« 春の御嶽山 | トップページ | ある人格者 »

旅での買い物。

自分では土産物など好んで買う種類の人間ではないと思っていたのですが、その点でクールだったのは2,30代の若い時分の話で、5、60代あたりから徐々にその土地の特産物などに興味を持つようになり  今や道の駅大好き人間になってしまいました。 

観光地の道の駅に立ち寄るとそこで地元の珍しいものがすべて手に入る仕組みになっていて、しかも庶民的な価格のものばかり。ついついあれこれ買いこんでしまいます。

帰りの道の駅で買った地元の食べ物、五平餅、おやき、朴葉餅など、胃病持ちの私にはどうかと思われるようなものばかり。。。  案の定家に帰って旅の熱が冷めたらそう食べられるものではなく、みな冷凍庫に放り込んでしまいました。

バスツアーの旅費が安いのは、購買意欲の高いおばさん達が、行く先の地元に落とす費用で上手く循環できる仕組みになっているからだとか。。。私はお土産を買う相手も少ないのでそこまで貢献できませんからバスツアー向きではありませんね。

128_480x321

朴葉餅は葉の形をそのまま利用したちょっと面白い包み方ですね。

エゴマ油は今回一番高い買い物。早速使用してみましたがいい香りがします。

|

« 春の御嶽山 | トップページ | ある人格者 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もお土産・・・野菜以外、未だに買わない派です。
ツアー客としては嫌な乗客です。
写真も撮る前から、買いませんから取らないでね。happy01と、頼みます。
写真は思い出に残りますが、子供たちが、
親亡きあと困ると聞いてから自分でも撮るのは
景色のみです。

投稿: マーチャン | 2015年5月26日 (火) 10時40分

おキヨさん、こんにちは

私もお土産を買う事は少ないです。試食などもあり、チョッとだけだと美味しく感じますが、食べずにそのままになってしまう物が多いです。バスツアー等はお土産屋もルートに入っていますね。

投稿: | 2015年5月26日 (火) 10時53分

おキヨ様
お土産は渡したときに喜んでくれる人がいてこそですね。娘はとても愛想が悪いのですが、それが多少は嬉しそうに受け取ってくれることもあり、それを期待してときどき土産を買います。最近は自分のためのものも買うようになりました。

投稿: OKCHAN | 2015年5月26日 (火) 11時14分

マーチャン様
お土産品が喜ばれるのは気持ちだけです。美味しかったなどの言葉は聞いたためしがないhappy01
バスツアーで見える方々特に女性は山のようなお土産品を買うので、その後ろに1、2個だけのものを買う私さんざ待たされる羽目に。。。wobbly
あ、写真ね。。。
昔、伊豆で撮られた写真が兄妹みな写っていたので記念に買ったのですが、その数か月後に次兄が亡くなりました。
あの写真は買って良かったと思いました。

投稿: おキヨ | 2015年5月26日 (火) 11時52分

岳様 こんにちは。

男性はあまりおお土産には興味が無さそうですね。
お土産係は奥様でしょう。人付き合いも多いでしょうからね。
試食というのはあっていいのやら。。。ない方がいいかも、と思えるものもありますね。
試食品で置いてあるものはまず買ったためしがないです(^o^)

投稿: おキヨ | 2015年5月26日 (火) 12時00分

Okchan様
旅の土産というのは心遣いで、それが美味しいかどうかの問題ではないと思うのですが、やっぱり美味しいに越したことがありません。美味しいものを探した誠意が伝わりますもの。。。
クールなお嬢様の喜ぶお顔が見たさにをお土産を・・・お父様としての貴方様素敵です。

投稿: おキヨ | 2015年5月26日 (火) 12時14分

おキヨお姉様
なるほど、格安バスツアーもご婦人方の旺盛な購買力によって支えられてるというわけですね。買うという行為は確かに気分がスカッとします。時間差で後悔という反動が恐ろしい。買う~誘惑との戦いで古希目前まで生きて参りました。大抵は負け、つまり衝動買いの連続。
エゴマ、今や入手困難の貴重品?になってしまったようですね。私はエゴマ味噌の団子が好きです。昔は粒油といってどこの家でも栽培してました。といっても軽く50年ほど前~純農村地帯です。粒油というくらいだから油もたっぷり搾れたんでしょうね?あの鄙びた味が懐かしく今ではクルミよりも好きです。ただし~入手困難につきエゴマ団子提供の団子屋で味わうしかありません。

このところ、当地の山脈や独立峰も遠景が美しく、連日出回り写真を撮りまくってるので貴ブログも纏め読みです。朝日連峰、飯豊連峰、独立峰の月山を果樹園の彼方に仰ぐとき「ふるさとの山に向かいていうことなし」の感慨に浸ります。夫が3年間単身赴任した酒田には名峰、鳥海山(出羽富士)があるが私の運転技量では行くことも叶いません。温海町(あつみまち)から見る海の彼方に浮かぶ残雪の鳥海山は葛飾北斎の富岳百景を連想させます。当方のことばかり書いてしまったようです。悪しからず。

投稿: 田舎娘 | 2015年5月26日 (火) 22時11分

田舎娘様

買い物は気分転換になりますね。特に普段地道に暮らしている方々には買い物はひと時の発散だと思います。そういう意味では何を買おうが無駄ということにはなりませんね^^

昔はえごまはお蕎麦屋さんなどにも置いてあったように思いますが今や貴重品のようですね。
小さな瓶が化粧品なみで、旅先だから買った様なものの、馴染のスーパーだったら決して買う事は無い価格です。えごまも蜂蜜同様純度があるんですかね?

鳥海山といえば、鶴岡出身の画家Sさんが好んで描いた山で、私も2度ばかり鳥海山を描きに行きました。
山形の絵描きさんはその他にも親しくしていた方が居ましたが残念ながらお二人亡くなってしまい、あと一人の方は疎遠になっています。


投稿: おキヨ | 2015年5月27日 (水) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の御嶽山 | トップページ | ある人格者 »