« グレート トラバースを観る | トップページ | 秋の下見 »

〔HOME いとしの座敷わらし〕を観る

数年前に荻原浩の原作を読んでいたのですが、映画化された作品は観ていなかったので今回テレビで見られたのはよかった。何しろ私としては生まれ故郷に近い地方が舞台となっていますので、本では観られない画像を観られるのですから。。。

ストーリーは、左遷された父親と共に家族が東北の片田舎の古民家に住み、その家に住み着いている座敷童と呼ばれている妖精とも神様ともつかない不思議な 女の子に煩わされますが、、老いた夫の母や子供から徐々に小さな可愛らしい座敷わらしと仲良くなり、引っ越し当初ギスギスしていた家族の心も一つになっていくという、現実とファンタジーが絡み合った不思議な物語。。。 

田舎というのは、岩手県盛岡の郊外という設定のようですが、あの風景はおそらく遠野ではないかと思うのです。

あの辺りの古民家〔曲がり屋〕は私がスケッチに出かけていた頃は、風化寸前のものばかりでしたが、映画の曲がり屋は撮影のために新しく屋根を葺いたのかもしれませんね。。。 

座敷わらしの言い伝えは盛岡から北へ30分ほどに先にある金田一温泉というところが本場。わらしとは東北弁で子供のことで、字で書くと童です。

一時座敷わらしブームで都会からも泊り客があったようですが、座敷わらしの出る旅館は火事に遭ったと新聞で知りました。座敷わらしは逃げおおせたでしょうか。。。

岩手山の望める風景が懐かしかったですね。。。

Imagescjsuf2ml

|

« グレート トラバースを観る | トップページ | 秋の下見 »

映画」カテゴリの記事

コメント

座敷わらしと言えど・・怖がりの私は泊まれない。crying
福島飯坂温泉に泊まりに行った時
夜中の3時30分過ぎに不思議な怖い体験を
しましたから。
霊感は全くありません。
世の中 不思議な事ってあるんですよね。

投稿: マーチャン | 2014年9月22日 (月) 10時52分

柳田国男の『遠野物語』の世界ですね。
男の子であったり、女子であったりするようで、いずれにしても悪戯好きの憎めないもののようです。
幽霊のように怖いものではないので、一度くらいは逢ってみたいものです。
昔はみんな座敷わらしのような、悪戯が何より好きな悪童ばっかりだったのに、どこへ行ってしまったのでしょうかね。

投稿: 風花爺さん | 2014年9月22日 (月) 17時31分

マーチャン様
可愛らしいと云っても知らない子供が自宅をうろちょろしていたら誰だって怖いですよ~sad
福島温泉で怖い目に?。。。こういう話はやっぱり東北地方が多いですかねdelicious

私も実は怖がり。。。一人になったらどうしよう。。。coldsweats02

投稿: おキヨ | 2014年9月22日 (月) 18時09分

映画は観ていないのですが、
この画像を拝見すると、仰るとおり”遠野”のようですね。
遠野の古民家を集めて保存している「遠野ふるさと村」あたりは、よくロケに使われています。
数年前(?)に行きましたら、ちょうど翌日からドラマの撮影があるとかで、準備しているところでした。
2,3ヵ月後、大河ドラマをみたら、見覚えのある風景の中に人気俳優さんが映ってました( ´艸`)
南部曲がり屋は、あたたかみがあっていいですね。大好きです(*^-^)

投稿: primavera | 2014年9月22日 (月) 18時13分

風花爺さん様

遠野は柳田國男の〔遠野物語〕で知られていますので観光地としても有名なですが、昔はこれと云ってみるべきものが無かったような...
千葉家とか おしらさま、あと、河童が出るという河童淵ですかね。。。^^
ただただ、民話の世界でしたが、今はおそらくだいぶ観光地化されたのではないでしょうか。。。

座敷童で有名な金田一温泉は言語学者金田一京介の一族の領地ということです。
三浦哲郎の小説に金田一温泉がよく登場します。

投稿: おキヨ | 2014年9月22日 (月) 18時32分

premavera様
南部曲がり屋はこの地方独自の古民家ですね。
人と馬が同じところで暮らす作りだそうです。ですから他の地方の藁屋根よりはどっしりと大きく絵のモチーフとしても味わいがありました。
遠野は日本の原風景のようなところですから撮影にはよく使われるでしょうね。特に時代劇などはもってこいの場所のようです。。。

この地方の比内鶏という鶏肉は抜群に美味しく、比内鶏の出汁で作ったおうどんをよく頂きましたhappy01


投稿: おキヨ | 2014年9月22日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレート トラバースを観る | トップページ | 秋の下見 »