« 心が揺れる。。。(~_~;) | トップページ | 早めの別居生活 »

言葉のやさしい偽装

Y新聞の小欄で見つけた言葉です。

〔言葉には大人にも効く魔法めいた力がある。哲学者ウィトゲンシュタインによれば〔思想は言語で偽装する〕  言葉は人が求めても居なかったものを差し出す、優しい偽装のちからもあるものだ。〕 

そうおもいますね。相手の何気ない言葉が優しく感じられるとその日一日、あるいは数日間快い余韻に浸れることもあります。

先日拙ブログに寄せられたたった2行のコメントに私はとても癒されました。言葉の優しい偽装です。 

わが家は男3人女5人の8人兄妹。産めよ増やせよの時代でしたから当時はそう珍しくない家族形成でしたが、家族が多いとそれはもう小さな一つの社会。きちんとした社会生活(家族生活)をしないと異端児扱いを受けます。

家族にとって私は夜中まで電気をつけて読書をしたり、絵ばかり描いている一風変わった子供で、つまり変わりもんの困りもんだったんですね。。。(~_~;)

この事をくどくどと書くと長文になってしまうのでやめますが、変わり者が払拭されないまま両親は逝ってしまったし、姉妹のなかではいまだに変わりもののままです。(ー_ー)!! 

その私に〔本や絵に親しみ、おまけにブログまで。。。大したものです〕というコメントを頂いたのです。そんなことはないよ、と云われた気持ち。これが我が身内だったらなお嬉しかったに違いない。

私が求めても居なかった思いがけない優しい言葉。〔偽装〕という言葉は外しましょう。。。

P1040934_319x480

|

« 心が揺れる。。。(~_~;) | トップページ | 早めの別居生活 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさま こんばんは。

あのぅ……その二行のコメントですが、
私もソックリその通りに思っていますよ。
上手に優しいコメントが私には書けないだけで……
でも言葉にして伝えないと、思いは伝わらないかしら……?
…おキヨさまの心の底にあるコンプレックスのようなものが、私にはたいそう意外です。

投稿: 粉雪 | 2014年6月 4日 (水) 21時11分

追伸

ふと思ったのですが……やはり尊敬すべき方に褒められたり認められることが大切なのかもしれませんね。
私のようなものが褒め称えても、それは重みが全く違うのかも知れません……。

投稿: 粉雪 | 2014年6月 4日 (水) 21時53分

粉雪様 こんばんは。

いい年をして大人げないことを書いてしまいました。
どなたのコメントもお優しいのですが、この2行のコメントに反応したのは〔たいしたもの・・・〕という言葉です。私の田舎では感心するときや人を褒めるときこの〔たいしたもの〕といいます。大げさではなく素朴で優しい響きに感じました。
このコメントをくださった方は北海道の方です。たぶん北海道でも方言に近い感じで他人をを褒めるとき
使うのではないかと思います。

この手のコンプレックスは大なり小なり誰もが持っているものではないでしょうか?

追申を拝見しました。
粉雪さん、考えすぎですよ(^o^)
どなたのコメントも有難く受け止めています。
第一、どなたがご立派で、どなたがそうでないかが私に解るはずがないじゃありませんかdelicious

投稿: おキヨ | 2014年6月 5日 (木) 01時34分

「たいしたもの」……そういえば札幌市でも使っていました。ちょっとやそっとのことではなくて、飛びぬけて立派なことへの最大級の褒め言葉だったような気がします。懐かしい言葉です。

瑞々しいアジサイ、きれいですね……。

投稿: 粉雪 | 2014年6月 5日 (木) 07時07分

粉雪様

そういえば粉雪さんも北海道の方でしたね(^^ゞ
〔たいしたもの〕は全国共通語ですが、その地方によって微妙に言葉の持つニュアンスが違いますね。

私の地方では〔たいしたもの〕はもっと身近でそれほど御大層なものを感じませんが、いたわりのような温かい言葉に感じます。
私の勝手な解釈かもしれませんね。(~_~;)

この紫陽花偶然いい形になりましたnotes

投稿: おキヨ | 2014年6月 5日 (木) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心が揺れる。。。(~_~;) | トップページ | 早めの別居生活 »