と思しき年代で、街頭インタビュー〔今でいうリポーター?〕をした録音を数年前にラジオで聞いたことがあります。

びっくりしたのは、現代っ子と云われた彼女の言葉使いが実に正しく美しい日本語だったのです。当時はそれが社会人として、人前に立つ人間として当たり前だったかもしれませんが、  乱れた言葉に慣れてしまった現在、加賀さんの言葉は本当に美しく聡明さが如実で驚かされました。

云ってみれば、当時の彼女は今でいうギャルですが、彼女からすればおじさんと云われる年代の男性にも、臆することなく的確な言葉で質問をしています。

日本語が荒れて乏しくなった今の時代だから、当時の若い加賀まりこさんの正しい日本語に驚かされたんですね。

Photo


可愛らしい加賀まりこ

| | コメント (12)

もう少し説明を・・・

数日前のY新聞〔広告塔から〕というコーナーに〔リポートは的確な言葉で〕という見出しの記事を読み尤もだと同感しました。

いまや飽き飽きするほど旅番組で聞く言葉〔アマぁ~い、柔らかかぁ~い、美味しぃ~い〕これらの言葉はどなたが聞いてももううんざりでしょう。記事はこの事に触れて、多くの視聴者の賛同があり、観る側はストレスがたまると書いてあります。 

甘いものを食べて甘い、柔らかいものを食べて柔らかい、美味しいものを食べておいしい。。。5歳児でも云えることをベテランリポーターでさえ繰り返し云ってます。もうそれは言わんでよろしい!その後に続く的確な言葉を云いなさい!。。。ま、思わず最初に出る素直な言葉と云えば云えますけどね(~_~)。 

そんなに嫌なら観るなと云われそうですが旅番組好きなんです。特に好きなのは海外の国を紹介する旅番組。。。

いつだったか、若い綺麗なリポーターがルーブル美術館で中学の教科書でもよく見る様な絵の前で〔あ、この絵観たことがある〕と。。。|д゚) 

せめてその場しのぎのにわか知識でいいから、そして一言でいいからその絵について言葉を発することを、この番組を作る側が彼女に要請しないのだろうか?

みんなその程度の人達が作っている番組なのかな?

Images

この絵でも〔あ、これ観たことがある〕というかな。。。

| | コメント (12)

定期デッサン〔クロッキー〕会

といってもいつもどうりのことで特に記事になるようなことはありません。しいて言えば新会員が3名ほど。。。それでも一時期の盛況に比べると静かなものです。

010_480x321

15分 所要時間に余裕があるので無駄に丁寧です(~_~)

005_480x321

10分

004_480x321


5分

008_480x321


2分

↓ムーヴィング〔ゆるやかに動くポーズ〕です。

019_480x321

018_480x321

021_480x321

022_480x321

023_480x321

いつになたら上手くなるでしょうね。。。

| | コメント (4)

S席の不満

昨日の続きデス。

フジコ ヘミング ピアノコンサートのチケット発売を新聞でみて、その日の午前中電話申し込みをしたところ、すでに普通席は売り切れ、仕方なくS席にしました。 

比較的若い数字の席だったので前の方だろうと思っていたら、当日案内された席はなんとかなりう後席です。こんなことならオペラグラスを持ってくるんだった!

何度も申したように、私はクラシック音楽に詳しくない。にもかかわらず、今回のコンサートを楽しみにしていたのはフジコヘミングの演奏もさることながら、関心度の半分は彼女のビジュアルな面。きわめて ミーハー的欲求がありました。今までも佐渡豊かにしろ 天満敦子にしろほとんど前席の、演奏者の汗が飛び散るのが見えるほどの席でした。 

これではフジコさんのユニークなヘアースタイル ファッションが全く見えない。私の年齢だと肝心の演奏さえ耳に不確かな気がする遠さです。

もう最悪!(-"-) 

まぁ、それでも、小指ぐらいの大きさでフジコさんがステージに表れる姿を見ましたが、遠めにもそのゆったりとした足取りは彼女の歴史と風格 異才が感じられました。

ということで、次回は絶対に前席を確保する気満々!それにはフジコさんがいつまでもお元気でコンサートを続けられることを願うよりほかありませんね。と同時に私の方の健康もね。。。(~_~)

Images_2

フジコ ヘミング

| | コメント (4)

フジコ ヘミング ピアノコンサートへ

今日〔7日〕は雨の中群馬音楽センターまで〔フジコヘミング ピアノ ソロ コンサート〕へ夫と出かけました。

001_480x321


会場は、ドラマチックな運命をたどったことで知られる御年81歳の天才ピアニストの演奏を聴きに来た人達で普通席は満席。  〔上段はの席はポツポツ空席がありましたけど・・・。〕 

演奏曲は

○ソナタ 作品380 ホ長調 ○ ソナタ 作品159 ハ長調 

ショパン

○バラード 作品23 第1番 ト短調   

エチュード 牧童 ○ 別れの曲 ○ 黒鍵 ○ 革命 ○ 遺作

ドビュッシー 

○ 月の光 ○ 喜びの島

リスト 

○ パガニーニによる大練習曲 作品141 ○ ため息 ○ます ○ラ・カンパネラ

アンコールはショパンとバッハ でした。

私はクラシック音楽に疎く、これらの題名をみてもチンプンカンプンですが、曲を聴くと結構耳に馴染んだ曲があるのでほっとするのが常です。

曲目のうちで観客が待ち望んだ曲はなんといっても彼女の出世曲と云っていいラ・カンパネラ。。。前席の方々のスタンディング オベーションが起こるほどでした。

004_480x321

演奏前にパチリ。 

長くなるので個人的な感想は明日にします。

| | コメント (8)

マイブーム ♪

ただいま、うるめいわしに凝っています。うるめいわしがこんなにオイシイとは思わなかった。。。初めて食べたわけではないのにどういうわけかしら?年齢的にこういう素朴で日本的なものに嗜好が変わっていくのかな? 

でもよくしたもので、我が家の家系に見合ったものが好きになるんですね。ビフテキ、まぐろ ウナギなどというお高い食べ物はハナから口に合いません。というか頼まれたって食べられない生まれながらの貧乏性(^_^;)

牛肉 マグロ ウナギのような食品は脳の発育を促進させると聞きましたが、私がいつまでも幼稚な謎がこれで解けました。 

今更そんな心配は無用。今年の暑さはうるめいわしで乗り切ろうと思います!

001_480x321

このほろ苦さが何とも美味しい。。。

Photo


0号 これは煮干しのようですね。 旧い絵です。

| | コメント (8)

アマポーラ

知りませんでしたねぇ、若かりし頃大好きだったポピュラー音楽〔アマポーラ〕がひなげしのことだったとは。。。

あるサイトで紹介されていた虞美人草という日本の歌謡曲からアマポーラにたどり着きました。 

私はアマポーラというのはてっきり女性の名前だと思い込み,その意味を調べもしなかったのが正しい意味を50数年感も知らないで居た原因です。

この甘く美しいスロールンバは我が青春青春時代の曲です。ユーチューヴで久しぶりにアマポーラを聴き、ヒールの高い靴で踊っていた時代のことが、今、股関節脱臼の悪化の為両かかとの高さが違うダサ~い 靴しか履けなくなった私、懐かしく思い出されます。 

ひなげしは現在ポピーと呼ばれていますが、ポピーにもさまざまな種類があって、○○ポピーと国の名がつくのが多いようです。

ポピーは古くは虞美人草という別名があったり、スペインではアマポーラ、他にコクリコ〔これはフランス語〕ともいうそうです。にわか仕込みでした(~_~;)

Photo

ブルーポピーというのもあるんですね。

Imagesh36hepqt


私は今旧いスケッチを元にポピーを描いているのですがこれがまた一筋縄ではいかないモチーフ  (>_<) 苦労をしています。

| | コメント (8)

早めの別居生活

わが家、今年は例年より早めの別居生活に入りました。

どういう事かというと、夫は大変な暑がり、私は極端な寒がり、今年はいつもより早く異常な気温の高さですから  夫は朝っぱらからクーラーをガンガンかけています。畑から帰ってきて体温が上がっているのでしょう。方や私は起き抜けで部屋に入ると震え上がります。 

こんなわけですからとても同じ部屋で過ごせない。

夜も食事がすむなり夫は早々と自分の部屋に行ってしまうので、夏の間中同じ屋根の下で別々に過ごす状態になります。

今時分毎年同じことを書いている気がする(~_~;)

002_480x321

F6号  女神湖

| | コメント (14)

言葉のやさしい偽装

Y新聞の小欄で見つけた言葉です。

〔言葉には大人にも効く魔法めいた力がある。哲学者ウィトゲンシュタインによれば〔思想は言語で偽装する〕  言葉は人が求めても居なかったものを差し出す、優しい偽装のちからもあるものだ。〕 

そうおもいますね。相手の何気ない言葉が優しく感じられるとその日一日、あるいは数日間快い余韻に浸れることもあります。

先日拙ブログに寄せられたたった2行のコメントに私はとても癒されました。言葉の優しい偽装です。 

わが家は男3人女5人の8人兄妹。産めよ増やせよの時代でしたから当時はそう珍しくない家族形成でしたが、家族が多いとそれはもう小さな一つの社会。きちんとした社会生活(家族生活)をしないと異端児扱いを受けます。

家族にとって私は夜中まで電気をつけて読書をしたり、絵ばかり描いている一風変わった子供で、つまり変わりもんの困りもんだったんですね。。。(~_~;)

この事をくどくどと書くと長文になってしまうのでやめますが、変わり者が払拭されないまま両親は逝ってしまったし、姉妹のなかではいまだに変わりもののままです。(ー_ー)!! 

その私に〔本や絵に親しみ、おまけにブログまで。。。大したものです〕というコメントを頂いたのです。そんなことはないよ、と云われた気持ち。これが我が身内だったらなお嬉しかったに違いない。

私が求めても居なかった思いがけない優しい言葉。〔偽装〕という言葉は外しましょう。。。

P1040934_319x480

| | コメント (5)

心が揺れる。。。(~_~;)

大型銭湯へ行って帰り際、廊下でまたいつぞやの松坂桃季似のイケメンとバッタリ。。。〔こんにちは。しばらくですね〕

以前にさんざカットしてもらっっていたお店の美容スタッフですが、あまりにお客が多くいつも待たされるのでお店を代えたのです。 

〔貴方が今こんなところに居るというのは、今ヒマということ?〕〔スタッフが増えたので前よりは楽になりました。またいらしてください〕。。。前に私が〔混んで待たされるから嫌だ〕と云ったことを覚えていたか(~_~)

こんなところで綺麗な笑顔を見せられるとお婆の心が揺れます。また彼のお店に戻ろうかしら。。。(#^.^#)

001_480x321

F3号 

| | コメント (8)

熊谷守一のこと

今日のNHK日曜美術館は絵画界の仙人、その道の誰もが一目置く熊谷守一でした。

私も大好きな巨匠の一人です。熊谷守一の絵は観るものの心を豊かにしてくれる不思議な力を持った絵画だと思うのです。 

巨匠と云われる画家たちの作品は絵画を志す者たちの教材となり模写や模倣の対象になることが多いのですが熊谷守一の絵はその点では別格ではないかと思います。

つまり誰も真似できない。これほどシンプルな表現法を確立した画家は守一一人で追従を許さない、技術的にも内容面も格調高いものです。そして真似は出来ないけど技術的な範囲を超えた様々なものを教えられる作品です。 

時に具象でありながら題名を観なければ何を描いたのかわからない作品も。でもまぎれもない守一の絵。

〔下手も絵のうち〕〔下手は上手より良い〕は絵画を目指すものにとって心を潤す奥の深い名言だと思うのです。

Imagesca5mebjw

猫を沢山描いていますね。

005_320x214


こちらはワタクシめの愚作 熊谷守一の影響を少し受けているかも。。。ホンの少しデスよ

(~_~;)

| | コメント (6)

高齢者こそガムを噛むべし

歯科医院に通っている夫が医師からいい話を聞いてきました。

高齢者にガムを噛むことを奨励するというのです。え、でも高齢者の多くは入れ歯でガムは噛めないのでは? 

それが今はガムが噛める入れ歯があるというんですね。。。

ガムの効用は歯の洗浄 脳細胞の刺激 口臭防止 精神の安定などいろいろあるのですが、その他に高齢者の誤飲防止につながるというのです。 

ガムを噛むことにより口腔、咽喉の筋肉の衰えを防ぐことが老人によくある誤飲を防ぐことができるというんですね。。。

高齢者のみなさん、入れ歯のある方は早速歯科医に出向きガムの噛める入れ歯にして頂き、ガムを噛む習慣をつけようではありませんか。。。

高齢者も、歯科医院も双方ためになる話でした(^o^)

003_320x214

F6号 有明山

なぜか画像では地面の色が黄色っぽい。。。?PC画像ではこういうことが起こるんですね。

| | コメント (8)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »