« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

神秘の湖 野反湖

この距離ならドライブコースと思いながらも、まだ一度も訪れたことの無かった群馬県中之条の奥〔長野、新潟の県境〕に位置する野反湖に今日行ってきました。

野反湖を敬遠していた理由は夫が〔あそこはダム湖だよ。何もない山奥に水ったまりがあるだけだ〕といって乗り気じゃなかったから。。。夫の言葉を鵜呑みにして、近くの六合村や尻焼き温泉までは行ってもその十数キロ奥の野反湖までは行くことはありませんでした。

今回初めて野反湖を前にして、その神秘的な美しさに声をのみました。湖面標高1500mという高さですから、観光の時期としてはまだ早いようで人の姿もまばらです。

道の両脇にはかなりの高さで雪が残っていて、周囲の2、000級の山々から残雪が湖に流れ込む形の様は形容しがたい神秘の世界をみせていて、とても人造湖とは思えない風景でした。 

来てよかった。この素晴らしい山湖にこれ以外何がいるでしょう。。。lovely

003_480x321

高崎観音

016_480x321

岩櫃山

029_480x321

八ッ場道の駅 何かイベントがあるようです。ハワイアンダンスを踊る女性達。

037_480x321

草津白根が見えてきました。

053_480x321

061_480x321

068_480x321

野反湖 

069_480x321

湖面がまだ凍っている。。。雪との対比で湖の色がとても綺麗でした。

098_480x321

思っていたよりは大きな湖でしたね。

107_480x321

浅間山が霞んで見えます。

この季節が一番素晴らしい!とは言い切れませんので、花の季節、紅葉の季節も着てみたいと思いますgood

| | コメント (14)

得意料理

002_480x321


なぁんだ、というなかれ、私としては自慢の一品です。

以前より拙ブログで己の偏食の激しさを自慢のようにひけらかしていますが、玉ねぎなどはその最たるもの・・・でした。 

これがどういうわけかごく最近食べられるようになったのです。ですが、食べられるのは新玉ねぎのスライスを水にさらし、冷蔵庫で十分に冷やして上におかかをたっぷりのせてお醤油をかけていただくというもの。人生も最終版になってから玉ねぎの美味しさを知るなんて。。。think 

ただ玉ねぎの煮たもの、あのぐちゃりとした食感はいまだに苦手で、肉じゃがやカレーも玉ねぎはついさけてしまいます。新玉ねぎのシャキッとしたものだけが食べられるというややこしいもの。 

長ネギはいまだに駄目ですから、どなたか長ネギを美味しく食べられる方法があったなら教えてくださいナ。

しかし、戦前戦後のひもじい思いもした私の年代でこれほど好き嫌いの多い人間も珍しいのでは・・・。恥ι(´Д`υ)

003_480x321

F3号 額があってませんが夫が好きだというもので。。。coldsweats01

| | コメント (12)

千畳敷カールの雪を踏む♪

続きです。

137_480x321

翌日8時15分発のバスに乗りロープウエイしらび平駅に向かいました。

朝早いせいか乗客は4名だけ。私は前方の景色が見えるように一番前の席に座りましたがこれが間違いの元。。。 いやはやこれまでに経験したことの無い恐ろしい道でしたsweat01

131_480x321


運転手さんはまだ若い。そしてすぐ後ろにはベテランの方が座っている・・・ということは。。。(;´д`)

145_480x321


目の前に道が無い!sad30分この連続でしたが、若い運転手さんの巧みなハンドルさばきで無事しらび平駅に到着。

152_480x321

ロープウエイに10分間乗りましたがバスで恐怖心を使い果たしましたsmile

160_480x321

172_480x321

千畳敷カールに到着

177_480x321

ロープの張られた位置だけは雪を踏むことが出来ました。

此処に座ってしばしスケッチを。宿で軍手を用意してもらいましたが使わずに描いたので手が凍えましたwobbly

この頃には登山客やスキーヤーが多くなりましたね。

179_480x321

この方は山から帰ってきた登山者。サングラスの形を残して真っ黒に雪焼けした笑顔が素敵でしたlovely

183_480x321

北岳や間ノ岳が見えています。

185_480x321

特徴的な塩見岳の左には富士山が見えていますが、あいにく視界が悪いbearing

190_480x321


帰りは高さに慣れました。

202_480x321

雪解け水の豊かだったこと。あらゆる個所からきれいな水がしみだしていましたね。

秋は風景が一変するらしいのでこれはぜひ観たいもの。。。夫が元気ならばの話ですけどね。

| | コメント (14)

木曽駒ヶ岳の景観美

春になったら最初に行きたいと思っていた中央アルプスの最高峰〔2,956〕木曽駒ヶ岳の雄姿を拝みに行ってきました♪

駒ヶ岳の麓にある、早太郎温泉という変わった名前の温泉場に宿泊、翌日千畳敷カールまでロープウエイで行ったのですが、細くて急な道をバスで上るのも身がこわばる思いsadよせばいいのに、恐いもの見たさで一番前の席に座った私の目からはたしかにバスが崖から何度もはみ出しました。こわ~っ!!Σ(゚д゚;)

ロープウエイも今まで経験したものなど物の数ではないド迫力。高所恐怖症の私としては大決心でしたが、真近で観る駒ヶ岳の景観美が全てを感動に代えてくれました。

018_480x321

上越道を佐久で降りてからは桜、桜、桜・・・note

023_480x321

しばらくこの道を通りませんでしたが、見事なしだれ桜の下から

無粋な木がのびてきている。。。ヾ(*゚A`)ノ

032_480x321

下諏訪大社脇の桜。この桜並木も好きですね。

046_480x321

岡谷から再び高速に乗りましたが、この道の木々はまるで紅葉時の色

綺麗ですね。。。

059_480x321

中央アルプスが見えてきました。この山容は甲斐駒でしょうか?

070_480x321

駒ケ根インター付近。 木曽駒ヶ岳です。

089_480x321

桜の名所知られる光前寺へ

090_480x321

097_480x321


仙丈ヶ岳 

099_480x321

102_480x321

121_480x321

桜と木曽駒もいいですが水仙もまたいいですね。

木曽駒ヶ岳とは島田娘とか宝剣岳、伊那前岳などの総称のようですね。

山は好きでも詳しくはないのですcoldsweats01

続く。。。

| | コメント (12)

なぜ拒否される?

おかしいなぁ・・・。記事が書けない。

コメントレスがお二方に出来ないまま。。。(-.-)

自分なりにいろいろ調べたところPCにトラブルが発生したようです。

PCサポーターに連絡、点検してもらうまでお待ちくださいマセ<m(__)m>

| | コメント (2)

公衆マナーってなに?

今好んで行っている大型銭湯、リニューアルしてなかなか気持ちのいいお風呂が楽しめます。それはいいとしてちょっと気にことが。。。

炭酸風呂といって美容や健康にいいという低温度でゆっくり入っていられるお風呂があるのですが、いつ行っても此処に同じ顔触れのオバちゃんたちがその場を陣取っていて、それはもう大声で世間話やら自慢話やらはては昨夜の夫婦げんかの話まで。 

メンバーは横綱クラス2名と大関クラス一人の3名なのですが、その巨体と傍若無人な大声に恐れをなしてか、彼女らが其処を占領しているうちは他の人達は遠慮気味。。。彼女らもお仲間と楽しむために来ているのだからそれは構わないのですが、お風呂が少し深いために高齢者は風呂に入る際に手すりが必要です。なのにその手すりが彼女らのポジションになっているものだから、他の人はそこから風呂へ入れない。遠回りして手すりのない場所から入れるのは若い人に限られます。

〔オバちゃんアンタらガラ悪いねぇ。。。元番長だったんじゃないのeye〕もちろん胸のなかの独り言。怖いもんcoldsweats01

005_480x321

SM 

002_480x321

0号

| | コメント (19)

目にしみるぅ~~う>_<;

先週土曜日は眼科の診察日でしたが、主治医の若先生ではなく、院長先生でした。

朝起きたてにまだ目が充血することを話すと〔では充血を取る薬を出しておきましょう〕と点眼薬を追加されました。 

薬局で薬を渡されるときに〔ちょっとしみますけど。〕と云われたのですが、いざこの追加された薬を点眼したところ、とんでもなく目に沁みるぅ~~!crying

子供なら泣きわめくレベル。  いまどきこんな嫌な薬があるんだ。。。

充血といってもほんの少しで日中はほとんど気にならない程度。余計な事云っちゃったかな。 

心配なのでネットで調べたら、この薬は根本的な治療薬ではなく単に充血を抑えるだけの薬のようです。

こんなに沁みるんじゃ日に4回3週間点眼し続ける勇気がないなぁ。。。despair

005_480x321

白いキャップの薬が沁みるのよ~sad

004_480x321
F10号
モデルも描き手もう初々しい?頃の絵が出てきました(~_~;)

バックだけを何とかしてそのままにしておきましょう。

| | コメント (10)

小説〔心〕を読む

今日は眼科の診察日。ハンドバック用の文庫 本姜尚中の〔心〕を他の外出先ではほんの少ししか読めなかったものが、眼科の待ち時間の長さで一気に読み終えました。 

私が姜尚中という人物を予備知識もなしに知ったのは4、5年前日曜美術館の司会役をされた時。知的で洗練された語り口とスマートな様子に心惹かれてしまい、姜尚中氏の思想的な面をいろいろ言われていることをのちに知ることがあっても、その方面は私には何の関心もこだわりもない。 

小説の物語は、夏目漱石の〔心〕をモチーフに描かれた姜尚中〔本名〕と直之という青年の出会いで始まります。二人の交流は今様にメールの形で始まります。青年の若若しい悩み苦しみに丁寧に応対する〔先生〕の姜尚中。彼は直之青年と出会った瞬間、亡くなった長男の面影を青年にみたのでした。 

息子を失ったことで生きる力を失い、魔が差した時には一瞬、息子のところに行きたいと思った姜氏がこの小説を書くことで,神は救済の手を差し伸べたと解説に書いてありました。

001_480x321

| | コメント (8)

映画〔バードマン〕を観る

今日は夫が一日留守だったので、私も気分転換を図り映画〔バードマン〕を観てきました。アカデミー賞を何部門も受賞したという作品だけあって意表をつく面白さがあり見応え十分の映画でした。

ストーリーは、過去にスーパーヒーローとして人気を博したことのある、しかし現在は鳴かず飛ばずの老俳優が、夢よもう一度とブロードウエイの舞台に賭ける話。

これだけのストーリーなら似たような作品はいくらでもある気がするのですが、主人公がのっけから宙に浮いて集中している・・・彼には特殊能力があるという〔実は彼の妄想?この辺がはっきりしません〕設定を明かします。

此処に焦点を絞り過ぎると作品は重みのない別物になってしまう恐れを、主演のマイケル・キートン、女優のエマ・ストーンその他の出演者達の優れた演技力で見応えがあり、理屈抜きで楽しめた。 

舞台背景が、暗い舞台裏や迷路のような通路、俳優たちの狭い化粧部屋に限られたのも作品が凝縮感があり良かったと思いました。

Images

映画バードマンから。

 

| | コメント (6)

リンゴ追分に疑問

先日、Y新聞編集手帳で、東北弁の〔さ〕の使い方が正しくないと偽東北人と見破られる可能性があるので地方は狙われにくい。。。というようなことが書いてありました。 

〔さ〕の使い方・・・この件について私は遡ること60年以上前からどうも気になって仕方がない歌があります。それは日本歌謡史きっての歌姫美空ひばりの代表作の一つ〔リンゴ追分〕のセリフ部分。 

セリフの部分を書き出してみますね。

〔お岩木山のてっぺんを綿みてぇな白い雲がぽっかり、ぽっかり流れてゆき、桃の花が咲き、そっから早咲きのリンゴの花っこが咲くころは  おらだちの一番楽しい季節だなや。だどもじっぱり無情の雨降って白い花びらを散らす頃、おら、あの頃東京で死んだおかあちゃんのことを思い出しておら、おら・・・〕 

名曲として歌い継がれているこの歌にいちゃもんをつけるのはもってのほかですが、今回の新聞記事をみたのでその流れで書いてみました。

私は津軽の生まれではないのですがこの〔さ〕はおかしいと思う。

ま、作詞家は津軽弁を強調するために〔さ〕を多用した思いますけどね。

Images

| | コメント (21)

定期デッサン会

今日はk市の定期デッサンの日でした。

久しぶりの好天気で桜見物にでも出かけたのでしょうか、デッサン会は出席率半分。。。

こういうことを云っていいかどうかわかりませんが。。。云っちゃおう。

私はモデルさん次第で出来不出来があります。メリハリのないというか、句読点のないというか・・・体つきの方はどうもノリが悪い。ということは、デッサン力に自信が無い証拠でもありますね。モデルさんに難癖をつけても仕方のないことhappy02

001_480x321


15分

003_480x321

15分

004_480x321


5分

006_480x321

5分

008_480x321

ムーヴィング

009_480x321

ムーヴィング

| | コメント (6)

おかしな夢

深夜族だった私、寄る年波で健康に不安を持つ状態に陥ってからは、少なくとも11前には床に就くよう心がけ、いまさらながら健康を取り戻す努力をしています。

心掛けはいいのですが、長年のリズムが狂ってしまい、深夜ふと目覚めると、なんと以前の就寝時間の深夜2時。。。それから寝付けなかったりウトウトしたり。  以前ならしめたとばかり読書の時間にしたのですが眼病の治療中でそうはいかなくなりました。 

明け方ちらと眠れますが、眠りが浅いせいか変な夢をたびたび見るようになって。。。( ̄Д ̄;;

今朝方はどういうわけか、50数年前に亡くなった父と私が喫茶店でコーヒーを飲んでいる。。。 

50代で亡くなった父は若くて中高の良い顔をしていますが、真向いの私に話しかけようとはしません。あの頃一人晩酌をしているときと同じに寡黙です。 

でも気まずさを感ずることなく二人でコーヒーを。。。そのうちふいに私〔いや、おかしい、この人誰?父のはずない。〕と思っているうちに目が覚めてしまいました。

早寝するようになってからおかしな夢を見ることが多くなったのですがまさか犬猿の仲だった父とデートの夢を見るとはcoldsweats01

120_2093_300x400

| | コメント (12)

胃カメラですと!?(゜o゜)

時ならぬみぞれの降る中、治療中の胃薬が切れたので胃腸科へ行ってきました。

真冬に戻ったような寒さに恐れをなしてか、患者さんの姿もまばらな病院の待合室。待ち時間もなく3番目に呼ばれました。こういう日はこれくらいの余禄がなくちゃね。 

今日の担当医師は50代後半~60代のにこやかな先生〔いかがですか?〕と聞かれたので〔はい、もう不快な症状はほとんどありません。病気が解ってからは食事も消化の良いものをとっていますし、刺激物はとっていませんので。。。〕というと〔この病気は食事はあまり関係ないんですよ〕とのこと。。。なんだ、そうなの?〔この病気は長期戦です〕そしてこともなげに〔様子をみてそのうち胃カメラ検査をしましょうかね〕〔えーっ、 い、胃カメラ(◎o◎)!〕

家に帰ってから夫に〔胃カメラを飲まされるみたい。。。あれ苦しくない?〕と聞くと〔あんなものゼンゼン何ともないよ〕いやいや夫は男だし痛みには鈍感な人。。。伊豆の妹に電話をし〔アンタたしか胃カメラを飲んだことあるよね〕〔胃カメラなんか何度も呑んでいるよ。平気平気。なんともない〕〔ほんとかなぁ。。。〕この二人どちらも信用できない。 

胃の具合がぶり返しそう。。。coldsweats02

001_480x321


自分の病気をよく理解するよう小冊を医師から3冊頂きました。

| | コメント (16)

ちょっと嬉しい^^

〇 まだ我を〔えっこちゃん〕と呼ぶ人がいて梅は今年も来年も咲く。 つくば市 岩瀬悦子

  作者の年齢は判りませんが、若い方でないのはたしか。 私が思うに60代以上の方に違いない。

私なども親しいクラスメートが電話で〔モシモシ、オキヨちゃん?〕と高校時代の呼び方をしますが、  これは他に呼びようが無いのでお互い生きている限りあの時代の呼び方ですね。

クラスメートの他に私を〔オキヨちゃん〕と呼ぶ人間は長姉の長男である甥のM。

彼ももう57才という押しも押されぬオッサンとなりましたが、姉に電話をかけるとたまに甥が出て 〔あ、オキヨちゃん、〕と云います。私を慕い、私が帰る時、駅でキンキン声を張り上げ泣き喚いた可愛らしいあの声はいつの間にやら野太い胴間声に。。。bearing

私がまだ20代前半には伊豆の長姉の家に頻繁に出入りしていて、姉夫婦が私を〔オキヨちゃん〕と呼ぶのを幼いMも真似て呼び、50数年経った今に至っているのです。

001_480x321

F8号  バックがまだ平面的。絵の具が乾いてからもうひと塗りです。

| | コメント (12)

日本三大○○

日本三大桜のうち私が観ていない桜は福島県三春の滝桜。若い時分に三春に出かける機会を逸してしまいました。今は我が家ドライバーも高齢になってしまったのでもう三春の滝桜を観ることはできないでしょう。 

桜に限らず何につけても日本三大○○が多いですね。稀には5大〔5指に入る〕というのもありますが(日本三大〕は語呂がいいからでしょうか。

そういえばスポーツの優勝も3位まで。わずかの差で4位となってしまえば〔惜しくも〕という言葉がついてしまい選手の評価が大きく下がってしまいます。 

日本三大祭りや、日本三大夜景 日本三大庭園 または日本三大奇勝とかね、これらもスポーツと同じで、じつは日本三大と大差のない景勝地や祭りがあるように思うのですが、日本三大から外れたため知名度が今一上がらないということもあるかもしれませんね。。。

Images


三春の滝桜   観たいものです。




 

| | コメント (14)

花見のはしご

明日からまた天気が崩れるらしい。今が盛りの近辺のお花見は今日しかないようなので、先月様子をみに行った長瀞をはじめその周辺の桜の名所を、コンビニ弁当を持参でお花見のはしごをしてきました。なんと風情のないお花見だこと。。。happy02

036_480x321

トンネルを抜けると・・・

038_480x321

長瀞桜の名所に行くかなり手前から桜並木です。

052_480x321


途中の寺院のしだれ桜。此処にもいろんな種類の桜が咲き乱れていました。

046_480x321

113_480x321

長瀞宝登山神社桜並木

105_480x321

091_480x321


長瀞桜並木.このあたりが名所のスポットになるようです。

169_480x321_2

山辺を通り帰る途中。隣町の公園ですが、此処も桜の名所で、以前土日はお花見客で溢れていたものですが。。。最近はその賑わいをあまり聞きませんね。

189_480x321

もっと寂しかったのはこの湖。昔は桜の名所で、街の人達がお花見の季節にわっと押しかけたものですが、今日数十年ぶりに通ったところ、なんと桜が極端に少ない。。。おかしいなと思いヘラブナ釣りに来ていた人に聞いてみたところ桜が虫にやられてしまったとのこと。。。これも自然のサイクルですかね。

212_480x321

もちろん日帰り入浴のできるかんぽの宿へ。

やはりお花見客いつもよりは入浴者は多かったですね。

| | コメント (16)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »