« ヘヤ―スタイル、軽快に♪ | トップページ | 日本三大○○ »

花見のはしご

明日からまた天気が崩れるらしい。今が盛りの近辺のお花見は今日しかないようなので、先月様子をみに行った長瀞をはじめその周辺の桜の名所を、コンビニ弁当を持参でお花見のはしごをしてきました。なんと風情のないお花見だこと。。。happy02

036_480x321

トンネルを抜けると・・・

038_480x321

長瀞桜の名所に行くかなり手前から桜並木です。

052_480x321


途中の寺院のしだれ桜。此処にもいろんな種類の桜が咲き乱れていました。

046_480x321

113_480x321

長瀞宝登山神社桜並木

105_480x321

091_480x321


長瀞桜並木.このあたりが名所のスポットになるようです。

169_480x321_2

山辺を通り帰る途中。隣町の公園ですが、此処も桜の名所で、以前土日はお花見客で溢れていたものですが。。。最近はその賑わいをあまり聞きませんね。

189_480x321

もっと寂しかったのはこの湖。昔は桜の名所で、街の人達がお花見の季節にわっと押しかけたものですが、今日数十年ぶりに通ったところ、なんと桜が極端に少ない。。。おかしいなと思いヘラブナ釣りに来ていた人に聞いてみたところ桜が虫にやられてしまったとのこと。。。これも自然のサイクルですかね。

212_480x321

もちろん日帰り入浴のできるかんぽの宿へ。

やはりお花見客いつもよりは入浴者は多かったですね。

|

« ヘヤ―スタイル、軽快に♪ | トップページ | 日本三大○○ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おキヨお姉様
経済的な花見で何よりでしたね?(゚▽゚*)
埼玉の桜を見て昨日帰宅致しました。
数日滞在中に満開。名所へは行かないが
結構近場で~高麗川桜堤、凸版印刷、各種学校
、等々爛漫の桜を堪能。
雪の米沢から山形~天童経由で帰宅しました。
当地はこれから梅が咲きます。

桜は何度みてもいいですね。
S○○○A○○○子女史が「さくらさくらとメディアも騒ぎ立てるのは如何なものか、花は桜だけではない」などとスマフォの無量アプリで読んでる新聞に書いてました。女史の文には時々疑問符を付けざるを得ない田舎娘です。さくらさくらと騒いで何が悪いと言いたい!
蛇足、無料アプリで読みながらちゃっかり読者の広場に投稿して図書券を稼いでる田舎娘が偉そうなこというのも?ですけどね。

投稿: 田舎娘 | 2015年4月 2日 (木) 22時13分

桜は何処も満開。
でも、
行った事のない場所の写真はやっぱり良いですね~。
桜の木も寿命があるので、
手入れする人達は大変でしょう。
聞いた話では、枯れた木の元には同じ種類の桜は
植えられないとか?。
努力している方がいるお蔭で春の素晴らしい景色を
楽しめますね。heart02heart02heart02

投稿: マーチャン | 2015年4月 3日 (金) 08時19分

見事な桜ですね~♪
桜を見ると、春が来た~♡って感じでウキウキしちゃいます(*^^*)
あとの虫ちゃん問題がなければもっといいんですけどね~
私がBlogにアップしたあの公園も夏はゾーっとするほどなんです(ToT)

投稿: 和乃香 | 2015年4月 3日 (金) 10時52分

田舎娘様
今地元の桜が満開なので遠方まで出かける必要はないですね♪ 老人二人の朝食などコンビニのサンドイッチやいなりずしで充分。人の少ない山辺の桜の下で味わうは分相応の花見です(^_^)

ちょうど桜の見ごろに埼玉にいらっしゃいましたね。
桜は徐々に北上幾度でもこれから楽しめます。
桜は日本人のおおかたが最も好む花。年代に寄り桜によせる思いはそれぞれだと思うのですが、あでやかさ、潔さ 花弁の色、形 どれをとっても日本人の心に同調するのが桜ですね。
春に先駆ける桜を愛でる心があればすべての花を愛おしいと思うことが出来るのでは。。。

そういえば昔の知人で〔桜って毎年観ておもしろいの?〕という女性もいました。才女であることをひけらかしていたおばさんでしたけどね。こういう女は扱いにくい。

投稿: おキヨ | 2015年4月 3日 (金) 10時52分

マーチャン様
桜は近場で良し、旅先で良しですね。花の形は同じでも〔〇〇の桜〕と出かけた先の桜は思い出になります。
おっしゃる通りで、桜の名所ではその手入れに相当な神経と費用を払わなければならぬようで、少しでも怠るとかって見物客でにぎわった桜の名所もすっかり衰退してしまいます。
私も思い出の場所が一つ無くなったようで愕然としました。

投稿: おキヨ | 2015年4月 3日 (金) 11時02分

和之香様
日本でも代表的な桜の名所はなんといっても上野の桜shine
その他東京では名だたる桜の名所がありますね。

昔上の美術館に朝早く出かける用があった時、桜のシーズンに公園内を通るとホームレスの方々の朝の宴会を目にしたものです。

桜は日本人すべての花なんですね。

投稿: おキヨ | 2015年4月 3日 (金) 11時13分

おキヨさん、こんにちは

今日は強風で上野の桜も散ったとか?
こちらは10日過ぎが見頃、小諸などは5月ですから、
所変われば随分違うものですね。昨日は初めて杏や
菜の花を見かけました。

投稿: 岳 | 2015年4月 3日 (金) 17時22分

昨夜これも花見の定番、靖国神社と千鳥ヶ淵で夜桜見物してきました。
もちろんとんでもない雑踏でした。
花は散り始め、お濠の一角には「花筏」もでき始めていました。
ライトアップされた桜に感嘆の声が絶えない一方、花はそっちのけで盛り上がっている人も大勢。
それぞれに、それぞれのやり方で束の間の日本の春を楽しんでいました。
「猫も杓子も花見かよ」と斜に構えるより、猫か杓子の一員になって楽しんじゃったほうが勝ち、そんな風に思えましたね。

投稿: 風花爺さん | 2015年4月 3日 (金) 17時33分

のんびりしていい感じですね。
京都の桜の名所はどこも人が一杯です。
この週末は雨模様のようですが、近場の醍醐寺あたりで花見をしてみようと考えています。

投稿: ギター弾き | 2015年4月 3日 (金) 20時45分

岳様 こんばんは。
上野の桜がもう散った。。。惜しむ間もなく散るのがさくらですね。。。
上野の桜も私には懐かしい桜です。
上野の桜を観た仲間は今は方々へ散りました(ノω・、)
そちらはこれからですものね。
お爺の年を考えれば大好きな信濃に出かけるのもそろそろ終わりかなと思うと辛いですね。

投稿: おキヨ | 2015年4月 3日 (金) 22時58分

風花爺さん様
東京の桜の名所は密度が最高ですね。私は上野の桜しか観ていませんが写真で見る千鳥ヶ淵、靖国神社の桜は圧倒的な美しさですね。観ないで惜しいことをしました。
お花見と宴会、お酒なしの花見なんてありえないお方も多数でしょう^^ 私も若い頃はそちら側の人間でしたのでお酒には寛大です^^

桜は束の間というのがいいですね。枯れずにさっと散る。そして一年経てば裏切らない華やかさで春を告げてくれます。
それと、私ども夫婦の年代では、来年も二人でこの桜を観ることが出来るのかという思いが心底にあります。

投稿: おキヨ | 2015年4月 3日 (金) 23時34分

ギター弾き様
桜そのものは同じでも咲く場所に寄り大いに違いがありますね。
朝早くに出かけると見渡す限りの桜が私の桜となりますnote
散り始めた桜の花びらを浴びながらだとコンビニのお弁当もなかなかの味に感じますgood

投稿: おキヨ | 2015年4月 3日 (金) 23時40分

おキヨさんの所は今ちょうど桜が見頃なんですね。

桜前線もどんどん北上中、東北ももうすぐお花見シーズン、うきうきしてきます。
今年は県内で有名な「一目千本桜」を見に行きたいんですけどね。
お隣の県の三春の滝桜も見られたらいいなあ…

投稿: silent-holly | 2015年4月 4日 (土) 02時41分

誰がなんと言おうと私は理屈抜きに桜が好き!
行動範囲が極めて狭いのですが、過去に見て一番感動したのは千鳥が淵の桜でした。
まるで水を求め慕うかのごとく、水面に向かって手を差し伸べるように咲く……あれはなぜなのでしょうね……。
公園でも校庭でも病院の庭の桜でも良いから、来年も見られたら……としみじみ思います。

投稿: 粉雪 | 2015年4月 4日 (土) 09時58分

Silent-holly様
わが家の近くの公園の桜はもう終わりです。
同じ地域でも高い場所は咲きはじめもあります。
これからはそちらがシーズンを迎えますね。
私は日本三大桜のうち三春の滝桜は観ていないのですよ。夫が高齢で今からでは行ったことの無い道は危険なのでもう福島まで行けませんね。。。(ノ_-。)

投稿: おキヨ | 2015年4月 4日 (土) 10時32分

粉雪様
咲く花に甲乙を付けるのはそもそもおかしな思考の持ち主です。自然がもたらす美にはそれぞれ感動がありますが、日本人に束の間の豊かなを心をもたらしてくれる桜は矢張り日本の花ですね。これに理屈など不要です。

千鳥ヶ淵の桜をご覧になったのですね。。。
私は東京に居ながら千鳥ヶ淵まで出かけて観るという欲がなかった。若かったのです。もう決して見られないと思うと残念です。

また、一本桜も魅力がありますね。

投稿: おキヨ | 2015年4月 4日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘヤ―スタイル、軽快に♪ | トップページ | 日本三大○○ »