« 早めの別居生活 | トップページ | マイブーム ♪ »

アマポーラ

知りませんでしたねぇ、若かりし頃大好きだったポピュラー音楽〔アマポーラ〕がひなげしのことだったとは。。。

あるサイトで紹介されていた虞美人草という日本の歌謡曲からアマポーラにたどり着きました。 

私はアマポーラというのはてっきり女性の名前だと思い込み,その意味を調べもしなかったのが正しい意味を50数年感も知らないで居た原因です。

この甘く美しいスロールンバは我が青春青春時代の曲です。ユーチューヴで久しぶりにアマポーラを聴き、ヒールの高い靴で踊っていた時代のことが、今、股関節脱臼の悪化の為両かかとの高さが違うダサ~い 靴しか履けなくなった私、懐かしく思い出されます。 

ひなげしは現在ポピーと呼ばれていますが、ポピーにもさまざまな種類があって、○○ポピーと国の名がつくのが多いようです。

ポピーは古くは虞美人草という別名があったり、スペインではアマポーラ、他にコクリコ〔これはフランス語〕ともいうそうです。にわか仕込みでした(~_~;)

Photo

ブルーポピーというのもあるんですね。

Imagesh36hepqt


私は今旧いスケッチを元にポピーを描いているのですがこれがまた一筋縄ではいかないモチーフ  (>_<) 苦労をしています。

|

« 早めの別居生活 | トップページ | マイブーム ♪ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

アマポーラがひなげしのことだとは知りませんでした。虞美人草がひなげしのことだというのも知りませんでした。知らないものはイメージのしようがありませんでした。おかげでひとつものを知ることが出来ました。

投稿: OKCHAN | 2014年6月 6日 (金) 06時11分

クロード・モネの作品にそのものずばり「ひなげし」がありますね。
私の好きな小品です。
スペイン、イタリアなど地中海に面した国々ではモネの絵そのものの、真っ赤なポピーの群落を目にすることができます。
日本では各地の公園などで、アイスランドポピー、カルフォルニアポピーなどを時期には楽しめますね。
ヒマラヤでは幻の花とされるブルーポピーですが、中国の奥地に行くと、車道の傍らに無造作に咲いていて、色も多彩です。
花茎が長いのでそよ風にでも嫋嫋(じょうじょう)と揺れる風情は独特のものだと思います。
そこで、首の長い麗しい人を虞美人というのではないかと、長いこと思いこんでいましたが、これは間違いのようです。
夏目漱石の『虞美人草』は読んでいません。

投稿: 風花爺さん | 2014年6月 6日 (金) 06時58分

OKCHAN様

私がいつも思うことですが、ものを知り過ぎない幸せがあると思うのです。
それゆえ私いまだにこうして新鮮な感動を得ることが出来ています。
握手したいですね(^o^)

投稿: おキヨ | 2014年6月 6日 (金) 10時47分

風花爺さん様
モネの〔アルジャントゥイのひなげし〕は画家の作品の中でも日本人が最も好む絵ですね。優しい風まで感じられる名作だと思います。
ひなげしは日本の洋画家にも好まれるモチーフで宮本三郎や福井良之助のいい作品が残されています。
ブルーポピーは日本では北海道にあるらしいですね。
今では身近なところにポピーの群生地が増えていますが青いポピーは観たことがありません。
神秘的に感じるのは矢鱈に観られる花ではないからでしょう。増えてほしくないという気もします^^

虞美人草の由来を観ましたが読んだ端から忘れるしまつ^^ゞ

中国が出元のようですね。

投稿: おキヨ | 2014年6月 6日 (金) 11時21分


おキヨさん、こんばんは

いろいろ勉強になります。
「アルジャントゥイのひなげし」素晴らしいですね!
アマポーラがひなげしで、ポピーとは…
ヒマラヤの青いケシ、そろそろ咲きそうです?

ヘイポーラは親しみやすい…


投稿: | 2014年6月 6日 (金) 20時16分

岳様 こんばんは。

〔アルジャントゥイュのひなげし〕はコマーシャルにも使われていましたね。それほど日本人の心に響く絵なんですね。
ポピーも又万人に愛される花のようです。

岳さんは〔ヘイ・ポーラ〕の年代?
やっぱり私の〔アマポーラ〕のほうが年代ものですhappy01

投稿: おキヨ | 2014年6月 6日 (金) 23時34分

私も「ものを知り過ぎない幸せ」に日々新鮮な喜び?
を感じてます。へへへ

その曲は甘く軽やかに歌う男性歌手の力量にいつも
憧れを抱いています。ほんの少しばかり声楽の
レッスンを受けたゆえに(泣)、却って己の貧相な声
にがっかりして外国歌手の声量にひれ伏してます
(まぁ、あっちはプロだからね)

投稿: バルおばさん | 2014年6月 7日 (土) 00時17分

バルおばさん様

ですよねぇ。。。
昔ある知識豊かと云われる女性がいてね、彼女がグループの中に居ると会話がシラケるんです。誰かが何かを云うとすべて〔それはね・・・ということなんです〕と話をまとめてしまうものだから会話にならない。みな話を吸収しちゃうんで冗談を言うところまで会話が発展しないんです。ものを知りすぎるとつまらない人間になっちゃいます!

西洋人と東洋人とは声質が根本的に違うのでは?
昔フリオ・イグレシァスのテープを持っていたけど
あの声でアマポーラを聴きたいもの。恋の歌ですからねdelicious

投稿: おキヨ | 2014年6月 7日 (土) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早めの別居生活 | トップページ | マイブーム ♪ »