« マイブーム ♪ | トップページ | S席の不満 »

フジコ ヘミング ピアノコンサートへ

今日〔7日〕は雨の中群馬音楽センターまで〔フジコヘミング ピアノ ソロ コンサート〕へ夫と出かけました。

001_480x321


会場は、ドラマチックな運命をたどったことで知られる御年81歳の天才ピアニストの演奏を聴きに来た人達で普通席は満席。  〔上段はの席はポツポツ空席がありましたけど・・・。〕 

演奏曲は

○ソナタ 作品380 ホ長調 ○ ソナタ 作品159 ハ長調 

ショパン

○バラード 作品23 第1番 ト短調   

エチュード 牧童 ○ 別れの曲 ○ 黒鍵 ○ 革命 ○ 遺作

ドビュッシー 

○ 月の光 ○ 喜びの島

リスト 

○ パガニーニによる大練習曲 作品141 ○ ため息 ○ます ○ラ・カンパネラ

アンコールはショパンとバッハ でした。

私はクラシック音楽に疎く、これらの題名をみてもチンプンカンプンですが、曲を聴くと結構耳に馴染んだ曲があるのでほっとするのが常です。

曲目のうちで観客が待ち望んだ曲はなんといっても彼女の出世曲と云っていいラ・カンパネラ。。。前席の方々のスタンディング オベーションが起こるほどでした。

004_480x321

演奏前にパチリ。 

長くなるので個人的な感想は明日にします。

|

« マイブーム ♪ | トップページ | S席の不満 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

一度は フジコさんの演奏を聴きに行きたいと
思っていました。良いですね~。note
今度 探してみます。感想を楽しみにしています。

投稿: マーチャン | 2014年6月 8日 (日) 06時29分

佳い演奏を聴かれましたね。中群馬ミュージックセンター、ピアノの響きに合いそうですね。
会津の喜多方にはベルマンが此処なら弾く!
と言ったホールがありますが、私は行っていません。
フジコヘミングはサントリーホールで2度ほど聴きました。
感想は、口に出すと壊れてしまいそうで自分の中だけでじっくり噛みしめて置きたいですね。
敢えてテクニックと言う表現をするならば、クラシックにありがちな規則正しさなど超越した抜きん出た表現です、
五線と五線の間にある音符、フジコヘミングにしか見えない音符が載っています。
16分音符を48分に分け、うち3分の2を「間」に使われている
と言う感じ、上手く表現できません。
一番感情が載るのが、やはりラ・カンパネラです、クラシックでもなく、
ジャズでもなく、ポップスでも無い・・・・
彼女にしか無いムードです。
60歳のデビュー後に出したCDは全曲持っていますが佳いのはやはりパガニーニです・・・・・・。
ショパンは身近なだけに、何度か練習すればエチュードぐらいなら近づけるかな・・・・・・
と思わせるところがありますが・・・・・・?

投稿: 仙人 | 2014年6月 8日 (日) 11時09分

私はたまにTVで見るか(聴くか?)、持っているたった一枚のCD「奇蹟のカンパネラ」を聴くくらいです。
従って生の演奏には接していないのです。
印象でしかないのですが、テクニックより、奔放に魂で演奏するタイプなんでしょうか。
その点ではアルゼンチン出身のマルタ・アルゲリッチを思わせるのですが、アルゲリッチは完璧な技巧を持っているそうですから、決して同種ではないですね。
どの世界でもそうですが、ピアニストももちろん10人10色なんですね。

投稿: 風花爺さん | 2014年6月 8日 (日) 17時23分

マーチャン様
コメントレスが遅れてごめんなさいm(__)m
今日はPCを開かずに一日留守をしてしまいました。

フジコヘミングのコンサートは私もぜひまた行きたいですね。理由はこれから書きます。
マーチャンも折がありましたらお出かけになってみてはいかがでしょう。wink

投稿: おキヨ | 2014年6月 9日 (月) 00時46分

仙人様

コメントレスが遅れたことをお詫びいたしますm(__)m
チケットを手にしてからずいぶんわくわくして待ち望んだコンサートでした♪
演奏者が会場を選ぶというのはよく分ります。群馬音楽センターは格調高いコンサートが多いのはそのせいでしょうか。建物は旧いのでけどね。。。

芸術すべてにおいてそうでしょうが、感想はあくまで個人のものだと思います。良いという人がいれば必ずと云っていいほど批評もありますね。高名になればなるほどその傾向が強いのが常で、フジコさんと云えどもしかりです。仙人さんのように自分の受けた感動は自分だけのものとして大事にされるのが本当だと思います。

恥かしことに私はクラシックには疎い人間です。耳に馴染んでいる一般的な曲なら親しめますが、高度な曲になると耳が反応しません。
遅ればせながらこれからは出来るだけ格調高い音楽に触れるチャンスを作りたいと思っています。


投稿: おキヨ | 2014年6月 9日 (月) 01時15分

風花爺さん様

私もフジコヘミングについての知識はテレビなど影響が最も多いですね。
良い音楽を聴くというよりその人気者の音楽がいかなるものかという方に興味がありました。
矢張りコンサートという場でじかに自分の目で、耳で確かめたいという気があって今回はよいチャンスでした。

私も、芸術はいかなる分野でも表現者創作者のもので数多の批評家のものではないと思っています。

自分の受けた感銘がすべてだと思います。

投稿: おキヨ | 2014年6月 9日 (月) 01時31分

期待して出掛けた演奏会場で、席がイマイチではがっくりですね。 お察し致します。
   
で、私はというと、演奏会場での席運(?)が悪くって、がっくりのケースの方が多いのです。(^^ゞ 出入り口に近くて集中し難かったり、近くに座る観客がなにかと煩かったり・・・・余程、普段の行いが悪いのか。(笑)
   
ちなみに私は、ピアノリサイタルで、自由席であれば、客席の左側を選んで座ります。
別に、ピアニストの手元を見て、どうこう言えるほど詳しいわけではありませんけれど、(^^ゞ両腕~指先の動きには、やはり注目してしまいます。

投稿: もとよし | 2014年6月11日 (水) 01時52分

もとよし様

がっかりというよりショックでした。だって20番という若い数字で安心していたのに、なんであんなに後ろなのか理解できません。

やはり端は避けたいですね。劇場の席はなるべく前席の真正面でみたいです。性格が解りますね(^^ゞ

あ、なるほど!演奏者の手元が見える席ですね。これは参考にさせていただきます。

次回はなんとしても自由席の前席を!頑張りますdash

投稿: おキヨ | 2014年6月11日 (水) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイブーム ♪ | トップページ | S席の不満 »