« おしゃれな高齢婦人たち | トップページ | 寡黙は美徳? »

〔石榴坂の仇討〕を観る

先日、〔蜩の記〕を観た数日後、浅田次郎原作〔石榴坂の仇討〕も観てきました。一方を観てもう一方を観ないのは片手落ちの感があったので。。。

先日も書きましたが最近の時代劇は実に秀作が多いですね。この映画も又〔蜩の記〕に比べ甲乙つけがたいほど優れた作品に思えました。 

物語は安政7年に起きた桜田門の変が舞台背景となります。

彦根藩士志村金吾は主君井伊直弼の護衛を任命され命に代えても守ると誓いながらも、水戸脱藩浪士の手に寄り暗殺されてしまう。  下手人を探し出すまでは切腹も許されず、時代は江戸から東京に変わるまでの13年間相手を追い続ける。。。というもの。 

旧彦根藩士を演じた中井貴一は見事な時代劇俳優の風格になりました。井伊直弼に中村吉右衛門。車屋に姿を変え長屋に身を潜める敵役に阿部寛、金吾の妻に広末涼子、その他、高嶋政宏 藤竜也など 配役も選りすぐりの適役と思えました。クライマックスのシーンは作者浅田次郎の世界で感動を呼びます。 

雪の場面が美しく格調高い作品をいっそう印象付けています。

Photo

|

« おしゃれな高齢婦人たち | トップページ | 寡黙は美徳? »

映画」カテゴリの記事

コメント

『蜩ノ記』は葉室 麟の原作を読んだだけで、映画は未見です。
時代劇はTV、映画ともふだんはあまり積極的には観ないのですが、ご紹介の「柘榴の仇討」には大いに興味をそそられました。
おキヨさんの上手なコピーのせいで・・・。

投稿: 風花爺さん | 2014年10月21日 (火) 06時30分

風花爺さん様
私も時代劇を面白く感じたのはここ2,3年です。
一時浅田次郎のファンでしたので原作が映画化されればこれは観なざなるまいと思ったしだいです。
浅田次郎作品はどの時代のものでも作家の世界が濃厚ですね。
お時間がありましたらご覧になって損のない映画と思います。

拙い文を^^;小学生が先生に褒められた気分です。

投稿: おキヨ | 2014年10月21日 (火) 11時24分

友達が、この映画を見て、「良かった」と
言っていたのでぜひ、見に行きたいと
思っていました。おキヨさんも感動したのですね。
夫を誘って行ってみます。scissors

投稿: マーチャン | 2014年11月 1日 (土) 09時41分

マーチャン様
お時間があればご覧になって楽しめる映画だと思いますよ。
配役がみなさん存在感を示していて見応えがありました。

若い頃まったく時代劇を見なかった私ですが、今になって時代劇にハマりそう。。。lovely

投稿: おキヨ | 2014年11月 1日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おしゃれな高齢婦人たち | トップページ | 寡黙は美徳? »