« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

猫の置き土産

わが家の玄関ドアに猫がマーキングし始めてから約1年、どんな対策を講じても一向に効き目がなくお手上げ状態で諦めていましたが、ふと気がつくと、いつ頃からかマーキングの跡が見えない。。。はてどうしたんだろう、老衰か喧嘩の負傷が元で死んじゃったのかな?。ともあれ、まぁこれで玄関に猫のおしっこの匂いが無くなりそう。。。

猫のマーキングはなくなったのですが、今まで猫を寄せ付けないありとあらゆる液剤を玄関先に散布した結果、タイルが奇妙な色に変色。夫が洗剤やクレンザーを撒き、柄のついたブラシでこすったところで  その沁みはなかなか取れません。でもそのままではあまりにもみっともない。。。 

夫がやってダメなときには私の出番。柄のついたヤワなブラシなんぞでとれないシミならば直に手にもった金ブラシでタイルを1枚1枚力を込めてこするより方法が無い。やりました、タイルを1枚1枚、シミが獲れるまで根気よく。。。結果見事にきれいになりましたshine 

夫、〔へぇ~俺がとれないシミをよく此処まで綺麗にできたねぇ。。。〕

ふん、日頃箸より重いものを持たないで貯めた底力、いつ使うの、今でしょ、ってねgood

001_480x321

F8号  木曽駒ヶ岳

| | コメント (6)

お静かに!

病院の待合室にいると元気なおばちゃん方の会話でにぎやかなことがあります。なぜ此処ににこんなに元気な人たちが居るの?eye

それにしてもど~してあんなに声高に話をするのかな。場所柄をつい忘れちゃう?それとも初めからそんなこと問題にしていない? 土地柄ということもあるわね。。。despair

友達同士連れだって診察を受けに来ているのかなとはじめ思ったのですが、どうやら待合室で仲良くなったらしい。

年寄りは耳が遠くなり気味の方が多いと云いますが、耳が遠くなるに従い声は大きくなるそうな。それで叫ぶような声で話をしているのでしょうか。 

耳が定かでなくなって来ているのは私とて例外ではありません。特に音がダブると正しく聞こえない。それがすぐ隣の席で大声で会話をされると、診察室からマイクを通して医師が次の患者を呼ぶ声が正確にく伝わらないということもあるとおもうのです。

場所柄を考えないオバちゃんたちを少し静かにさせる方法はありませんかね。たとえば〔待合室ではお静かに。。。〕などの張り紙はどうだろう。

Images81rq8tup




| | コメント (14)

ある人格者

穏やかな人よと云わるるその人をよく知りおれば黙しおるのみ   市原市 井原茂明

読売歌壇から見つけた歌です。 

居りますね、こういう人。 周囲の評判とはおおよそかけ離れた二面性または多面性を隠し持った人。

人は多かれ少なかれ、他人が判断する姿とは別の面を持っているのことはそう珍しいことではないことですが、極端な場合  はやはり〔へぇ~あの人が!信じられない〕となります。 

此処から昔話です。

ご近所のある方はわが団地では別格の人格者で通った方。  でも、30年ほど前〔かなり昔(^^ゞ〕あるスナックでその方と偶然一緒になり、美人のママさんを口説いていた彼はフツーのだらしなく酔っ払ったただの男だった。それはいいんです、そんなこと別に珍しくもない。 

ただ、夫の車が無い時に限って何度か我が家に電話があり、ネチネチと〔あのスナックでのことは見なかったことにしてネ〕と。体面を重んじる彼には誰にも知られたくない自分を、こともあろうに近所の女にみられてしまった。重大事なことはわかります。

この方はもうかなり前に亡くなられています。でもなにかの拍子でこの人物の名前が出ると夫は〔あの人はじつに人格者だったねぇ〕と今でも言いますね。

B933f91b1660x310

人はいろんな顔をもつ。。。

| | コメント (14)

旅での買い物。

自分では土産物など好んで買う種類の人間ではないと思っていたのですが、その点でクールだったのは2,30代の若い時分の話で、5、60代あたりから徐々にその土地の特産物などに興味を持つようになり  今や道の駅大好き人間になってしまいました。 

観光地の道の駅に立ち寄るとそこで地元の珍しいものがすべて手に入る仕組みになっていて、しかも庶民的な価格のものばかり。ついついあれこれ買いこんでしまいます。

帰りの道の駅で買った地元の食べ物、五平餅、おやき、朴葉餅など、胃病持ちの私にはどうかと思われるようなものばかり。。。  案の定家に帰って旅の熱が冷めたらそう食べられるものではなく、みな冷凍庫に放り込んでしまいました。

バスツアーの旅費が安いのは、購買意欲の高いおばさん達が、行く先の地元に落とす費用で上手く循環できる仕組みになっているからだとか。。。私はお土産を買う相手も少ないのでそこまで貢献できませんからバスツアー向きではありませんね。

128_480x321

朴葉餅は葉の形をそのまま利用したちょっと面白い包み方ですね。

エゴマ油は今回一番高い買い物。早速使用してみましたがいい香りがします。

| | コメント (8)

春の御嶽山

2年前の秋御嶽麓の開田村に出かけた時は天候に恵まれず、御嶽の晴れやかな姿を望めないまま帰ってきたので、翌年再び出かけるつもりでいたのが、皆様ご存じのような突然の噴火で大惨事になってしまい、私の目指す開田村にはほとんど噴火の影響はないと知りつつも、呑気なスケッチ旅行などの出来る空気ではありませんでした。 

今年は御嶽の噴火騒ぎもだいぶ下火になった様子なので、2年前の二の舞にならぬよう天気予報をよ~く相談しながら新緑の御嶽山のスケッチに出かけました。

008_480x321

長野方面スケッチ旅行決行の決め手は佐久平から望む北アルプス

曇り空の割には鹿島槍がくっきりと見えているのでOKですね。いざ出発!

017_480x321_2

伊那インターの辺りにみえるこの山は木曽駒だと思うのですが?怪しげな雲がdespair

でももう引き返せない。。。。

022_480x321_2

近道になる権兵衛トンネルを通って。。。

この道を通れば早道にはなりますが、木曽路の雰囲気は望めませんね。

029_480x321

開田村に向かう峠から。
曇り空ながら御嶽山は雲を被ることなく全部顔をのぞかせています。よかった(^^♪

037_480x321

地蔵峠から。ちょっと高い位置です。

042_480x321

右手に高い山が少し見えていたので、山菜取の地元の方に聞いたところ

乗鞍だそうです。

044_480x321

地蔵峠から帰る途中で見つけた小さな喫茶店。自家製のケーキがとても美味しかった。

046_480x321

翌朝早起きして開田村を一周。朝日に染まった御嶽山の神々しいこと。

しかしこれもほんの束の間。あっというまに空が灰色にbearingそれでも以前に様に雲に被われてしまうことが無いのは幸いでした。例によってラフスケッチ〔描きなぐりcoldsweats01〕を十数枚も描き御嶽の山容をよく把握した〔つもり〕のでまずはこれで引き揚げましょう

076_480x321

木曽路はすべて山の中。。。

087_480x321

奈良井宿はまだ静かで車で通理抜け出来ました。

097_480x321

098_480x321

車を駐車場に置き通りの中ほどでスケッチしようとしたら夫のブーイング

建物を描くのに時間がかかることを知ってしまった(>_<)年をとって忍耐力が亡くなったんですね。鉛筆でかるく当たりをとっただけでスケッチを中止think

102_480x321

木曽には大小の漆工房たくさんありますね。

109_480x321


お昼には念願の木曽蕎麦を頂くことが出来ました。以前に来た時は

食べはぐれてしまったので。。。

110_480x321

広いお庭を持った老舗の御蕎麦屋さん。

俳人の楠本憲吉さんがこのお店によせた句を残しています。

| | コメント (10)

すんなり出かけられない(>_<)

先日新聞の広告欄でみつけたのですが、老化現象の兆候として

1 人の名が出てこない。 2漢字が書けなくなる  3 昨日の晩御飯が〔のおかず?〕思い出せない 4 鍋に火をつけたまま 5 鍵をかけたか不安  6 人との約束を間違える。 

私はこの中で著しいのは1、2、と 

人の名が出てこないのはかなり以前からなので今驚くにあたりません。漢字〔特に画数の多い〕が書けないに至ってはうんと若い頃からです。だからと云って特に劣等生にあらず。社会人になった途端どんどん忘れてしまった(;;;´Д`) 

さしあたって現在問題なのは5の鍵をかけたかどうか。

我が夫婦最近出かけるときにすんなり目的地に向かった試しがないんですね。coldsweats01 

わが家、用心の為ドアにロック式と普通の鍵とを2重に付けていますが、これが車に乗ってしばらくしてから〔あれ、鍵をかけたのはたしかだけどロックはしたかな?〕と不安になります。またその逆も。 夫はムッとしますが、高速に乗る前なら引き返しますね。大概〔100%〕鍵はしっかりかかっています。 

夫は夫で〔あれ、部屋にクーラーつけていたけど消したかな。。。〕と云っては戻り、〔雲行があやしい、二階の窓閉めてあるでしょうね。〕〔さぁ、どうだったかなぁ・・・〕で戻り、を繰り返す今日この頃。。。sad

ご近所の方がわが家で出かけるとき、戻ってくるかどうかで賭けでもしているんじゃなかろうか。。。

Images3f75je24


つい先日団地内にパトカーが2台も。。。またドロボーに入れれたかな?

この頃物騒なんですsweat01

| | コメント (10)

魚の目対策

拙ブログで幾度となく書いていますが、わたくしめ、右足に故障〔先天性股関節症〕があるため重心はおもに左足が担っています。そのため左足裏のある個所に魚の目が繰り返し出来るので、2年に1度ぐらいの割合で  スピール膏を張ったり、たまには皮膚科へ出向いて削りとって貰ったり。。。これが結構処置が厄介なんですね。。。

そこで昔〔フットケア〕の施術をしてもらった時、コードのついた棒状の鑢で魚の目を削り取ってもらったことをふと思いだし、ヤ〇ダ電機へいって聞いてみたところ 、 魚の目専用のものはありませんが、これなら魚の目にも使用できるかと思います。と店員さんがもってきてくれたのがコレ↓ 

001_480x321


踵をきれいにする美容器具らしいですが、よしこれで試してみようか、ということで買って使用してみたところ、  ベリーナイス!notes 

数秒使用しただけで小さな突起物が無くなってしまいました。こんな便利なものなんでもっと早く気がつかなかったんだろう。。。

ただし、説明書どうりに使用しないと危険な場合もあるようなのでこれは守りましょう。

002_480x321

ついでにおもちゃのようなちっちゃいアイロンを買ってきました。旅行用らしいのですが

私は自分専用にしましょう。超軽いgood

| | コメント (10)

そばつゆの味に困惑

あるお蕎麦屋さんでの出来事。

お蕎麦大好きのわが夫婦、ドライブ中ある店構えの良いお蕎麦屋さんに入りました。 

お昼時だったので大きな店内はお客で満席状態。空いている席を何とか確保してざる蕎麦を頼みました。一口お蕎麦を食べて〔。。。(・_・)エ....?〕念のため恐る恐るもう一口。やっぱりだめだ。これ以上どうしても箸が動きません。 

夫が〔なんだ、食べないの?〕というので〔よかったらこれもどうぞ。〕夫も高齢でいまや笊そば2枚は無理なようです。結局私の分はほとんど残したまま店を出ました。 

お蕎麦が食べられなかった理由はそばつゆに発酵食品、つまり漬物の匂いがついている。。。

私は生まれついての漬物嫌いですから、この匂いには人並み以上に敏感です。他のお客さん達が美味しそうに食べてるのいるのですから 我儘な私が悪いのでしょう。 

でもねぇ・・・味にこだわりをもつ御蕎麦屋さんなら、そばつゆに他の食品の匂いがつくような保管の仕方はしない筈。。。

10年ぐらい前にも佐久市で一度同じことがありました。お蕎麦をよく頂く私が10年前と今回で2度目、ということはこのようなそばつゆはやはりめったにないケースなのでしょう。

P1180041_480x319

P1180049_480x319_2

| | コメント (9)

〔龍三と七人の子分たち〕を観る

夫が留守の日は私も外に出て羽を伸ばすことにしています。

今回特に観たい映画があったわけではなく、PCで上映映画を探し、北野武監督のコメディー映画〔龍三と七人の子分たち〕を選びました。

北野監督作品は私の好みから外れますが、今回の作品は配役の顔ぶれ、年齢層に興味がわきました。 

ストーリーはやっぱり?・・・やくざ路線ですが、今回はやくざと云っても、とっくに引退した元やくざだった高齢者たちが結束して〔一龍会〕を立ち上げ悪徳会社に殴り込みをするというもの。。。

いたる場面にビートたけしカラーが盛り込まれていて笑えます。そして年季の入った俳優たちのコミカルな演技がそれぞれ持ち味を発揮してこれは観もの。ハリウッド映画まがいのカーアクションなども盛り込まれ結構なストレス解消にはなる映画でした。 

なんといっても親分藤竜也はいいですね。コメディーとはいえ凄味は迫力満点。現在NHKの時代劇ドラマでも活躍していますが、この俳優も年を増してから輝きだした気がします。カッコいいgood 他には近藤正臣、中尾彬 小野寺昭などが出演しています。

Photo

映画〔龍三と七人の子分たち〕より

| | コメント (6)

月曜はだめよ(>_<)

嵐の前の静けさともいうべき上天気の昨日、ある目的があって群馬県南牧村まで行ってきました。目的とはこの村の道の駅でしか販売していない〔とらおのパン〕を買うためです。

以前に、南牧村ご出身の方に〔とらおのパン〕を頂いたことがあり、折があったらこの村の道の駅まで行って買ってきたいと思っていました。 

最近は矢鱈にパン屋さんが増えていますが味はどこも似たり寄ったり。。。とらおのパンは素朴で地元の麦〔自家製かも〕の味がするモッちりした食感の私の年代には懐かしい美味しさのパンです。

ところが、なんと道の駅は定休日でした~coldsweats02

お天気さえよければ他のことは頭になく飛び出していくわが夫婦、月曜日は要注意、という経験を少なからずしているというのにまたもや失敗。しかし村営とはいえ道の駅に定休日があるとは知らなかったbearing

しょうがない、せっかく出かけてきたのだから好きな日帰り入浴でも・・・と思ったら此処も定休日でしたbearing

Img_2

南牧村 道の駅

Img_1


とらおのパン

・・・というわけで、画像はお借りしたものです。

003_480x321

妙義山〔手前〕と浅間山

浅間にはわずかに雪が残っていますがこの季節には珍しいことです。

016_480x321

爽やかなみどりの風notes

021_480x321

上野村に向かう途中 心和む風景です。

037_480x321

素敵なスケッチ場所でしたが、お爺がせかせるので中途半端で終わりましたangry

038_480x321

丹念に積まれた石垣に歴史を感じます。

042_480x321

上野村のつり橋・・・最近できたようですね。

045_480x321


こんな景色がみえます。秋には華やかになるでしょうね。

048_480x321

展望台からみた上野村

049_480x321

万場へ向かう途中・・・こんな険しい山今回初めて気がつきました

057_480x321

神流湖

以前にも幾度か通ったことのある道なのに、20年ぶりだといろいろと新鮮で結構楽しいドライブでしたgood

| | コメント (14)

月例デッサン会

デッサン会に行ってきました。

お婆が若い女性の裸を描いて何が面白いだろうと思う向きもありましょうが、これが老いてますます面白いgood 

かの豊満な女性美を描いた印象派の巨匠オーギュスト・ルノアールが〔女性に乳房と尻が無かったら絵を描かなかった〕という名言がありますがこの言葉判りますね。

それだけではない、他のどの部分も女の身体は芸術的にできています。男達よ、女性はすべからく芸術品と心得よ。 

何歳まで?という質問にはお答えできませんpunch

001_480x360

15分

006_480x321

10分

004_480x360

5分

005_480x321

5分

014_480x321

15分

016_480x321

ムーヴィング

017_480x321

ムーヴィング

| | コメント (4)

胃腸科へ

休みあけの病院の混雑ぶりwobbly。午後のほうがいくらか空いていると聞いたので午後に出かけたら受け付けは開始前から長蛇の列です。昨年まではこんな場所で列に並ぶとは思いもしなかった。。。

飽き飽きするほど待ってやっと自分の名を呼ばれ診察室へ。また違う、今回は30代と思しき医師です。

〔いかがですか〕というので〔ハイ、特に変わったことは無いのですが、朝起きるとこの辺りが〔食道辺〕がシクシク痛むことがあります。あと、咳がでます〕と。

医師はカルテを見ながら〔逆流性食道炎のようですが、念のため心電図と胸のレントゲンを撮りましょう〕ということで、生まれて初めての心電図と胸のレントゲン〔は過去2,3度ほど〕を撮りました。

結果は異状なし。その後、意を決して〔前回胃カメラ検査を勧められましたが。。。〕〔それは○○先生の時にまた申し出てください〕と。

カルテになにやら記入。せっかく覚悟もって云ったのに何か肩透かしを喰ったような、でもどこかでほっとしたような。。。confident

蛇足・・・しかし今のお医者さん、らしくない方が多いですね。↓

Dsyxqnntssfk122_10920

映画スターのような・・・

または↓

4502009062018595410087

サーファーに白衣を着せたような。。。eye

| | コメント (16)

わが家の黒薔薇


以前にも自慢したような気もしますが、何度でも。。。delicious

178_480x321


この薔薇は我が夫婦が48年前にこの地に越してきて、意外に広い社宅の庭に記念として植えたもの。今でもこうして元気よく咲いてくれます。

社宅から現在の住居に移る時、庭が狭いので大半の草木は残してきましたがこの薔薇だけは置いてくるのに忍びず持ってきて今の狭い庭に植えました。 

この薔薇は香り千両ですね。それはもうえもいわれぬ高貴な香りが、たった一輪の花から部屋いっぱいに漂い、一刻貧乏人を忘れてしまうほど。

短所は枯れやすいこと。つぼみの内は深みのあるビロードのような真紅なのですが、開きはじめると赤紫から濃い紫に変わる頃には花弁がしどけなく開き、あっという間に萎れてしまいます。

これは黒薔薇ということですが、黒薔薇にも いろんな種類がありますね。木は強いのですが花が脆い。。。bearing

181_480x321

描くにしてもぐずぐずしていられない。

猛スピードで描かないと花の形が変わってしまい・・・

002_480x321_2

ご覧の通り・・・coldsweats02

| | コメント (20)

〔とんでもない奴〕を読み終える

書店で本を選ぶときやはり題名に魅かれてしまいます。

作者の本職は数学者だそうで、副題の〔管見妄語〕だったらおそらく手にすることは無かった筈。  この本、エッセイ集ですが、作者の肩書とは無関係に気さくでユーモラス。しかし教養人の品格と知性に裏打ちされたものだけに  読み手を満足させるに充分な内容が詰まったエッセイ集です。 

国際的なエピソードも沢山ありますが、やはり子供時代の話や父母〔新田次郎、藤原てい〕のエピソードが面白かったですね。

クリスマスに高級クラブから大きなケーキが送られてきたとき、母の藤原ていが〔このケーキにどれだけの費用がかかっていると思うの!〕と怒り庭に木の下に埋めてしまった、という話。作者本人がやたらモテる話をすると奥様が片っ端から潰してしまうことや、クラシック好みの奥様に歌謡曲好きを馬鹿にされていることなど。

まだまだ面白い話があるのですが読んだ端から忘れてしまうし、長くなるので。。。coldsweats01

004_480x321

私などはお母様の藤原ていさんが懐かしいですね。

| | コメント (10)

美女桜

一日置着ましたが前回の続きです。

かねがね〔野反湖というところに一度行ってみたい。。。〕という私に、〔ただの水ったまり〕という思い込みで色よい返事をしなかった夫がなぜ今回〔そうだね、行ってみようか〕とあっさりOKしたか、というと。。。 

数年前、尻焼き温泉へ行く国道を走っていると、40代半ばと思われる女性が一人歩いているのを見かけ、夫が〔尻焼き温泉はまだ先ですか〕と訊くことをきっかけに、この地方のこと、はるか向こうに小さな部落のこと、あげく〔貴女はどこまでいらっしゃるの?〕など余計な事までいろいろ話を聴いています。

私はこれ幸いに山の中腹の部落をスケッチ。愛想よく夫に受け答えをしている女性は、鄙には稀な美人で、こうして毎日健康維持の為〔美形維持?〕坂道のウオーキングをしているとのこと。。。

そして〔この桜は素晴らしいですよ。春になったら観にいらしてください〕と。夫は調子のいい人間ですから〔そうですか!貴女お奨めの桜なら、ぜひ観に来ましょう〕などと云っていながらあれから数年です。

ふとその時のことを思いだし〔あの桜たぶん今満開だと思う。あの彼女にもしかしたら逢えるかも。。。〕、という言葉で往復200キロの道を気分よく走って貰ったのでした。smile

いまだに美女には弱い83才。。。jijiぃめ!eye

119_480x321

116_480x321

121_480x321


途中いろんな桜が咲いていましたが、肝心の桜は終っていました。

早目に咲くしだれ桜のようです。

123_480x321

125_480x321

美女はこの辺りの方のようですが、今回は現れませんでした。think

| | コメント (10)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »