« 〔龍三と七人の子分たち〕を観る | トップページ | 魚の目対策 »

そばつゆの味に困惑

あるお蕎麦屋さんでの出来事。

お蕎麦大好きのわが夫婦、ドライブ中ある店構えの良いお蕎麦屋さんに入りました。 

お昼時だったので大きな店内はお客で満席状態。空いている席を何とか確保してざる蕎麦を頼みました。一口お蕎麦を食べて〔。。。(・_・)エ....?〕念のため恐る恐るもう一口。やっぱりだめだ。これ以上どうしても箸が動きません。 

夫が〔なんだ、食べないの?〕というので〔よかったらこれもどうぞ。〕夫も高齢でいまや笊そば2枚は無理なようです。結局私の分はほとんど残したまま店を出ました。 

お蕎麦が食べられなかった理由はそばつゆに発酵食品、つまり漬物の匂いがついている。。。

私は生まれついての漬物嫌いですから、この匂いには人並み以上に敏感です。他のお客さん達が美味しそうに食べてるのいるのですから 我儘な私が悪いのでしょう。 

でもねぇ・・・味にこだわりをもつ御蕎麦屋さんなら、そばつゆに他の食品の匂いがつくような保管の仕方はしない筈。。。

10年ぐらい前にも佐久市で一度同じことがありました。お蕎麦をよく頂く私が10年前と今回で2度目、ということはこのようなそばつゆはやはりめったにないケースなのでしょう。

P1180041_480x319

P1180049_480x319_2

|

« 〔龍三と七人の子分たち〕を観る | トップページ | 魚の目対策 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんにちは

人間が五感に感じるものは、理屈抜きに感動もあり、
拒否感もありますね。私も匂いではありませんが、
全国でも知名な焼き肉店で、汚れの残った皿を出され
嫌な思いをした事があり、その後はどうしても足が向きません。

投稿: | 2015年5月17日 (日) 14時34分

味覚とか嗅覚に関するものは嫌なものはどうしても嫌で、努力のようなもので何とかなる、ものではないですね。
これには個人差があり、地域差があり、民族差がありで越えがたい壁をつくっています。
反面、そうしたボーダーをクリアーして世界中の誰もが好きになれるものがたくさんあるのも事実です。
私は黒酢がどうにも苦手で、受け付けられません。

投稿: 風花爺さん | 2015年5月17日 (日) 15時36分

せっかくの大好物なのに、それは残念でしたね。
お漬物のにおいは意外に強いものですから、それがそばつゆに移るような保管の仕方がいけませんね。
私が気になるのは、グラスの匂い。グラスやティーカップ類と、普通の食器は別のスポンジを使って洗っています。そうすると匂いが移るようなことは無いのですが、お店によってはお水のグラスが匂うことがあり、がっかりします。

投稿: 粉雪 | 2015年5月17日 (日) 21時34分

岳様 こんばんは。

ほんとうにこればっかりはどうしようもないですね。
私の場合、日本人にあるまじきこと。家族にも変人扱いされて育ちました(>_<)

汚れの残った皿?w(゚o゚)w
言語道断です!

投稿: おキヨ | 2015年5月17日 (日) 22時56分

風花爺さん様
漬物嫌いを打ち明けると十中八九奇異な顔をされます。好き嫌いも克服できるものと出来ないものがありますね。
他のことならそれほど神経質ということは無いのですが、こと漬物類に関しては我ながら異常だと思います〔恥〕
漬物を切った包丁をそのまま使いそうな人の家を訪問したくないのです-_-;

投稿: おキヨ | 2015年5月17日 (日) 23時14分

粉雪様
漬物の匂いは他の食品にみな移りますね。
もしかしたら器にその匂いがついていたのかも。
いずれにしても私がどうしても受け付けられない匂いがありました。

グラスの生臭い匂いも嫌なものです。
洗ったからいいというものではありませんよね。
お水は残しても不自然ではないので、そういうグラスの水は絶対に飲みません。

投稿: おキヨ | 2015年5月17日 (日) 23時24分

おキヨお姉様
それはそれは残念でしたね。
私も一例をあげますと有名なお菓子の香料を受け付け不可能。誰もが「銘菓」といい好むお隣宮城県の
「**の月」の香料が駄目なのです。下さる方はきっとお菓子好きの私も喜ぶことを前提としているので辛いものがあります。

北野監督の映画はDVDを待ちます。
藤竜也は私も推移な俳優の一人です。

罌粟の群生みごとですね。

投稿: 田舎娘 | 2015年5月20日 (水) 09時05分

おキヨお姉様
すみません確認もせずに投稿。
好きな俳優@推移な俳優hairsalon訂正。

投稿: 田舎娘 | 2015年5月20日 (水) 09時08分

田舎娘様

東北の地方都市〔○○の月〕は今銘菓№1のようですね。
私が好きだった白松の最中はランク落ちしてたようでがっかりしています。昔はこの市のお土産と云えば
笹かまぼこと白松の最中しか思い浮かびませんでしたけどねぇ。。。

藤竜也は年齢を増すごとに存在感のある役者になってきていますね。

実は画像は今年のものではありません。でも同じ場所で同じように咲いています。
今年は花も例年よりは早いような気がします。

投稿: おキヨ | 2015年5月20日 (水) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔龍三と七人の子分たち〕を観る | トップページ | 魚の目対策 »