« 活気か俗化か | トップページ | ささやかな贅沢♪ »

病気の連鎖

先週病院に行ってきました。昨年暮れから治療中の眼科ではなく、今度は内科胃腸科。。。

4,5日前からどうも胃の、ことに食道の辺りが重苦しい感じがしていつもの牛乳一杯が美味しくない。食後のコーヒーが途中で嫌になる、其の他のお腹がゴロゴロする症状もあったので病院が嫌いなどと云っている場合ではないと思っったしだい。。。 

診察の結果〔逆流性胃炎〕という病名がつきました。加齢による珍しくない病気ということです。なんだかここにきて加速度的に病気の数が増してくる(-.-) 

家に帰り、忙しい医師の説明不足をネット検索してみたところ、加齢の他、ストレスも大きな原因になるとか。ストレス・・・最初に診察を受けた老医師に、手術だ、失明の危惧も無きにしも非ずと云われ、もしかしてこれが堪えたかな。 とすれば 病気が病気を招いたということ?

こうして私は坂道を転がる如く老いの道を急速度で進んでいる。。。crying

P1270811_480x321

2種類の飲み薬を2週間分頂きました。

日常習慣で最もいけないのは食事の後横になることだそうです。

胃酸が食道に流れ出ることで病気が悪化をするらしい。

|

« 活気か俗化か | トップページ | ささやかな贅沢♪ »

できごと」カテゴリの記事

コメント

実は私も「逆流性食道炎」なんですよ。もう15年位前から胃酸を抑えるような薬を飲んでいます。今でも胃カメラの検査を受けますと、完治せず…変色した食道が映し出されます。
昔から胃が弱くて、私の場合、ストレスによるものと言われるのですが…とほほ。ストレスを跳ね返す強靭な精神力が欲しいです。
おキヨさま、どうぞお大事に!

投稿: 粉雪 | 2015年3月15日 (日) 17時03分

おキヨさん、こんばんは

ストレスの影響と言うのは凄いですね! ストレスを知らないと言ったら、お医者さん曰く「この胃の壁にある腫瘍の後はストレスによるものですよ」と、以来素直に認めています。外を飛び回る頃にはアレッ?みたいに治るかもしれませんよ。happy01

投稿: 岳 | 2015年3月15日 (日) 19時13分

粉雪様

長いお付き合いで貴女がとても繊細な神経の持ち主とわかっていましたので、この記事を書きながら粉雪さんのご病気ももしかしてと思いました。
やっぱりそうでしたか。。。
私は呑気な性分で神経質とは思いませんがとても気が弱いんです。いつも書いている〔矢でも鉄砲でもこい〕とは言えなくなりました。トホホ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

投稿: おキヨ | 2015年3月15日 (日) 19時45分

岳様
貴方様は充分他人に気を使うお方です。
またそうでなければトップの仕事は出来ないでしょう。本人が気付かずに胃にストレスの証拠が残っている方が結構あるようですね。
寒さも関係がありそうですから、おっしゃるように陽気が良くなれば〔あれ?〕となる可能性も。
そう願いたいです。

投稿: おキヨ | 2015年3月15日 (日) 19時53分

お薬の1つはムコスタみたいですね。
それは胃壁を強くして運動を促す・・・と言う
薬です。 夫も常備薬として飲んでいます。
年と共に色々出て来ます。
私は目まいです。加齢になると出る目まいです。
そんなに加齢で・・・と言う病気は心配いりません。
気楽に 年を取る事に順応していきましょう~。

投稿: マーチャン | 2015年3月15日 (日) 20時05分

おキヨさん今晩は。いろいろご心配ですよね。逆流性食道炎ですか。実はうちの相方も同じ症状です。
原因についてははっきり解かりませんが、自分が仕事をやめ、毎日家に居るのがストレスになってるかもですね。いずれにしろ胃の不快感はなってみないと解かりませんものね。お大事にしてください。
といっても、こんなことで落ち込むおキヨさんではないみたいなので心配はしてませんけど(*^m^)

投稿: mitakeya | 2015年3月15日 (日) 20時06分

マーチャン様
そうです。青い薬はムコスタです。
ご主人が常備薬として使用していらっしゃるならそう強い薬ではないのですね。
軽い薬で様子をみるということでしょうね。

加齢で出てくる病気で怖いのは癌でしょうね。そのためにも早めに診察を受けて癌の発生を防ぐように心がけました。

投稿: おキヨ | 2015年3月15日 (日) 22時01分

mitakeya様 こんばんは。

まぁ、奥様が私と同じ症状なんですね。確かに先生は加齢により珍しくない病気ですとおっしゃいました。
其の他の原因も様々らしいですね。生活習慣も要因の一つで、食後横になるとか、枕が低すぎるとか、刺激性のものを好むとか。私の場合コーヒーですが、発病してからはあまり飲み過ぎなことに留まっていますので少しならOKでした。
たしかにご主人がリタイヤされたお宅の奥様は今までと違いますからストレスに感じる方が多いらしいですが、発想の転換が必要でしょう。でないとご主人は浮かばれません。
わが家は初めの頃よく旅行、ドライブを二人で楽しみました。
家では趣味が違うので部屋は別です。
そういうことで互いのストレスが解消されました。

私もこれで結構落ち込むんですよsad
でも確かにいつまでも、というタイプではありません。そのことに飽きちゃうんですね。
早い話がおバカなんですbleah

投稿: おキヨ | 2015年3月15日 (日) 22時19分

「加齢」の一言で片付けられてはたまりません。
とはいえ、「加齢」と「ストレス」は私たちの年代では避けられないことですからねえ…なんとか折り合いをつけて暮らしていくほかありません。
見覚えのある緑色の薬「ムコスタ」、私も7,8年前に胃炎と診断されて2年間服用しました。
我が家のおじはも年とともに頑固さ加減が増してきているので、私のストレスの種です。
ストレスに負けない精神力と図々しさ(これは持ち合わせているかも)で生きていかねばcoldsweats01

投稿: silent-holly | 2015年3月16日 (月) 01時20分

いろいろな病気があるものだな、と改めて思います。
人間とは実に精妙なメカニズムで構成されているもののようですから、60年、70年と使っていればどこかに不具合が生じるのは当然なんでしょうね。
つい先日も、傘寿を迎えた祝いということで中学の同窓生の集まりを熱海でしましたが、もちろん何らかの故障を持たない者は一人もいませんでした。
私も、表面的にはこれまで通りに生活できていますが、リンパ腫などという面倒なものを抱える身となりました。
それが現実である以上、病と折り合いをつけながら、せっかくの生を少しでも多く享受できるよう、日々を送ることにつとめるしかないだろうな、などと思っているところです。

投稿: 風花爺さん | 2015年3月16日 (月) 06時36分

Sirent-holly様

ストレスは誰もが抱えているものだとおもうのですが、その方すべてが病気を引き起こすことはありませんよね。体質もあるでしょうし、生活習慣で知らず知らず病気に近づくこともあるとおもいます。またそれらを全部合わせても健康のままという方もいるでしょう。
私の場合いわば当たりくじの多い運みたいなもの(゚ー゚;
おじとはご主人様のこと?
多かれ少なかれどんなご夫婦でも抱えている問題でしょう。男女は仲の良い悪いは別として最後まで交わることの無い平行線の仲だと私は思っています。
気力、体力とあきらめが肝心ですかねhappy01

投稿: おキヨ | 2015年3月16日 (月) 11時00分

風花爺さん様
健康なうちは他人事の病気も調べてみると驚くほどありますね。しかも一般の人が知りうるのはそのほんの一部のようです。
数多の病原菌をかいくぐって人は生きているらしく、この年齢になるとさすがに戦いくたびれるのかもしれませんね。
病気にかかった以上自らを労わり看護するより手だてはありません。

病気も立て続けに二つも抱えてしまったので、これからはより自分〔身体〕を大事にしたいですね。やりたいことや楽しみたいことも含めて病気だけに振舞わされず生きたいものです。

投稿: おキヨ | 2015年3月16日 (月) 11時17分

オキヨお姉様
それはショックでしたね。逆流性胃腸炎は私も30代に経験しております。次女がよく高熱を出しその都度ストレスの為に罹患。耐え難い痛みにいつも注射。その後は活字が見えなくなるので少しの間?一時間ほどだったかな?読まないで下さいと言われたものでした。眼にまつわるストレスが影響と思われますね。加齢が原因でないことは確かと思われます。
尚ご自愛下さい

投稿: りんご | 2015年3月16日 (月) 15時30分

りんご様
なんでしょうね。76才になった途端病気が列をなして押し寄せてきた感じです。
2度あることは3度と云いますから今度はなに・・・((・(ェ)・;))という感じです。
そうですか。貴女は30代の若さで逆流性胃炎を経験されたのですね。幼い子供を抱えてのご病気はさぞお辛く、不安でいっぱいだったでしょうね。

いつも気にかけてくださってありがとうございます。
こちらはだいぶ春めいてきました。
そちらの地方もまもなくですよ~wink

投稿: おキヨ | 2015年3月16日 (月) 20時27分

逆流性胃炎はストレスも要因? 主人も大分前から
患ってますが、てっきり体質や加齢のせいと思ってました。
そうかぁ、小生意気な?私にストレスを感じていたりして(恥)。

いずれにしてもお大事に、お薬が良い方向に向かわせてくれるよう祈っております。

投稿: バルおばさん | 2015年3月17日 (火) 00時42分

バルおばさん様
お殿様が逆流性胃炎・・・そうですか~(-.-)
自分のせいではないかと心を痛める貴女は良妻ですよ。
私なんぞ自分のことは棚に上げてお爺の能天気ぶりが私のストレスの元ではないかと。。。
なんでも人のせいにすれば楽ですからねbleah

ありがとう~♪
この病気は寒さのストレス〔身体の冷え?〕も関係あるそうですから私はむしろそっちの方ではないかと。
ですから陽気が良くなると直りそうな気もします。

投稿: おキヨ | 2015年3月17日 (火) 09時21分

随分とご無沙汰してます。
急に出てきて申し訳ないです。
胃炎とは・・・・胃腸が弱かったのですか?

文中にストレスと書いてありましたが
本当にストレスはよくないです。

最近幾分か暖かい気配はありますが
三寒四温いえいえ四寒三雨みたいです。

花も一週間そこら開花が遅れていましたが
徐々に追いつくのでは・・・・

どうぞ無理をなされないように

最近は仕事のストレスでなかなか
コメント書くことができない私です

本当に突然すみません。
お大事に おキヨさま

投稿: ぱんぷきん | 2015年3月17日 (火) 18時25分

ぱんぷきん様
まぁ、お久しぶりですね。お元気でお過ごしでしたか。よくぞ思い出してくださいました。
私の病名は〔逆流性胃炎〕といって高齢者には珍しくない病気だそうです。この病気になる原因は加齢だそうで、次にストレス、若い方もストレスでなるようですよ。
お仕事でストレスを感じる方は要注意ですね。お若い貴方様も油断されないように。。。
また旅をしたくなる季節になりますね。気ままな旅をされてリフレッシュをしてくださいね。

心温まるコメントありがとうございます。

投稿: おキヨ | 2015年3月17日 (火) 20時36分

(◎´∀`)ノ年とると胃は弱くなりますね。
もちろん、ストレスにも弱くなるということでしょう。
足腰が弱るにつれ、胃も肝臓も心臓も弱くなるのは当然ですね。
それを認識して、無理は禁物。しかし、適度の運動によって血行の循環をよくしなくては、臓器が働いてくれないのは道理ですね。
循環器は一番大事です。さらさら血液、適度の循環・・・です。( ̄▽ ̄)

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2015年3月18日 (水) 18時49分

根保孝栄・石塚邦男様

1年1年体が違ってくるのが判ります。
1年前のいまごろはあの距離を歩くのがなんでもなかったのに、今年は自信が無い、というように。
一か所が変になるとほころびが広がるように次々と問題が起きますね。
此処で何とか食い止めてこのよからぬ連鎖を断ち切りたいと思います。
貴方様もどうかお身体に気を付けながら、文筆にお励みください。

投稿: おキヨ | 2015年3月18日 (水) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 活気か俗化か | トップページ | ささやかな贅沢♪ »