« 映画〔ノッテイング・ヒルの恋人〕 | トップページ | 熊谷守一のこと »

高齢者こそガムを噛むべし

歯科医院に通っている夫が医師からいい話を聞いてきました。

高齢者にガムを噛むことを奨励するというのです。え、でも高齢者の多くは入れ歯でガムは噛めないのでは? 

それが今はガムが噛める入れ歯があるというんですね。。。

ガムの効用は歯の洗浄 脳細胞の刺激 口臭防止 精神の安定などいろいろあるのですが、その他に高齢者の誤飲防止につながるというのです。 

ガムを噛むことにより口腔、咽喉の筋肉の衰えを防ぐことが老人によくある誤飲を防ぐことができるというんですね。。。

高齢者のみなさん、入れ歯のある方は早速歯科医に出向きガムの噛める入れ歯にして頂き、ガムを噛む習慣をつけようではありませんか。。。

高齢者も、歯科医院も双方ためになる話でした(^o^)

003_320x214

F6号 有明山

なぜか画像では地面の色が黄色っぽい。。。?PC画像ではこういうことが起こるんですね。

|

« 映画〔ノッテイング・ヒルの恋人〕 | トップページ | 熊谷守一のこと »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

良いお話を聞きました。
夫も私も年齢の割には歯が丈夫?で、
入れ歯はありません。scissors
もし? 入れ歯になったら、ガムの噛める歯に
してもらいます。happy01

投稿: マーチャン | 2014年6月 1日 (日) 13時48分

おキヨさん、こんにちは

入歯にも種類がある様で、費用もピンキリと聞きます。
保険の適用範囲もあり、それぞれでしょうね。
有明山は安曇富士とも呼ばれ存在感たっぷりですが、
登山には厳しい山です。

投稿: | 2014年6月 1日 (日) 14時45分

私は運転中に睡魔に襲われてくるとブラックガムを噛みます。
効果は一瞬でしかありません。
食後に歯磨きできない時にはブラッシングガムを噛みます。
気休めにしかならないでしょうが・・・。
ところで公共の場などにいる時、ガムを噛むことが許容される線引きはどこらにあるのでしょうか。
電車の中や、野球場では違和感がないですね。
クラシックの音楽会 ~完璧に×でしょう。
演奏者~例えば諏訪内晶子さんがガムを噛みながらヴァイオリンを弾くなんて想像もできません。
絵画展 ~これも明らかに×でしょう。
映画館 ~やや微妙ですがやはり×ですかね。
いったい、この線引きは何によって決まるのでしょうか?

投稿: 風花爺さん | 2014年6月 1日 (日) 17時13分

マーチャン様
ご夫妻で歯が丈夫とは羨ましい。
歯と寿命は大いに関係あると聞いたことがあります。
私は歯の質が悪く部分入れ歯があります。
従ってガムが噛めない。ガムの噛める入れ歯に代えてきましょうかね。
手遅れかなhappy02

投稿: おキヨ | 2014年6月 2日 (月) 00時49分

岳様 こんばんは。

有りますね。
私の部分入れは保険のきくものですが、友人が20万円もするお高い入れ歯なのにやはりガムは噛めないですよ。

有明山にも登られたんですね。
私も大好きな山です。


投稿: おキヨ | 2014年6月 2日 (月) 01時10分

風花爺さん様
私達の年代だと、人前で口を動かすというのは抵抗があるのが普通ですよね。下品な行為と認識しています。
思えば私も若い時分から人前では噛んだことがありません。

一人で映画を観るときぐらいはいいのでは?と思わないでもないですが、もし私がガムを噛んでいる人の隣だったら嫌ですね。あれは結構くちゃくちゃしませんか?
私の年代の日本人の感覚としてガムを噛む場所はあくまで個人的な場所に限りますが、さて今の時代は・・・判りません^^;

投稿: おキヨ | 2014年6月 2日 (月) 01時25分

私も、先日から歯医者通いをしています。(>_<)
 
私はガムが苦手で、もうずっと噛んでいませんね。
昔、歯のかぶせものがガムにくっ付いて、外れちゃったことがありまして。
以来、ガムとかキャラメルの類は私にとって要注意物件です。(^^ゞ
 
いっそのこと、入れ歯(ガムの噛める)にしてしまえば、ガムと仲良く出来るかも、ですね。(笑)

投稿: もとよし | 2014年6月 2日 (月) 23時07分

もとよし様
否応なしに年齢を突き付けられるのはまず歯ですね。
異常を感じた時はすでに遅し。。。
私は歯の質が悪いものですから50代あたりからあちこち欠けはじめました。
ガムが金具にくっついちゃいますね(~_~;)
私もそのうち総入れ歯になることでしょうから、そしたらガムを噛める入れ歯にしようと。。。
総入れ歯の話が出たらもう終わりですね〔爆〕
こんな話題書かなきゃよかったと後悔していますcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2014年6月 3日 (火) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画〔ノッテイング・ヒルの恋人〕 | トップページ | 熊谷守一のこと »