« すんなり出かけられない(>_<) | トップページ | 旅での買い物。 »

春の御嶽山

2年前の秋御嶽麓の開田村に出かけた時は天候に恵まれず、御嶽の晴れやかな姿を望めないまま帰ってきたので、翌年再び出かけるつもりでいたのが、皆様ご存じのような突然の噴火で大惨事になってしまい、私の目指す開田村にはほとんど噴火の影響はないと知りつつも、呑気なスケッチ旅行などの出来る空気ではありませんでした。 

今年は御嶽の噴火騒ぎもだいぶ下火になった様子なので、2年前の二の舞にならぬよう天気予報をよ~く相談しながら新緑の御嶽山のスケッチに出かけました。

008_480x321

長野方面スケッチ旅行決行の決め手は佐久平から望む北アルプス

曇り空の割には鹿島槍がくっきりと見えているのでOKですね。いざ出発!

017_480x321_2

伊那インターの辺りにみえるこの山は木曽駒だと思うのですが?怪しげな雲がdespair

でももう引き返せない。。。。

022_480x321_2

近道になる権兵衛トンネルを通って。。。

この道を通れば早道にはなりますが、木曽路の雰囲気は望めませんね。

029_480x321

開田村に向かう峠から。
曇り空ながら御嶽山は雲を被ることなく全部顔をのぞかせています。よかった(^^♪

037_480x321

地蔵峠から。ちょっと高い位置です。

042_480x321

右手に高い山が少し見えていたので、山菜取の地元の方に聞いたところ

乗鞍だそうです。

044_480x321

地蔵峠から帰る途中で見つけた小さな喫茶店。自家製のケーキがとても美味しかった。

046_480x321

翌朝早起きして開田村を一周。朝日に染まった御嶽山の神々しいこと。

しかしこれもほんの束の間。あっというまに空が灰色にbearingそれでも以前に様に雲に被われてしまうことが無いのは幸いでした。例によってラフスケッチ〔描きなぐりcoldsweats01〕を十数枚も描き御嶽の山容をよく把握した〔つもり〕のでまずはこれで引き揚げましょう

076_480x321

木曽路はすべて山の中。。。

087_480x321

奈良井宿はまだ静かで車で通理抜け出来ました。

097_480x321

098_480x321

車を駐車場に置き通りの中ほどでスケッチしようとしたら夫のブーイング

建物を描くのに時間がかかることを知ってしまった(>_<)年をとって忍耐力が亡くなったんですね。鉛筆でかるく当たりをとっただけでスケッチを中止think

102_480x321

木曽には大小の漆工房たくさんありますね。

109_480x321


お昼には念願の木曽蕎麦を頂くことが出来ました。以前に来た時は

食べはぐれてしまったので。。。

110_480x321

広いお庭を持った老舗の御蕎麦屋さん。

俳人の楠本憲吉さんがこのお店によせた句を残しています。

|

« すんなり出かけられない(>_<) | トップページ | 旅での買い物。 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

開田村には、テニスの友の行きつけの
ペンションがあり、私も何年か前にスキーで
お世話になりました。そのペンションのお料理が
美味しく、夫を後日つれて行きました。友のいうには
別荘感覚でこのペンションに行くそうです。
御嶽山は道沿いに墓碑がずらりと延々と続き、最初は
珍しい景色に感嘆しましたが、段々気分が悪くなり、
何か霊を感じて・・・。
御岳山は霊山だとペンションの方に
後日聞かされました。
そんな事を思い出しました。

投稿: マーチャン | 2015年5月24日 (日) 07時18分

マーチャン様
そのテニスコートのある場所はスポーツエリアになっている処ではありませんか。そこでのグランドでも御嶽山をスケッチしてきました。
私の宿泊した民宿は開田村でも奥の方にある民宿で他は予約がいっぱいで断られたり、または休業中の処も。。。やっと一軒受け入れてもらってほっとしました。

山には人間の及びもつかない力が潜んでいるのだと思います。
私も昔浅間山の中腹辺りで奇妙な恐怖感に襲われていたたまれず引き返したことがありますが、私は霊感があるような人間ではないので、あれはいったい何だったのかと今でも考えることがあります。

投稿: おキヨ | 2015年5月24日 (日) 10時20分

おキヨさん、こんにちは

伊那谷から木曽谷、信州を縦横無尽に駆け巡っていらっしゃいますね~。今年の天候はハッキリしている事と、雨の日が少ないのでドライブには好条件です。朝の山は綺麗ですね! 流石ご主人、学習効果でしっかり先を読んでいますね。 天晴です!

投稿: | 2015年5月24日 (日) 13時13分

岳様 こんにちは。

今回はひと月前に駒ケ根に行ったときと途中まで同じコースですから楽勝でした。
ただし高速を降りてからが開田村まで長いことcoldsweats01運転が好きな人でなければ来たくない距離かも。。。

それなのに〔曇ってきたぞ!また見えなくなるようだったら居てもしょうがないから、帰ろうか。〕ですって。。。ひぇ~・・・でした。coldsweats02

投稿: おキヨ | 2015年5月24日 (日) 14時32分

京都とは雰囲気が違っていていいですね。
信州も良いところですね。
以前、出張で松本へ行き、扉温泉に入ったことを思い出しました。

投稿: ギター弾き | 2015年5月24日 (日) 23時30分

相変わらずのご主人様の運転能力の若さにただただ
感心です。遠場へ愛妻のスケッチ旅行ですと~!?
(おい、お前の運転で)私をドライヴに連れてっての
我が夫とは行って帰って、まだ足りない!の違いです。

浅間山、以前行った時は子供連れで騒がしかったので
何か神秘的な雰囲気は感じ取れませんでした。
いつか機会があったらゆっくりと行ってみたいと
思いました。

投稿: バルおばさん | 2015年5月25日 (月) 00時22分

御嶽山を遠望するたびに、未だ記憶に生々しい昨年9月27日の火山災害が思い出されてしまいます。
ただただ不運だったとしかいいようのない理由で、57名もの尊い命が奪われ、6名の方の行方がいまだに不明です。
それぞれの生活の中で係わりのあった周辺の人たちの心の痛手は、少しは癒えたのでしょうか。
地元で御嶽山の恵みによって、生業を立てていた方々が受けた物心両面にわたる打撃は回復しつつあるのでしょうか。
常に変わらず黙然と立つ御嶽山を見るたびに、何の役にも立てない自分にうしろめたさを覚えながら、そんなことをボンヤリ思ってしまいます。

投稿: 風花爺さん | 2015年5月25日 (月) 08時53分

ギター弾き様

日本の美はスケールの大きさには海外にかないませんが各地がそれぞれ所有する自然美、造形美は素晴らしいものがありますね。
それと温泉!今や日本中どこへ出かけても温泉には不自由しませんものね^^

投稿: おキヨ | 2015年5月25日 (月) 10時43分

バルおばさん様
夫は若いときから体がよく動く〔せわしないbearing〕人です。それが60代で定年退職〔この先はなぁ~んにもしないで暮らそう、それが夢!〕と云ったって貴女、のんびりはぜったい出来ないタイプ。運転は何もすることの無い人間のかっこうのおもちゃです。
運転を辞めたらすぐボケてしまう恐れがあります。

子供の世話をしなければならないお母さんにはどんな霊感をもった山もかないません。happy01

投稿: おキヨ | 2015年5月25日 (月) 10時59分

風花爺さん様

御嶽山は今も開田村から見て左手に噴煙を上げており、周辺の雪は茶色く確認できます。
開田村は直接噴火の影響はなかったといいますが、
村の奥に位置する小さな民宿が点在するところではいまだに休業している状態でした。
この村の佇まいが気に入っている私としては此処を立ち去りがたく、休業中の一軒に頼み込んで泊めて頂きました。

矢張り、噴火の影響はこの静かな村もかなりの痛手を受けたと思わざるを得ませんね。
テレビの馬鹿なリポーターよろしく、〔噴火の時はどうでしたか〕などの質問はできず、民宿の奥さんもその話にはまったく触れませんでした。

投稿: おキヨ | 2015年5月25日 (月) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すんなり出かけられない(>_<) | トップページ | 旅での買い物。 »