« 不自然に感じること | トップページ | 〔HOME いとしの座敷わらし〕を観る »

グレート トラバースを観る

日本百名山を踏破するアドベンチャー番組、前回の第2集から観はじめました。

第3集の今日は甲信越、関東の山々で、登山が出来ない私でも山麓まで行って見上げたことのあるなじみ深い山ばかりなので一層興味がもてました。 

百名山を踏破するのは田中陽希という30歳のプロアドベンチャー。

今回も軽快なというより、信じがたいスピードで関東、甲信越の百名山を踏破していくのですが、谷川岳に登る予定の前日高熱のアクシデント。観ていてもどうなることかと心配しました。  休養を取って疲れた体を回復させ再開。若く強靭な体躯は立ち直りも早い。。。 

それにしてもあっという間にファンが増えたのには驚きました。山歩きがブームの今、彼のような冒険家がスターになるのでしょうね。疲れた体でサイン会や握手はしんどいのではと気になりました。

次回はいよいよ東北地方の山。楽しみです。。。heart02

Imagesdpv3265l

 田中陽希さん

|

« 不自然に感じること | トップページ | 〔HOME いとしの座敷わらし〕を観る »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も見ました!!!。
も~山登り(ハイキング)は無理だと自覚してからは
こんな番組を見て楽しむようになりました。
谷川岳・・・西黒尾根を歩いた時の感動が今も
忘れられません。
来週も又 楽しみです。heart02

投稿: マーチャン | 2014年9月21日 (日) 06時43分

美しが原~赤城山の大沼・・・・等々、2千メートル以内の山は
登ったところが幾つかあって懐かしく観ました。
それにしても彼の脚力はスーパーマンですね、案の定アクシデントが
時々発生する様ですが、人間のパワーの限界ですな。
それよりも、何時も関心させられるのがカメラワークです。
どんな人が、何人かけて、どの様に撮っているのか・・・・?
何時も不思議でなりません。
それにしても田中陽希君の行動! まるで別世界の生き物ですね。

投稿: 仙人 | 2014年9月21日 (日) 07時50分

おキヨさん、こんにちは

欠かさず見ていますが、彼もやはり人間でした。通常の2倍以上のペースで、距離もとなると当に鉄人の域です。20代の頃槍ヶ岳から下山して、100人抜きなどと言いながら、川沿いの道を走った頃を思い出します。

投稿: 岳 | 2014年9月21日 (日) 08時41分

マーチャン様
自分の身体が衰えたぶんこういう番組に心躍りますshine
人間が素手で大きなものに挑む素晴らしさ、感動しますね。

谷川岳に登られたことがあるんですね!
登山は出来るうち経験したほうが、貴重な体験として残りますよね。。。

投稿: おキヨ | 2014年9月21日 (日) 11時53分

仙人様

ご自分で登られた経験があれば、興味のひとしおの番組ですね。
私はこれらの名山を多くスケッチしていますので、その山懐には興味というより憧憬の気持ちがあります。
下から見上げる美しい山々の、じつは近寄りがたい威厳。。。本当にわくわくします。

田中陽希さん、この番組で知りましたが、このために生まれてきたような過不足のない肉体の持ち主ですね。半分は努力のたまものとしてもです。
それでも人間、休まなければいけないということを本人が体験し、知らしめました。

そうそう、私もこういう番組を観るとき、カメラマンは主役を凌ぐ凄さではないかと想像しています。

投稿: おキヨ | 2014年9月21日 (日) 12時09分

岳様 こんにちは。
人間業ではないと思いながら見ています。
当然ながらファンは増える一方ですね。時間で動いていてやっと着いた頂上で嬉しい?coldsweats01サイン会。。。次回はもっと不安が、いえフアンが増える予感。。。coldsweats01

お若い頃似たような経験されたとなれば、また身近な気持ちで応援したくなるでしょうね。

投稿: おキヨ | 2014年9月21日 (日) 12時21分

私は初回を見て、これは自分が期待しているものと違うな、と思い以後は見ていません。
田中青年のチャレンジングはそれなりに評価していいのですが、いわゆるピークハンティングで、深田百名山をカタログのように紹介していくだけで、これではその山が持つ多様で、固有の味わいが伝わってきません。
もっとも、百名山番組はいろいろあるので、何か別の切り口からの取り上げ方をしてみようという試みかもしれません。
登山はスポーツだとする論は昔からありますが、スポーツの本質が「競う」ことにあるとすれば、普通の登山はスポーツとは異質のものだと思っています。
ただ、新しい潮流としての「フリークライミング」とか「ボルダリング」とか「トレラン」などは競技になっていますから、もう間違いなくスポーツでしょう。
田中青年の試みはどうやらスポーツの分野に分類できるもののようで、その視点から彼の常人を超えるタフさと意欲に対し素直に応援してあげべきかもしれませんね。
賞賛のコメントばかりなのに、水をさすようで”つくずくオレってアマノジャクなんだな”と反省しつつ・・・。

投稿: 風花爺さん | 2014年9月21日 (日) 18時09分

深田久弥の「日本百名山」。
私も昔、山に興味を持ったことがありまして、周辺の何峰かにチャレンジした頃にこの本を読みました。
あの当時でも既に古典的(!)名著扱いでしたけれど、今また百名山番組が組まれるとは。
百名山ブーム、今なお健在のようですね。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2014年9月21日 (日) 20時18分

風花爺さん様
おっしゃっていること判ります。
たしかに山をじっくり味わう企画とは別で、ひたすら踏破のみの慌ただしさです。
昔NHKで〔日本百名山〕を山の魅力を深田久弥の言葉で紹介しながら丁寧に見せてくれる番組を観ていましたがあの番組とは違い、今回は田中陽希が主役です。30代になった彼が今しかできない、そして誰も成し遂げていない冒険に立ち向かうということに焦点を絞っています。
そういう勇気に共感できる人の番組ですね。
田中陽希はプロのアドベンチャーですからこれはスポーツですよね。
私もそのつもりで観てますが、馴染の山が観たこともない角度や山の素顔を観られるのも楽しみです。

投稿: おキヨ | 2014年9月21日 (日) 23時31分

もとよし様
登山がご趣味の時代がおありだったんですね。
私はNHKの番組を観ていました。これが結構日数をかけて百名山の個性魅力を丁寧に紹介するのではまりこんでみていました。
いまや山歩きブーム、深田久弥の〔日本百名山〕売れ筋になっているのでは。。。

本は持っていないので欲しいですね。

投稿: おキヨ | 2014年9月21日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不自然に感じること | トップページ | 〔HOME いとしの座敷わらし〕を観る »