« 深夜タンゴを聴く♪ | トップページ | 照明トラブル »

胸に染む二句

夕焼けてあわれ未完の砂の城       小寺啓子

 

どんな人生もまた未完の城。。。しみじみと胸に染む句です。 

この俳人は亡くなられたとありますが、句集を欲しいと思い調べても判りませんね。。。

物隠す魔物住おる残暑かな        鍵和田柚子 

こちらはまたがらりと趣が変わりります。

私は目の前にあるものがなぜか見えなくて探すのに手間取ることがあります。

以前私も拙ブログにこの句同様に、部屋に意地の悪い何かが居るかもし知れないと書いた事がありました。まったく同じことが書かれています。眼が衰えのとはまた別の現象で、脳への伝達の衰えらしいですね。 

Y新聞〔四季〕という小欄の2作品。2作者も年配者でしょうか。。。

003_480x321


F4号 

|

« 深夜タンゴを聴く♪ | トップページ | 照明トラブル »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんにちは

有名な俳人の句か?そう思いましたが違いましたね。年配の方には独特の言い回しや、醸し出す雰囲気の様な物がおおいですね。季語が要らないと言う事で、投稿も多いサラリーマン川柳というのがありますが、皆さん素晴らしい才能があります。

投稿: 岳 | 2014年9月14日 (日) 10時14分

岳様 こんばんは。

調べてくださっったんですね。ありがとう(^_-)
この俳句の欄は著名な俳人だけかとおもったんですが・・・。

遊び心と、切実さがにじみ出るサラリーマン川柳、大好きです。実に上手いですね皆さん。
日本人が世界に誇れるものの一つに俳句、短歌、川柳という優れた文芸があります。

投稿: おキヨ | 2014年9月15日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜タンゴを聴く♪ | トップページ | 照明トラブル »